また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1527490 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東北

会津朝日岳

日程 2018年07月15日(日) [日帰り]
メンバー
 blues55(食事)
, その他メンバー2人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
前日13:00仙台宮城IC発~17:00只見町いこいの森着
当日06:30只見町いこいの森発~06:50いわなの里着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
水場(三吉ミチギ)までは沢脇を登るため,湿っぽく勾配もそれなりなので,気を使います
水場以降は,整備された道をつづら折りに登ることになりますが,勾配もあるため,ぐっしょり汗をかきました。
叶の高手から熊ノ平までは比較的平坦な道
避難小屋から再び急登が始まり,山頂手前の岩場は結構スリリングです。

その他周辺情報只見町ゆったり湯(500円)←バスクリンみたいなが入っていた。温泉じゃないかも
ただ,水風呂もあるので,体を冷やすのにとてもよかったです。
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 水;2L 行動食;柿ピー 飴6個 チョコ 靴ひも予備 Tシャツ 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル ストック アクエリアス2本 日焼け止め

写真

道中唯一と言っていい,水場。
すごく飲みやすい。どんどん入っていきます。
本格的な登りが始まる手前の沢も飲めるようですが,妙に甘ぬるかったです。
2018年07月15日 14:03撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道中唯一と言っていい,水場。
すごく飲みやすい。どんどん入っていきます。
本格的な登りが始まる手前の沢も飲めるようですが,妙に甘ぬるかったです。
1
急登を登り終え,叶の高手から,会津朝日岳が姿を現しました。
2018年07月15日 09:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登り終え,叶の高手から,会津朝日岳が姿を現しました。
山頂手前がきつそう…
2018年07月15日 10:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前がきつそう…
やっぱりきつかった。避難小屋に荷物を置いてきて正解です。
2018年07月15日 10:39撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱりきつかった。避難小屋に荷物を置いてきて正解です。
山頂より,越後三山が見えました。左が中ノ岳,右が越後駒ケ岳。いい感じの稜線。奥に尖がっているのが,八海山。
2018年07月15日 10:59撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より,越後三山が見えました。左が中ノ岳,右が越後駒ケ岳。いい感じの稜線。奥に尖がっているのが,八海山。
1
田子倉湖を抱える浅草岳
2018年07月15日 11:10撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田子倉湖を抱える浅草岳
1
三角点は,登り切った右側にあります。
2018年07月15日 11:13撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は,登り切った右側にあります。
叶の高手にある大クロベ。2本ありました。
2018年07月15日 12:57撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
叶の高手にある大クロベ。2本ありました。
帰りは,六十里街道を通って,魚沼市へ。
途中,只見線が通ったので,写真を撮ってみましたが,誰も乗ってなかった…
2018年07月15日 17:23撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは,六十里街道を通って,魚沼市へ。
途中,只見線が通ったので,写真を撮ってみましたが,誰も乗ってなかった…
1
撮影機材:

感想/記録

夏の山行三昧と言う事で,海の日三連休なのに山へ。
今回は先輩お二人との登山という事で,ついていけるか不安もありましたが,なかなか行けない奥会津方面の行程という事もあり,参加させていただきました。
遠い遠い奥会津,前泊のため,只見町に向かいましたが,道中コンビニ一つありません。
食料は,只見線のどこかの駅前の小さな商店で調達。鯉の旨煮を買いましたが,これが結構おいしかった。
初めて入る奥会津の地,街道沿いにもいろいろな山がありましたが,どれも尾根が鋭角で豪雪であることを思わせます。中でも蒲生岳と言う山がきれいに尖がっていて,興味をそそられました(会津のマッターホルンだそうです)
翌日,早速日本二百名山の会津朝日岳を登ります。
地図を見ても,等高線が密集していて厳しそうだなぁと思っていましたが,やっぱり厳しかった。
おまけにバンガローの水を持って行ったのですが,おいしくなくて飲む気にならず,水場まで,水分を取らなかったせいか,息の上りが早い。心臓がバクバク言っていて本当に大丈夫かなぁと不安になりました。
何とか水場に到着。水がどんどん入っていきます。
今回の行程は,とにかく暑かったので,本当に水の大切さを知りました。水を飲むと体が冷えるのか,すぐに体の調子が戻る感じ。
水分を補給し,たっぷりと水を汲んだ後は,汗をかきながら,どんどん高度を上げていきます。なかなか山が見えないなぁなんて思っていたら,登り切った辺りで,ようやく会津朝日岳がお目見え。
山頂を岩がすっかり覆っています。こりゃあきついなぁと思いながら,だんだん近づいていきます。
避難小屋にリュックを置いて,ペットボトル1本でいざ山頂へ。
遠くから見た岩場はやっぱりゴリゴリで手を使いながら,登っていきます。
何とか山頂に着くと,新潟の山々を見渡すことができました。
これまでの登山で西に見える山の多くは山形の山でしたので,これまた違うなぁと感じました。
中でも,越後三山の存在感は圧倒的で,登りたくなりました。
帰路は,山頂直下の岩場が少し慎重になりましたが,無事に下山。
帰りと言うか次の日登る平ヶ岳の登山口に向けては,六十里街道を通って,魚沼市を通り,シルバーラインを通って,奥只見湖,越後山脈に入りました。
途中で,只見線が通ったので,写真を撮ってみましたが,誰も乗ってなかった…
六十里街道,シルバーライン,奥只見湖沿いの道,どれもすごい道路だった。
ダムを造るための道路らしいですが,建設された昭和30年代はガッツがあったんだなぁ シルバーラインなんて,何十キロと言うトンネルで,トンネルの中に三叉路があるなど,地底の中にいるようでした。
そう言えば,奥只見湖沿いの道路で,でっかい熊が道を横切っていきました。
はじめて野生の熊を見ました。ものすごくでかくて,あんなのが向かってきたら,どうしたらいいんだろう!?
訪問者数:687人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ