また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1543118 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲山系[布引・トゥエンティクロスほか]

日程 2018年07月15日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間45分
休憩
44分
合計
4時間29分
Sスタート地点10:1110:34新神戸駅10:3510:45布引の滝(雌滝)10:50布引の滝(雄滝)10:5410:55見晴らし台11:05布引貯水池11:0711:25桜茶屋(市が原)11:3111:39天狗道分岐点11:4111:54立岩(三笠岩)12:1612:28天狗道分岐点12:2913:07学校林道分岐13:1113:36学校林道登り口13:55雷声寺13:5714:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
トゥエンティクロス 崖崩落および橋消失により通行困難
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 GPS 保険証 携帯 タオル カメラ

写真

新神戸〜市ケ原ルートの道中、布引貯水池手前の滝。普段は枯れ滝だが、大雨の影響が残っておりかなりの水が流れ落ちていました。
2018年07月15日 11:03撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新神戸〜市ケ原ルートの道中、布引貯水池手前の滝。普段は枯れ滝だが、大雨の影響が残っておりかなりの水が流れ落ちていました。
ここ数年、水量が少なかった貯水池もすっかり満水になっていました。
2018年07月15日 11:07撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ数年、水量が少なかった貯水池もすっかり満水になっていました。
周遊路は大雨による土砂崩れで通行止めに。すぐ近くにある車道へのアクセス道が迂回路に指定されていました。
2018年07月15日 11:09撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周遊路は大雨による土砂崩れで通行止めに。すぐ近くにある車道へのアクセス道が迂回路に指定されていました。
市ケ原。川に近い植物が倒れていただけで、他は特に変わりなし。高雄山方面への橋も健在でした。
2018年07月15日 11:27撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市ケ原。川に近い植物が倒れていただけで、他は特に変わりなし。高雄山方面への橋も健在でした。
トゥエンティクロスの南側入り口。崖崩落による登山道崩壊のため、通行できない旨の注意書きがありました。
2018年07月15日 11:47撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トゥエンティクロスの南側入り口。崖崩落による登山道崩壊のため、通行できない旨の注意書きがありました。
トゥエンティクロスに入って少し歩くと、突然道がなくなって一面が川に。斜面と川に挟まれた道は増水で流されてしまっていました。右の不安定な斜面によじ登り、先にある道に復帰。
2018年07月15日 11:52撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トゥエンティクロスに入って少し歩くと、突然道がなくなって一面が川に。斜面と川に挟まれた道は増水で流されてしまっていました。右の不安定な斜面によじ登り、先にある道に復帰。
その後すぐ、大量の土砂と倒木で道が塞がれていました。注意書きが示す場所はおそらく此処のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後すぐ、大量の土砂と倒木で道が塞がれていました。注意書きが示す場所はおそらく此処のようです。
木を伝って崩落場所に出るも、この状態。反対側から来た人によるとこの崖の上へと道がついているそうですが、下からでは見えません。加えて上の方に見える不安定な表層が不安を煽るので、よじ登るのはやめて引き返しました。
2018年07月15日 12:10撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木を伝って崩落場所に出るも、この状態。反対側から来た人によるとこの崖の上へと道がついているそうですが、下からでは見えません。加えて上の方に見える不安定な表層が不安を煽るので、よじ登るのはやめて引き返しました。
縦走路に復帰して、掬星台を経て杣谷まで向かう予定でしたが、あまりの暑さに体力が限界に達し学校林道分岐で続行を断念。学校林道に入り、旧摩耶道を経て下山しました。標高550m地点で気温33℃。無風でした。
2018年07月15日 13:12撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路に復帰して、掬星台を経て杣谷まで向かう予定でしたが、あまりの暑さに体力が限界に達し学校林道分岐で続行を断念。学校林道に入り、旧摩耶道を経て下山しました。標高550m地点で気温33℃。無風でした。

感想/記録

想像以上の被害状況にルート変更を余儀なくされましたが、現状の確認ができたため有意義な調査になりました。猛暑下での低山登山をする場合は、なるべく川沿いのルートを選んだ方が良さそうです。
訪問者数:208人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 崩落 倒木 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ