また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1827872 全員に公開 ハイキング比良山系

関百 花の赤坂山

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー6人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
JRマキノ駅より湖国バスマキノ高原温泉さらさ下車、帰りも同じルート(片道220円均一料金)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
0610 近鉄郡山、0655 近鉄京都
0724 JR京都、0840 マキノ
0906 湖国バスマキノ駅、0924 マキノ高原温泉さらさ

0932 スタート
0941 寒風・大谷山方面登山口
1039 展望ベンチ、小休止
1149 寒風
1215 ランチタイム
1306 栗柄越
1316 赤坂山(823.6m)四等三角点
1342 明王の禿(780m)
1407 赤坂山(823.6m)
1420 栗柄越
1445 小休止
1459 武奈ノ木平
1520 小休止
1533 マキノ高原オートキャンプ場
1543 ゴール

1618 湖国バスマキノ高原温泉さらさ、1640 マキノ駅
1650 JRマキノ、1757 京都
1816 近鉄京都、1901 近鉄郡山
1915 自宅着
コース状況/
危険箇所等
多少ぬかるんでいた所もあったが、特に問題はなし
その他周辺情報登山口近くには、マキノ高原温泉さらさ、キャンプ場、自販機、トイレなどがある

装備

個人装備 長袖Tシャツ[SPALDING] 半袖Tシャツ[SPALDING] 防寒着[NIKE] (メモリクロス撥水ブルゾン[ワークマン]) (レインスーツSTRETCH Perfect[ワークマン]) ズボン[Marmot] 靴[mont-bell] 靴下[mont-bell] 手袋 (ストック[DABADA]) (折りたたみ傘) ザック[berghaus] (ザックカバー) 昼ご飯 (行動食) エネルギー補給ゼリー (パック野菜ジュース) 保温水筒[紅茶800ml] ペットボトル[お茶500cc} 金属コップ スマホGPS[FieldAccess] タブレットGPS[ヤマレコMAP] (ファーストエイドキット) (常備薬) (保険証) 携帯 タオル (マスク) (熊鈴) (笛) (温度計) (折り畳みレジャーマット) (ヘッドランプ) (ミニLDEライト) (予備電池) (ミニ三脚) (予備バッテリー) ( )内は今回不使用

写真

0933 マキノ高原のキャンプ場は家族連れで超満員
2019年05月04日 09:33撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0933 マキノ高原のキャンプ場は家族連れで超満員
0941-2 寒風・大谷山方面登山口
2019年05月04日 09:41撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0941-2 寒風・大谷山方面登山口
0942 ●キジムシロ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0942 ●キジムシロ
0955 ●コバノガマズミ
2019年05月04日 09:55撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0955 ●コバノガマズミ
1001 ●ヤマツツジ
2019年05月04日 10:01撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1001 ●ヤマツツジ
1001-2 ●キジムシロ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1001-2 ●キジムシロ
1018 ●ナルコユリ
2019年05月04日 10:18撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1018 ●ナルコユリ
1029 ●イワカガミ、淡いピンクが初々しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1029 ●イワカガミ、淡いピンクが初々しい
1039-2 展望ベンチ
2019年05月04日 10:39撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1039-2 展望ベンチ
1039-3 展望ベンチから見たメタセコイヤ並木
2019年05月04日 10:39撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1039-3 展望ベンチから見たメタセコイヤ並木
1043 ●キランソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1043 ●キランソウ
1103-2 ●イカリソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1103-2 ●イカリソウ
1105-2 新緑が非常にキレイだ
2019年05月04日 11:05撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1105-2 新緑が非常にキレイだ
1110 ●キランソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1110 ●キランソウ
1111-2 ●タチツボスミレ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1111-2 ●タチツボスミレ
1119-2 ●タチツボスミレ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1119-2 ●タチツボスミレ
1120 ●ミヤマカタバミ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1120 ●ミヤマカタバミ
1129 ●ミヤマカタバミ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1129 ●ミヤマカタバミ
1139 ●オオバキスミレ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1139 ●オオバキスミレ
1141-2 ●フモトスミレ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1141-2 ●フモトスミレ
1149 寒風
2019年05月04日 11:49撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1149 寒風
1157 寒風からの長い稜線歩きが始まる、風が強いが気持ちいい
2019年05月04日 11:57撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1157 寒風からの長い稜線歩きが始まる、風が強いが気持ちいい
1158 ●オオバキスミレ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1158 ●オオバキスミレ
1206 稜線からの風景
2019年05月04日 12:06撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1206 稜線からの風景
1214 ●ヒメスミレ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1214 ●ヒメスミレ?
1218 ●フモトスミレ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1218 ●フモトスミレ
1257 ●オオカメノキ
2019年05月04日 12:57撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1257 ●オオカメノキ
1300 ●キジムシロ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1300 ●キジムシロ
1306 栗柄越
2019年05月04日 13:06撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1306 栗柄越
1313 赤坂山頂上方面
2019年05月04日 13:13撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1313 赤坂山頂上方面
1316 赤坂山(823.6m)四等三角点
2019年05月04日 13:16撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1316 赤坂山(823.6m)四等三角点
1317 赤坂山頂上の様子
2019年05月04日 13:17撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1317 赤坂山頂上の様子
1319 高島トレイル赤坂山の表示、こちらには823.8mとなっている
2019年05月04日 13:19撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1319 高島トレイル赤坂山の表示、こちらには823.8mとなっている
1323 明王の禿への激下り
2019年05月04日 13:23撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1323 明王の禿への激下り
1333 明王の禿への登り口
2019年05月04日 13:33撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1333 明王の禿への登り口
1337 ●イワウチワ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1337 ●イワウチワ
1340 明王の禿への最後の登り
2019年05月04日 13:40撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1340 明王の禿への最後の登り
1340-2 ●オオバキスミレ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1340-2 ●オオバキスミレ
1343-2 高島トレイル明王の禿(780m)
2019年05月04日 13:43撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1343-2 高島トレイル明王の禿(780m)
1354 明王の禿から見た琵琶湖方面
2019年05月04日 13:54撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1354 明王の禿から見た琵琶湖方面
1355 明王の禿西側の面
2019年05月04日 13:55撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1355 明王の禿西側の面
1447 ●イカリソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1447 ●イカリソウ
1526 ●モミジイチゴ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1526 ●モミジイチゴ
1450-2 ●キジムシロ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1450-2 ●キジムシロ
1407 再度赤坂山頂上
2019年05月04日 14:07撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1407 再度赤坂山頂上
1415 1本目の鉄塔下を通る
2019年05月04日 14:15撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1415 1本目の鉄塔下を通る
1420 再度栗柄越、大谷山方面とマキノ高原方面の分岐
2019年05月04日 14:20撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1420 再度栗柄越、大谷山方面とマキノ高原方面の分岐
1422 ●オオカメノキ
2019年05月04日 14:22撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1422 ●オオカメノキ
1422-2 2本目の鉄塔、ここの展望地はパス
2019年05月04日 14:22撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1422-2 2本目の鉄塔、ここの展望地はパス
1428 ●イワカガミ
2019年05月04日 14:28撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1428 ●イワカガミ
1
1450 渓流に合流、暫く水の音を聞きながら下山
2019年05月04日 14:50撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1450 渓流に合流、暫く水の音を聞きながら下山
1456 ●ヤマツツジ
2019年05月04日 14:56撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1456 ●ヤマツツジ
1459 武奈ノ木平休憩所
2019年05月04日 14:59撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1459 武奈ノ木平休憩所
1528 ●コバノガマズミ
2019年05月04日 15:28撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1528 ●コバノガマズミ
1530 暫く延々の階段が続く
2019年05月04日 15:30撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1530 暫く延々の階段が続く
1533 マキノ高原オートキャンプ場に到着
2019年05月04日 15:33撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1533 マキノ高原オートキャンプ場に到着
1541 寒風〜赤坂山方面を振り返る
2019年05月04日 15:41撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1541 寒風〜赤坂山方面を振り返る
本日のルートは、FieldAccessによれば、6時間10分、13.0km、標高差711mとなった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のルートは、FieldAccessによれば、6時間10分、13.0km、標高差711mとなった

感想/記録

登山会のメンバーで、花の赤坂山を歩く。GWでしかも天気は上々なので、マキノ高原オートキャンプ場は家族連れで超満員。楽しそうな声を横に聞きながらゲレンデを登り始める。少し登るとキャンプ場の全景や、水が張られ始めた田園地帯に一直線のメタセコイア並木が見える。ワラビを取ったり花の写真を撮ったりとゆっくり登っていく。

脅迫も一つ無い上天気で、気温もかなり上がっているが、風が結構強い為ほとんど汗をかかずにいられる。展望ベンチまで登ると先ほどまでの景色が尚更よく見渡せる。

寒風を過ぎると長い稜線がずっと見渡せ、両側に見える景色も気持ちがいい。更に風も強くなるが、寒いと言うほどでもない。途中、風と日光を避けられる場所を見つけてランチタイム。
栗柄越を通り過ぎると、赤坂山への最後の登りとなる。頂上で記念写真を撮った後、明王の禿に向かう。赤坂山からの結構長い激下りを進みながら、またこの道を登り返すのかと思うと気が重くなる。

明王の禿での絶景を楽しんだ後、先ほど下った道が今度は急登になる。これで最後の登りだとハッパを掛けて登る。栗柄越まで戻り、キャンプ場方面に下る。途中多少ぬかるんだり、水が流れている所もあったが、特に問題となる所は無く、どんどん下る事ができた。

登山道にはずっと花が咲き誇り、標高に応じて種類や花の咲き具合も変わっていくのが中々興味深い。気温も高く、絶好の快晴だったが、強い風に助けられ、非常に気持ちの良い山歩きを楽しむ事ができた。

本日のルートは、FieldAccessによれば、6時間10分、13.0km(ヤマレコマップでは11.78km)、標高差711m(同じく677m、累積は864m)となり、登山以外も含む今日1日の運動量は、14.4km、24,914歩となった。

★花の名前は自信がありませんので、参考になりません(^^;)。
訪問者数:146人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ