また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1820387 全員に公開 ハイキング 甲信越

令和初登山の七面山でみた大雲海と富士山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年05月02日(木) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今回の登山では大雲海に興奮してしまいログの一時中断などを忘れてしまったので、コースタイムなどは当てにならないかもしれないです。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

4時50分のご来光に合わせて1時30分に出発。このあとお喋りなおじさんに捕まってしまい、ずっと行動を共にすることになります。
2019年05月02日 01:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時50分のご来光に合わせて1時30分に出発。このあとお喋りなおじさんに捕まってしまい、ずっと行動を共にすることになります。
4時半頃に敬慎院に到着するとそこには大雲海が広がり、富士山が頭を出しているではないですか。
2019年05月02日 04:44撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時半頃に敬慎院に到着するとそこには大雲海が広がり、富士山が頭を出しているではないですか。
一時的に富士山が見えなくなったりもしたけど、日の出後に再び顔を出す富士山。
2019年05月02日 05:46撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一時的に富士山が見えなくなったりもしたけど、日の出後に再び顔を出す富士山。
最近ライブカメラが復活したようですね。他の登山客も七面山ライブカメラに映る自分の姿をスマホで見ていた。
2019年05月02日 06:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近ライブカメラが復活したようですね。他の登山客も七面山ライブカメラに映る自分の姿をスマホで見ていた。
雲海は消えないが富士山はかなり霞んでしまった。撮影が一段落したので七面山山頂へと出発しました。(お喋りなおじさんは一足先に出発していた。)
2019年05月02日 06:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海は消えないが富士山はかなり霞んでしまった。撮影が一段落したので七面山山頂へと出発しました。(お喋りなおじさんは一足先に出発していた。)
ナナイタガレがすごい大迫力で怖い。ガラガラと音が聞こえるので、すこーしずつ崩れ落ちているのだろう。
2019年05月02日 06:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナイタガレがすごい大迫力で怖い。ガラガラと音が聞こえるので、すこーしずつ崩れ落ちているのだろう。
合間に見える大雲海が素晴らしいです。
2019年05月02日 06:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合間に見える大雲海が素晴らしいです。
樹林帯の隙間から見える雲海が気になってしまいます。
2019年05月02日 06:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の隙間から見える雲海が気になってしまいます。
景色の見えない樹林帯に突入。
2019年05月02日 07:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色の見えない樹林帯に突入。
七面山の山頂へ到着するも景色は見えませんでした。山頂は空気が冷たくて心地よかった。日陰にはまだ雪が見られました。(あとから気が付いたけどここはまだ山頂ではなかった?)
2019年05月02日 07:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七面山の山頂へ到着するも景色は見えませんでした。山頂は空気が冷たくて心地よかった。日陰にはまだ雪が見られました。(あとから気が付いたけどここはまだ山頂ではなかった?)
別ハイカーと話し込んでいたお喋りおじさんに追いついた。ここから下山まで一緒に行動しました。
2019年05月02日 07:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別ハイカーと話し込んでいたお喋りおじさんに追いついた。ここから下山まで一緒に行動しました。
敬慎院に戻る頃にはガスも高くなり、樹林帯に入り込んだガスには光芒が出ていて神秘的でした。
2019年05月02日 07:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
敬慎院に戻る頃にはガスも高くなり、樹林帯に入り込んだガスには光芒が出ていて神秘的でした。
鹿が現れたと思ったらまったく逃げる気配もなく、しばらく登山道を先導してくれました。お尻のハート模様がキュートです。
2019年05月02日 07:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿が現れたと思ったらまったく逃げる気配もなく、しばらく登山道を先導してくれました。お尻のハート模様がキュートです。
別の通路にも鹿がいましたが、横切ってもまったく逃げませんでした。かわいいです。
2019年05月02日 07:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別の通路にも鹿がいましたが、横切ってもまったく逃げませんでした。かわいいです。
お寺さんの方を見学してせっかくなのでお賽銭を投げてきました。
2019年05月02日 07:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お寺さんの方を見学してせっかくなのでお賽銭を投げてきました。
下山を開始する頃の敬慎院はガスっていました。
2019年05月02日 08:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山を開始する頃の敬慎院はガスっていました。
赤い杉の樹が気になりました。まっかっかなんですよこれ。なぜなんでしょう。
2019年05月02日 09:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い杉の樹が気になりました。まっかっかなんですよこれ。なぜなんでしょう。

感想/記録

4時50分頃のご来光に合わせて深夜1時30分にスタート。日の出時刻が早くなってきたのでのんびりしていると余裕がなくなりますね。

スタート直後に別ハイカーのおじさんに追いつかれて「ご来光まで時間あって急いでも意味ないから」と僕に合わせて登り始めました。何度も「僕はカメラ機材が重たくて遅いので先に行っていいですよ」と言いましたが、それでも僕に合わせてくれました。少し察してほしかった(笑)

とてもお喋りな方でいろんな山の話を聞けました。

登山中にライブカメラをチェックすると大雲海を確認できて一気にアドレナリンが吹き出して体力が回復してペースアップ。

敬慎院に到着後はしばらく富士山撮影。

先に山頂へ向かったお喋りおじさんに遅れること僕も山頂へと向かうが、別ハイカーと話し込んでいたところへ合流。なんやかんや下山までご一緒しました。

僕は基本的にぼっちハイカーなのでたまにはこういう登山もいいのかな。

令和初登山で絶景を見ることができて満足でした。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:704人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雲海 ガス ご来光 ガレ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ