また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1834080 全員に公開 山滑走剱・立山

20190505 立山山スキー4日目(国見岳)

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間19分
休憩
17分
合計
3時間36分
S雷鳥沢ヒュッテ08:3908:42雷鳥沢キャンプ場09:39みくりが池温泉09:4009:46みくりが池11:28国見岳11:4412:14室堂12:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報お風呂:今回はそのまま帰路に着いたが、
有峰林道ゲート前の亀谷温泉白樺ハイツがオススメ

装備

個人装備 長袖シャツ ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 バラクラバ 毛帽子 キャップ ザック 行動食 飲料 水筒(保温性) ライター コンパス ヘッドランプ 携帯 時計 サングラス カメラ ヘルメット スキーブーツ スキー クライミングスキン ゴーグル アイゼン スキーアイゼン ヒトココ ウィペット

写真

最終日の朝。
2019年05月05日 06:23撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終日の朝。
テントもまばらに。
2019年05月05日 07:04撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントもまばらに。
昨夜合流したm付近までさんを含め五人で出発。
2019年05月05日 08:35撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨夜合流したm付近までさんを含め五人で出発。
ブル道をシールハイク。
タンボ平経由で下山するMさんとお別れ。
2019年05月05日 08:51撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブル道をシールハイク。
タンボ平経由で下山するMさんとお別れ。
室堂山はピークを巻いて。
2019年05月05日 10:43撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂山はピークを巻いて。
国見岳へ。
2019年05月05日 10:56撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳へ。
少しリッジを歩いて。
2019年05月05日 11:24撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しリッジを歩いて。
国見岳山頂。
4日間で初めてのピーク。
2019年05月05日 11:30撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳山頂。
4日間で初めてのピーク。
室堂ターミナルテラスより。
2019年05月05日 12:16撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂ターミナルテラスより。
納得の一本。
2019年05月05日 12:17撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
納得の一本。
2

感想/記録

4日間の立山山スキーも最終日。

三泊お世話になった雷鳥ヒュッテをだらだらと8時半頃出発。
タンボ平経由で扇沢に下山するMさんと別れ、ブル道経由でみくりが池方面の遊歩道に乗り上げた。

室堂ターミナル前で小休止。
室堂山へ向かって斜面を登り、途中から右にトラバースして国見岳へ。
山頂へ続くリッジは担ぎで歩いた。

休憩後、山頂ルンゼを滑走。
中間部はそこそこの斜度だが、適度に緩んで納得の一本。
トラバースで室堂に戻る。

室堂からバスで下山。

(総括)
当初は、2日目に真砂沢、三日市町平蔵谷を滑降する計画だった。
現地の積雪状況、メンバーの体力を考慮して雷鳥沢ヒュッテ定着となった。
真砂沢くらいは行きたいと思っていた。
しかし、3日目、目の前でスキーヤーが滑落する瞬間に遭遇し、意識不明の遭難者を前に何もできなかった。
雪面の状態の判断を誤って無理をしていたら、自分達も事故を起こしたかもしれないと考えるとゾッとした。

今回の山行を含め、無事故でシーズンを終えることができてよかった。



訪問者数:139人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ