また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1562260 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

【平ヶ岳】

日程 2018年08月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鷹ノ巣登山口駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間20分
休憩
1時間28分
合計
10時間48分
S鷹ノ巣登山口05:2907:24下台倉山07:3508:13台倉山08:1708:22台倉清水08:2509:00白沢清水10:13池ノ岳10:1510:42平ヶ岳三角点10:4310:46平ヶ岳10:4910:52平ヶ岳三角点11:1311:31平ヶ岳キャンプ指定地11:50玉子石12:0512:24池ノ岳12:2613:10白沢清水13:40台倉清水13:49台倉山14:0514:36下台倉山14:4616:16鷹ノ巣登山口16:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報燧の湯
過去天気図(気象庁) 2018年08月の天気図 [pdf]

写真

5:30駐車場はほぼ満車。隙間を見つけて駐車。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:30駐車場はほぼ満車。隙間を見つけて駐車。
1
最初の10分程度は平坦な道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の10分程度は平坦な道。
2
下台倉の沢を渡る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下台倉の沢を渡る。
1
ここから山道10km。
٩( 'ω' )و
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから山道10km。
٩( 'ω' )و
2
当面の目標「下台倉山(中央)」への尾根。グイグイ登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当面の目標「下台倉山(中央)」への尾根。グイグイ登る。
2
「燧ヶ岳」比較的展望のきく尾根の登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「燧ヶ岳」比較的展望のきく尾根の登り。
4
右側は「鷹ノ巣山」。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側は「鷹ノ巣山」。
2
「下台倉山」まであと一息。朝から汗だく。平ヶ岳はあそこから左へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「下台倉山」まであと一息。朝から汗だく。平ヶ岳はあそこから左へ。
「下台倉山」で皆さん一休み。「平ヶ岳」遠いなー・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「下台倉山」で皆さん一休み。「平ヶ岳」遠いなー・・・
4
左手に「燧ヶ岳」や尾瀬の山々を眺めながら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に「燧ヶ岳」や尾瀬の山々を眺めながら。
1
「下台倉山」を過ぎた後は、アップダウンが続く中、木道も多く整備してある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「下台倉山」を過ぎた後は、アップダウンが続く中、木道も多く整備してある。
そんな木道も最終盤。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんな木道も最終盤。
「池ノ岳」への登りが始まる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「池ノ岳」への登りが始まる。
2
コバナノコゴメグサ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバナノコゴメグサ
「池ノ岳」が近づく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「池ノ岳」が近づく。
左手には「平ヶ岳」頂上。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手には「平ヶ岳」頂上。
2
ここまで来るには、なかなか登り甲斐がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来るには、なかなか登り甲斐がありました。
2
「姫の池」青空だともっといい色に映るのでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「姫の池」青空だともっといい色に映るのでしょう。
「平ヶ岳」山頂を入れて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「平ヶ岳」山頂を入れて。
4
ここまでの登りと変わって、「平ヶ岳」山頂へなだらかな湿地帯を歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでの登りと変わって、「平ヶ岳」山頂へなだらかな湿地帯を歩く。
2
チングルマ(果穂)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマ(果穂)
まもなく「平ヶ岳」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まもなく「平ヶ岳」
2
「平ヶ岳の三角点」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「平ヶ岳の三角点」
9
「燧ヶ岳(左)・男体山(中央)・日光白根山(右)」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「燧ヶ岳(左)・男体山(中央)・日光白根山(右)」
3
「至仏山(中央)・武尊山(右奥)」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「至仏山(中央)・武尊山(右奥)」
4
遠くにも池塘が眺められる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くにも池塘が眺められる。
3
「三角点」の先へ続く木道を進むと行き止まり「最高地点」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「三角点」の先へ続く木道を進むと行き止まり「最高地点」
2
「八海山(左)中ノ岳(中央)越後駒ケ岳(右)」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「八海山(左)中ノ岳(中央)越後駒ケ岳(右)」
5
頂上で昼食をとって、来た道を戻る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上で昼食をとって、来た道を戻る。
1
帰りは「玉子石」へ。分岐点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは「玉子石」へ。分岐点。
2
「玉子石」へ広大でなだらかな湿地帯を歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「玉子石」へ広大でなだらかな湿地帯を歩く。
1
木道が続く左の先が「玉子石」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道が続く左の先が「玉子石」
「玉子石」を見ながらコーヒー休憩。とても静かな時間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「玉子石」を見ながらコーヒー休憩。とても静かな時間。
8
「越後三山」今年秋に行きたい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「越後三山」今年秋に行きたい!
2
玉子石を後にして「姫ノ池」に戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉子石を後にして「姫ノ池」に戻ります。
2
「池ノ岳」から帰りの道を眺める。一気に下った後、なだらかなですが長い稜線歩きが待っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「池ノ岳」から帰りの道を眺める。一気に下った後、なだらかなですが長い稜線歩きが待っています。
稜線はアップダウンを繰り返し少しづつ下る。2つ先に見える尾根を右に下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線はアップダウンを繰り返し少しづつ下る。2つ先に見える尾根を右に下ります。
日帰り最難関(百名山)と言われる山旅も最終盤。この尾根を下るとゴール。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日帰り最難関(百名山)と言われる山旅も最終盤。この尾根を下るとゴール。
2

感想/記録
by Dai-J

「百名山」日帰り最難関ともいわれる平ヶ岳。

山形の家を1:00に出発。登山口には5:00過ぎに到着。
登山口へたどり着くまでの奥深さも、この山の秘境感を漂わせるひとつかも。
食料や飲料水は会津田島のコンビニで済ませて、登山口へ向かった。

頂上でのなだらかで広大な湿原歩きはとても良かった。
が、常に頭をよぎるのは、帰りの距離と時間と自宅までの車移動など、疲労の心配。
結果、余裕を持って下山できたことを考えると、あまり「平ヶ岳」の距離を意識しすぎてしまった感。
もっとゆっくりゆったりした気分で登ると良かったかなー。
訪問者数:387人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ