また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1826934 全員に公開 雪山ハイキング奥秩父

毎日あるぺん号で行く甲武信ヶ岳(毛木平〜道の駅みとみ)

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車バス
毎日あるぺん号(竹橋〜毛木平)7,500円
西沢渓谷からは山梨交通の塩山行、山梨市営バスの山梨市行のバス便あり。山梨市営バスはICカード非対応。
道の駅みとみのバス停設定は山梨市営バスのみだが、自由乗降区間内なので、塩山行のバスも停車してもらえる。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間9分
休憩
1時間6分
合計
7時間15分
S毛木平04:5105:16大山衹神社05:27慰霊碑05:2906:17なめ滝06:2007:17千曲川・信濃川水源地標07:2407:372353m地点07:59甲武信ヶ岳08:4409:00甲武信小屋09:0409:19木賊山09:25戸渡尾根分岐10:35徳ちゃん新道分岐10:3611:43徳ちゃん新道登山口11:4711:48近丸新道登山口12:01西沢渓谷駐車場12:06道の駅みとみ12:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報笛吹の湯(山梨市営)510円(現金のみ)

写真

毎日あるぺん号は予定より早い午前4時半に毛木平に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎日あるぺん号は予定より早い午前4時半に毛木平に到着
2
大山祇神社から本格的な山道に入る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山祇神社から本格的な山道に入る
1
美しい苔の中の流れ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい苔の中の流れ
1
ナメ滝の少し下から登山道の凍結が始まったためチェーンスパイクを装着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメ滝の少し下から登山道の凍結が始まったためチェーンスパイクを装着
2
ナメ滝を下から見上げて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメ滝を下から見上げて
1
滑らかに流れ落ちるナメ滝のナメの部分
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑らかに流れ落ちるナメ滝のナメの部分
1
千曲川の源流を遡っていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千曲川の源流を遡っていく
1
雪の間から覗く千曲川の源頭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の間から覗く千曲川の源頭
1
水源地標は深い雪に覆われている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水源地標は深い雪に覆われている
1
急斜面を上り詰めて稜線に到達
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を上り詰めて稜線に到達
1
三県にまたがる甲武信ヶ岳に初登頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三県にまたがる甲武信ヶ岳に初登頂
2
春霞の中に浮かぶ富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春霞の中に浮かぶ富士山
3
大弛峠を挟んで並ぶ国師ヶ岳と金峰山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大弛峠を挟んで並ぶ国師ヶ岳と金峰山
1
埼玉県最高峰の三宝山の背後に不吉な雲が湧く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
埼玉県最高峰の三宝山の背後に不吉な雲が湧く
1
八ヶ岳の峰々も近い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳の峰々も近い
1
山頂から少し下った鞍部に建つ甲武信小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から少し下った鞍部に建つ甲武信小屋
1
木賊山への登路からピラミダルな甲武信ヶ岳を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木賊山への登路からピラミダルな甲武信ヶ岳を振り返る
1
樹林の中の木賊山の山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林の中の木賊山の山頂
1
木賊山の周辺はまだ雪が深い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木賊山の周辺はまだ雪が深い
2
これから下る広瀬湖を眼下に望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから下る広瀬湖を眼下に望む
1
雨雲が次第に迫ってくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨雲が次第に迫ってくる
1
土砂降りになる前に登山口に無事下山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土砂降りになる前に登山口に無事下山
1
激しい降雨に見舞われる道の駅には多くのライダーが避難していた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
激しい降雨に見舞われる道の駅には多くのライダーが避難していた
1
バスを途中下車して笛吹の湯に立ち寄り入浴
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスを途中下車して笛吹の湯に立ち寄り入浴
1

感想/記録

「毎日あるぺん号」を使い、甲武信ヶ岳に20年越しの初登頂。20年前は、甲武信小屋に宿泊予約を入れた後、雷雨の恐れを告げる天気予報を前に、キャンセルしてしまったのだった。今回もまた不安定な天気予報の日に登ることになってしまった。
竹橋の毎日新聞本社から出発するあるぺん号。甲武信方面と八ヶ岳方面の乗客が同じバスに乗り込み、八ヶ岳方面に行く人は、道の駅はくしゅうで別のバスに乗り換えとなっていた。甲武信方面の終点は廻目平の金峰山荘だが、今回はそこを目指す人はいなかったようだ。バスは4列シート。シートの前後のスペースは余裕があるので、隣が空席だったということもあって、予想していたよりは座り心地はよかった。
ようやく明るくなりかけた午前4時半の毛木平の空気は冷たく、氷点下近くまで下がっているような体感だった。千曲川の流れの音を聞きながら次第に高度を上げていく。ナメ滝の辺りから先は登山道がアイスバーン状になっているため、チェーンスパイクを装着。
千曲川源流碑から急坂を上り詰めれば、国師ヶ岳からの主稜線に出る。間もなく、眺望が開けてくれば、山梨、埼玉、長野の3県にまたがる甲武信ヶ岳の山頂に着く。山頂からの視界は180度ほどだが、雄大な眺めが広がる。
当初は、甲武信ヶ岳から雁坂峠まで縦走する算段だったが、午前8時で既に西方には積雲が沸き上がってきいるのが見えたため、雷に見舞われないうちに、早めに徳ちゃん新道を使って下山することにした。
木賊山周辺は、まだ30センチ以上の積雪が残っており、踏み抜きの跡も多く見られた。分岐から南向きの斜面に入ると、雪は急激に少なくなるが、近丸新道との分岐までは、深くえぐれた中に雪が残っていたり、雪解け後の泥水で滑りやすかったりと、歩きにくい急坂が続いた。
徳ちゃん新道に入れば、乾いた尾根道で、引き続き急坂続きではあるが、歩きやすくなる。雲行きは怪しくなる一方で、ついには小雨、さらには細かな雹すら降り始めた。下る速度を上げつつ雨装備を整え、西沢山荘からは傘もさしながら道の駅みとみまで下り着いた。
訪問者数:380人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ