また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1463225 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

ロングハイキング 棒ノ嶺から川苔山

日程 2018年05月12日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴・高曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
国際興業バス 飯能駅7:40発 名郷行き さわらびの湯下車
西東京バス 川乗橋 17:34 奥多摩駅行き
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間14分
休憩
26分
合計
8時間40分
Sさわらびの湯バス停08:4009:04白谷沢登山口10:03岩茸石10:0510:21権次入峠10:32棒ノ嶺10:4014:06獅子口小屋跡と水場14:1414:44横ケ谷平14:4515:04曲ヶ谷北峰15:0515:16川苔山15:2016:13百尋ノ滝16:1416:48細倉橋17:16蕎麦粒山&鳥屋戸尾根方面分岐17:1717:20川乗橋バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備された登山道です。奥茶屋からしばらくは舗装された林道(登山道手前数百メートルだけ未舗装。川乗 橋バス停手前の2kmくらいも舗装された林道。

写真

さわらびの湯-バス停をスタート
ゴールは約20km先
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さわらびの湯-バス停をスタート
ゴールは約20km先
4
ロックフィルダムの有間ダム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロックフィルダムの有間ダム
2
ダムの堰堤から見下ろす
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダムの堰堤から見下ろす
4
名栗湖
この付近の白谷橋の先が登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名栗湖
この付近の白谷橋の先が登山口
18
ハチミツのような濃厚な匂いを発していたガマズミ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハチミツのような濃厚な匂いを発していたガマズミ
4
樹が反射して水も緑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹が反射して水も緑
24
棒ノ嶺
結構人が多い
高曇りで眺望はいまひとつ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒ノ嶺
結構人が多い
高曇りで眺望はいまひとつ
21
少ないけれど、ヤマツツジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少ないけれど、ヤマツツジ
10
棒ノ嶺から500m以上標高を下げて奥茶屋
一瞬、川井駅に下ろうかと心が動いたけれど、予定通り川苔山へ向うことに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒ノ嶺から500m以上標高を下げて奥茶屋
一瞬、川井駅に下ろうかと心が動いたけれど、予定通り川苔山へ向うことに
3
奥茶屋からしばらくは舗装された林道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥茶屋からしばらくは舗装された林道
1
ヤマブキはちょっとだけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマブキはちょっとだけ
1
舗装道路が終わるとまもなく登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装道路が終わるとまもなく登山口
1
改修工事中でしたが歩けます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
改修工事中でしたが歩けます
1
この区間は通る人が少ないのか、若干道が薄い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この区間は通る人が少ないのか、若干道が薄い
1
ということで、登山道は苔に覆われています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ということで、登山道は苔に覆われています
5
改修されたばかりのきれいな橋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
改修されたばかりのきれいな橋
3
この花はわからない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この花はわからない
16
ところどころにヤマツツジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころにヤマツツジ
2
登山道改修物資運搬用モノレールの線路が2kmくらい続いています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道改修物資運搬用モノレールの線路が2kmくらい続いています
4
これがモノレール
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがモノレール
4
水の流れを撮ってみた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水の流れを撮ってみた
34
モノレールはこんな急斜面を登る
ちなみにこのままモノレール沿いを歩くのは間違いで、登山道はこの右に続いています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノレールはこんな急斜面を登る
ちなみにこのままモノレール沿いを歩くのは間違いで、登山道はこの右に続いています
2
ワサビ田
ここまで通うのは大変そう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワサビ田
ここまで通うのは大変そう
15
ニリンソウかな(サンリンソウかも)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニリンソウかな(サンリンソウかも)
13
獅子口小屋跡
ここまで長かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獅子口小屋跡
ここまで長かった
3
小屋の土台のようなものがありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の土台のようなものがありました
1
樹がないのは防火帯かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹がないのは防火帯かな
1
見たかったミツバツツジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見たかったミツバツツジ
3
ちょっと遅かったかな
花がだいぶ傷んでる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと遅かったかな
花がだいぶ傷んでる
30
こちらは開いて間もないかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは開いて間もないかな
25
川苔山まであと少し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川苔山まであと少し
1
ミツバツツジとシロヤシオが交互に咲いている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジとシロヤシオが交互に咲いている
8
山頂近くのミツバツツジは傷みが少ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂近くのミツバツツジは傷みが少ない
18
ようやく着いた川苔山
ここでは川乗山の表記
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく着いた川苔山
ここでは川乗山の表記
10
5時半のバスに乗りたい
急ごう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時半のバスに乗りたい
急ごう
2
いままでの道と比べると踏み跡が濃い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いままでの道と比べると踏み跡が濃い
3
ふかふかの落葉の道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふかふかの落葉の道
1
時間に余裕がなく百尋の滝はカット(写真は滝の下流)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間に余裕がなく百尋の滝はカット(写真は滝の下流)
5
林道に出ました(トイレあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出ました(トイレあり)
2
このゲートを越えるとゴール
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このゲートを越えるとゴール
5
疲れてへたりこんだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れてへたりこんだ
14

感想/記録

棒ノ嶺と川苔山を繋ぐロングハイキングを計画。棒ノ嶺から川苔山まで日向沢ノ峰を通って行こうと考えていましたが、奥茶屋に下りて登り返すほうがCTが短いのでそちらに。

西武池袋線池袋から飯能までは準急に乗りましたが、石神井公園から各駅停車になるとは知らなかった。普段のハイキングで乗る快速急行と比べるとずいぶん時間がかかる。後から発車する特急レッドアロー号でもバスに間に合うのでそちらにすればよかった。

飯能駅から乗った名郷行きのバスは立ち席も出るくらい(増車なし)。さわらびの湯で乗客の半分くらいが下車します。

仕度をして、まずはロックフィルダムの有間ダムを目指します。堰堤を越えて名栗湖の半ばのところが登山口。白谷沢沿いに登山道が設けられています。途中何箇所か渡渉するところがありますが、それまであまり雨の日がなく濡れることはありませんでした。沢沿いは涼しいかと思ったら期待ほどではなくそれなりに暑い。人はたくさん歩いています。

棒ノ嶺には15人くらいが休憩していました。棒ノ嶺から置く茶屋に500mくらい標高を下げますが、この道はずっと急。あまり上りに使いたくないな。ふかふかの落ち葉の道で危険ではありません。すれ違った人数は10人くらいと少ない。

奥茶屋に下りて、一瞬川井駅に向うのもあたまをよぎりましたが予定通り川苔山を目指すことに。2kmくらい舗装された林道。舗装が途切れるとまもなく登山道になります。

ここからは沢沿いの道。こちらは結構涼しいです。獅子口小屋跡まで登山道の補修をしていました。資材運搬用のモノレールの線路が敷いてあります。通行は可能。この道は歩く人が少ないのに整備してくれているのだなぁ。すれ違ったのは5人ほど。

川苔山の直下でミツバツツジとシロヤシオの小さな群落を見ることができました。

午後3時過ぎとあって、人気の川苔山も他にいたのは1人だけ。バスの時間が気になるので早々に退散。この下りが意外と長い。ちょっとだけ早歩きで、なんとかバス出発の10分前にゴール。時間どおりにやってきたバスに乗車。5時半だからガラガラかと思ったら、陽が長い時期とあって座席定員くらいは乗車していました。
訪問者数:414人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ