また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1827557 全員に公開 雪山ハイキング妙高・戸隠・雨飾

雨飾山、令和初め二山

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間47分
休憩
15分
合計
5時間2分
Sスタート地点06:0306:36雨飾山登山口07:14ブナ平07:1507:311500台地07:3208:37笹平08:3808:54雨飾山09:0409:27笹平09:2809:571500台地10:06ブナ平10:0710:29雨飾山登山口11:04雨飾荘11:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
白馬岳から下りて、雨飾荘に直行。去年も同じ頃に同じ日程を組んだものの、白馬で力尽きて断念してしまった。去年はキャンプ場まで車で入れたが、今回は雨飾荘まで。前情報は仕入れていたが、さい先が不安。更に夕食のカレーを車内で食べようとしたところ、イスカのシュラフカバーにぶちまけてしまい、只只滅入る。「私もよくよく運のない男だな」。
そんな前夜泊の不吉を抱えつつ、林道とトボトボと歩き、1時間で河原の登山口に。いきなりの急登。まぁ焦らず一服してドッコイショと上がる。夏道だと最初の急登を登り詰めると、楽になるのだが、一向に楽させてもらえない。おいおい、大丈夫か俺。散々白馬の急登を上がったんだから、チョイと手抜いてくんないかなぁ。ブナ林を抜け、やっとこ荒菅沢の手前の大きな斜面で足が緩む。とは塚の間で荒菅沢に着くと愕然。深い谷を下った先に対岸を登り返す急登の点々と小さく伸びるトレースが。とても布団菱を眺めてられる心境じゃない。
対岸に上がると、目も眩むような急登が延々と続いている。その急登を上がった先にオマケの急登…。帰りたい…。しかし、「私を誰だと思っている」。
先発登山者を引き離し、グッと笹平に立った。平な雪原の先にピークの岩峰。今までの疲れを忘れて走るが如く岩峰の元に。ここからは雪がほぼ着いていない様なので、アイゼンをデポして最後の登り。ようやく着いた頂上。感慨無量である。天候も良く、遠く日本海まで見渡せる。
只、何時までものんびりとはしておれない。今日は気温が高く、直ぐに雪がグズグズになってしまい、急下降でアイゼンの効きが心配。況してや、雪崩の危険も高まる。サッサと下っていると案の定、布団菱からガンという響きがあり、眼前で荒菅沢に雪崩込んだ。丁度ルート上で止まったが、あと数分雪崩が遅れておれば、頭上で起こっていた。ゾッとする。疲れているが、兎に角足早に沢を渡る。
急登の連続だっただけに、下りは早い。グズグズの雪なので、アイゼンを滑らしながら下りれる。林道も大きくショートカット出来、予想より30分早く着いた。直ぐに露天風呂に浸かり、令和初めの二連山行に浸った。
コース状況/
危険箇所等
日が高くなると、雪はグズグズで、傾斜の強い下りではアイゼンも効きが悪くなる。布団菱で雪崩発生(動画をインスタでアップした)、トレースの手前で止まったが、デブリが溜まると危険だろう。他の斜面でも亀裂があり、午前中勝負。
その他周辺情報下った後は云わずとも露天風呂に浸かろう。

写真

朝5時の白馬山方面?
2019年05月04日 18:49撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝5時の白馬山方面?
1
今回の出発点となった雨飾荘。
2019年05月04日 18:48撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の出発点となった雨飾荘。
1
直ぐに車止め。
2019年05月04日 18:48撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐに車止め。
1
暫くすると林道は雪で埋る。林道開通はまだまだらしい。
2019年05月04日 18:27撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫くすると林道は雪で埋る。林道開通はまだまだらしい。
1
青い空に威風とした山容。
2019年05月04日 18:48撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青い空に威風とした山容。
1
キャンプ場に着く。
2019年05月04日 18:46撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場に着く。
2
登山口のある河原に入る。ちゃんとトレースに従わないと川に阻まれる。
2019年05月04日 18:46撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口のある河原に入る。ちゃんとトレースに従わないと川に阻まれる。
1
登山口からいきなり急登。
2019年05月04日 18:45撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口からいきなり急登。
1
ブナ林の急登。
2019年05月04日 18:45撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林の急登。
1
ブナ林を抜けると心地よい緩斜面。
2019年05月04日 18:44撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林を抜けると心地よい緩斜面。
1
名物、布団菱。おぉーと眺めてる場合じゃない。
2019年05月04日 18:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物、布団菱。おぉーと眺めてる場合じゃない。
1
荒菅沢の対岸に鬼の登り返し。
2019年05月04日 18:42撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒菅沢の対岸に鬼の登り返し。
1
続く急登。
2019年05月04日 18:40撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続く急登。
1
更に急登。
2019年05月04日 18:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に急登。
1
パックリ、いつ崩れるやら。
2019年05月04日 18:39撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パックリ、いつ崩れるやら。
死ぬほどの急登の末、やっとこ笹平。歩くだけで疲れが飛ぶ。
2019年05月04日 18:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
死ぬほどの急登の末、やっとこ笹平。歩くだけで疲れが飛ぶ。
3
布団菱の上当たりはパックリ。
2019年05月04日 18:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
布団菱の上当たりはパックリ。
1
頂上標識。左に白馬岳、右に朝日岳?。
2019年05月04日 18:29撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上標識。左に白馬岳、右に朝日岳?。
5
頂上からの笹平。
2019年05月04日 18:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上からの笹平。
4
日本海。
2019年05月04日 18:30撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本海。
1
中央に白馬岳。
2019年05月04日 18:32撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央に白馬岳。
1
朝日岳?
2019年05月04日 18:32撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳?
1
妙高山。
2019年05月04日 18:32撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高山。
1
新潟の焼山。噴煙が見える。
2019年05月04日 18:31撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新潟の焼山。噴煙が見える。
2
下って露天風呂で感慨に浸る。
2019年05月04日 18:26撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下って露天風呂で感慨に浸る。
2
帰り掛け。絞り優先にしたのに絞り調整を忘れ、桜がボケる。
2019年05月04日 18:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り掛け。絞り優先にしたのに絞り調整を忘れ、桜がボケる。
2

感想/記録

我ながら去年より成長したなぁと。
訪問者数:418人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ