また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1528604 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

焼岳〜山頂に立つと見えてくる景色

日程 2018年07月16日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新中の湯登山口駐車場を使わせていただきました。
この日、連休中ということもあってか、朝5時時点でほぼ満車。
かろうじて隙間を見つけて停めることができました。小さい車ならではの隙間でした。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間34分
休憩
2時間1分
合計
8時間35分
S新中の湯登山口05:4707:201972mピーク07:3708:04広場08:0808:14下堀沢出会10:10焼岳(北峰)11:3312:38下堀沢出会12:3912:42広場12:5013:081972mピーク13:1614:21新中の湯登山口14:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◇新中の湯登山口⇔1972mピーク
登山道も整備されていますし、平時であれば危険個所も道迷いもありません。
◇1972mピーク⇔下堀沢出会
ピークから10mほど下り、広場までゆったり上ります。危険個所も道迷いもありません。広場から下堀沢出会にかけて勾配があがり樹林帯もなくなっていきます。
◇下堀沢出会⇔焼岳山頂
下堀沢出会から山頂肩まではガレ場が続きます。急登ですが、段差が厳しい岩はなく、鎖場もありません。肩から山頂直下を巻き、上高地からの登山道と出合うコルから焼岳北峰へのガレ場上りです。この上り、段差が厳しい岩もあります。上りより下りの場面で注意が必要です。
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

写真

新中の湯からのスタートです。さぁ頑張るぞー!
2018年07月16日 05:39撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新中の湯からのスタートです。さぁ頑張るぞー!
1
最初はこんな感じです。
2018年07月16日 05:47撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はこんな感じです。
ヤマアジサイ
2018年07月16日 05:50撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマアジサイ
1
トリアシショウマ
2018年07月16日 05:50撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリアシショウマ
3
ダイヤモンド…霞沢岳…??
2018年07月16日 05:53撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイヤモンド…霞沢岳…??
2
ズダヤクシュ
2018年07月16日 05:56撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズダヤクシュ
3
ヤマブキショウマ
2018年07月16日 05:56撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマブキショウマ
2
路は徐々に勾配ペースアップ。
2018年07月16日 06:02撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路は徐々に勾配ペースアップ。
1
シナノオトギリ
2018年07月16日 06:09撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シナノオトギリ
3
ユキザサの実?
2018年07月16日 06:25撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユキザサの実?
2
イチヤクソウ
2018年07月16日 06:25撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イチヤクソウ
3
最近倒木となったのでしょうか。。。切り口が真新しかったです。
2018年07月16日 06:26撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近倒木となったのでしょうか。。。切り口が真新しかったです。
1
根っこで出来た基地か、何かの住処か、苔むしただけか。。。
2018年07月16日 06:28撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根っこで出来た基地か、何かの住処か、苔むしただけか。。。
2
ギンリョウソウ
2018年07月16日 06:52撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ
2
ササの葉に・・??
2018年07月16日 07:14撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ササの葉に・・??
2
1972mピークでひと休み。ここで標高的には半分近く上ったことになります。あと400と少々(?)、がんばろ。
2018年07月16日 07:36撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1972mピークでひと休み。ここで標高的には半分近く上ったことになります。あと400と少々(?)、がんばろ。
2
ゴゼンタチバナ
2018年07月16日 07:46撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
3
樹林の向こうにピーク!
2018年07月16日 07:57撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林の向こうにピーク!
3
広場に出ました。1972ピークからここまでほとんど標高差ありませんでした。そして、目の前に焼岳が姿を現します。
2018年07月16日 08:06撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場に出ました。1972ピークからここまでほとんど標高差ありませんでした。そして、目の前に焼岳が姿を現します。
3
ツガザクラ
2018年07月16日 08:14撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツガザクラ
2
少々ガレはじめ。
2018年07月16日 08:15撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少々ガレはじめ。
1
北アルプスのテッペン登場!下堀沢まで来ると望めました。
2018年07月16日 08:19撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスのテッペン登場!下堀沢まで来ると望めました。
2
シナノオトギリ
2018年07月16日 08:21撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シナノオトギリ
1
シロバナニガナ
2018年07月16日 08:49撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロバナニガナ
1
ハナニガナ
2018年07月16日 08:25撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハナニガナ
2
焼岳全貌です。コルの真ん中から顔を出しているのが目指す北峰。
2018年07月16日 08:34撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳全貌です。コルの真ん中から顔を出しているのが目指す北峰。
3
ズームアップ。
2018年07月16日 08:47撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズームアップ。
2
コバノトンボソウ
2018年07月16日 08:48撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバノトンボソウ
1
神々しい♪
2018年07月16日 08:52撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神々しい♪
2
群生してます
2018年07月16日 09:00撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群生してます
2
溶岩ドームにだんだんと近づいてきました。
2018年07月16日 09:35撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
溶岩ドームにだんだんと近づいてきました。
2
巻雲のえびの尻尾。好天気の象徴ですね。
2018年07月16日 09:36撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻雲のえびの尻尾。好天気の象徴ですね。
2
ハロ。。。ヘイロー? めんどくさい、「暈」ですっ。
2018年07月16日 09:49撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハロ。。。ヘイロー? めんどくさい、「暈」ですっ。
3
いよいよ山頂稜線に続くコルに出ます。
2018年07月16日 10:06撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ山頂稜線に続くコルに出ます。
2
登攀禁止の南峰ですね。
2018年07月16日 10:08撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登攀禁止の南峰ですね。
2
北峰直下では盛んに噴気。
2018年07月16日 10:09撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰直下では盛んに噴気。
2
暑いんです。今日の天気のせいなのか、火山の熱のせいなのか。。。もちろん前者ですが。
2018年07月16日 10:13撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑いんです。今日の天気のせいなのか、火山の熱のせいなのか。。。もちろん前者ですが。
2
壁の下を通過すると北峰の東側コルに出ます。
2018年07月16日 10:14撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壁の下を通過すると北峰の東側コルに出ます。
1
すると眼前に穂高がドーン、と。…ちょっと雲が被ってますね。
2018年07月16日 10:17撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると眼前に穂高がドーン、と。…ちょっと雲が被ってますね。
1
山頂まではほんの少しのガレ歩き。
2018年07月16日 10:18撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まではほんの少しのガレ歩き。
2
青空に対照的な色をした岩です。
2018年07月16日 10:23撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に対照的な色をした岩です。
1
ついに登頂!ついに登攀!!やりました。ずっと訪れたかった焼岳。悲願達成です。(ちょっと大袈裟過ぎ?)
2018年07月16日 10:26撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに登頂!ついに登攀!!やりました。ずっと訪れたかった焼岳。悲願達成です。(ちょっと大袈裟過ぎ?)
3
北峰と南峰の間にある爆裂火口。美しい色を湛えた火口池。これを山頂から眺めるだけでも感激。
2018年07月16日 10:29撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰と南峰の間にある爆裂火口。美しい色を湛えた火口池。これを山頂から眺めるだけでも感激。
2
奥穂と吊り尾根と前穂。
2018年07月16日 10:32撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂と吊り尾根と前穂。
1
山頂標は上高地を指しています。右のほうに大正池。うーん素敵な眺め。
2018年07月16日 10:33撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標は上高地を指しています。右のほうに大正池。うーん素敵な眺め。
2
あの端まで行ってみますか。
2018年07月16日 11:12撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの端まで行ってみますか。
1
爆裂火口再び。
2018年07月16日 11:14撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爆裂火口再び。
2
噴気孔ズームアップ。
2018年07月16日 11:16撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴気孔ズームアップ。
1
いつまでも、というワケにはいかないので、下山始めました。
2018年07月16日 11:25撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつまでも、というワケにはいかないので、下山始めました。
1
切れそう。
2018年07月16日 11:35撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切れそう。
1
対照的に柔らかそうな稜線。
2018年07月16日 11:49撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対照的に柔らかそうな稜線。
1
真ん中にあるスポットのようなところが広場です。この谷を下ります。
2018年07月16日 11:52撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中にあるスポットのようなところが広場です。この谷を下ります。
1
振り返ると。。。神々しさがますますヒートアップしていました。
2018年07月16日 12:13撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると。。。神々しさがますますヒートアップしていました。
2
さらっと広場まで到着。
2018年07月16日 12:50撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらっと広場まで到着。
1
ナナカマドはもう色づき?
2018年07月16日 12:52撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドはもう色づき?
1
なぜか気になる木
2018年07月16日 13:27撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜか気になる木
2
樹林帯も楽しいな
2018年07月16日 13:37撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯も楽しいな
1
ギンリョウソウにぎやか
2018年07月16日 13:46撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウにぎやか
3
シロバナナデシコ?
2018年07月16日 14:17撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロバナナデシコ?
2
アマドコロ
2018年07月16日 14:18撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アマドコロ
1
モミジカラマツ
2018年07月16日 14:19撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジカラマツ
2
登山口の看板まで下りました。無事に下山完了。つたないレコ、最後までご覧いただきありがとうございました。
2018年07月16日 14:20撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の看板まで下りました。無事に下山完了。つたないレコ、最後までご覧いただきありがとうございました。
1

感想/記録

前から登りたいと思っていた焼岳への山行機会到来です。
ガレ場や噴気など、少し不安もあったのですが、登山路で出会えた多くのお花たちや葉の色艶豊かなナナカマドから元気をもらって完登することができました。
爆裂火口や溶岩の跡、岩稜の山頂など甘くみてはならないところもありますが、その自然の驚異や迫力の展望は実際に足を運んでみて身を以って味わえたと思っています。
いつもはその焼岳によって形成された大正池側から崇めていた山に登り、今度は山頂から大正池を眺望できたことにも心打たれました。
壮大な大自然に感謝です。
訪問者数:361人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ