また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1828801 全員に公開 ハイキング奥武蔵

棒ノ嶺ハイキング

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
さわらびの湯駐車場より白谷沢、滝ノ平尾根を周回
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち44%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
19分
合計
4時間39分
Sさわらびの湯バス停07:4608:08白谷沢登山口08:52白孔雀の滝地名板09:25岩茸石09:2609:47権次入峠10:03棒ノ嶺10:1910:36権次入峠10:3710:57岩茸石10:5812:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
白谷沢は渓流を歩くコース、過去に転落事故も発生しているので注意。
滝ノ平尾根は、木の根の多い急斜面を下る箇所あり。
いずれも慎重に歩けば初級コースです。
その他周辺情報登山の拠点に「さわらびの湯」有り、3時間800円。
飲食店はなく、うどんの弁当などの販売のみ。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

登山の開始地点は「さわらびの湯バス停」、ここから有馬ダム方面へ舗装道を歩きます。
2019年05月04日 07:50撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山の開始地点は「さわらびの湯バス停」、ここから有馬ダム方面へ舗装道を歩きます。
有馬ダム、この先に目指す山が?
たぶん左の方向ですが。
2019年05月04日 08:01撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有馬ダム、この先に目指す山が?
たぶん左の方向ですが。
1
ダム湖の側道を歩き、登山道入口まで来ました。
この周辺にも数台車が置けますが、その場合は白谷沢のピストンとなりますね。
2019年05月04日 08:13撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダム湖の側道を歩き、登山道入口まで来ました。
この周辺にも数台車が置けますが、その場合は白谷沢のピストンとなりますね。
しばらくは沢を少し離れて歩きます。
2019年05月04日 08:19撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは沢を少し離れて歩きます。
なんだかのご神木と社が有りました。
2019年05月04日 08:19撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだかのご神木と社が有りました。
2
沢沿いに入りますと、この様な看板が目立ちます。
数年前に滑落したというニュースを見てから、このような標識が表示されています。
2019年05月04日 08:28撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いに入りますと、この様な看板が目立ちます。
数年前に滑落したというニュースを見てから、このような標識が表示されています。
藤懸の滝です。
落差も水量も控えめです。
2019年05月04日 08:34撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤懸の滝です。
落差も水量も控えめです。
プチゴルジュ帯に入ってきました。
2019年05月04日 08:44撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プチゴルジュ帯に入ってきました。
4
お手軽な初級登山コースとしては、結構良い感じです。
2019年05月04日 08:48撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お手軽な初級登山コースとしては、結構良い感じです。
鎖場ですが、今日はGWのため登山者が沢山です。
皆さん、慎重に行きましょう。
2019年05月04日 08:50撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場ですが、今日はGWのため登山者が沢山です。
皆さん、慎重に行きましょう。
4
一見、沢登りですが、水量がちょろちょろ。
周囲の岩が狭いので、御岳山のロックガーデンよりはチョッピリ本格的?
2019年05月04日 08:50撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一見、沢登りですが、水量がちょろちょろ。
周囲の岩が狭いので、御岳山のロックガーデンよりはチョッピリ本格的?
2
数年前にはこの場所に「キケン注意」の札が沢山有りました。
あまりにも景観が良くないと思っていましたが、今日久しぶりに登ったら、改善されていました。
2019年05月04日 08:51撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数年前にはこの場所に「キケン注意」の札が沢山有りました。
あまりにも景観が良くないと思っていましたが、今日久しぶりに登ったら、改善されていました。
2
白孔雀の滝です。
2019年05月04日 08:52撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白孔雀の滝です。
ヒメレンゲ
2019年05月04日 08:55撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメレンゲ
2
そろそろ渓谷もお終いです。
2019年05月04日 08:55撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ渓谷もお終いです。
ニリンソウ
渓谷に入ってから所々で咲いていました。
2019年05月04日 08:56撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニリンソウ
渓谷に入ってから所々で咲いていました。
2
ムラサキケマン
2019年05月04日 08:56撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムラサキケマン
羅生門葛(らしょうもんかずら)だそうです。
2019年05月04日 09:04撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅生門葛(らしょうもんかずら)だそうです。
1
マルバスミレ
2019年05月04日 09:05撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルバスミレ
2
岩茸石手前の、林道との交差点。
白谷沢が終わって、一休みする場所です。
2019年05月04日 09:14撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩茸石手前の、林道との交差点。
白谷沢が終わって、一休みする場所です。
1
岩茸石
帰りはこの石の横を直進します。
2019年05月04日 09:29撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩茸石
帰りはこの石の横を直進します。
1
岩茸石からは、権次入(コンジリ)峠を経由し、木製階段の有る急坂を延々と登ります。
みなさん、結構この坂に参っていましたよ。
2019年05月04日 09:35撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩茸石からは、権次入(コンジリ)峠を経由し、木製階段の有る急坂を延々と登ります。
みなさん、結構この坂に参っていましたよ。
そして棒ノ嶺の山頂へ、2時間強で到着しました。
2019年05月04日 10:06撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして棒ノ嶺の山頂へ、2時間強で到着しました。
5
山頂には、葉桜となったヤマザクラが咲いていました。
2019年05月04日 10:09撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には、葉桜となったヤマザクラが咲いていました。
3
コシアブラ?
2019年05月04日 10:28撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コシアブラ?
タラの芽
2019年05月04日 10:30撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タラの芽
1
フモトスミレ
2019年05月04日 10:32撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フモトスミレ
3
岩茸石を直進し、滝ノ平尾根へ進みます。
2019年05月04日 11:02撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩茸石を直進し、滝ノ平尾根へ進みます。
途中の開けた尾根。
2019年05月04日 11:18撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の開けた尾根。
振り返ると、遥か先に棒ノ嶺の山頂が。
2019年05月04日 11:20撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、遥か先に棒ノ嶺の山頂が。
1
下方には「有馬ダム」と「鳥居観音」が見えました。
2019年05月04日 11:20撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下方には「有馬ダム」と「鳥居観音」が見えました。
一回目の林道交差地点を通過します。
2019年05月04日 11:24撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一回目の林道交差地点を通過します。
そして二カ所目の林道交差地点です。
2019年05月04日 11:31撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして二カ所目の林道交差地点です。
どんどん尾根を歩き、急に高度を下げ、木の根や滑りやすい土の斜面を下って行きました。
2019年05月04日 11:54撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん尾根を歩き、急に高度を下げ、木の根や滑りやすい土の斜面を下って行きました。
さわらびの湯の下方に出て、今日の登山道は終了です。
温泉はGWともあって賑わっていました。(でも入りましたけど。)
2019年05月04日 12:25撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さわらびの湯の下方に出て、今日の登山道は終了です。
温泉はGWともあって賑わっていました。(でも入りましたけど。)
2
撮影機材:

感想/記録

GWですので、遠出による渋滞を避け、近場の「棒ノ嶺」へハイキング登山へ行く事としました。

二週間前の「蕨山」登山と同時刻に出発、GWともあって交通量の多い中、いつもの有馬ダム下にある「さわらびの湯」駐車場へ到着しました。
この時点で、既にバス停近くの駐車場は満車、少し離れた駐車場へ駐車しました。

8時前に出発、ダムサイトを歩きながら登山道の入口へ到着、いつもと違い、結構な賑わいです。
しばらくは沢から外れた登山道を歩き高度を上げ、次第に沢が近付いてきます。
「藤懸の滝」からは白谷沢の本格的な沢歩きとなります。
迫力の有るゴルジュ帯を歩き、ちょっとした鎖場などを登り、プチ沢歩きを楽しみましょう。
ただしこのコースは過去に滑落事故も起きていますので、あくまでも慎重に登りましょう。
沢が枯れ始め視界が開けたら、林道との交差地点です。
一休みしてから、岩茸石への急登へ挑みます。
岩茸石から先は、所々に朽ちた木段が現れ足の疲労を襲いますが、上手く木段の無い場所を歩いて行けば問題ないです。
コンジリ峠にもベンチが有りますので、一休みしてから最後の急登へ挑みます。
先に藪の茂った明るい場所が見えたら、もうすぐ山頂です。
山頂には東屋が有り、ベンチも少々設置されています。
GWだとほぼ満席ですので、レジャーシートなど有ると便利です。

下山は岩岳石を直進する「滝ノ平尾根」を辿り、さわらびの湯下へ向かいます。
最初は気持ちの良い尾根を、高度を少しづつ下げながら歩きますが、後半は木の根がゴツゴツと出た急な斜面を下る事となります。
この急降下にうんざりし始めた頃、下方に建物が見え、車の走行音が徐々に近付いて、登山道が終了します。

下山後はそのまま「さわらびの湯」へ直行!
本格的な食事が無いのが残念ですが、うどんなどの弁当を販売しているので、休憩所で食事を取る事は可能です。(我々は下界まで出てから遅い昼食としました。)
温泉で汗を流し、渋滞を避けて早目の帰宅となりました。

訪問者数:132人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ