また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1812186 全員に公開 雪山ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

唐松岳

日程 2019年04月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅で車中泊し、5時半頃に八方第三駐車場に移動
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間20分
休憩
1時間2分
合計
6時間22分
S八方池山荘08:2108:43石神井ケルン08:51第2ケルン08:57八方ケルン09:06第三ケルン09:0810:28丸山10:3611:25唐松岳頂上山荘11:2611:49唐松岳12:0512:20唐松岳頂上山荘12:5313:25丸山14:03八方池14:18八方ケルン14:21第2ケルン14:26石神井ケルン14:2814:42八方池山荘14:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報郷の湯
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

6:43すでに並んでいます。
この日のチケット販売は7:00からでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:43すでに並んでいます。
この日のチケット販売は7:00からでした。
5
八方池山荘から、6本軽アイゼンをつけて登山開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池山荘から、6本軽アイゼンをつけて登山開始。
前をいく人がいるのは有難いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前をいく人がいるのは有難いです。
4
八方ケルンを振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方ケルンを振り返る
1
初めて雷鳥を見ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めて雷鳥を見ました。
8
トコトコと歩いて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トコトコと歩いて
6
反対側に移動してポーズ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側に移動してポーズ。
4
甘納豆の袋がパンパン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甘納豆の袋がパンパン
3
日傘の下に虹。
その下には富士山が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日傘の下に虹。
その下には富士山が見えました。
8
すれ違ったパーティの方々は、ちゃんとロープでつながっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すれ違ったパーティの方々は、ちゃんとロープでつながっていました。
1
唐松岳山頂がもう目の前。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳山頂がもう目の前。
3
振り返ると救助訓練ヘリ。
ヘリの強風に飛ばされないよう、一時通行止めでしたが、ひっからずにすみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると救助訓練ヘリ。
ヘリの強風に飛ばされないよう、一時通行止めでしたが、ひっからずにすみました。
1
山頂。
考える人のようなポーズをとって楽しそうに写真を撮っている人の後ろに並んでいたら、私も撮ってくれました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂。
考える人のようなポーズをとって楽しそうに写真を撮っている人の後ろに並んでいたら、私も撮ってくれました。
10
富山湾が見えます、その先は能登半島でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山湾が見えます、その先は能登半島でしょうか。
5
唐松岳山頂山荘のトイレ300円。
靴を脱いでお借りします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳山頂山荘のトイレ300円。
靴を脱いでお借りします。
2
山荘前の景色を観ながら甘納豆。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘前の景色を観ながら甘納豆。
4
八方第三駐車場から歩いていける「郷の湯」。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方第三駐車場から歩いていける「郷の湯」。
4

感想/記録

4月27日(土)
夕方自宅を出発し、道の駅で車中泊。
ダウンの寝袋はシャツとパンツで暑いくらいだったので、エンジンを切れば良かったと後から反省。
4月28日(日)
5:30頃に八方第三駐車場に移動。
わくわくどきどきで、まだ早いと思いながらも準備し、チケット売り場に行くとすでに並んでいて、車の中でぐだぐだしていなくて良かったと思いました。

八方池山荘で、トイレ(100円の協力金を間違えて募金箱にいれてしまった)を借り、軽アイゼンをつけて登山開始。
最初から景色が素晴らしい。
たくさんの人が登山しているので、道に迷うことも無く安心して歩けます。
途中から、体力不足なのか酸素が薄いのか、きつく感じ、後ろから来る人に道を譲りながら何度も立ち止まる。
山頂では強風を覚悟していたのですが、風もなく景色を眺めながら昼食。
といってもリフトの時間が気になり、湯を出すのもやめて、パンを食べ下山開始。
登るのにあれだけきつかったのに、下りは楽ちんであっという間です。
八方池あたりでアイゼンを外している人たちを見て、私も外しましたが、2回ほど滑って転びそうになったので、私はもう少し下までつけておいたほうが良かったようです。

下山後は、「郷の湯」でさっぱり。
混んではいましたが、さくっと体を洗って、つるつるの湯を楽しんでから帰りました。
訪問者数:503人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/2/8
投稿数: 5
2019/4/29 20:54
 訂正
訓練だと思っていたのは間違いでした。
岩の下に私が見たのは、本物の人を救護されているところで、救助訓練ヘリではありませんでした。
お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ