また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1785217 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

六百山~八右衛門沢

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年04月06日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間16分
休憩
4時間28分
合計
14時間44分
S日本山岳会上高地山岳研究所05:3805:42河童橋05:4705:48無料トイレ05:5706:43二俣07:0407:05奥の二俣07:5108:32尾根分岐09:2009:542250メートル峰11:2713:46六百山13:4816:54K1ピーク17:2919:36上高地道路19:4419:51上高地帝国ホテル19:5220:03上高地バスターミナル20:11無料トイレ20:22日本山岳会上高地山岳研究所20:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
毎回12時間行動だが今回が最長14時間44分。
コース状況/
危険箇所等
ノートラックでラッセルに終始した。六百山の登りに60mロープ5ピッチつるべで登った。K1ピークの下りは30m懸垂下降。
中畠沢は膝上ラッセル。稜線のハイマツ帯の踏み抜きはつらい。八右衛門沢上部は程よくクラストして歩きやすかった。デブリもほとんどなし。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハーネス スリング カラビナ ビレイデバイス 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え ザック アイゼン ピッケル ビーコン スコップ ゾンデ 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ ヘルメット
共同装備 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ファーストエイドキット ツェルト

写真

中畠沢のラッセル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中畠沢のラッセル
1
振り返ると岳沢が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると岳沢が
1
ラッセルトレースを振り返る
2019年04月06日 07:41撮影 by iPhone XS Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッセルトレースを振り返る
1
中畠沢のコルに到着
2019年04月06日 09:39撮影 by iPhone XS Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中畠沢のコルに到着
六百山山頂より霞沢岳
2019年04月06日 13:47撮影 by iPhone XS Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六百山山頂より霞沢岳
3
バックは蝶が岳の稜線
2019年04月06日 15:31撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バックは蝶が岳の稜線
やっとK1ピーク到着
2019年04月06日 16:54撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとK1ピーク到着
この細いダケカンバで懸垂
2019年04月06日 17:13撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この細いダケカンバで懸垂
1
トラバース気味に懸垂
2019年04月06日 17:21撮影 by iPhone XS Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース気味に懸垂
1
八右衛門沢下降開始
2019年04月06日 17:38撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八右衛門沢下降開始
1
この大岩から傾斜が緩くなる
2019年04月06日 17:46撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この大岩から傾斜が緩くなる
1
下りラッセルも疲れる
2019年04月06日 19:08撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りラッセルも疲れる
1
上高地道路に到着
2019年04月06日 19:36撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地道路に到着
1

感想/記録

ラッセルで想定以上の時間を食ってしまい、八右衛門沢下降は日没との競争になってしまった。K1ピーク下降はダケカンバを支点に懸垂30m。八右衛門沢の下りラッセルは傾斜が落ちてからが長く辛かった。稜線のラッセルにもっと時間を食っていたら雪洞ビバークも考えたが八右衛門沢上部の危険地帯はギリギリ明るいうちに下降できると判断。途中からヘッドランプ使用。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:985人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ