また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1666457 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

【鈴鹿山脈探訪】 御在所岳一ノ谷 本谷-新道

日程 2018年12月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候薄曇り
山上部は強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●駐車場
 国道477号、中道登山口近くの駐車場を利用 無料
 舗装で区画あり トイレなし 
 6:15頃到着時、及び出発時はガラ空き
 下山時は満車で周辺には路肩駐車あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間27分
休憩
41分
合計
3時間8分
S御在所岳中道ルート前駐車場(旧料金所前)06:4006:45一ノ谷御在所山の家06:4807:15不動滝07:2007:43ジョーズ岩07:4708:00大黒岩08:1008:23アゼリア跡08:2508:33御在所山 一等三角点08:3408:36御在所岳08:3908:40御在所山 一等三角点08:4108:46アゼリア跡08:5609:07鷹見岩09:0809:43一ノ谷御在所山の家09:4409:48御在所岳中道ルート前駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●本谷(上りで利用)
・大岩がゴロゴロした谷中を上っていく
 歩くというよりは登るタイプの道筋
・道標のサインは最小限で
 岩のペンキは薄くなっていたりする
・斜度が急な場所には固定ロープがある
・滝がいくつかあるが、巻き道がついている
・支沢がいくつかある
 不動滝を過ぎてから、進路選択に悩ましい箇所があった
・コンディションは、全般的に乾き気味で谷の水流も少なく、安心だった
その他周辺情報温泉等は利用せず帰宅しました
過去天気図(気象庁) 2018年12月の天気図 [pdf]

写真

12月になった
もう1本鈴鹿へ行っておこう
今日は御在所
一ノ谷本谷ルートで上がる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12月になった
もう1本鈴鹿へ行っておこう
今日は御在所
一ノ谷本谷ルートで上がる
1
中道登山口を入って左
この橋を渡りたいが、通せんぼされている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中道登山口を入って左
この橋を渡りたいが、通せんぼされている
1
一ノ谷山荘から一ノ谷新道に入り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ谷山荘から一ノ谷新道に入り
1
旧御在所山の家を回り込む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧御在所山の家を回り込む
1
大きな山小屋
昔は営業していたんですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな山小屋
昔は営業していたんですね
3
サインがあった
降りると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サインがあった
降りると
1
さあ、谷を遡上しよう
先行者が1人いらしたが、すぐに追い抜く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、谷を遡上しよう
先行者が1人いらしたが、すぐに追い抜く
2
前半は小滝が連続
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前半は小滝が連続
2
滝には巻き道がついていて安心
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝には巻き道がついていて安心
1
この頃は、滝を観察するなど、余裕かましてた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この頃は、滝を観察するなど、余裕かましてた
2
大岩が出てきた
その奥に・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩が出てきた
その奥に・・・
1
これはデカイ
ど迫力だ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはデカイ
ど迫力だ
10
手前に巻き道がある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前に巻き道がある
1
滝の左側(右岸)を上る
なかなかの急登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の左側(右岸)を上る
なかなかの急登
大岩が目立つようになる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩が目立つようになる
難所には固定ロープ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難所には固定ロープ
3
谷の分岐
予習では、これは右
奥にサインも見えた
左の方が直進的な主脈に見える
知らないと、行ってしまいそうだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷の分岐
予習では、これは右
奥にサインも見えた
左の方が直進的な主脈に見える
知らないと、行ってしまいそうだ
3
その後も支沢があるが、選択に迷う
人生と同じだ
少し彷徨った
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後も支沢があるが、選択に迷う
人生と同じだ
少し彷徨った
3
進んではみたものの、際どいところに出ると、これで良かったのか?・・・と思ったり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進んではみたものの、際どいところに出ると、これで良かったのか?・・・と思ったり
1
ホンマにこれ登るの?とか・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホンマにこれ登るの?とか・・・
4
落ち着いて一息いれると、雲母峰が良さげ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち着いて一息いれると、雲母峰が良さげ
9
どうしたことか、サインがあまり見つかない区間も
自分だけが頼り
自分だけで切り抜ける修行だ
でも、人工物に出合うとホッとするなんて、まだまだ器が小さい(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうしたことか、サインがあまり見つかない区間も
自分だけが頼り
自分だけで切り抜ける修行だ
でも、人工物に出合うとホッとするなんて、まだまだ器が小さい(笑)
1
幸い道は合っているようだ
お助けロープの箇所多数
どれもしっかりしていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幸い道は合っているようだ
お助けロープの箇所多数
どれもしっかりしていた
標高が上がると笹が出てきて、上が見えてきた
大黒滝というのがあるらしいが、結局よく分からなかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が上がると笹が出てきて、上が見えてきた
大黒滝というのがあるらしいが、結局よく分からなかった
1
右側、ロープウェイの巡視路があるようだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側、ロープウェイの巡視路があるようだ
1
見えてきた三角岩
通称ジョーズ岩
実は、これを見つけたときは、少しホッとした(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えてきた三角岩
通称ジョーズ岩
実は、これを見つけたときは、少しホッとした(笑)
8
右からも行けそうだが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右からも行けそうだが
2
下から隙間を抜けることができる
まるでジョーズの口の中へ入るようだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下から隙間を抜けることができる
まるでジョーズの口の中へ入るようだ
2
中はザックを背負ったまま行ける広さ
穴から上に出る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中はザックを背負ったまま行ける広さ
穴から上に出る
1
ジョーズ岩を上から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジョーズ岩を上から
1
ロープウェイの滑車発見
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイの滑車発見
3
御在所山上が見えてきた
ロープウェイはまだ営業前で、ゴンドラは動いてない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所山上が見えてきた
ロープウェイはまだ営業前で、ゴンドラは動いてない
4
谷は上まで続く
ここまで来ても、水がチョロチョロ流れている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷は上まで続く
ここまで来ても、水がチョロチョロ流れている
1
鉄塔を見下ろすように
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔を見下ろすように
1
いよいよ谷が終わって源頭部に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ谷が終わって源頭部に
見えた
ロープウェイ山上公園駅
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えた
ロープウェイ山上公園駅
1
その辺りで直角左折サイン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その辺りで直角左折サイン
登り切ると大黒岩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切ると大黒岩
2
行ってみよう
先行者が1人、先端にいらした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行ってみよう
先行者が1人、先端にいらした
4
曇っているが、ここは絶景だ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇っているが、ここは絶景だ
6
あれは、一ノ谷新道の鷹見岩かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれは、一ノ谷新道の鷹見岩かな
5
いい場所です
初めての難路をまた一つ、一人で切り抜けて清々しい気分(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい場所です
初めての難路をまた一つ、一人で切り抜けて清々しい気分(笑)
2
戻って一ノ谷新道へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って一ノ谷新道へ
1
ロープウェイ巡視路は立入禁止のようだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ巡視路は立入禁止のようだ
1
そうして山上公園へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうして山上公園へ
2
懐かしのアゼリア跡地
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懐かしのアゼリア跡地
3
山頂まで行っておこう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まで行っておこう
1
前回訪れた国見岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回訪れた国見岳
2
三角点
まだ閑散と
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点
まだ閑散と
2
望湖台
残念ながら、雨乞-イブネは雲の中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
望湖台
残念ながら、雨乞-イブネは雲の中
1
御在所から上水晶谷方向に続く尾根
来年は、これを歩いてみたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所から上水晶谷方向に続く尾根
来年は、これを歩いてみたい
1
下山は一ノ谷新道
一ノ谷とは言うが、基本尾根道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は一ノ谷新道
一ノ谷とは言うが、基本尾根道
1
急下りだが、よく整備されている
サクッと行こう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急下りだが、よく整備されている
サクッと行こう
1
御在所、富士見岩かな
ロープウェイ、動き出したようだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所、富士見岩かな
ロープウェイ、動き出したようだ
2
一ノ谷新道
木の根が多く、下りではこれが曲物
今日は乾いていてよかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ谷新道
木の根が多く、下りではこれが曲物
今日は乾いていてよかった
鉄塔と同じ目線まで下がってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔と同じ目線まで下がってきた
2
まつたけ岩
秋の味覚だ
ここまで下ると下山は近い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まつたけ岩
秋の味覚だ
ここまで下ると下山は近い
5
無事下山
出発時ガラガラだった駐車場は満車で、路肩まで
まだまだ御在所シーズン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山
出発時ガラガラだった駐車場は満車で、路肩まで
まだまだ御在所シーズン
2
駐車場近くの紅葉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場近くの紅葉
5
奥にもいいのがあった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥にもいいのがあった
6
初めての本谷
緊張もしたが、楽しめた
無事行けて良かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めての本谷
緊張もしたが、楽しめた
無事行けて良かった
2
さらば、御在所
また来る日まで
ナイス秋山ハイクシーズンだった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば、御在所
また来る日まで
ナイス秋山ハイクシーズンだった
1
帰り道
いなべ市内にて、早めの昼食
ラーメン暖かい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道
いなべ市内にて、早めの昼食
ラーメン暖かい
4
途中で眠くなり、喫茶店にも
これで生き返った
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で眠くなり、喫茶店にも
これで生き返った
5
サンキュー、信頼できる道具たち
今日はヘルメットも被った
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンキュー、信頼できる道具たち
今日はヘルメットも被った
6

感想/記録
by 3120m

12月に入った。
今日よりは明日の方が天気が良さそうだが、
あいにく明日は10kmのマラソン大会がある。
幸い、今日だって悪天候ではない。
せっかくの休日だ。
ダメージが残らない程度に、軽くハイキングしよう。

行き先は、御在所一ノ谷(通称:本谷?)ルートにした。
これも以前から気になっていて、未踏のままだった。
山と高原地図等には未記載の、いわゆるバリエーションルートだ。
大岩ゴロゴロの谷を遡行していくワイルドなルートで、
初級的岩登りなんて記述も見られる。

鈴鹿バリルートの中では、昔からかなりメジャーなようで、
情報はたくさんとれる。
途中の滝を登ろうとして、滑落死された方々もいるらしい。
心してとりかかろう。
下調べをしっかりして、久しぶりにヘルメットを用意して臨んだ。

スタートしてすぐに年配の方をお1人追い抜く。
その後は、大黒岩まで誰とも会わない一人旅になった。
不動滝過ぎまでは余裕をかましていた。
この辺りから、いくつかある沢の分岐を紛らわしく感じ、道の選択に迷う。
そして、やや緊張感を伴う急な登りの連続。
落ち着いて進み、ジョーズ岩が見えてきた頃には、少しホッとした。

大黒岩で展望を楽しみ、山頂へ。
山上部は強風でのんびりする雰囲気ではないし、展望もイマイチ。
時間的にも、レストランの食事メニューはまだやっていない。
ご無沙汰している名物カレーうどんは、またの楽しみにして後にした。

下山は尾根道の一ノ谷新道で。
無事下山して駐車場に戻ると、出発時はガラガラだった駐車場が満車状態に。
路肩駐車までできていたのには驚いた。
駐車場以下の紅葉がなかなかきれいで、楽しみながら湯の山を後にした。

11月初旬から、久々鈴鹿ハイクに没頭してきた。
そのうち飽きてくるかと思っていたが、
歩けば歩くほど、次から次へと、ルートが浮かんできたり新たに知ったりする。
これでは、身体も時間も全然足りませぬ(笑)。
全く、キリがないな。

そろそろ自分の秋山ハイクシーズンは終了だが、
また何かの間違いで、季節外れのポカポカ陽気でもやってきて、
都合が合ったりすれば、歩きに行こう。
訪問者数:329人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/26
投稿数: 418
2018/12/2 18:12
 短い距離だと思ったら
3120mさん こんばんは

いつもとは短い距離だと思ったら、明日マラソン大会ですか。
調整にこれぐらいの距離がいいですかね。
山頂付近の紅葉も終わり、人も少なそうなのでビックリです。
また良いウォーキングルートを教えて下さい。
登録日: 2013/8/17
投稿数: 609
2018/12/4 21:14
 Re: 短い距離だと思ったら
100yamaさん、こんばんは
ありがとうございます。
精力的に歩かれているようで何よりです。

今年に入り、なかなか長時間、長期間の遠征ができなくなっているので、すっかり短時間仕様になっています。
ですが、鈴鹿のような近場に通いたくなるような場所があるのも幸せなもので、ここしばらくは続けて行ってしまいました。
自分の行きたいルートを一人マイペースで気ままに、時に紛らわしい場所で進路の確認に足りない頭を使ったり(笑)、なかなか楽しいですね。
ですが、気候などの関係で気楽に安全快適に歩けるのは4月と11月かなといった感じで、1年のうちではほんの僅かな期間ですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ