また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1802016 全員に公開 雪山ハイキング 甲信越

浅草岳 目立たないけど良い山でした

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年04月21日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候気圧の谷で 曇りだが雨は降らないという予報通り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
浅草山荘の除雪最終地点に路上駐車
5:30新潟市内出発 新潟西IC−堀之内IC経由で7:20到着
帰りは12:30出発し,見附ICから高速にのり,14:20新潟市内帰着。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
18分
合計
4時間51分
S冬期除雪終点07:2808:02林道終点08:0310:02嘉平与ポッチ10:0410:20前岳10:34浅草岳10:4810:58前岳11:08嘉平与ポッチ11:0911:53林道終点12:17冬期除雪終点12:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
即,雪べったり。痩せ尾根もあるが特に問題なし。雪は腐れ気味でワカン,アイゼン不要。終始ツボ足で。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

7:30で既に6台位
2019年04月21日 07:27撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:30で既に6台位
約30分で林道から樹林の登りに取りつく。
2019年04月21日 08:02撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約30分で林道から樹林の登りに取りつく。
1
グイグイ高度をあげて杉林を抜け,ブナが混じる明るい疎林になる。
2019年04月21日 08:44撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グイグイ高度をあげて杉林を抜け,ブナが混じる明るい疎林になる。
ボッチがみえてきました
2019年04月21日 09:18撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボッチがみえてきました
緩い登りで接近します
2019年04月21日 09:24撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩い登りで接近します
曇りでどんよりですがそこそこ遠望ききます
手前は鬼が面山の尾根
2019年04月21日 10:01撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇りでどんよりですがそこそこ遠望ききます
手前は鬼が面山の尾根
1
その鬼が面山の鬼が面たるゆえん
2019年04月21日 10:23撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その鬼が面山の鬼が面たるゆえん
1
守門 遠望は粟ヶ岳まで
2019年04月21日 10:23撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
守門 遠望は粟ヶ岳まで
山頂。寒々した雰囲気のまま風冷たく雨具はおる
2019年04月21日 10:33撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂。寒々した雰囲気のまま風冷たく雨具はおる
眼下には田子倉ダム。
遠望は南側は,燧岳,至仏,平ヶ岳,荒沢岳,越後三山を特定
見えてるはずの会津朝日岳,会津駒ケ岳はよくわかりませんでした。
2019年04月21日 10:34撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下には田子倉ダム。
遠望は南側は,燧岳,至仏,平ヶ岳,荒沢岳,越後三山を特定
見えてるはずの会津朝日岳,会津駒ケ岳はよくわかりませんでした。
鬼が面尾根と前岳
2019年04月21日 10:34撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼が面尾根と前岳
ネジモチ平
2019年04月21日 10:35撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネジモチ平
ボッチの雪庇。登るときはわかりません
2019年04月21日 11:04撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボッチの雪庇。登るときはわかりません
1
林道のわきに
2019年04月21日 12:07撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道のわきに
1
小さめの水芭蕉。この位小さいほうが楚々としていてよいです。
2019年04月21日 12:07撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さめの水芭蕉。この位小さいほうが楚々としていてよいです。
帰りは駆け降りられるので,あっという間に戻る
2019年04月21日 12:19撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは駆け降りられるので,あっという間に戻る
撮影機材:

感想/記録
by yamkoi

前日は快晴の二王子。日曜日は「気圧の谷間で曇りですが雨は降らない」という予報なので,頼れる相方(夫のみ)に浅草岳をおねだり。
予報通りのどんよりでテンションは上がらないが,除雪終点には既に6台位。結果して,スライドやお会いしたのはスキー8名,アイゼン1名,長靴1名,登山靴1名,ほぼ皆さん中高年で,渋さを感じる。
浅草岳は守門の裏に隠れているようで,県内あちこちからみて「あれは守門」となるが,「あれが浅草」となりにくい。守門や権現堂に登って,やっと「これが浅草か~」となるのでは。車で接近しても「あれが守門」となっても「浅草はどこ?」とお姿がなかなか拝めない,恥ずがりやさん?の山。
林道から杉林の急登を詰めると次第に広葉樹の疎林になり尾根にでる。開けた尾根からは高度ではなく距離をボッチに向けて詰める。ボッチからはまた急登となるが,外輪尾根の展望がよい。
帰りはどっしりした守門の姿を堪能しながら駆け降りる。相方は前日の二王子で余裕を残し,今日も休みなしでガンガン飛ばすのになんとかついていき,あっという間に下山。
下界からは目立たない地味な山と思ったが,北側は優しい曲線の山容だが南側が鬼の顔と変化もあり,福島県境で展望も新鮮で,なかなかの山。ネジモチ平まで車が入れるようになるとヒメサユリも咲き,多くの登山者が訪れるのだろうか。そのころまた来てみたい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:717人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 急登 林道 雪庇 テン ブナ 下界
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ