また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1804299 全員に公開 山滑走 尾瀬・奥利根

至仏山BC−遥かな尾瀬は意外に近かった

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年04月21日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
関越道沼田IC〜国道120号〜国道401号 
・尾瀬第一駐車場(¥1,000/日)から乗合バスまたは乗合タクシー(共に片道¥980)で鳩待峠へ(タクシーは何人か集まればその都度出発するようだ)
・今の時期は鳩待峠まで自家用車で行けるが、前夜か夜明け前に駐車場は満車になるそうだ(¥2,500/日)
・交通規制やバスの時刻表についてはネットで調べられる
(登山口ナビhttps://tozanguchinavi.com/blog/regulation_of_traffic/15773
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間26分
休憩
59分
合計
4時間25分
S鳩待峠09:2210:26原見岩10:53オヤマ沢田代11:21小至仏山11:2411:52至仏山12:4713:46鳩待峠13:4713:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
さほど急登でもないのに標高差600m程度の割に時間がかかった。最近は実際の時間より登高が長く感じるし、結構脚にくるのは年のせいではなく、この一年ロング山行がなかったせいと思いたい。楽な山ばっかり行ってるもんなぁ。
コース状況/
危険箇所等
・トレースを辿っている限りは特に危険個所はないと思う
・小至仏山は短いながらも中々の急登
・滑り出しの傾斜は急だと思うがザラメだったので滑れた
・樹林帯の手前あたりからスキーを取られるようなところがあった
・樹林帯は「林道ボブスレー」に似てなかなか面白かった
その他周辺情報道の駅白沢「望郷の湯」\560/2時間
・日本一の河岸段丘を見下ろせる露天が気持ちよかった。(湯船に浸かると対岸の山だけ)
・途中いくつか日帰り湯の看板はあったがここが一番分かり易く、入り易かった
・山からだいぶ下りて街に近いところにある
・地場野菜やお土産を売っている施設が隣接している
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

鳩待峠駐車場で乗合タクシーを降りる。駐車している車は前夜組らしい。
2019年04月21日 09:08撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待峠駐車場で乗合タクシーを降りる。駐車している車は前夜組らしい。
1
駐車場から舗装路をちょっと歩いて休憩所の前で準備
2019年04月21日 09:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から舗装路をちょっと歩いて休憩所の前で準備
準備ができたら雪の壁の切れ間から出発
2019年04月21日 09:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
準備ができたら雪の壁の切れ間から出発
白樺なんだろうけど年季が入っている
2019年04月21日 09:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白樺なんだろうけど年季が入っている
登高してすぐに至仏山が見えた
2019年04月21日 09:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登高してすぐに至仏山が見えた
トレースというか踏み跡ばっちりだが赤テープを確認しながら進む。
2019年04月21日 09:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースというか踏み跡ばっちりだが赤テープを確認しながら進む。
人影もちらほら
2019年04月21日 09:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人影もちらほら
至仏山の全容が見えた。でぇ〜、なんと広大なバーン。手前の樹林帯も面白そう
2019年04月21日 10:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山の全容が見えた。でぇ〜、なんと広大なバーン。手前の樹林帯も面白そう
おお〜、燧。なぜか長いこと気になっていた燧ケ岳。左は会津駒ケ岳。
2019年04月21日 10:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお〜、燧。なぜか長いこと気になっていた燧ケ岳。左は会津駒ケ岳。
2
鳩待峠の休憩所が見える
2019年04月21日 10:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待峠の休憩所が見える
オヤマ沢田代に出て稜線を征く
2019年04月21日 10:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマ沢田代に出て稜線を征く
ほとんどの人が小至仏山を捲いているが、どうしようか考えながら進む。
2019年04月21日 10:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほとんどの人が小至仏山を捲いているが、どうしようか考えながら進む。
振り返ると正面に赤城山。右後ろは武尊山、左の台形は皇海山、のはず。
2019年04月21日 11:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると正面に赤城山。右後ろは武尊山、左の台形は皇海山、のはず。
谷川方面も見える(ではなく、巻機山らしい)
2019年04月21日 11:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川方面も見える(ではなく、巻機山らしい)
日光方面
2019年04月21日 11:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光方面
小至仏山到着
2019年04月21日 11:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小至仏山到着
1
シールを付けたまま登高モードで鞍部まで滑る
2019年04月21日 11:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シールを付けたまま登高モードで鞍部まで滑る
1
あのバーンを滑った、はず。。。
2019年04月21日 11:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あのバーンを滑った、はず。。。
鞍部まで下りてそのまま登高再開
2019年04月21日 11:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部まで下りてそのまま登高再開
一般登山者はちらほらでBC率のほうが高かった
2019年04月21日 11:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般登山者はちらほらでBC率のほうが高かった
至仏山からの燧ケ岳。品格のある山だ。あれより北にあれ以上の高さの山はないのか。
2019年04月21日 11:54撮影 by DSLR-A100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山からの燧ケ岳。品格のある山だ。あれより北にあれ以上の高さの山はないのか。
4
正面は日光白根で、右が男体山でないと地図とつじつまが合わないが、合っているかな?
2019年04月21日 11:54撮影 by DSLR-A100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面は日光白根で、右が男体山でないと地図とつじつまが合わないが、合っているかな?
1
白根山(だと思う)
2019年04月21日 11:54撮影 by DSLR-A100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根山(だと思う)
2
男体山(だと思う)
2019年04月21日 11:54撮影 by DSLR-A100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山(だと思う)
2
皇海山(だと思う)
2019年04月21日 11:55撮影 by DSLR-A100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皇海山(だと思う)
1
北西方向には、正面中ノ岳、右越後駒ケ岳。左にチョンと八海山。
2019年04月21日 11:55撮影 by DSLR-A100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北西方向には、正面中ノ岳、右越後駒ケ岳。左にチョンと八海山。
1
西は谷川岳方面。一番高いのが谷川岳なのか?(ではなく、巻機山らしい)
2019年04月21日 11:56撮影 by DSLR-A100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西は谷川岳方面。一番高いのが谷川岳なのか?(ではなく、巻機山らしい)
1
平らなのが苗場山のはず。とすれば右となりは先週行った神楽ヶ峰ということになる。奥は妙高、黒姫方面。
2019年04月21日 11:56撮影 by DSLR-A100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平らなのが苗場山のはず。とすれば右となりは先週行った神楽ヶ峰ということになる。奥は妙高、黒姫方面。
左、中ノ岳。右、越後駒ケ岳。
2019年04月21日 11:57撮影 by DSLR-A100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左、中ノ岳。右、越後駒ケ岳。
引くとこんな感じ
2019年04月21日 11:58撮影 by DSLR-A100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引くとこんな感じ
山頂の同定板
2019年04月21日 12:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の同定板
山ノ鼻方面は土が出ているので(十分滑れたようだ)ワル沢方面に向かうが、尾瀬ヶ原を見下ろしながら滑りたかった。 
2019年04月21日 12:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ノ鼻方面は土が出ているので(十分滑れたようだ)ワル沢方面に向かうが、尾瀬ヶ原を見下ろしながら滑りたかった。 
ザラメ雪が調子よく、自分にしてはロングを滑ったのでドロップポイントが見えない
2019年04月21日 12:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザラメ雪が調子よく、自分にしてはロングを滑ったのでドロップポイントが見えない
あっという間に樹林帯に突入。さらばヒウチ!必ず行くから!
2019年04月21日 13:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に樹林帯に突入。さらばヒウチ!必ず行くから!
至仏もさよなら。どうもありがとう。
2019年04月21日 13:11撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏もさよなら。どうもありがとう。
白く見えるところを登り返すのかと思ったら、その手前を左に登って鳩待峠へ戻る
2019年04月21日 13:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白く見えるところを登り返すのかと思ったら、その手前を左に登って鳩待峠へ戻る

感想/記録

尾瀬ってもっと遠いのかと思っていたら意外にも戸倉まで自宅から2時間ほど(戸倉から鳩待峠までは約20分)で行けた。案外近いので今後もまた来よう。
登りのトレースは夏道だと思うが、今日滑ったところを直登した方が早いのではという気がしたので今度試してみたい。上の方は結構急だったので苦労するかな。
今回は自転車で鳩待峠まで行くつもりだったが、前日に道路が開通してラッキーだった。まあ、そのせいで人が多かったのだと思うが。
雪山登山というと一般登山者が多い印象だったが、至仏山はBC率が高かった。あの広大なバーンを見たら滑りたくなるというもの。ラインは何本もとれるし、とりあえず下まで滑れば鳩待峠に戻る道(?)に出るので道迷いの心配も少なくて済む。
至仏山から尾瀬ヶ原を見下ろした時に、雪が溶けたら家族サービスで高原ハイキングを楽しみたいと殊勝にも思った。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:660人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ