また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1771821 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

八方無名沢

日程 2019年03月26日(火) [日帰り]
メンバー
 mjun(CL)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
ゴンドラ前駐車場B 600円
八方アルペンライン片道 1550円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間39分
休憩
14分
合計
5時間53分
S八方池山荘09:3009:52石神井ケルン10:02第2ケルン10:0910:16八方ケルン10:25第三ケルン10:3010:33八方池12:10丸山12:1212:43丸山15:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報みみずくの湯 500円(八方メンバーズ割)

写真

ビーコンチェッカー
2019年03月26日 09:17撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビーコンチェッカー
尾根沿いを登る
2019年03月26日 09:41撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根沿いを登る
八方池辺りから白馬三山
2019年03月26日 10:03撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池辺りから白馬三山
下ノ樺から板を担ぐ
2019年03月26日 11:23撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ノ樺から板を担ぐ
1
丸山ケルン
2019年03月26日 12:11撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山ケルン
1
手前のピークまで
2019年03月26日 12:12撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前のピークまで
不帰は目前
2019年03月26日 12:19撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰は目前
カリカリ尾根からの無名沢入口
2019年03月26日 12:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カリカリ尾根からの無名沢入口
沢は柔らかいが時々固いのも
2019年03月26日 13:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢は柔らかいが時々固いのも
正面の沢を滑った
2019年03月26日 13:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面の沢を滑った
無名沢後半
2019年03月26日 13:25撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無名沢後半
ザラメ斜面
2019年03月26日 13:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザラメ斜面
唐松沢方面はデブリ
2019年03月26日 13:41撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松沢方面はデブリ
2
南滝の高巻き
2019年03月26日 13:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南滝の高巻き
消化の滑走
2019年03月26日 14:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
消化の滑走
渡渉でドボン、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉でドボン、、
40代独身男。山を見て何を思う、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
40代独身男。山を見て何を思う、、
プラブーツにアイゼンは歩きづらい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プラブーツにアイゼンは歩きづらい
見た目には分からないが風が強い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見た目には分からないが風が強い
1

感想/記録
by mjun

今回もkentakanに連れて行って貰った。
今シーズン初のBC。雪山は去年の12月ぶり。

折角なので、唐松岳のピークを踏みたかったが甘かった。
先ずスタートがリフトの開始時間の関係でこれ以上早く出発出来なかった。
3時間くらい歩いた所で、先を見るとまだ小ピークが二つ程ある。
疲れたし、ここで終了。

強風の中、板を履く。
ツルッツルの稜線で地面に置いた板が風で少し動いて直ぐ掴んだ。
危ない危ない。

ツルッツルの稜線を滑り、無名沢へ入るとパウダーになった。
なんで北面の沢がパウダーになるのか分からない。
そしてパウダーを滑れない私は物凄い苦労した。
下部はザラメで滑り易くなったけど、パウダー滑りで体力を奪われ、
もう太ももが限界だった。

唐松沢の出合からはアドベンチャー。
渡渉や滝、デブリを巻いて降りたり等々。。
こっから二俣までも長く、板を履いたり担いだりで凄い疲れた。
行動時間が5時間ほどだったけど、その倍は行動したんじゃないかってくらい疲れた。
兎に角、パウダーを滑れないとどうにもならん。
バックカントリーは奥が深いね。



感想/記録

最初の予定では唐松岳(唐松沢)を目指すも時間的に厳しいので、丸山ケルンの少し先まで登った。
尾根は全般固め、風がある所は寒い、風がないと暑い。スキーアイゼンがあった方が安心して登れる。下ノ樺からは板を脱いでザックに装着、これがまた重くて疲れる。

滑りは尾根を上ノ樺まで下りて無名沢へ。
沢には少しのパウダーと固い所のミックス。下の方はザラメで快適だが長くは続かない。唐松沢の下部はデブリで埋まってる、行かなくて正解だった。

あとは沢を渡ったり濡れたり、板を外したりつけたりをしながら、二股へ。
意外と下りも時間がかかったので、ちょうど良い所で登りをあきらめて滑り初めて良かった。二股に着いたら小雨が降り出した。
行動6時間程度だがなんか疲れた、いろいろな面で春ですな〜
訪問者数:373人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ