また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1473621 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

和名倉山〜飛龍山縦走【神田百 No.43, 51】

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年05月22日(火) ~ 2018年05月23日(水)
メンバー
天候22日:晴れ
23日:曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間17分
休憩
1時間13分
合計
8時間30分
S秩父湖バス停10:1110:29大洞橋11:59反射板12:0012:43造林小屋跡12:4414:26北ノタル14:2714:42二瀬分岐(二瀬・山頂・仙波方面)14:4414:57和名倉山15:1115:29二瀬分岐(二瀬・山頂・仙波方面)15:3015:37川又分岐15:3815:47八百平16:06吹上ノ頭16:36東仙波16:47西仙波17:05リンノ峰17:36山ノ神土17:3717:41牛王院平(牛王院北)17:47将監峠17:4817:51将監小屋18:4118:41宿泊地
2日目
山行
5時間36分
休憩
31分
合計
6時間7分
宿泊地04:4006:03大ダル06:40禿岩07:02飛龍山07:2007:36飛龍権現神社(祠)07:58前飛龍07:5908:49熊倉山(火打岩)08:5009:11サオラ峠(サヲウラ峠)09:1209:35丹波天平09:3610:13丹波山村役場10:1810:21丹波山温泉バス停10:2210:37丹波山温泉のめこい湯10:4010:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報下山後の温泉「のめこい湯」
http://www.nomekoiyu.com/
※浴場は広く綺麗、お湯はぬるめで長湯向き。
過去天気図(気象庁) 2018年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ ヘルメット 携帯トイレ

写真

秩父湖より10時スタート。水門を渡ります。
2018年05月22日 10:15撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父湖より10時スタート。水門を渡ります。
1
つり橋の入り口発見。
2018年05月22日 10:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つり橋の入り口発見。
つり橋を渡り、二瀬尾根へ取り付き。
2018年05月22日 10:29撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つり橋を渡り、二瀬尾根へ取り付き。
要所で倒木が道を遮りますが、道幅は広くトレースもしっかりとした印象。破線ルートとは思えない歩きやすさです。
2018年05月22日 12:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
要所で倒木が道を遮りますが、道幅は広くトレースもしっかりとした印象。破線ルートとは思えない歩きやすさです。
車輪のパーツかな?
2018年05月22日 12:41撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車輪のパーツかな?
朽ちた什器が在りし日の名残を感じさせます。
2018年05月22日 12:41撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朽ちた什器が在りし日の名残を感じさせます。
北向き斜面は苔むした表情を見せてくれます。
2018年05月22日 12:51撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北向き斜面は苔むした表情を見せてくれます。
明るい尾根筋に出ました。
2018年05月22日 14:27撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい尾根筋に出ました。
1
二瀬分岐。ここから和名倉山頂まではわずか。
2018年05月22日 14:42撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二瀬分岐。ここから和名倉山頂まではわずか。
和名倉山登頂。樹林に囲まれた場所にぽっかりと現れる秘密基地のような山頂です。
2018年05月22日 14:59撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和名倉山登頂。樹林に囲まれた場所にぽっかりと現れる秘密基地のような山頂です。
3
頂上からの帰りがけ、鹿が見送ってくれました。
2018年05月22日 15:23撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上からの帰りがけ、鹿が見送ってくれました。
4
二瀬分岐直下は大地状になっており、テントが張れそうな空間が点在しています。当初計画ではこの辺りに幕営予定でしたが、まだ日も高い為、この日は将監小屋まで歩くことにしました。
2018年05月22日 15:31撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二瀬分岐直下は大地状になっており、テントが張れそうな空間が点在しています。当初計画ではこの辺りに幕営予定でしたが、まだ日も高い為、この日は将監小屋まで歩くことにしました。
尾根筋より雁坂方面を望む。
2018年05月22日 16:13撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋より雁坂方面を望む。
1
シャクナゲが咲き始めていました。山も花の季節ですね。
2018年05月22日 16:14撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲが咲き始めていました。山も花の季節ですね。
2
開放的で気持ちの良い尾根筋。
2018年05月22日 16:25撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開放的で気持ちの良い尾根筋。
2
この辺りからは遠方の尾根も望め、縦走感バッチリです。
2018年05月22日 16:26撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからは遠方の尾根も望め、縦走感バッチリです。
シャクナゲのトンネルを抜け。。
2018年05月22日 16:50撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲのトンネルを抜け。。
1
山ノ神土分岐へ。
2018年05月22日 17:35撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ノ神土分岐へ。
10分程で将監峠。
2018年05月22日 17:47撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分程で将監峠。
将監小屋着。日のある内に到着できて一安心です。
2018年05月22日 17:51撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将監小屋着。日のある内に到着できて一安心です。
1
軒先をお借りして夕食。
2018年05月22日 18:12撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軒先をお借りして夕食。
平日ということもあり、テン場は貸切状態でした。
2018年05月22日 18:35撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平日ということもあり、テン場は貸切状態でした。
1
翌日は5時スタート。将監小屋〜飛龍山直下までは単調な巻き道が続きます。
2018年05月23日 06:43撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日は5時スタート。将監小屋〜飛龍山直下までは単調な巻き道が続きます。
飛龍山登頂。去年の奥秩父縦走ではパスしてしまった山頂に一年越しの登頂を果たせました!
2018年05月23日 07:07撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛龍山登頂。去年の奥秩父縦走ではパスしてしまった山頂に一年越しの登頂を果たせました!
2
丹波方面へ下山途中、遠く富士山が顔を出してくれました。
2018年05月23日 08:02撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹波方面へ下山途中、遠く富士山が顔を出してくれました。
1
これはツツジかな?
2018年05月23日 08:04撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはツツジかな?
熊倉山山頂。この辺りから丹波天平までの間は道幅が広くなり快適。
2018年05月23日 08:49撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊倉山山頂。この辺りから丹波天平までの間は道幅が広くなり快適。
丹波天平。ここから麓の丹波へ向けて大きく高度を下げていきます。
2018年05月23日 09:37撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹波天平。ここから麓の丹波へ向けて大きく高度を下げていきます。

感想/記録

今月の上旬に計画するも悪天候で流れてしまった和名倉山〜飛龍山に再挑戦。
破線ルートの秩父側からの取り付きでしたが、道幅が広くトレースもしっかりしていて非常に歩きやすかったという印象。(和名倉山から二瀬分岐に戻る際、一瞬トレースを見失いヒヤリとしましたが。。)
むしろその後の将監峠までの道の方が道が悪い印象でしたが、開放的な尾根筋で眺めも良いので問題なし!
2日間天気もまずまず、昨年の奥秩父縦走でパスして心の中に引っかかっていた飛龍山の登頂も果たせ、満足度の高い山行となりました。
シャクナゲやツツジも咲き始め、山も花の季節の到来ですね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:693人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/11/30
投稿数: 31
2018/5/24 11:14
 神田百名山を二つ達成!
このコース、以前に逆ルートで歩いたことがあります。
その経験で、和名倉山一番乗りを目指していたのに先を越された…!おめでとうございます。
登録日: 2009/11/28
投稿数: 366
2018/5/25 0:17
 イイ山だよね
お疲れさまでした!
和名倉ー秩父湖間は下りは結構ルートミス注意と思ったけど意外に大丈夫なんだね。秩父湖から小屋まで行けるかなと思っていましたが、今の時期は6時半でも明るいんだなーと再認識しました。まーコースタイム見るとhasimoさんが健脚なんですが。
東仙波辺りから見る富士山見てみたいっす。今回は写真ないね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ