また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1568019 全員に公開 沢登り丹沢

四十八瀬川水系 勘七ノ沢 沢登り講習

日程 2018年08月25日(土) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー1人
天候曇り(下界は晴れていたよう)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
表丹沢県民の森駐車場
・トイレあり(ペーパーは今日はなし)
・登山届ポストはないので渋沢駅北口や神奈川県警オンライン提出で
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
■勘七ノ沢

 表丹沢では3指に入る人気沢。
 西山林道/二俣から入渓し、堰堤1基を左隅から越えると少しで左から鋭角で
 出合う。そのまま真っ直ぐ方向の小草平ノ沢へ見過ごして入るパーティも時々
 いるので地形図で事前に確認し注意をしておきましょう。
・すぐにF1−7m。左壁を登る。出だしから2mほどが時々初心者クラスで
 登れない人がいるのを見ますが、ここでつまづくようならば沢登りに必要な
 クライミング力が不足しているので出直しましょう。
 (出だしだけ卦蕁棔銑元蕁檗
 途中3mほど上がったところに残置支点あり。終了点は古いがグージョンボルト
 2つあり。
 増水時の高巻きは、一旦小草平ノ沢二俣まで戻り、30mほど上流に溯ると
 小草尾根登山道(現在は廃道にしてある)が横断しているので、これを登り
 左手に残置ロープの張ってある植林径路を勘七ノ沢F2上の堰堤落ち口に向け
 トラバースする。
・F2−6mはFナンバー看板の架かった右壁を登る。(卦蘢度)
 ここは一部脆いので注意する。中間支点はほぼなし。看板上から左の方向上に
 残置ハーケンが1つあるが、こちらの方は乗越しがあまりよくないので
 看板右側から右上するように登った方が一般的だ。
 ロープを出した場合5mほど上の木を終了点とする。
 次の堰堤は右隅だがちょっと面倒臭いので、F2終了点の木から上に向かい直上し
 植林径路に出たらそのまま堰堤落ち口へトラバースする。
・F3−7×12mは釜の右側から半周するようにへつって流芯右壁を登る。
 ヘツっている時のスタンス(足)は水際を使う。岩層に沿って上に上がらないこと。
 (卦蕁
・この沢唯一の短いナメが現れると640mで左から支流が合わさる。
 その先でF4−2段13m(3+10m)。
 下段3mは右壁を登り、少し登って左へトラバースして、上段10mは右手の
 凹角を登る。水量が多いときは下段を登ったところで滝の飛沫を浴びるだろう。
 トラバース時にある残置スリングなどに中間支点を取るとロープが屈曲して
 リード者はロープがスタックしがちなのでちょっと注意。
 終了点は古いハーケン2つに残置スリングが架かっている。
 (卦蕁
 高巻きは640m二俣まで戻り中間尾根の植林帯際を。F4の落ち口真下に下りる
 よりも少し上流部まで巻いて下りた方がリスクは少ない。
・堰堤が5基続く。最初の連続した2基は右側のカンテを登って巻き、2番目は
 右隅を登る。
 3基目は左隅をちょっとしたクライミングで登る(卦蕁砲、15mほど手前の
 右側土ザレを逆くの字状に上がり薄い植林径路を堰堤落ち口(古い木橋あり)へ
 巻く。
 4、5基目も右から巻く。
 5基目の上が740m二俣。左俣はあまり記録がないが、直登できない滝が2つあり
 その高巻きも悪い。ここは右俣へ進む。
・しばらくでF5−12m大滝。
 Fナンバー看板の下からバンドに取り付き右へトラバースして、流芯左壁をクライ
 ミング。途中残置支点が4つくらい。終了点は落ち口3m上流にハーケン2つ。
 (卦蕁棔銑元蕁檗
 高巻きは5m手前の左手凹角ザレを上がって踏み跡をトラバースする。
 ここも落ち口真上から沢へ下りるのはリスクが高いので、少し上流側からクライム
 ダウンした方がよい。
・Fナンバー看板はないがF6は小ゴルジュ内の連瀑帯だ。
 左や右を巻き登ったり、スタンスをシャワー少し被りながら流芯に求めたり、
 場合によっては左壁をへつったりと楽しいセクション。
 連瀑の最後は右側が半壊した石積み堰堤となる。
・890m二俣は左の支流がガレ沢で合わさり、右の本流には3m小滝が架かる。
 この30m手前で右側の広いザレ尾根を30〜40分ほど高みを目指して登れば
 上部は植林帯となり柵の間を抜けると大倉尾根1128mのベンチのある平地
 (茅場ノ平)に飛び出す。
 時間があれば890m二俣の右本流を小滝越えながら遡行していき、1070m二俣
 (左の広い方の沢は通常涸れている)を僅かに水の流れる右沢へ進むと
 左側が大岩壁のトイ状6×10m滝。ステミングで登り(卦蕁法右から入る
 3番目のガレ沢に入る。20mほど登って右壁の弱点を突いて右尾根を登り詰め
 れば大倉尾根/花立山荘裏手に出る。

遡行グレード 1級上
滝のクライミンググレード MAX 元蕁

トポ(遡行図)等詳細は『丹沢の谷200ルート』(山と溪谷社)参照

■マウントファーム登山学校
  ガイディングではなくこれから主体性を持った登山、リスク管理できる
  登山者の支援を、沢登り、読図、クライミングなどのアクティビティを通じて
  行っています。
  http://mt-farm.info/

個人装備

個人装備品
数量
備考
雨具 1
地図(地形図) 1
トポ 1
コンパス 1
1
計画書 1
ヘッドランプ 1
予備電池 1
GPS
筆記用具 1
ファーストエイドキット 1
ロープ 1 8mm×40m以上
ハーネス 1
個人装備品
数量
備考
ヘルメット 1
ビレイデバイス 1
ロッキングカラビナ 4 HMS型主体で
クイックドロー 5
スリング 2
ロープスリング 2 主に有事のセルフレスキュー用
セルフビレイランヤード 1 PAS等
ハンマーバイル 1
ナイフブレード 3 緊急用
アングルハーケン 1 同じく
渓流シューズ 1
渓流用ソックス等足回り
虫除けスプレー 1 ディート成分入り

写真

表丹沢県民の森駐車場
最近こんなに空いているのは珍しい。盛夏はさすがの鍋割山ハイカー人口も少ないね。
2018年08月25日 08:50撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表丹沢県民の森駐車場
最近こんなに空いているのは珍しい。盛夏はさすがの鍋割山ハイカー人口も少ないね。
二俣
ここから入渓
2018年08月25日 09:13撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二俣
ここから入渓
左の勘七ノ沢へ入る
2018年08月25日 09:24撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の勘七ノ沢へ入る
1
F1−7m
今日は通常の倍の水量。クライミングルートの左壁にも水が。
2018年08月25日 09:25撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F1−7m
今日は通常の倍の水量。クライミングルートの左壁にも水が。
1
今回は小草尾根から植林径路を使ってF1とF2は巻く
2018年08月25日 09:31撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は小草尾根から植林径路を使ってF1とF2は巻く
F3 釜の右を半周する
2018年08月25日 09:37撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F3 釜の右を半周する
1
唯一のナメ
2018年08月25日 10:00撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唯一のナメ
1
F4
先日付けたFナンバー看板はまだ頑張っている
2018年08月25日 10:06撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F4
先日付けたFナンバー看板はまだ頑張っている
F4登るNさん
2018年08月25日 10:29撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F4登るNさん
1
5基の堰堤が続く
すべて左岸(右側)から
2018年08月25日 10:49撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5基の堰堤が続く
すべて左岸(右側)から
1
堰堤右隅を登る
2018年08月25日 10:52撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤右隅を登る
2
今日のF5は流れが太いぜ
通常は流芯左壁をクライミングするが
2018年08月25日 11:14撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のF5は流れが太いぜ
通常は流芯左壁をクライミングするが
2
今日は左の凹角ザレから巻く
2018年08月25日 11:22撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は左の凹角ザレから巻く
F6連瀑始まり
2018年08月25日 11:55撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F6連瀑始まり
ヘツリも交えて楽しいセクション
2018年08月25日 12:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘツリも交えて楽しいセクション
1
この石積み堰堤で連瀑も終わり
2018年08月25日 12:11撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この石積み堰堤で連瀑も終わり
1
今日は890m二俣の手前から左岸尾根を大倉尾根へ。
途中タマゴダケGET★
2018年08月25日 13:13撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は890m二俣の手前から左岸尾根を大倉尾根へ。
途中タマゴダケGET★
2
堀山の家も今日は閑散
いつもこのくらいだったらいいのにね
2018年08月25日 14:07撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堀山の家も今日は閑散
いつもこのくらいだったらいいのにね
2
小草尾根下り二俣
2018年08月25日 14:53撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小草尾根下り二俣
駐車場着 Nさんお疲れ様〜
2018年08月25日 15:25撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場着 Nさんお疲れ様〜
タマゴダケは早速今晩のソテーでいただきました
2018年08月25日 19:41撮影 by MO-01J, ZTE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タマゴダケは早速今晩のソテーでいただきました
2

感想/記録
by kamog

上越は増水+降雨予報だったので近場の勘七ノ沢講習へ転進。
水量はやはりこちらも通常の倍近くでしたが、それはそれなりに受講者さんも楽しんでくれたようです。
タマゴダケGET! 今晩のレシピ。タマゴダケ、ナスとベーコンのカレーソテーに。このキノコのプリプリ感がたまらんわぁ〜。
訪問者数:153人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ