また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1772973 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

常念岳(東尾根)・・3月末ながら北アの風はキビしぃ〜

日程 2019年03月27日(水) [日帰り]
メンバー
 sht
天候晴れのち曇り時々雪

ゲート3℃〜常念岳−10℃・・森林限界上(特に山頂付近)は、体ごと持っていかれそうな爆風も時折ある強風で、四つんばい耐風姿勢(5点支持)も何度かあり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鳥川林道の冬期ゲート前の広い路肩に駐車(S・G地点)・・本日2台で余裕タップリ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間55分
休憩
34分
合計
12時間29分
S須砂渡ゲート02:5403:23高瀬川線No.6303:32高瀬川線No.6309:32前常念岳09:4510:37常念岳10:5511:18前常念岳11:2014:42高瀬川線No.6314:4314:51高瀬川線No.6315:23須砂渡ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
常念岳東尾根は「積雪期限定のバリ道」と思っていましたが、実際は笹が刈ってあったりピンクテープも多く、一般道に近い感じでした

雪は、よく踏まれた硬い層の上に新雪が乗っている感じで、大体トレースを追っていけました・・ながら、硬い雪と軟らかい雪が混じっていて、踏み抜きで足首を捻りそうになったり、脛をしたたか打ったりして恐る恐る進む感じでした

前常念岳の手前に岩峰トラバース部があり、コンディションによってはやや危険箇所(本日はOK)

ポストは見あたらず
その他周辺情報ゲートの近くに「ほりでーゆ〜四季の郷」(530円)・・常念岳を眺めながら入浴できる好ロケーションです

写真

鳥川林道の冬期ゲートからスタート
2019年03月27日 02:54撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥川林道の冬期ゲートからスタート
2
3匱紊領啼司發の後、高瀬川線No.63鉄塔への巡視路へ
2019年03月27日 03:34撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3匱紊領啼司發の後、高瀬川線No.63鉄塔への巡視路へ
1
No.63鉄塔に出合・・設定したWPと踏み跡の方向が違って少し迷いましたが、踏み跡通り真っ直ぐ進めばOKです(帰路撮影)
2019年03月27日 14:36撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
No.63鉄塔に出合・・設定したWPと踏み跡の方向が違って少し迷いましたが、踏み跡通り真っ直ぐ進めばOKです(帰路撮影)
1
前日に降雪があったようで薄雪の道・・10歩ごとに枯葉ダンゴ落しをするかなり鬱陶しい雪質でした
2019年03月27日 04:57撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日に降雪があったようで薄雪の道・・10歩ごとに枯葉ダンゴ落しをするかなり鬱陶しい雪質でした
1
ご来光が来ました
2019年03月27日 05:46撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光が来ました
3
樹間で残念ですが、この時間帯はまだ天気大丈夫・・その後は予想以上に早く悪化
2019年03月27日 05:56撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間で残念ですが、この時間帯はまだ天気大丈夫・・その後は予想以上に早く悪化
5
長い樹林帯歩きが続く中で初の展望地
2019年03月27日 06:49撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い樹林帯歩きが続く中で初の展望地
1
蝶ヶ岳最高地点
2019年03月27日 06:50撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳最高地点
2
その左に大滝山
2019年03月27日 06:50撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その左に大滝山
1
ようやく目指す常念岳が見えてきました・・この時間帯はまだ樹林帯の中なので平穏です
2019年03月27日 06:58撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく目指す常念岳が見えてきました・・この時間帯はまだ樹林帯の中なので平穏です
2
前常念〜常念
2019年03月27日 06:58撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前常念〜常念
5
一番奥に山頂
2019年03月27日 07:00撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番奥に山頂
3
テン泊跡が所々ありました
2019年03月27日 08:04撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン泊跡が所々ありました
1
森林限界を超えました・・この辺りの踏み抜きが一番ヒドく、時に脱出するのに苦労する程(この先で稜線のトレースが視認でき、そこでスノーシューをデポ)
2019年03月27日 08:09撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界を超えました・・この辺りの踏み抜きが一番ヒドく、時に脱出するのに苦労する程(この先で稜線のトレースが視認でき、そこでスノーシューをデポ)
2
前常念岳から穂高岳・・すごい勢いで雲が湧いていて諦めていましたが、何とか見られてラッキー♪
2019年03月27日 09:45撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前常念岳から穂高岳・・すごい勢いで雲が湧いていて諦めていましたが、何とか見られてラッキー♪
5
前穂〜奥穂
2019年03月27日 09:45撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂〜奥穂
7
涸沢カールを中心に・・その後は穂高の輪郭が消えました
2019年03月27日 09:45撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢カールを中心に・・その後は穂高の輪郭が消えました
5
強風の中、先へ進みます
2019年03月27日 09:46撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風の中、先へ進みます
2
右に横通岳
2019年03月27日 09:46撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に横通岳
4
その奥に唐沢岳〜剣ズリ〜餓鬼岳
2019年03月27日 09:46撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その奥に唐沢岳〜剣ズリ〜餓鬼岳
1
この辺りは、通常ならヴィクトリーロードのハズですが、爆風のスキをついて進む、殆ど“ダルマサンガコロンダ”状態
2019年03月27日 10:26撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは、通常ならヴィクトリーロードのハズですが、爆風のスキをついて進む、殆ど“ダルマサンガコロンダ”状態
5
何とか山頂に辿り着きました
2019年03月27日 10:41撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか山頂に辿り着きました
7
ハードコンディションの中で登頂できて満足
2019年03月27日 10:43撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハードコンディションの中で登頂できて満足
14
しかし期待した穂高大展望はマトモな写真が全く撮れず
2019年03月27日 10:44撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし期待した穂高大展望はマトモな写真が全く撮れず
3
タマタマ写っていたのは北穂かな?
2019年03月27日 10:45撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タマタマ写っていたのは北穂かな?
4
前常念へ・・レンズの蓋の開きが悪くなっていたよう
2019年03月27日 11:00撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前常念へ・・レンズの蓋の開きが悪くなっていたよう
3
下山中の鳥川林道から常念岳と東尾根のP1955
2019年03月27日 15:17撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中の鳥川林道から常念岳と東尾根のP1955
2
ゲートに帰着
2019年03月27日 15:24撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートに帰着
4
すぐ隣の「ほりでーゆ〜四季の郷」でサッパリして翌日登山の甲斐市へ・・「今日は帰らなくてもよい」が快い響き
2019年03月27日 15:40撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ隣の「ほりでーゆ〜四季の郷」でサッパリして翌日登山の甲斐市へ・・「今日は帰らなくてもよい」が快い響き
2

感想/記録
by sht

今回は久しぶりに平日連休が取れ、初日は北アルプスの常念岳です。

冬期バリ道と思っていた東尾根は予想以上に整備されていて、人気のコースらしく雪もよく踏まれていました。おかげで、雪山の標高差2千m超はキツかったものの積雪期常念岳に無事登頂できました。

但し、ヤマテンなどの予報から予想されてはいましたが、前常念岳の少し手前からスゴイ風に。叩きつけてくる雪煙が、目出帽をつけていても痛いくらいでした。

通常の立ったままの耐風姿勢では体ごと飛ばされそうで、3月下旬ながら北アルプスの厳しさを垣間見た山行となりました。

最近北アルプスでの滑落事故報道を多く耳にしますが、難所で今回のような風に遭遇したら、みっともなくても膝つき・肘つき・刺したピッケルにしがみつきを瞬時に行わないと、”飛ばされ滑落”のリスクは十分あると感じました。

翌日は甲斐市の山梨百(曲岳・黒富士・太刀岡山)に登り、天気には恵まれなかったものの山にドップリと浸かれた満足の2日間でした。
訪問者数:1182人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ