また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1633932 全員に公開 雪山ハイキング 白山

雪の白山 (室堂まで砂防新道ピストン)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年10月30日(火) [日帰り]
メンバー
天候1750mまで雨、それより高所は雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
別当出合駐車場まで車で。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間38分
休憩
1時間26分
合計
6時間4分
S別当出合駐車場09:4309:51別当出合10:33中飯場11:05別当覗11:0611:30甚之助避難小屋12:0212:21南竜分岐12:2212:59黒ボコ岩13:0413:11弥陀ヶ原・エコーライン分岐13:1413:31白山室堂13:4513:52弥陀ヶ原・エコーライン分岐13:58黒ボコ岩14:0014:19南竜分岐14:2014:28甚之助避難小屋14:5215:05別当覗15:0615:22中飯場15:2415:43別当出合15:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
別当覗から上で着雪。甚之助避難小屋で5cm、室堂で10cmほど。五葉坂は岩の間がほぼ雪で埋まっています。
室堂周囲は吹き溜まりで3-40cm。風で飛ばされるところは凍結しています。
黒ボコ経由でしたが、エコーライン分岐以後のトラバースは支障なし。延命水付近は岩板上の雪がところどころスリップ原因になり注意が必要。
弥陀が原の木道はまだ見えています。
アイゼンの使用箇所なし。
ピッケルは黒ボコ下部のトラバースで安全のために一部使用した。ちゃんとステップを切れば問題なし。
終始降雪していたので、明日はラッセルが必要になると思われる。暴風雪だが(汗)。
その他周辺情報旧かんぽの宿(道の駅の向かい)の比(ひめ)の湯 https://www.himenoyu.jp
500円
新しくていい匂い。外湯風に作られた一角は大きな網戸で外気とつながっている。
過去天気図(気象庁) 2018年10月の天気図 [pdf]

写真

駐車場は貸し切り(路上に数台あった)。閑散とした別当出合。
2018年10月30日 09:51撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場は貸し切り(路上に数台あった)。閑散とした別当出合。
2
秋です。
2018年10月30日 09:51撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋です。
1
遠く稜線は着雪している。
2018年10月30日 10:27撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く稜線は着雪している。
別当覗の上はこんな感じ。
2018年10月30日 11:17撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別当覗の上はこんな感じ。
2
甚之助の小屋前ベンチ。5cmほどの雪。
2018年10月30日 11:30撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甚之助の小屋前ベンチ。5cmほどの雪。
モンスターの子供か
2018年10月30日 12:18撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンスターの子供か
エコーライン分岐から南竜方面にトレースが二人分。黒ボコにスキートレースが一つ。ここからシール登行か。
2018年10月30日 12:22撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エコーライン分岐から南竜方面にトレースが二人分。黒ボコにスキートレースが一つ。ここからシール登行か。
1
凍えます。
2018年10月30日 12:28撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍えます。
1
トラバースを振り返って。ここが一番急で緊張した場所。ピッケルを刺しつつ通過。
2018年10月30日 12:47撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースを振り返って。ここが一番急で緊張した場所。ピッケルを刺しつつ通過。
1
橋はまだ見えてます。
2018年10月30日 12:47撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋はまだ見えてます。
スライドした山スキーヤーを追いかけ撮影するが、すでにガスの中。
2018年10月30日 12:51撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スライドした山スキーヤーを追いかけ撮影するが、すでにガスの中。
1
黒ボコ。
2018年10月30日 13:02撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒ボコ。
弥陀が原。
2018年10月30日 13:05撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥陀が原。
カチカチです。
2018年10月30日 13:18撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カチカチです。
室堂が見えてきた。
2018年10月30日 13:28撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂が見えてきた。
白山荘確認。
2018年10月30日 13:30撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山荘確認。
今日はここでお参りさせてください…
奥に御前峰が見えます(心眼で…)
2018年10月30日 13:31撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はここでお参りさせてください…
奥に御前峰が見えます(心眼で…)
2
少々取りづらいが飲めますよ
2018年10月30日 14:02撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少々取りづらいが飲めますよ
下山途中は紅葉真っ盛り!
2018年10月30日 15:36撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中は紅葉真っ盛り!
2

感想/記録

一昨日は金沢マラソンを走った。
昨日はあちこち痛くて歩くのも大変だったが、今朝、起きたら動けそう。
大分前に夏季休暇(10月末までに取得)を申請してあったので、所用済ませてのんびり出発。どうせ雨雪で視界がないので、行けるところまで行ければいいやと、14時制限とした。
いろいろと試したい装備もあったし、トレーニングも兼ねて厳冬期に使用するものと全く同じ装備を担いでいった。
足元は温かい4シーズン用のブーツで。

橋にはまだ板あり。
中飯場までは秋真っ盛り。紅葉が綺麗だった。
別当覗から雪がちらほら。
甚之助で昼食とし、ハードシェルを装備して再出発。
エコーライン分岐くらいから雪が増えてきて、木々は凍りついている。
ここまでツボ足の先行トレースが3−4人分あり。二人は南竜方面に。一人はエコーライン分岐でスキー登行に切り替えたようだ。黒ボコ方面に向かっている。
そのトレースを追うように黒ボコ方面に。これくらいの雪ならツボ足でもまだ大丈夫だろう。
トラバースの一部は緊張したが、ピッケル刺して安全に通過。
降りてきたスキーヤーさんと延命水の下でスライド。少々お話した。
最初、遠目でまず横シートラに気づいたので、ん? モモちゃん? と思いましたが、
メットが青色。別人でした。
またお会いしましたらよろしくお願いします。

弥陀が原は木道が出ている程度で小雪。風も弱い。
五葉坂はプチラッセルでした。
室堂に上がる頃には強風でした。顔が痛い。

ちょっと白山荘の冬季入り口をのぞいて、室堂で13時45分。
お参りは手近なところで済ませて下山。

下山では小松からのつぼ足の方とスライド。
同じく室堂で引きかえしてきて甚之助で少しお話しました。
帰りにすごいスピードで降りていきました。

夏休みなのに、下部の紅葉(秋)と久しぶりの雪(冬)の感触を満喫しました。

ちなみに風嵐ゲートから別当までのロードは紅葉見頃です。
今週末のホワイトロードもいいんでしょうね。
来週は予定があり雪には出会えませんが、再来週あたりはもしかしたら初滑り!?になるかも…
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:626人

コメント

お疲れさまです
シンモンさん、こんばんは。
金沢マラソンの自己ベスト更新おめでとうございます。
疲れもあるなかで、白山とはご苦労でした。

疲れ抜きジョグならぬ、疲れ抜きラッセルってところでしょうか?
どんな時も向上心を持って地道な努力する姿勢、
立派だし、頭が下がります。
YSHR先生も初滑りされたことだし、
再来週あたり、シンモンさんも初滑り叶うといいですね。
2018/10/31 21:33
Re: お疲れさまです
チカさん、コメントどうもありがとうございます。
もう2時間早く出ていたらピークまで行こうとしたでしょうねぇ… 意図せず装備が完璧だっただけに。
ま、人生そんなもんです。天候を読んで早立ちの心積もりしておけという勉強でした。

車に戻ったところで、ヤマテンの白山大荒れ情報がメールで配信されました。
更にその夜に積もるとの予報。
地獄好きな方達はきっと明日行くんだろうなぁと思いましたが、ビンゴですね。
ただただすごいですねー。
2018/10/31 22:18
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ