また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1668746 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

奥多摩小屋でテント泊☆雲取山⇔鴨沢

日程 2018年12月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
・奥多摩駅→鴨沢
 西東京バス
 http://www.nisitokyobus.co.jp/rosen/pocket.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間58分
休憩
1時間52分
合計
5時間50分
S鴨沢バス停10:1310:32丹波山村村営駐車場10:36小袖緑道あがり11:24茶煮場11:41堂所12:12七ッ石小屋下分岐12:1512:34上段と下段の分岐12:43ブナ坂12:4813:15奥多摩小屋14:2214:24ヨモギノ頭14:40小雲取山14:51雲取山避難小屋14:5214:54雲取山15:1415:15雲取山避難小屋15:2915:41小雲取山15:58ヨモギノ頭16:0016:03奥多摩小屋G
日帰り
山行
1時間54分
休憩
5分
合計
1時間59分
奥多摩小屋08:1108:32ブナ坂08:39上段と下段の分岐08:49七ッ石小屋下分岐08:5109:09堂所09:19茶煮場09:2109:53小袖緑道あがり09:56丹波山村村営駐車場10:09鴨沢バス停10:1010:10ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■登山道の状況
・全般(鴨沢⇔雲取山)
 雪はなし。七ツ石小屋の分岐からブナ坂までの巻道に倒木数か所。
 その他は問題なし。
その他周辺情報奥多摩小屋:2019年3月で閉鎖
水場は500mlで1分かからないぐらいは出ていた。
過去天気図(気象庁) 2018年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ(モンベル#1)

写真

奥多摩駅は改装中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩駅は改装中
とりあえず小袖へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず小袖へ
雲の字やタバスキーが割れたりと、だいぶ壊れてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の字やタバスキーが割れたりと、だいぶ壊れてきた。
最初は紅葉を楽しめる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は紅葉を楽しめる。
富士山も見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も見えてきた。
七ツ石小屋は巻く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋は巻く
整備された歩きやすい道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備された歩きやすい道。
雲取山も見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山も見えてきた。
この尾根はやっぱりいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この尾根はやっぱりいい
1
奥多摩小屋到着。
なくなってしまうのはさみしい。
3月までにもう1回は来たいところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩小屋到着。
なくなってしまうのはさみしい。
3月までにもう1回は来たいところ。
富士山もきれいに見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もきれいに見える。
1
テントを張ったら、雲取山へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントを張ったら、雲取山へ。
山頂の避難小屋の裏には雪も残る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の避難小屋の裏には雪も残る。
久しぶりに来た。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりに来た。
南アルプスも、甲斐駒から北岳までよく見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスも、甲斐駒から北岳までよく見える。
石尾根のいい稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尾根のいい稜線
小雲取山にも寄り道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雲取山にも寄り道。
霜が溶けずに残る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜が溶けずに残る。
刻々と色が変わる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刻々と色が変わる
1
夜は風が強かった
翌日は雲が多い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜は風が強かった
翌日は雲が多い。
紅葉を楽しみながら下山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉を楽しみながら下山

感想/記録
by chasou

奥多摩小屋が2019年3月で閉鎖されるので、その前にテント場へ。
眺望もよく、のんびりできるので何回もお世話になった場所。

久々の雲取山。
もう紅葉も標高1,000mより下ぐらいまで降りてきているので、冬山間近な感じの登山道。
ブナ坂から先の稜線歩きはやっぱり気持ちいい。
富士山もよく見える。

テント場は1時ぐらいで10張りちょっと。
思ったより空いていてよかった。
夕方には30張〜40張りという感じ。
ヘリポートの方にも10張弱あったので、全体的には余裕があった。
水場は500mlで1分かからないぐらいは出ていた。

テントを張った後、軽くお昼を食べて雲取山へ。
奥多摩小屋からは30〜40分なので気楽。
尾根道歩きも気持ちいい。

山頂に着いた時は人もほとんどいない。
ちょっと雲は出ているけれど、富士山や南アルプスも甲斐駒から北岳までみえた。

チャイグラスも持ってきたので、山頂でのんびりチャイ。
なかなかいい気分。

夕暮れ前にテント場に戻って夕食。
夕日に染まる富士山もやっぱりいい。

夜は雲が出て、富士山は見えず、星もあまりよく見えないので星空写真は撮らず。
外はけっこう寒く、氷点下5度ぐらいかな。
朝は霜もはっていた。

翌日は明るくなってから起床。
外に出ると雲が出ていて、富士山も見えず。
飛龍辺りには黒い雲が出ていたので、早めに下山することに。
下山も石尾根歩きは気持ちいい。
2時間ほどで鴨沢に到着し、帰路に。
奥多摩駅ではマラソン大会をやっていました。
訪問者数:274人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ