また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1832326 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

三国山/ワラジカケマツノ頭でのんびりしてきた

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■駐車場
 国道17号三国峠トンネルの新潟側出口に登山口と駐車場がありますが、2019年12月13日までは工事で駐車場が使用出来ないようです。
 400mほど下の余裕のある路肩に路駐しました。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間25分
休憩
2時間38分
合計
7時間3分
Sスタート地点09:3909:48三国トンネル湯沢側登山口09:4910:36三国峠11:56三国山11:5712:18ワラジカケマツノ頭14:5315:37三国峠15:3816:33三国トンネル湯沢側登山口16:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■危険箇所
 雪の残り方次第だと思いますが、三国山から大源太山の間ではワラジカケマツノ頭からの下りが一番難しいような気がします。
 今回チェーンスパイクを着けましたが、ワラジカケマツノ頭までであれば三国山からの下りに雪が無ければ行けると思います。
 雪の多い時期は雪庇が出来るので、雪庇からの滑落やクラックへの落下が怖そうです。
 
その他周辺情報■登山後の温泉
 猿ヶ京に沢山温泉があります。
 今回行ったのはまんてん星の湯。800円。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

登山口です。
ここの駐車場は工事のため使用できなかったので、少し降りた路肩の余裕のあるところに車を停めました。
2019年05月05日 09:49撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口です。
ここの駐車場は工事のため使用できなかったので、少し降りた路肩の余裕のあるところに車を停めました。
早速ショウジョウバカマのお出迎え
2019年05月05日 09:50撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速ショウジョウバカマのお出迎え
1
旧三国街道なので道幅が広く歩き易い。
・・・筈ですが何故かバテ気味。
2019年05月05日 10:20撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧三国街道なので道幅が広く歩き易い。
・・・筈ですが何故かバテ気味。
1
旧三国峠に到着。
ここからひたすら階段を登ります。
何段あるんでしょう?
2019年05月05日 10:36撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧三国峠に到着。
ここからひたすら階段を登ります。
何段あるんでしょう?
1
木の階段に赤い苔が目立つ。
2019年05月05日 10:44撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の階段に赤い苔が目立つ。
1
気持ちの良い笹原に出ます。
2019年05月05日 11:20撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い笹原に出ます。
2
更に階段を登ります。
2019年05月05日 11:34撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に階段を登ります。
白砂山と佐武流山方面。
左1/5あたりの奥の尖った白いピークが白砂山。
佐武流山は稜線トレイルの後ろに隠れて見えず。
右端に苗場スキー場と筍山。
2019年05月05日 11:41撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白砂山と佐武流山方面。
左1/5あたりの奥の尖った白いピークが白砂山。
佐武流山は稜線トレイルの後ろに隠れて見えず。
右端に苗場スキー場と筍山。
2
中央黒いピークが稲包山。
2019年05月05日 11:41撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央黒いピークが稲包山。
1
斜めの木道は整備しなおされて歩き易くなっていました。
2019年05月05日 11:42撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜めの木道は整備しなおされて歩き易くなっていました。
3
さらに高度を上げると苗場山と神楽ヶ峰が綺麗に見えてくる。
2019年05月05日 11:44撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに高度を上げると苗場山と神楽ヶ峰が綺麗に見えてくる。
1
頂上手前の木道。
2019年05月05日 11:45撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上手前の木道。
1
法師温泉方面。
国道17号を見下ろす。
注意深く見ると左の稜線付近に旧三国街道が見える。
麓から新緑が登ってきている。
2019年05月05日 11:54撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
法師温泉方面。
国道17号を見下ろす。
注意深く見ると左の稜線付近に旧三国街道が見える。
麓から新緑が登ってきている。
1
山頂には残雪あり。
軽アイゼンの必要は無い。
2019年05月05日 11:55撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には残雪あり。
軽アイゼンの必要は無い。
1
三国山山頂。
2019年05月05日 11:56撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国山山頂。
1
平標方面へ向かいます。
ここの下りは雪はありません。
2019年05月05日 12:05撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標方面へ向かいます。
ここの下りは雪はありません。
鞍部から積雪。
2019年05月05日 12:11撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部から積雪。
チェーンスパイク装着。
2019年05月05日 12:12撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チェーンスパイク装着。
ワラジカケマツノ頭に登る。
2019年05月05日 12:17撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワラジカケマツノ頭に登る。
ワラジカケマツノ頭
ここは素晴らしい眺望
平標から谷川岳までのパノラマ(2400x1251pixel)
この下りを見て引き返すのですが、進もうと思えばやりようはあったかな。
2019年05月05日 12:47撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワラジカケマツノ頭
ここは素晴らしい眺望
平標から谷川岳までのパノラマ(2400x1251pixel)
この下りを見て引き返すのですが、進もうと思えばやりようはあったかな。
3
ワラジカケマツノ頭
360度パノラマ
2019年05月05日 12:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
ワラジカケマツノ頭
360度パノラマ
1
ワラジカケマツノ頭
平標山、仙ノ倉岳、手前に大源太山。
2019年05月05日 12:20撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワラジカケマツノ頭
平標山、仙ノ倉岳、手前に大源太山。
1
ワラジカケマツノ頭
エビス大黒の頭、万太郎山、谷川岳、俎堯⊂出俣山。
あの松がワラジカケマツかな?
2019年05月05日 12:20撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワラジカケマツノ頭
エビス大黒の頭、万太郎山、谷川岳、俎堯⊂出俣山。
あの松がワラジカケマツかな?
1
ワラジカケマツノ頭
遠くに武尊山。
2019年05月05日 12:20撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワラジカケマツノ頭
遠くに武尊山。
1
ワラジカケマツノ頭
苗場山、神楽ヶ峰
2019年05月05日 12:20撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワラジカケマツノ頭
苗場山、神楽ヶ峰
1
ワラジカケマツノ頭
三国山を振り返る。
2019年05月05日 12:21撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワラジカケマツノ頭
三国山を振り返る。
ワラジカケマツノ頭
谷川岳のズーム
2019年05月05日 12:22撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワラジカケマツノ頭
谷川岳のズーム
2
ワラジカケマツノ頭
武尊山ズーム
2019年05月05日 12:57撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワラジカケマツノ頭
武尊山ズーム
1
ワラジカケマツノ頭
浅間山ズーム
2019年05月05日 12:57撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワラジカケマツノ頭
浅間山ズーム
1
ワラジカケマツノ頭
苗場山ズーム

さて下山します。
2019年05月05日 14:38撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワラジカケマツノ頭
苗場山ズーム

さて下山します。
2
何の木かな?
ムラサキヤシオやミネザクラ、シャクナゲはまだ蕾でした。
2019年05月05日 15:53撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の木かな?
ムラサキヤシオやミネザクラ、シャクナゲはまだ蕾でした。
2
キクザイチゲ
2019年05月05日 16:01撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キクザイチゲ
2
防塵防滴でないカメラを雪面に長時間置いておいたら内部が曇ってしまった。しばし電池カバーを開けて放湿。
2019年05月05日 16:06撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
防塵防滴でないカメラを雪面に長時間置いておいたら内部が曇ってしまった。しばし電池カバーを開けて放湿。
2
ムラサキケマン
2019年05月05日 16:10撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムラサキケマン
1
携帯電話で雪解けの流れを撮影。
何だか氷みたいになった。
2019年05月05日 16:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
携帯電話で雪解けの流れを撮影。
何だか氷みたいになった。
2
カメラで雪解けの流れを撮影。
水飴のようなものが撮れた。
2019年05月05日 16:13撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラで雪解けの流れを撮影。
水飴のようなものが撮れた。
3
ニリンソウ
咲き始めです。ここはお花畑になります。
2019年05月05日 16:20撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニリンソウ
咲き始めです。ここはお花畑になります。
2
ニリンソウ
蕾から開いたばかりのものは微妙に赤紫色が残っていて綺麗。
2019年05月05日 16:23撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニリンソウ
蕾から開いたばかりのものは微妙に赤紫色が残っていて綺麗。
1
キクザイチゲ(青紫)
2019年05月05日 16:24撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キクザイチゲ(青紫)
2
スノウシェードの脇に歩行者用の道があります。
2019年05月05日 16:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノウシェードの脇に歩行者用の道があります。
満天星の湯の第2駐車場から
小出俣山と阿能川岳、奥に俎瑤任靴腓Δ。
2019年05月05日 17:35撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満天星の湯の第2駐車場から
小出俣山と阿能川岳、奥に俎瑤任靴腓Δ。

感想/記録
by sako59

 6年前と4年前にも5月の三国山に登っています。
 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-293939.html
 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-640657.html

 今回は黒金山や平標山の家まで行ってみたいと思って再訪しました。
 が、出発が遅くなったのと三国山への階段地獄で体調が悪くなり、ワラジカケマツノ頭からの下りを覗いて心が折れたのでそこで折り返してきました。

 その代わり時間が余ったのでワラジカケマツノ頭でのんびりして来ました。

 三国山から300m程度の場所で谷川連峰の大パノラマが見れるのですが、約3時間で1人しか訪れる人が居らず、とても静かな場所でした。

■ワラジカケマツノ頭から周囲をゆっくり眺める動画




■ワラジカケマツノ頭/次第に傾いていく残念なタイムラスプ




■登山口近くで雪解けの湧き水をただ眺めるだけの動画




■ワラジカケマツノ頭の360度パノラマ マウスでぐるぐる出来ます。(作成中)
訪問者数:240人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/7/14
投稿数: 2352
2019/5/7 17:29
 wらじかけまつ!
草鞋ね、掛ける松、ね。はいはい。
ようやく頭に入りました

サコさん、こんにちは!
名前がナンですが よい展望のお山ですね〜〜
平標方向の道がオイデオイデしてますが、かなり下るのかな
サコさんは自転車持ちなのだから、デポして行ってくれば良かったのに

いまどきはヤマビルもまだ出なさそうだし
いつか行ってみたいと思ったりしました!
登録日: 2010/10/17
投稿数: 212
2019/5/7 18:37
 Re: wらじかけまつ!
全部カタカナだと頭にスッと入ってこないですよね。

藁仕掛マツコデラックスの頭、です/嘘

目論見としては、黒金山も寄って、平標山の家まで行って、と盛りだくさんだったのですが、こんな日向ぼっこしにいったようなものになりました。

ワラ頭からの下りは自分はチェーンスパイクだとズルっと行きそうに思えたので、止めておきました。
ただ、雪の脇には笹が出てるのでそれを掴んで行けば降りれたと今は思います。

私、自転車は持って無いので、下山後はひたすら歩く戦略を立ててました(^.^)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ