また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1487056 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

長き鹿嶺トレイルでアツモリ詣で【鹿嶺高原~入笠山】

日程 2018年06月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◆駐車場(鹿嶺高原一般者用駐車場)
・ダート路面でトイレ等は無く、キャンプサイトを利用
・ナビ設定は、暫定で長谷総合支所(鹿嶺高原の住所で検索出来ず)
 TEL:0265-98-2211 長野県伊那市長谷溝口1394
 この施設から道なりに進むと、鹿嶺高原の標識が現れる
・全線舗装路だが、標識からは道幅も狭くなり、山道を約12km走る
・鹿嶺高原への公共交通機関無し
◆鹿嶺高原情報
http://www.inacity.jp/kankojoho/koen/kareikogen/kareikogen_camp.html
http://karei-kogen.com/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間37分
休憩
1時間30分
合計
10時間7分
S鹿嶺高原一般者用駐車場04:5204:56東雲の嶺04:5705:00展望台05:0605:38フトノ峠06:14湿原06:1606:53半対峠07:55高座岩08:1308:38JA入笠ハウス09:01御所平登山口09:17入笠山09:4110:05山彦荘10:1210:31富士見パノラマリゾートゴンドラ山頂駅10:4510:46アカノラ山10:4710:50入笠湿原10:5410:56山彦荘11:0011:05マナスル山荘11:22JA入笠ハウス11:2311:46高座岩12:41半対峠12:4914:16フトノ峠14:59鹿嶺高原一般者用駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
■CTデータ
自動計算された数値が大きく異なる箇所については、デジカメデータに基づき変更してあります。
 《元データ》 
 距  離  33.5km
 沿面距離  34.1km
コース状況/
危険箇所等
・悪路や危険箇所は特に無し。
・半対峠から先に、踏み跡が極端に薄い箇所があり、迷い易く注意。
・鹿嶺高原から高座石区間、まず人との遭遇は無いと思った方が無難。
・水場は見当たらず。
・朝露で膝下まで濡れるので、ロングゲイター使用。
・往路には、標柱の充実した雷鳥荘経由がお勧め。
その他周辺情報◆買い物
道の駅「南アルプスむら長谷」 飲食、お土産、焼きたてパン
 https://www.michi-club.jp/detail/station.php?stationid=001302
◆温泉
高遠さくらホテル
https://www.ina-city-kankou.co.jp/sakurahotel/information/

写真

時刻は4:30。辺りはまだ暗く、月が天空に輝いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時刻は4:30。辺りはまだ暗く、月が天空に輝いています。
23
身仕度を調え、駐車場を出発します!鹿嶺トレイル直行ではなく、先ずは「東雲の嶺」石碑に向かいます。
2018年06月03日 04:52撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
身仕度を調え、駐車場を出発します!鹿嶺トレイル直行ではなく、先ずは「東雲の嶺」石碑に向かいます。
3
スタートが遅れ、日の出時間ギリギリに到着。
2018年06月03日 04:56撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートが遅れ、日の出時間ギリギリに到着。
13
真っ先に目に入るのは、大きな仙丈ヶ岳。
2018年06月03日 04:56撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ先に目に入るのは、大きな仙丈ヶ岳。
28
逆光ですが、東雲の嶺となります。ここから展望台に向かいます。
2018年06月03日 04:57撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆光ですが、東雲の嶺となります。ここから展望台に向かいます。
6
展望台に到着です。ここを5:00に出発予定でしたが、既に5:00になりました(汗)
2018年06月03日 05:00撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台に到着です。ここを5:00に出発予定でしたが、既に5:00になりました(汗)
3
展望台からの眺め。逆光でシルエット状態の、甲斐駒から鋸岳、編笠山の頂き。帰ってから再度撮る予定ですが、曇った時に備えて一応パシャリ。
2018年06月03日 05:01撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの眺め。逆光でシルエット状態の、甲斐駒から鋸岳、編笠山の頂き。帰ってから再度撮る予定ですが、曇った時に備えて一応パシャリ。
33
先程の仙丈ヶ岳。
2018年06月03日 05:01撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先程の仙丈ヶ岳。
14
中アの全貌と、雲海に覆われた伊那の街並み。夕日の鑑賞スポットであり、夜景にも良き場所です。北アは残念ながら霞んで見えず。
2018年06月03日 05:02撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中アの全貌と、雲海に覆われた伊那の街並み。夕日の鑑賞スポットであり、夜景にも良き場所です。北アは残念ながら霞んで見えず。
32
道草を食いましたが、ここからが本当のスタートとなります。
2018年06月03日 05:06撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道草を食いましたが、ここからが本当のスタートとなります。
3
林道に合流し、右側に下りましたが、暫く歩くと見えてくるキャンプサイトを左折し入って行くか、合流点を左に歩き、正規のルートに戻るのが正解でした。
2018年06月03日 05:13撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に合流し、右側に下りましたが、暫く歩くと見えてくるキャンプサイトを左折し入って行くか、合流点を左に歩き、正規のルートに戻るのが正解でした。
2
林道を7分程度下ってしまい、間違いに気づいたポイントです。クリンソウが怪我の功名で咲いていました。
2018年06月03日 05:20撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を7分程度下ってしまい、間違いに気づいたポイントです。クリンソウが怪我の功名で咲いていました。
20
見当を付けて斜面を藪漕ぎし、正規のトレイルに合流。向かって右側の斜面から出て来ました。
2018年06月03日 05:27撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見当を付けて斜面を藪漕ぎし、正規のトレイルに合流。向かって右側の斜面から出て来ました。
7
このような標識が立てられており、ルートの目安となります。
2018年06月03日 05:48撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような標識が立てられており、ルートの目安となります。
4
シダのグリーンが綺麗です。
2018年06月03日 05:51撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シダのグリーンが綺麗です。
3
路面は柔らかく、とても歩きやすいルート。ついついペースも上がります。
2018年06月03日 06:05撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路面は柔らかく、とても歩きやすいルート。ついついペースも上がります。
3
展望ポイントの標柱地点。樹林帯の中、一瞬視界が開けます。
2018年06月03日 06:10撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望ポイントの標柱地点。樹林帯の中、一瞬視界が開けます。
9
山梨県並に笹が短く、鹿の生息数が過剰なのが窺えます。実際、かなりの頭数と遭遇しました。
2018年06月03日 06:16撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山梨県並に笹が短く、鹿の生息数が過剰なのが窺えます。実際、かなりの頭数と遭遇しました。
7
半対峠手前のルート上に三角点を発見。
【三等三角点】
点名「三義」
標高「1832.7m」
2018年06月03日 06:32撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半対峠手前のルート上に三角点を発見。
【三等三角点】
点名「三義」
標高「1832.7m」
4
峠に向かい急下降。木々の背丈が高くなり、見上げればグリーンシャワーで心地よし。まあ、行きは良い良い帰りは怖いではありますが...。
2018年06月03日 06:42撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠に向かい急下降。木々の背丈が高くなり、見上げればグリーンシャワーで心地よし。まあ、行きは良い良い帰りは怖いではありますが...。
9
半対峠に到着。これといった表示は無く、この警告文がありました。悪い奴らがいるのでしょう。
2018年06月03日 06:53撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半対峠に到着。これといった表示は無く、この警告文がありました。悪い奴らがいるのでしょう。
2
峠からの登り返しですが、14分程度歩いた地点で、突然踏み跡が薄くなりました!?注意深く痕跡を辿っていけば
2018年06月03日 07:07撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠からの登り返しですが、14分程度歩いた地点で、突然踏み跡が薄くなりました!?注意深く痕跡を辿っていけば
1
明瞭な道になりました。どうやらルートミスではなさそうです。
2018年06月03日 07:08撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明瞭な道になりました。どうやらルートミスではなさそうです。
3
カラマツの立ち枯れゾーン。
2018年06月03日 07:09撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツの立ち枯れゾーン。
4
やがて笹原が綺麗なエリアに変貌。
2018年06月03日 07:25撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて笹原が綺麗なエリアに変貌。
9
ルートは、草に飲み込まれつつあります。
2018年06月03日 07:26撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートは、草に飲み込まれつつあります。
11
前方中央が入笠牧場付近でしょうか?
2018年06月03日 07:40撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方中央が入笠牧場付近でしょうか?
7
ズミが目立つようになってきました。
2018年06月03日 07:42撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズミが目立つようになってきました。
11
笹の背丈は食害で膝下ですが、朝露で濡れています。入笠山では浮くでしょうが、装着してきて正解のロングゲイター。
2018年06月03日 07:46撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹の背丈は食害で膝下ですが、朝露で濡れています。入笠山では浮くでしょうが、装着してきて正解のロングゲイター。
2
やがて高座岩に到着。
2018年06月03日 07:53撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて高座岩に到着。
2
休憩がてら朝食を摂ります。
2018年06月03日 07:56撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩がてら朝食を摂ります。
6
雲が多いですが、経ヶ岳。
2018年06月03日 07:57撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が多いですが、経ヶ岳。
10
中アは、相変わらずクリーンに見えています。
2018年06月03日 07:57撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中アは、相変わらずクリーンに見えています。
15
伐採が進んでいるお山。
2018年06月03日 07:57撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採が進んでいるお山。
3
高座岩の謂れ。
2018年06月03日 08:09撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高座岩の謂れ。
2
【四等三角点】
点名「高座岩」
標高「1786.7m」
2018年06月03日 08:10撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【四等三角点】
点名「高座岩」
標高「1786.7m」
7
レンゲツツジはそこかしこに咲いていましたが、これは一際綺麗な個体です。
2018年06月03日 08:12撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レンゲツツジはそこかしこに咲いていましたが、これは一際綺麗な個体です。
25
最後にアップで撮り、高座岩を後にします。
2018年06月03日 08:12撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後にアップで撮り、高座岩を後にします。
23
10分足らずで高見岩に到着。
2018年06月03日 08:22撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分足らずで高見岩に到着。
1
その2分後には御所平峠の分岐。この地点から林道に下ります。
2018年06月03日 08:24撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その2分後には御所平峠の分岐。この地点から林道に下ります。
1
下り終えた登山口ポイント。
2018年06月03日 08:32撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り終えた登山口ポイント。
2
林道を歩き、ゲートを潜りました。
2018年06月03日 08:36撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を歩き、ゲートを潜りました。
2
ズミが辺り一面に咲き誇っています。
2018年06月03日 08:38撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズミが辺り一面に咲き誇っています。
8
新緑と、桜と見紛うズミ。
2018年06月03日 08:40撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑と、桜と見紛うズミ。
12
目に優しきグリーン。
2018年06月03日 08:42撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目に優しきグリーン。
5
道路脇には、何とニリンソウの群落がありました。
2018年06月03日 08:49撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路脇には、何とニリンソウの群落がありました。
13
入笠山はズミ一色ですね。
2018年06月03日 08:59撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠山はズミ一色ですね。
19
御所平登山口の向かいにある、マナスル山荘に到着。このまま入笠山に向かいます。

2018年06月03日 09:01撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御所平登山口の向かいにある、マナスル山荘に到着。このまま入笠山に向かいます。

2
山頂直下のズミも綺麗でした。
2018年06月03日 09:16撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下のズミも綺麗でした。
12
入笠山に初登頂!行程が長かったので、充実感がありますね〜
2018年06月03日 09:17撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠山に初登頂!行程が長かったので、充実感がありますね〜
38
ブレた上に斜め。お見苦しい写真ですが、一応証拠写真として掲載。
【二等三角点】
点名「入笠山」
標高「1955.4m」
2018年06月03日 09:18撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブレた上に斜め。お見苦しい写真ですが、一応証拠写真として掲載。
【二等三角点】
点名「入笠山」
標高「1955.4m」
12
甲斐駒と鋸岳が目立ちます。
2018年06月03日 09:18撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒と鋸岳が目立ちます。
30
霞んで残念な八ヶ岳。
2018年06月03日 09:19撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞んで残念な八ヶ岳。
11
諏訪湖も辛うじて見えます。
2018年06月03日 09:21撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪湖も辛うじて見えます。
10
昼食にはまだ早く、宇治抹茶ちょこもちで珈琲ブレイク。
2018年06月03日 09:24撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食にはまだ早く、宇治抹茶ちょこもちで珈琲ブレイク。
7
守屋山が、意外に近く見えます。どうやって繋ごうかしら。
2018年06月03日 09:34撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
守屋山が、意外に近く見えます。どうやって繋ごうかしら。
9
富士山も霞みすぎ。
2018年06月03日 09:37撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も霞みすぎ。
10
30分以上滞在し、ズミトンネルに見送られ、下山します。
2018年06月03日 09:43撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分以上滞在し、ズミトンネルに見送られ、下山します。
11
お花畑経由で下ります。
2018年06月03日 09:52撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑経由で下ります。
3
まだ白系(ツマトリやシロバナヘビイチゴ等)が多い中、サクラソウが綺麗でした。
2018年06月03日 09:59撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ白系(ツマトリやシロバナヘビイチゴ等)が多い中、サクラソウが綺麗でした。
29
山彦荘でバッジを購入し、アツモリソウ情報をゲット。
2018年06月03日 10:05撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山彦荘でバッジを購入し、アツモリソウ情報をゲット。
3
クリンソウの群落も。
2018年06月03日 10:15撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クリンソウの群落も。
22
お目当ての被写体を求め、ゴンドラ山頂駅を目指します。
2018年06月03日 10:19撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お目当ての被写体を求め、ゴンドラ山頂駅を目指します。
2
山頂駅手前で、お目当て発見!柵の向こう側に有り、デジタルズームで撮影したクマガイソウ。ターゲットの一品目をゲットです♪一眼と、望遠ズームが欲しくなるエリアでした。
2018年06月03日 10:26撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂駅手前で、お目当て発見!柵の向こう側に有り、デジタルズームで撮影したクマガイソウ。ターゲットの一品目をゲットです♪一眼と、望遠ズームが欲しくなるエリアでした。
23
続いて、本日の本命であるホテイアツモリソウ!好きなレブンアツモリソウの純白と異なり、存在感を主張してくる色彩です。
2018年06月03日 10:29撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて、本日の本命であるホテイアツモリソウ!好きなレブンアツモリソウの純白と異なり、存在感を主張してくる色彩です。
43
ヤマツツジは、此処で見たのみ。
2018年06月03日 10:31撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジは、此処で見たのみ。
3
人があまりに多く、山頂駅の上部のみをパチリ。
2018年06月03日 10:31撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人があまりに多く、山頂駅の上部のみをパチリ。
2
スズランですが、家にも数多く咲いていたので...。
2018年06月03日 10:33撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スズランですが、家にも数多く咲いていたので...。
5
一応アップで。
2018年06月03日 10:33撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応アップで。
23
初めて来ましたが、開放的で良い場所です。
2018年06月03日 10:34撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めて来ましたが、開放的で良い場所です。
7
名物のソフトクリームを、ミックスで頂きます♪酸味があって美味しいです。
2018年06月03日 10:39撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物のソフトクリームを、ミックスで頂きます♪酸味があって美味しいです。
24
さて、十分堪能しました。帰路に就きます。
2018年06月03日 10:47撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、十分堪能しました。帰路に就きます。
1
帰りは、入笠湿原経由で戻ります。
2018年06月03日 10:50撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは、入笠湿原経由で戻ります。
8
山彦荘まで戻り、湿原パトロールの方に教えて頂いたキバナアツモリソウをゲット!何とも奇妙な出で立ちに唖然呆然(笑)
2018年06月03日 10:58撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山彦荘まで戻り、湿原パトロールの方に教えて頂いたキバナアツモリソウをゲット!何とも奇妙な出で立ちに唖然呆然(笑)
33
ズミ街道を下って行くと
2018年06月03日 11:15撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズミ街道を下って行くと
9
ガスが取れ、乗鞍岳が初お目見え。
2018年06月03日 11:16撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが取れ、乗鞍岳が初お目見え。
5
登に入る前にエネルギーチャージ。実は、甘い物ばかり食べていたら食欲を無くし、昼食のサンドイッチを食べられず。
2018年06月03日 11:26撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登に入る前にエネルギーチャージ。実は、甘い物ばかり食べていたら食欲を無くし、昼食のサンドイッチを食べられず。
4
高見岩を通過。
2018年06月03日 11:39撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見岩を通過。
1
高座岩も通過し、ひたすら戻ります。
2018年06月03日 11:56撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高座岩も通過し、ひたすら戻ります。
2
やっと半対峠に到着。登りに備え、休憩を取ります。
2018年06月03日 12:41撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと半対峠に到着。登りに備え、休憩を取ります。
1
昼食を食べられず、ガス欠寸前で目が回りそう(笑)往路のオーバーペースも利いてますね〜
2018年06月03日 13:22撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食を食べられず、ガス欠寸前で目が回りそう(笑)往路のオーバーペースも利いてますね〜
11
フトノ峠に到着。後2.1kmとなり、先が見えて来ました。
2018年06月03日 14:16撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フトノ峠に到着。後2.1kmとなり、先が見えて来ました。
1
往路はルートミスで、歩いていない箇所。
2018年06月03日 14:38撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路はルートミスで、歩いていない箇所。
1
キャンプサイトを歩き
2018年06月03日 14:44撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプサイトを歩き
1
林道に合流。
2018年06月03日 14:48撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に合流。
1
駐車場に戻り、長い行程の終了です。予定より1時間早く戻れたので、鹿嶺高原を散策します。
2018年06月03日 14:58撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に戻り、長い行程の終了です。予定より1時間早く戻れたので、鹿嶺高原を散策します。
1
背の高い、エゾノタチツボスミレ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背の高い、エゾノタチツボスミレ。
6
定番のシロバナノヘビイチゴ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定番のシロバナノヘビイチゴ。
14
入笠山でも沢山咲いていた、ツマトリソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠山でも沢山咲いていた、ツマトリソウ。
20
【二等三角点】
点名「山伏塚」
標高「1853.1m」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【二等三角点】
点名「山伏塚」
標高「1853.1m」
7
一面に咲いていたマイズルソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一面に咲いていたマイズルソウ。
12
接写で見ると、意外と綺麗なコアジサイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
接写で見ると、意外と綺麗なコアジサイ。
9
雲は多いものの、まだ見えていた仙丈ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲は多いものの、まだ見えていた仙丈ヶ岳。
15
甲斐駒、第一高点もクッキリの鋸岳、編笠山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒、第一高点もクッキリの鋸岳、編笠山。
23
◆◇オマケ◆◇
最近ゲットした、お気に入りの花々。ベニバナヤマシャクヤク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆◇オマケ◆◇
最近ゲットした、お気に入りの花々。ベニバナヤマシャクヤク
29
◆◇オマケ◆◇
シラン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆◇オマケ◆◇
シラン
20
◆◇オマケ◆◇
ニッコウキスゲ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆◇オマケ◆◇
ニッコウキスゲ
20
◆◇オマケ◆◇
オオヤマレンゲ
長いルートでしたが、見所満載で楽しく歩けました。もう少し体力を養う必要性も感じますが、総じて達成感高き山旅でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆◇オマケ◆◇
オオヤマレンゲ
長いルートでしたが、見所満載で楽しく歩けました。もう少し体力を養う必要性も感じますが、総じて達成感高き山旅でした。
39
撮影機材:

感想/記録

本来の計画では気温の上昇を鑑み、奥秩父の続きを優先的に実行予定でしたが、早くから出掛けられない状況となり、急遽予定変更。移動時間の少ない県内の赤線繋ぎに出向くことに。
この計画、以前は仙流荘から林道経由で入笠山を考えていましたが、標高差の少ないトレイルの存在を知り、渡りに船と変更。
入笠山付近には、過去何度も訪れていましたが、何れもオフロードバイクや四駆での通過点としての訪問。故に、未だに未登頂の頂き(汗)観光地化され、近寄りがたいイメージはあるものの、アツモリソウが咲き始めたとの情報もあるので、楽しみでもあります。

鹿嶺高原からの出発時、写真撮りを優先して遊歩道経由でスタートしましたが、こちら側にはトレイルの案内標識が無くルートミス。思い込みから林道を下ってしまうものの、尾根から離れて行くのに気づき、適当に藪漕ぎしてリカバリ−。復路では正規ルートを歩きましたが、ルートミスしたコースの方が楽かも(苦笑)ただ、案内標識があるので、当然正規ルートが正解なのは言うまでもありません。
鹿嶺高原のキャンプサイトを過ぎてから、入笠山付近に至るまでの長い区間、誰とも遭遇しませんでした。しかし、カッコウや春蝉の大合唱があり、寂しさは感じられません。いや、むしろ蝉は鳴き通しで、難聴を心配する程(笑)
入笠山と湿原は、当然ながら多くの観光客で賑やか。団体のおば様方など、春蝉の如し!黙る時がありませんもの(笑)それでも、当初の目的であるホテイアツモリソウ・クマガイソウを見られ大満足♪ただ、どれも柵の向こう側で遠くに位置し、デジタルズーム使用は残念。その代わりに、知らなかったキバナアツモリソウをゲットでき、お得感高し!序でにソフトを頂き、チャッカリ観光も満喫。喧噪の世界も、また楽しきかな我が人生...。

ルートは、累積標高のデータから解る通り、起伏は全般的に小さめ。また、殆どの行程が樹林帯であるものの、風が吹き抜け、逆にヒンヤリと快適。ただ、疲れが出る後半、半対峠からの登り返しは堪えます(汗)トレイルランナーとは、一線を画す一般登山者の私。快適に感じられる往路でのペースを、敢えて押さえる必要性を痛感した次第です。全編に渡り、細かなアップダウンがあるので誤魔化しが利かず、今季の山業の中では、最も筋肉に負荷が掛かりました。珍しく、現在筋肉痛です(笑)

赤線繋ぎ、観光、レアな花々ゲット、入笠山初登頂、未知のルートを走破と、目的を全て達成。満足度の高い山業となりました。中々足が向くエリアではありませんが、キャンプを含めて歩かれてみるのも一興。鹿嶺トレイル、面白いですよ!
今後は、入笠山から守屋山に繋げたいのですが、はてさて、何時になることやら...。
訪問者数:704人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/5/5
投稿数: 2259
2018/6/5 11:08
 入笠山
tailwindさん、こんにちは!
ロングですね〜 私も入笠山にはまだ訪れていませんが、こういったルートが取れると面白味もありますね。
適度にアップダウンがあって累積標高が1400M弱。
是非行ってみたいと思います
登録日: 2011/6/12
投稿数: 3836
2018/6/5 12:50
 Re: 入笠山/信州百
daishohさん、こんにちは!

2作連続の1番コメ、毎度ありがとうございます
やはり、静岡にはいい人が多いですね〜
それに、このルートにお気に入りとは
このマイナールートにまさかの登録者!重ね重ね御礼申し上げます。
やはり、違いの解る男ですね〜

累積標高が少なく、計画段階では舐めきっていました。
しかし、実際に歩いて見ると、細かなアップダウンのボディーブロー
後半は結構キツかったですよ
全般に標高が高いので涼しくて快適です!是非歩いて見て下さい
登録日: 2012/9/27
投稿数: 935
2018/6/5 13:39
 欲張りトレイル
tailwindさん、こんにちは!

標高差の少ないトレイルと感想にありますが
何気に33キロ超えで細かいアップダウンが多く
負荷を与えるには充分なトレイルですね

今回は色々とゲットされて欲張りすぎですよ
赤線繫ぎ、観光、レアな花、入笠登頂、、全て達成ですか。。
ホテイアツモリソウ、キバナアツモリソウ、変った花姿です
ちょい調べましたらランの種類なのですね。
まだ見たことがないので是非遭遇して見たいです。

それと全国のおばさまを敵にまわすような危険なコメがありましたね。。
しゃべり出すと春蝉の大合唱のように騒がしいとは
これから山ではおばさまのグループにはお気を付け下さい
登録日: 2011/6/12
投稿数: 3836
2018/6/5 17:40
 Re: 欲張りトレイル/自由時間少ないですから
wazaoさん、こんにちは!

仰るように、筋肉に良い刺激を受けました。
今シーズン1番の筋肉痛です
累積標高から考えると、ちょっと信じられない位です
仮説ですが、ほぼフラット路面の歩行スピードですので、
日頃鍛えていない速筋の疲労かもです。

一日をフルに使えぬ日々が続いております。
そうなると、本命登山はまず無理
今回も、山梨遠征を断念し、移動時間を節約しています。
そんな訳で、貴重な時間には詰め込めるだけ詰めちゃいます

アツモリソウは貴重なお花。
恥ずかしながら、その二種類はお初でした
管理された状況なので、自生のイメージからは遠ざかりますが、
盗掘が酷いらしいので仕方ないですね。

おば様達からはシカトでも、お姉さん方を味方にすれば、
OK牧場ですから
登録日: 2013/5/15
投稿数: 2943
2018/6/5 21:25
 行ってみたい!
tailwindさん、こんばんは!  距離だけ見ると35km弱で相当ハードな山行ですね
この辺りは伊那の山という事になると思いますが、一応南アルプスの前衛峰という感じになるのでしょうか?  そうなら更に行ってみたい

写真を拝見すると、足に優しそうで平和な感じのルートで行ってみたくなりました
僕はtailwindさんのように花に詳しくないですが、本を片手に花を調べながら歩くなんて言うのも楽しいかもしれません   間違っても純粋な花でイヤラシ系ではありませんよ
登録日: 2011/8/26
投稿数: 2893
2018/6/5 21:39
 意外です
tailwindさん、こんばんは

入笠山にこんな稜線があったとは知りませんでした
俄然やる気が出るルート取り、ちょっと研究してみます。
入笠山は相当ご無沙汰しているので、楽しみです。

信州在住のtailwindさんが入笠山未踏とは驚きです。
観光の山なので、本物の山ヤには興味がない、ということでしょうか
スズランをはじめとして花の山としても有名ですが、
アツモリソウ(キバナも)が見れるのですね。
ズミも圧巻な季節です
家にスズラン咲いているとは、
ますますtailwindさん邸の豪邸ぶりの想像が膨らみます
登録日: 2012/12/29
投稿数: 2120
2018/6/5 22:18
 珍しい花の宝庫
tailwindさん、こんばんは。

今回も新緑がとても綺麗で、おかげさまで
疲れ目の保養になりました。

入笠山周辺はオフロード天国で、私も山より
林道ツーリングの方に関心がいってしまいます。
しかし、展望もよく花の種類も多く、山としての魅力は
やはり、高いですね。
アツモリソウ自体見たことありませんが、キバナアツモリソウの
異様な姿は見るものをドキッとさせますね。
一度見てみたいものです。

昨年登った守屋山が懐かしいですね。
入笠山から杖突峠までルートがありそうに見えますが
赤線つなぎの実現に期待しております。

さすがのtailwindさんも筋肉痛とは、
ハードな山業お疲れ様でした。
登録日: 2011/5/17
投稿数: 978
2018/6/6 1:31
 初めて見るルート。
tailwindさん、こんばんわ。

入笠山から、釜無山、白岩岳の稜線は、たまに通る人を見ますが、川を挟んで反対側のこのルートは、初めて見ました。

Web検索すると、ヤマレコではbear95さんのレコ、youtubeにはトレイルランの動画がありました。伊那市が整備、標識を設けたコースのようですね。よくぞこんな普通の地図にはない、レアコースを見つけたと感心いたしました。さすがです。ヤマレコのみんなの足跡機能で見てもGPSデータのオレンジだけだとこのコースはでてこない、手書きの赤でやっとでてきた。

鹿嶺高原も初めて聞きました。仙流荘の上、標高1800mでちゃんとした宿泊設備もあり、夜景も奇麗で、さらに鋸岳を珍しい角度から見れる場所(この角度は白岩岳以外は見れないと思っていた)が身近に(といっても富士見町からはぐるっと回るので遠いが)こんないいところがあったんだ!と2度びっくり。

入笠山は初ですか。私は花を見たくなると、つい行ってしまう場所です。山荘の庭のキバナアツモリソウは私も見ました。

それでは、お休みなさい。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5981
2018/6/6 5:39
 tailwindさん、こんにちは。
入笠山に、こんなアプローチがあるとは
目からうろこでした。
途中の展望、笹原と森の繰り返しが
いい感じですね。
ピークの入笠山では、相当レア度の高い花、
しかも、キバナまでとはうらやましい。
次の登山の有力候補なのですが、タイミング逃しそうな
山です。
登録日: 2009/11/24
投稿数: 1103
2018/6/6 7:21
 ゲゲ、日帰りで33.5キロも...
どこを歩いたのかよく見れば、入笠山でお花見
富士見から行けば楽なのに...赤線繋ぎ、難易度上げますなぁ...
よほど体力が余っているようで羨ましいですよ
分けて欲しいなぁ

おはようございます、tailwindさん!
すんません、初っぱなから毒を吐いてしまいました
(先に云っておかないと...)

1枚目の写真、それほど遠くない所で同じ月を眺めていました。
一晩中明るかったような気がします。

ご自宅にススランが咲いているのですか
御殿のようなお住まいですか
うらやましいなぁ...
登録日: 2011/6/12
投稿数: 3836
2018/6/6 10:02
 Re: 行ってみたい!/トレランコースです
kaiさん、こんにちは!

眼精疲労で1時間の仮眠を取るつもりが、起きたら朝でした
返信遅れ、申し訳ありません<(_ _)>

超人のkaiさんならば、累積標高も少なく、ほんの散歩程度のルートです。
トレラン向けに整備されたようなものですので、ここはお勧めです!
御家族でキャンプに来て、お子さん達とトレラン!
夏でも涼しいので、こんなプランがよろしいかと
同時に公開した過去レコに、ジビエ料理店も紹介していますので、
奥様悶絶の、熊肉や猪も食べられますよ

今回歩いた場所ですが、伊那谷を貫く中央構造線より東側に
位置したエリアです。
伊那山地は守屋山に続いており、入笠山はヤマレコ上でも甲斐駒・北岳
に分類されております。
kaiさんの、選択基準にバッチリ当てはまるかと

イヤラシ系の花!?私の植物図鑑には載ってませんね
ウブな私には、わかんない〜
qwg
登録日: 2011/8/19
投稿数: 863
2018/6/6 10:22
 鹿嶺トレイル
これは触手が動くトレイルですね。以前歩いた鋸岳から北上して入笠山までつながる稜線の対岸ですね。気になる稜線だったので良く覚えてます。
地蔵尾根登山口あたりからつなげてみたいなぁ。

入笠山から守屋山は、私も狙ってます。池の平〜金沢峠と市境なので歩けそうですが道路が近くを通ってたりするので面白くはないでしょうね。
登録日: 2011/6/12
投稿数: 3836
2018/6/6 10:22
 Re: 意外です/なんちゃって百なので
hirokさん、こんにちは!

あまりにもハードな山業は、掲載しないで下さいよ
この日の霞の如く、このレコも霞んでしまいますので。
気持ちの整理がつきしだい、再訪致します

このルートは去年知りました。
実際に歩いて見ると、歩きやすく涼しいし、人もいない!
それに、景観の変化もあり、とても楽しく歩ける場所でした。
私は2回に分けましたが、hirokさんならば、林道を使用しての周回。
1回の出撃が可能ですね
お気に入り、ありがとうございます!

プロフィールの山歴に載せていますが、山はなんちゃって百以外は、
八ヶ岳しか登っていないのですよ
なので、未だに山素人が続いています。

家ですか!?
質素で、雑草がそれは見事に茂っております
スズランは勝手に増えるので、現在は百株ほどですかね
結構邪魔になってきております
登録日: 2011/6/12
投稿数: 3836
2018/6/6 12:00
 Re: 珍しい花の宝庫/確かに♪
ELKさん、こんにちは!

信州は季節が遅れますので、未だに新緑です
kaiさんのコメに記しましたが、PCで眼精疲労
また、新緑を見に行かなくては!

ELKさんならば、当然林道ツーリングでしょう
この日も、大型のオフローダーを何人も見掛けました。
気持ちよさそうで、羨ましかったですよ。

礼文島で、純白のアツモリソウを見てから好きになったお花です。
でも、ここのアツモリソウは奇怪な容姿ですね
色彩も強烈で、生で拝見するとビックリでした。
花というよりも、まさに生き物ですから!

守屋山に来られましたよね。
最近は足が遠のいていますが、バリで狙っております。
入笠山からは林道経由で行けますが、山道で行けないものかと
ただ、藪漕ぎは嫌いなので、その辺がネックです。

最近は体が鈍っており、下りは誤魔化せても、登りはキツイです
登録日: 2011/6/12
投稿数: 3836
2018/6/6 12:21
 Re: 初めて見るルート。/初めて歩きました
totoroさん、こんにちは!

山業が減っている理由、よく解りました。
難易度が高く、危険な所がお好きのようですので、
待つ身にとってはご心配なのでは?
私の様にユル登山ならば、お許しも出るのかと...。

このルート、林道経由以外にないものか?
そう思って捜し出したのが、去年の春頃です。
鹿嶺高原には、以前チョコチョコ出掛けていました。
珪化木があり、化石に興味があったのと、南アの展望が
良い場所ですから。
確かに富士見からはアクセスが難ですが、今回の逆走なら
如何でしょうか?相当近いはずです。
totoroさんがお好きの鋸岳!珍しい角度からご堪能下さい。

入笠山は人混みで大変ですが、貴重な花々は必見ですね。
また訪れて見たいと思います!
登録日: 2011/6/12
投稿数: 3836
2018/6/6 12:31
 Re: tailwindさん、こんにちは。
komakiさん、こんにちは!

旧長谷村から富士見町まで歩くので、景観が変わり
面白いルートです。
特に、遠望が利く笹原ゾーンは、開放感に満ち溢れ
気持ち良く歩けます。
伊那インターからは遠いですが、是非ご訪問下さい!

入笠山は、やはりお花の時期が1番ですね。
何かとお忙しいでしょうから、タイミングがズレるのも
致し方なきこと。
来年に持ち越し、アツモリソウが咲く時期狙いが良いかも。
県内の私でさえ、初めてのお山でしたから(笑)
登録日: 2011/6/12
投稿数: 3836
2018/6/6 12:47
 Re: ゲゲ、日帰りで33.5キロも.../ゲゲゲの鬼太郎
hottenさん、こんにちは!

相変わらず、冒頭から全開ですね
新作がアップされていますが、訪問が遅れています
後程お伺い致します。

県下の近場のお山、全て戸倉山経由で繋げたいと思っています。
それで、旧長谷村からの接続になりました
それに、未知のルートには、ロマンがありますからね
距離はそこそこでも、累積標高は少ないルートなので、
安心感はありました。
でも、前回の金峰山よりもキツかったです

月は出発前に撮りましたが、そんな風流人でしたかね?
藪や危険な岩々にしか、興味がないお方だと思っておりました

自宅は田舎の雑草屋敷
スズランは勝手に繁殖するので、雑草扱いですよ!
登録日: 2011/6/12
投稿数: 3836
2018/6/6 13:01
 Re: 鹿嶺トレイル/最高です
qwgさん、こんにちは!

難路・長距離系のお方のご訪問、ビックリでございます
一般登山道メインの私ですので、滅多にコメントは頂けないのですが、
達人のゾーンにハマったご様子
かなり嬉しいですよ ありがとうございます!

対岸の稜線、私ではとても無理ですが、こちらは平和なエリア
楽しく歩けました!
それにしても、地蔵尾根登山口ですか
確かに、qwgさんなら行っちゃうでしょうね。
その脚力、本当に羨ましいですよ。
その半分でもあれば、私の行ける範囲も広がるのですがねぇ〜

守屋山への接続をお考えでしたか!
林道経由はつまらないし、今回のようなルートがないものか?
色々と検討してますが、未だに見つかりません
いっそ、オフロードバイクで走破しちゃおうかな
登録日: 2009/5/12
投稿数: 6647
2018/6/7 18:12
 守屋山も未登頂。。。
tailwindさん、こんばんは。

道間違いの駄賃のクリンソウ、早朝の光とも相まって綺麗ですね
入笠山、tailwindさんと同様の感想で(アツモリソウは気になるが
なかなか計画までには至らず)自分もまだ未登頂です。
しかし、こんな稜線歩きが出来るとは(hirokさんと同じ感。。。)、
ちょっと遠いですが何かの機会があれば是非検討したいルートです。
行くとしても、かなり先になると思うので忘れないように
しないと

濡れる笹薮ですが、いつも対策をしないため、パンツまで
濡れてます
しかし、暑がりなので、この先も温かい時期はこのままかも。。。

それにしても、ホテイアツモリソウは存在感がすごいですね。
この仲間の花は全て貴重と思いますが、まだ山でみたことが
ありません。毎年、八ヶ岳の南沢はチラッと頭をよぎるの
ですが。。。
登録日: 2011/6/12
投稿数: 3836
2018/6/7 20:35
 Re: 守屋山も未登頂。。。/どちらも信州百
youtaroさん、こんばんは!

お気に入りまでありがとうございます。
何故か、マイナールートに登録が多くて面食らいます
ルートミスに対し、絶妙なるフォロー
武士の情け、忝うござる

入笠山も守屋山も、遠征の移動時間や、人混みを考えると
腰が引けますよね
魅力的な花々が多数存在するのに、勿体ないお山です。
ただ、今回のルートでは、公共交通機関を使用しないので
人との遭遇はピンポイント。
今回と同程度の距離で、守屋山共々ゲット出来ますよ
車の回収が問題になりますけど...。

濡れても平気系ですか!?
私は、どうも苦手でして。どうしても完全装備になります
ただ、今回のルートの標高は、最低で1600m、殆どが1800m
程度をキープするので、涼しくて快適でした!

ホテイアツモリソウですが、三ツ岳にもあるらしいですよ。
登録日: 2011/1/14
投稿数: 1868
2018/6/8 18:17
 山室
tさん、こんばんは。

今回も、大変遅くなりましたm(. .)m

皆さんもコメントされていますが、こんなルートがあるんですね
山室から入笠山まで道がるとは思ってもみませんでした。
距離は長いですが、適度な(?)アップダウン。
道も歩きやすそうで、トレなどに最適そうです。

実は、私のご先祖様が一時期山室辺りに住んでいたようで、このエリアは個人的に気になっている所。
それに、このルートは、高尾山〜陣馬山ピストンを、高原風にした感じで気持ちが良さそうです。
一度歩いてみたくなりました
梅雨前の山歩き、お疲れ様でした。
登録日: 2011/6/12
投稿数: 3836
2018/6/8 19:52
 Re: 山室/コアな地域
cさん、こんばんは。

色々と言いたいところですが、ここは深呼吸し、大人の対応で
山室ですが、少し離れると耳にすることが無い地名です。
こちらからだと、一括りに長谷と呼んでしまいます。
しかし、ご先祖様ですが、色々な地域に暮らしていましたね
一度、どの様な一族か、調べてみたい気もします

このルート、トレランに力を入れている気がします。
標高が高いので、夏でもトレには最適だからでしょう。
ただ、草の伸び具合からすると、半対峠から先は、あまり踏まれて
いないように感じます。
ロングゲイターで丁度良い具合でしたから

高尾山、陣馬山は未踏のお山。そちらにも一度お邪魔したいと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ