また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1441231 全員に公開 雪山ハイキング尾瀬・奥利根

夏がくる前に思い出した。 至仏山

日程 2018年04月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候おだやかなピーカン
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鳩町峠まで上がれない場合、麓の駐車場から乗合タクシーで。
片道:980円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.2〜0.3(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間13分
休憩
25分
合計
5時間38分
S鳩待峠08:2009:25原見岩09:52オヤマ沢田代09:5310:14小至仏山10:48至仏山11:0212:35山ノ鼻12:3913:50鳩待峠13:5613:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪はぐすぐすですが、滑り止めあった方が良。
特に危険個所はありません。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

ステキな立ち姿
2018年04月29日 08:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ステキな立ち姿
2
尾瀬ヶ原一望
2018年04月29日 09:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原一望
1
小至仏山のトラバース
2018年04月29日 09:51撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小至仏山のトラバース
蛇紋岩あらわる
2018年04月29日 10:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇紋岩あらわる
1
歩いてきた稜線
2018年04月29日 10:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線
1
この時期だけの遊び場
2018年04月29日 11:53撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期だけの遊び場
1
下りてきました(燧ケ岳方面)
2018年04月29日 12:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りてきました(燧ケ岳方面)
振り返って至仏山方面
2018年04月29日 12:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って至仏山方面
ちょっとだけお披露目
2018年04月29日 13:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとだけお披露目
1
撮影機材:

感想/記録

夏が来る前に思い出したんで、はるかな尾瀬のちょっと高いところへ

7時15分時点で鳩待峠は満車
麓の第2駐車場に駐めて乗合タクシーで向かいます

鳩待峠から小至仏山〜至仏山〜山の鼻と周回してきます
GWということもありなかなかの人出です

雪はたっぷり残っていますがぐずぐずです
たいして歯は効きませんが軽アイゼン着けて出発

樹林帯をのんびり歩いていきます
「THE おだやか」って感じで気持ちのいい晴天です

原見岩まで上ると尾瀬ヶ原と対岸の燧ケ岳が一望できます
一面雪に覆われたオヤマ沢田代を越えて、小至仏山を行列となってトラバース
風がないのはありがたいですが、照り返しが強烈です

至仏山に近づいていくと特徴の蛇紋岩が露出しています
最後の岩場を上ると至仏山頂に到着です
GW的な人の多さです(自分もその一員ですが)
尾瀬ヶ原方面も谷川方面もくっきりと見渡せました

山頂を後にして、山の鼻へ下っていきます
この時期だけの遊び場が広がっています
しりセード大流行ですね
自分は富士の砂走並みに一気に駆け下りました

尾瀬ヶ原まで下りて山の鼻を回って
ほんの少しだけ春の兆しを感じながら鳩待峠まで戻りました

最後にちょっとだけ気になったことを。。

意識低すぎの「ヒクスギ」くんが多いなと感じました
しりセードの破片が放置されていたり、細かいゴミが落ちていたり
狭いトレースの上で休憩していたり。。

みんながもっと楽しめればいいなと思いました
訪問者数:393人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ