また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1440946 全員に公開 雪山ハイキング北陸

袴腰山(急降下にビビッて猿ヶ山行かず)

日程 2018年04月28日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道304号からたいらスキー場を目指します。スキー場をスルーしてそのまま道なりに行きます。
現在、細尾トンネル手前まで車は入ります(一か所路肩崩れありますが車は通れます)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間6分
休憩
1時間51分
合計
6時間57分
Sスタート地点06:4908:38登山口08:4309:05袴腰山小屋09:2310:18袴腰山11:4312:15袴腰山小屋12:32登山口12:3513:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
トレースは手書きです。
コース状況/
危険箇所等
当日の状況です。
細尾トンネルを通過して左折し、林道を袴腰山登山口まで歩きます。最初は雪が少ないのですが徐々に増えていきます。横倒しになった木を乗り越えたり、山側から押し出された雪の斜面をトラバースしたり、土砂と雪がミックスしたデブリ地帯を通過したりします。林道の谷側端に雪がないことが多いのでそこが歩きやすいのですが前記の個所はそうはいかないので多少危険です。
登山口に到着したら山道に入ります。小屋までは夏道が出ています。20m程度の割と細い尾根を越えて少し下ったら本格的な登りになります。ここからは夏道が出ていたり雪に埋もれていたりします。右に杉林、左にブナ林というような形でコースを取れば夏道をロストすることはないかと思います。
真下に東海北陸自動車道、という趣旨の標柱以降はほぼ雪上歩行で夏道が判らなくなります。ここは直登すれば山腹休憩所に到達します。ここからしばらく夏道が露出していて頂上台地までの最後の急登でまた雪になります。
後ろを振り返って小屋が多少右よりに見えていれば正解ルートだと思われます(まあ、どこを歩いても良いのでしょうけど)。
頂上台地に到着して左へ行けば五箇山側の展望ポイントがあります。右へ行けば展望台(櫓)があります。
展望台を通過して三方山・猿ヶ山方面へ向かう降下ルートを探しましたが見つからず、雪のついた斜面も自分の技量では急こう配過ぎると判断して撤退しました。
その他周辺情報立ち寄り湯は城端側へ降りるなら桜ヶ池クアガーデンがよろしいかと思います。五箇山側へ抜けて庄川方面へ行くならゆー楽、五箇山側へ抜けて白川方面なら五箇山荘かくろば温泉あたりでしょうか。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

備考 林道歩きはツボ足ストック(帰りはツボ足ピッケル)、袴腰山の急登地帯以降はアイゼン、ピッケルでこなしました。危険な方法で林道の核心部を通過したことに後で気づいたことがありました。危険予測についてもう少し辛めにしなければならいないと思いました。

写真

林道での核心部。写真中央当たりの土砂上を歩いてきたのですが通過後に振り返って「まずい判断(雪庇ならぬ土砂庇の上)」とわかりました。帰りは右側のデブリ上を歩きました。
2018年04月28日 08:13撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道での核心部。写真中央当たりの土砂上を歩いてきたのですが通過後に振り返って「まずい判断(雪庇ならぬ土砂庇の上)」とわかりました。帰りは右側のデブリ上を歩きました。
4
登山口近くまで来ました。袴腰山です。
2018年04月28日 08:34撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口近くまで来ました。袴腰山です。
7
登山口と袴腰山
2018年04月28日 08:38撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口と袴腰山
3
山頂の五箇山側展望地に来ています。右が白山、左端が大滝山です。大滝山の右遠方に猿ヶ馬場山です。
2018年04月28日 10:19撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の五箇山側展望地に来ています。右が白山、左端が大滝山です。大滝山の右遠方に猿ヶ馬場山です。
2
右から大滝山、カラモン峰、人形山、マルツンボリ山。右端遠方に猿ヶ馬場山ですがそのわずか左に籾糠山が肉眼で見えていました。
2018年04月28日 10:19撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から大滝山、カラモン峰、人形山、マルツンボリ山。右端遠方に猿ヶ馬場山ですがそのわずか左に籾糠山が肉眼で見えていました。
4
展望台(櫓)の北側展望地です。山頂標識が大きく傾いています。臼中ダムや南砺の町を見ていますが霞んでいます。
2018年04月28日 10:29撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台(櫓)の北側展望地です。山頂標識が大きく傾いています。臼中ダムや南砺の町を見ていますが霞んでいます。
3
右の鉄塔を目指して鞍部へ降下したいのですが取りつきがわからず迷走中。この後、撤退決定。遠方に医王山。
2018年04月28日 10:46撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の鉄塔を目指して鞍部へ降下したいのですが取りつきがわからず迷走中。この後、撤退決定。遠方に医王山。
展望台に登りました。目標としていた猿ヶ山を中心に見ています。
2018年04月28日 11:15撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台に登りました。目標としていた猿ヶ山を中心に見ています。
5
白山を中心に。大笠山、笈ヶ岳、三方岩岳なども見えています。
2018年04月28日 11:15撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山を中心に。大笠山、笈ヶ岳、三方岩岳なども見えています。
1
鍋床山を見ています。
2018年04月28日 11:15撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋床山を見ています。
高落場山を見ています。
2018年04月28日 11:16撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高落場山を見ています。
1
三方山から猿ヶ山に至る稜線。
2018年04月28日 11:17撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三方山から猿ヶ山に至る稜線。
1
下山前に再び五箇山側展望地に来ました。右手少し奥の三角ピークは高坪山。その奥に金剛堂山。超遠方に立山連峰。
2018年04月28日 11:43撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山前に再び五箇山側展望地に来ました。右手少し奥の三角ピークは高坪山。その奥に金剛堂山。超遠方に立山連峰。
下山中です。小屋を中心に見ています。下山の場合、左手から杉林とブナ林の中間を行きます。奥は鍋床山
2018年04月28日 11:57撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中です。小屋を中心に見ています。下山の場合、左手から杉林とブナ林の中間を行きます。奥は鍋床山
2
登山口近くのイワウチワ
2018年04月28日 12:23撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口近くのイワウチワ
6
?。この後、登山口へ降りて林道を逆戻りして下山です。
2018年04月28日 12:30撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
?。この後、登山口へ降りて林道を逆戻りして下山です。
3

感想/記録

当初は五竜岳を考えていましたが自分の体力に応じたコースタイムを検討していたらわりとぎりぎりだったのでのんびりとしたテント泊として袴腰山経由の猿ヶ山を選びました。出来れば山頂でテント泊です。細尾トンネル手前まで車が入ったので幸先は良かったのですが林道歩きが思いのほか長くて難しいところもありなんとなく想定していた時間よりも大幅にかかりました。暑さの為、順次着替えたのですが衣類の収納に結構手間取りました。パッキングについて改良の余地がありそうです。袴腰山から鞍部まで降りるルートが見つからず、雪のついた急斜面を降りる気持ちも出てこなかったので撤退を判断しました。
撤退を決断した後もせっかくのテント装備なので袴腰山の頂上でテントを張ろうかと考えましたが時間を持て余しそうなのと帰宅後の片付けを考慮(目標に届かなかったテント泊の片付けはテンションが落ちます)して帰路につくことにしました。これで結構きつい歩荷訓練になりましたが、逆にG.W後半、条件が良ければ五竜岳に挑戦してみようかという気にもなりました。
猿ヶ山は無雪期にブナオ峠から狙うことにします。
訪問者数:250人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ