また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1693399 全員に公開 雪山ハイキング京都・北摂

地蔵山・愛宕山(芦見峠〜保津峡 毎年恒例のお札を授かりに)

日程 2019年01月03日(木) [日帰り]
メンバー
 no2
天候曇り時々雪
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR嵯峨野線 八木駅下車 
 八木駅前BS〜越畑BS  神吉・原行き 京阪京都交通バス
 八木駅前 8:25発  越畑 8:59着 ICOCA利用可能

JR嵯峨野線 JR保津峡から京都・亀岡方面
 快速は停車しませんので、普通電車 1時間に3本です(時間帯により増便あり)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間20分
休憩
1時間45分
合計
7時間5分
S越畑BS09:0209:31芦見峠09:3511:04地蔵山11:1312:22愛宕山三角点12:3612:52愛宕神社石段下12:58愛宕山13:2013:27愛宕神社石段下13:30愛宕神社社務所14:2314:40水尾分かれ14:44ツツジ尾根方面分岐15:17荒神峠15:2016:03愛宕山登山口16:07保津峡駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
越畑〜芦見峠(地蔵山分岐)
 ほとんど林道レベルのルート 崩落個所も改修されています

芦見峠(地蔵山分岐)〜地蔵山
 中間部からは尾根筋を上がっていく一本道 途中に杣道との分岐2ヵ所、関電巡視路の分岐があるので注意です
 
 当日は雪も新雪状で、くるぶし越え程度でした。チェーンスパイクなるものを購入しましたので、試しに勾配がキツクなる手前で装着しました。

地蔵山〜愛宕山(愛宕神社)
 稜線ルートの積雪も大したことなく問題なし ジープ道に出てから愛宕山三角点取付きまでの下り坂は、圧雪を越え凍結していましたので、軽アイゼンなどが必要と思いました。

愛宕神社の石段も、アイゼン等が無いと怖いですね。

愛宕山〜荒神峠〜JR保津峡駅
 水尾分かれ手前から積雪は無くなっていました。つつじ尾根ルートの下り坂は、積雪はありませんが、ザレた急な部分は注意です。
過去天気図(気象庁) 2019年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハードシェル グローブ 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット ツェルト ストック

写真

地蔵山登山口 右手に案内板あり 「ヤマプラ」では、バス道を一旦下っていますが、こちらがいいかと
2019年01月03日 09:03撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵山登山口 右手に案内板あり 「ヤマプラ」では、バス道を一旦下っていますが、こちらがいいかと
3
今回は舗装路のルートで。左手に案内板有り。
2019年01月03日 09:09撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は舗装路のルートで。左手に案内板有り。
2
獣避けゲート
2019年01月03日 09:12撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獣避けゲート
1
雪は無いですね 途中までは林道状です
2019年01月03日 09:13撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪は無いですね 途中までは林道状です
4
少し積雪が出てきました
2019年01月03日 09:28撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し積雪が出てきました
1
芦見峠(地蔵山分岐) ここを右へ
2019年01月03日 09:31撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦見峠(地蔵山分岐) ここを右へ
2
地蔵山ルート
2019年01月03日 09:35撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵山ルート
3
鉄塔がガスで見えないですね〜
2019年01月03日 09:37撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔がガスで見えないですね〜
1
積雪も少ないです 越畑スキー場売店跡辺り
2019年01月03日 09:52撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪も少ないです 越畑スキー場売店跡辺り
1
関電巡視路分岐 ここは左方面直進
2019年01月03日 09:55撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関電巡視路分岐 ここは左方面直進
地形図で等高線が密になっている辺り
2019年01月03日 10:17撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図で等高線が密になっている辺り
6
ここを過ぎると勾配は緩くなります
2019年01月03日 10:25撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを過ぎると勾配は緩くなります
3
勾配が緩くなりました
2019年01月03日 10:29撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勾配が緩くなりました
3
歩きやすい雪質でした
2019年01月03日 10:31撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい雪質でした
6
さあ 馬酔木群生地突入〜
2019年01月03日 10:36撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ 馬酔木群生地突入〜
5
ザックの雨蓋部を引っ掛けて雪爆弾を首筋に食らわないように注意です
2019年01月03日 10:43撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックの雨蓋部を引っ掛けて雪爆弾を首筋に食らわないように注意です
11
お辞儀スタイル歩きは腰に悪い〜
2019年01月03日 10:51撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お辞儀スタイル歩きは腰に悪い〜
7
積雪が多いと此処は四つん這いの時あり
2019年01月03日 10:53撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪が多いと此処は四つん這いの時あり
5
ここが最後です
2019年01月03日 10:53撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが最後です
4
先が急に開けます。鉄塔跡のフェンスの横を通ります。
2019年01月03日 10:54撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先が急に開けます。鉄塔跡のフェンスの横を通ります。
4
西向き地蔵さん
2019年01月03日 10:56撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西向き地蔵さん
6
手前の木の枝には綿帽子のような不思議な雪のくっ付き方だったんですが巧いこと撮れず…
2019年01月03日 10:56撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の木の枝には綿帽子のような不思議な雪のくっ付き方だったんですが巧いこと撮れず…
6
鹿よけネット沿いに進むと山頂手前でネットから離れ左手へ
2019年01月03日 11:02撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿よけネット沿いに進むと山頂手前でネットから離れ左手へ
9
地蔵山山頂 雪は少ないです
2019年01月03日 11:04撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵山山頂 雪は少ないです
7
愛宕山方面へ稜線を進みます ここも馬酔木のトンネル
2019年01月03日 11:21撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛宕山方面へ稜線を進みます ここも馬酔木のトンネル
2
ガスが掛かって幻想的な感じでした
2019年01月03日 11:23撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが掛かって幻想的な感じでした
8
マイクロ波反射板 ここは右手へ(直進注意)
2019年01月03日 11:26撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイクロ波反射板 ここは右手へ(直進注意)
1
写真では判り辛いかも? トレースは確り付いています
2019年01月03日 11:41撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では判り辛いかも? トレースは確り付いています
1
旧ルート出合到着
2019年01月03日 11:48撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧ルート出合到着
1
途中、左手の愛宕スキー場跡へ寄ってみます
2019年01月03日 11:54撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、左手の愛宕スキー場跡へ寄ってみます
1
ガスって殆ど写真にならないです 滝谷源頭部へ下りようかと思いましたが視界が悪く、ちょこちょこっと辺りを歩いてジープ道方面へ戻ります
2019年01月03日 12:01撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスって殆ど写真にならないです 滝谷源頭部へ下りようかと思いましたが視界が悪く、ちょこちょこっと辺りを歩いてジープ道方面へ戻ります
6
裏参道(ジープ道)に出ました
2019年01月03日 12:10撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏参道(ジープ道)に出ました
1
愛宕神社方面へ
2019年01月03日 12:11撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛宕神社方面へ
竜ヶ岳分岐 ここから先が路面凍結です 下りは要注意
2019年01月03日 12:14撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜ヶ岳分岐 ここから先が路面凍結です 下りは要注意
2
愛宕三角点へ寄ってみます
2019年01月03日 12:19撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛宕三角点へ寄ってみます
1
愛宕三角点 雪が無いですね  ここの広場でお二人とお逢いし、暫し山談義です。
2019年01月03日 12:22撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛宕三角点 雪が無いですね  ここの広場でお二人とお逢いし、暫し山談義です。
6
愛宕神社方面へ 足元がバリバリ言ってます
2019年01月03日 12:40撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛宕神社方面へ 足元がバリバリ言ってます
4
首無し地蔵方面分岐
2019年01月03日 12:45撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
首無し地蔵方面分岐
4
愛宕神社石段下 横の小屋は大賑わいでした
2019年01月03日 12:53撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛宕神社石段下 横の小屋は大賑わいでした
5
この階段を滑り止め無しで歩いておられる方も居られます。
2019年01月03日 12:56撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この階段を滑り止め無しで歩いておられる方も居られます。
5
本殿が見えてきました。本殿内はアイゼン禁止ですので階段を上がったところで外します
2019年01月03日 12:58撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本殿が見えてきました。本殿内はアイゼン禁止ですので階段を上がったところで外します
4
古いお札を納め、新しいお札を授かって下山です。Twitterに載せる写真を神官が撮っておられました。
2019年01月03日 13:21撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古いお札を納め、新しいお札を授かって下山です。Twitterに載せる写真を神官が撮っておられました。
4
石灯篭 もうちょっと雪が欲しいですね
2019年01月03日 14:13撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石灯篭 もうちょっと雪が欲しいですね
11
ここの東屋でランチです。この裏手にトイレがあります。
2019年01月03日 14:23撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの東屋でランチです。この裏手にトイレがあります。
4
水尾別れ ここは清滝方面へ 道に雪は無く泥寧状態に近い
2019年01月03日 14:40撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水尾別れ ここは清滝方面へ 道に雪は無く泥寧状態に近い
荒神峠へは此処を右へ
2019年01月03日 14:44撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒神峠へは此処を右へ
鹿よけネットサイドの急坂を下って平坦地に。この先、又そこそこ急な九十九折の下りになります
2019年01月03日 14:59撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿よけネットサイドの急坂を下って平坦地に。この先、又そこそこ急な九十九折の下りになります
1
荒神峠 左は米買い道で落合へ。清滝川添いの遊歩道を歩くと清滝に出られます。保津峡駅は直進
2019年01月03日 15:17撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒神峠 左は米買い道で落合へ。清滝川添いの遊歩道を歩くと清滝に出られます。保津峡駅は直進
つつじ尾根は、平坦なルート、緩い下りと小ピークを何度も繰り返し下っていきます。微かな電車が鉄橋を通る音が聞こえます。
2019年01月03日 15:31撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つつじ尾根は、平坦なルート、緩い下りと小ピークを何度も繰り返し下っていきます。微かな電車が鉄橋を通る音が聞こえます。
ヌタ場です ダニに注意!
2019年01月03日 15:52撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌタ場です ダニに注意!
ヌタ場横が凄いことに。イノシシの餌探し跡でしょう。怪力ですね〜
2019年01月03日 15:52撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌタ場横が凄いことに。イノシシの餌探し跡でしょう。怪力ですね〜
3
駅からのアナウンスが良く聞こえるようになってくると… ここから急下り開始です。
2019年01月03日 15:57撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅からのアナウンスが良く聞こえるようになってくると… ここから急下り開始です。
2
府道の登山口到着 すぐ先が駅への赤橋です
2019年01月03日 16:03撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
府道の登山口到着 すぐ先が駅への赤橋です

感想/記録
by no2

 近年、毎年恒例にしている山初めにて愛宕神社へ「火廼要慎」のお札を頂きに上がってきました。

大抵2日に上がるんですが、家族との調整で一日遅れとなりました。家内の実家行きのついでに竜王アウトレットへ行った次第です。
モンベルもアウトレットって殆ど無いですね〜 コロンビアショップにマウンテンハードウェアのハードシェルが4割引き程で有ったのに心が揺れました。凄く良い感触なんですが色がもう一つだったんです。

清滝からの表参道歩きは好きではないので、今回も相変わらず越畑から芦見峠、地蔵山経由で愛宕山へ。下山は、これまた恒例の荒神峠、つつじ尾根経由にてJR保津峡駅です。
年末からの雪にて積雪を期待しておりましたが、越畑集落では路面に雪が無い状態なので地蔵山への尾根も、くるぶし強程度の積雪量です。

先日の比叡山への山納めの際に持って行った、チェーンスパイクなるものを試してみたく、アイゼンは必要ないかと思われる程度から使ってみました。
凍った緩やかな路面では使い良さそうですね。裏参道のジープ道のキツメの凍てた下り坂でも性能発揮できたのではないかと思いました。
少し積雪量がある場面では、なぜだか足裏にテニスボール大の雪の塊が付いていて、気が付いてストックの先で取ったりしておりました。なぜ左足だけ?? 

今年も無事に山初め完了です。
みなさん、今年もよろしくお願いします。
訪問者数:469人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/1
投稿数: 3027
2019/1/4 10:57
 初詣
ののさん こんにちは

雪の愛宕山って寒そうですね
最後の階段つるつるに凍ってたんじゃーないですか?
火の神様ですものね〜
no2
登録日: 2012/6/14
投稿数: 634
2019/1/4 12:05
 chasseさん、こんにちは。
 清滝からは結構な人出です。金剛山はもっと凄い人でしょうけどね。

北からアプローチすると殆ど人に会わないんですけどね。当日もお一人だけ地蔵山まで足を延ばされている方にお逢いしただけです。

石階段が凍てると怖いですね〜 本殿内に休憩所があるのですが、気温は−2℃でした。−5℃とかの日もあるんですけど、当日は風が強い「てんくら」予想でしたが、風も強くなく寒く無くてよかったです。

今年もよろしくお願いします。
登録日: 2014/4/9
投稿数: 2852
2019/1/4 13:21
 あけましておめでとうございます。
ののさん、あけましておめでとうございます。本年もヨロシクお願い致します。
みなさん、正月初山は恒例行事みたいですね。私もですが。(^^)
しかし、雪が多いですね。鈴鹿も相当積もってるみたいで、今晩帰るのが楽しみになってきました。
no2
登録日: 2012/6/14
投稿数: 634
2019/1/4 14:38
 シゲさん、今年もよろしくお願いします。
 愛宕山は火伏せの神様なんで「火迺要慎」のお札をいただきに上がっております。
年末からの雪にてもう少し積雪があるものかと期待しておりましたが、くるぶし越え程度でした。鈴鹿はもっと積もっているでしょうね。

そうか、現在も関東におられるんですね。レコが上がっていたので帰って来られているのかと思っておりました。一日ぐらい奥様の実家でゆっくりしないとダメでしょうけど?? 帰りの道中お気をつけて。
登録日: 2013/10/16
投稿数: 4301
2019/1/4 18:58
 明けましておめでとうございます
ののさん、こんばんは〜。
本年もどうぞよろしくお願いします

愛宕山も登ったことがないお山です。今年は行ってみたいなぁ
チェーンスパイクは転ばぬ先の杖でアイゼンを出すかどうか微妙な時に早めに履けて、スリッバ並み?に脱着が容易なので、付けたり外したりも苦になりません。
個人的には山道具で一番お気に入りのアイテムです
登録日: 2017/10/26
投稿数: 227
2019/1/11 21:17
 私も遅ればせながら
明けましておめでとうございます。
先程は御池岳のレコにコメント有難うございました。

なんとツツジ尾根を下っているではありませんか。愛宕山はメジャーなルートは通ったつもりですが、ここは通っていないのです。この尾根でよければyamaotocoさんもご一緒に如何ですか?勿論、ツツジの季節に。
no2
登録日: 2012/6/14
投稿数: 634
2019/1/12 2:31
 yamanekoさん、こんばんは。
 こちらこそ、よろしくお願いします。

愛宕山はホームマウンテンと言っても過言ではないかも?? 
つつじ尾根は、JR保津峡駅へ直接下れるもので便利なんです。

当たり年の関係もありますが、満開時は小さな花びらが綺麗です。ミツバツツジと思うのですが、花にはあまり詳しくないので…
okaokaclubの哲郎さんからの情報だと「コバノミツバツツジ」とか。
開花時が早めなので、同日に保津峡の桜も見られると思います。近年、気候のせいか桜も入学式の時に散っているということもありますから判りませんけど?

スノーシューの話ですが、MSRのライトニングでしたか。レボもいいですね〜
私はTSLを使っております。リフトアップは付いていますが勾配がきつくなると辛いです。改造しようと考えておりますが、ギザギザの金物でいいのが見つからなくて今期もそのままかな? SYMBIOZ ELITEが欲しいですが高いです。

yamaotocoさんととも、今年こそご一緒したいですね〜ってお話ししておりました。是非お休みが合うようでしたならよろしくです。
no2
登録日: 2012/6/14
投稿数: 634
2019/1/18 22:44
 yamaotocoさん、今年もよろしくお願いします。
 あれ? なんで? ごめんなさ〜い。yamaotocoさんにコメントしてないし〜。

愛宕山は、yamaotocoさんにとっての金剛山みたいな存在です。ただ、表参道の清滝ルートはあまり好きじゃないので、いつも裏からばっかりですね。
若い頃は、清滝から山頂まで1時間40分ほどで上がったこともありましたが、今じゃとてもとても。
ルートの数も結構ありますが、金剛山には敵いません。

チェーンスパイクって、結構使えそうですね。アイゼンでは爪が長すぎるような凍てた路面でも使えるし、アプローチに使ってそれから先は12本爪とか。
アマゾンで19本爪とかいうやつを買いました。ホント安すぎるんで心配でしたが、結構使えそうです。
安い中華製のは、チェーンが反対向きについていて靴を傷つけるとかも聞きますけど、いい向きに付いてましたし、甲部の固定ベロクロテープや収納袋も付いていました。聞いたらびっくりするような値段ですよ。

マウンテンダックスのチェーンアイゼンHG-104をアプローチ用に使っているんです。なんと95gの軽量品。凍てた舗装路に使えて、邪魔にならないサイズと重さでお気に入りですが、山に入ると凍てた雪面以外はあまり役に立ちませんので、今回いいものを買えたと思っております。

今年、どこかご一緒したいですね。ヤマレコで知り合った方は、なぜか平日がお休みの方が殆どなんですけどね。お休みが合うときに。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ