また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1834202 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

雨乞岳、御在所山(群界尾根)

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
武平峠西口駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間34分
休憩
40分
合計
7時間14分
S武平トンネル西登山口08:0208:30沢谷峠08:52沢谷ノ頭08:5309:30三人山10:07東雨乞岳10:0810:21雨乞岳10:42杉峠、西避難小屋10:4610:48杉峠10:4910:59杉峠の下のキャンプ適地11:0011:04御池鉱山旧跡11:41コクイ谷出合12:0112:14上水晶谷出合左岸分岐12:1512:18上水晶谷出合12:1912:55地獄谷出合13:21ハンバーガー岩13:2213:32国見峠13:3413:50御在所山 一等三角点13:5313:55御在所岳14:05御嶽大権現14:0614:38沢谷峠15:07武平トンネル西登山口15:1015:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 ヘッドランプ(1) 予備電池(1) 1/25 000地形図(1) 計画書(1) コンパス(1) 笛(1) 筆記具(1) 保険証(1) 雨具(1) 携帯電話(1) ストック(1) タオル(1) 手袋(1) ヘルメット(1) 防寒着(1) 水(2) 水筒(1) 時計(1) 非常食(1) 無線(1) ファーストエイドキット(1) ツエルト(1)

写真

沢谷峠は一般ルートと群界尾根が交差するので、道間違えをしないようにしましょう
2019年05月04日 08:28撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢谷峠は一般ルートと群界尾根が交差するので、道間違えをしないようにしましょう
踏み跡はしっかりあります。テープでの表示もそこそこです。
2019年05月04日 08:36撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡はしっかりあります。テープでの表示もそこそこです。
倒木で尾根芯が通れないので、少しだけ迂回します。
まっすぐ行かないように注意してください。
2019年05月04日 09:07撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木で尾根芯が通れないので、少しだけ迂回します。
まっすぐ行かないように注意してください。
イワウチワ
2019年05月04日 09:15撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウチワ
右ルートは三人山を踏まないトラバース道です。
少し先で合流します。
2019年05月04日 09:21撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右ルートは三人山を踏まないトラバース道です。
少し先で合流します。
東雨乞山頂直下から。
この角度からの鎌が岳が格好いい!
2019年05月04日 10:02撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東雨乞山頂直下から。
この角度からの鎌が岳が格好いい!
いつも強風の東雨乞ですが、今日は穏やかです
2019年05月04日 10:08撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも強風の東雨乞ですが、今日は穏やかです
1
雨乞岳からも鎌が岳が同じように見えます。
2019年05月04日 10:20撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞岳からも鎌が岳が同じように見えます。
1
雨乞岳山頂の池。なぜ山頂に池があるんでしょうね?
2019年05月04日 10:23撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞岳山頂の池。なぜ山頂に池があるんでしょうね?
1
杉峠まで下ってきました。
2019年05月04日 10:41撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉峠まで下ってきました。
小峠の下。このままコクイ谷出合まで左岸を歩くもよし。
※キャンプにも良さそうです。
2019年05月04日 11:25撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小峠の下。このままコクイ谷出合まで左岸を歩くもよし。
※キャンプにも良さそうです。
右岸に渡ってもよし。
2019年05月04日 11:28撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸に渡ってもよし。
コクイ谷出合。ここにあった橋は流されているので、愛知川を渡渉して左岸を歩くか、コクイ谷を渡渉して愛知川右岸へ這い上がります。
2019年05月04日 11:43撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コクイ谷出合。ここにあった橋は流されているので、愛知川を渡渉して左岸を歩くか、コクイ谷を渡渉して愛知川右岸へ這い上がります。
上水晶谷右岸の崩壊地。迂回するために一度左岸へ渡ります。
2019年05月04日 12:50撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上水晶谷右岸の崩壊地。迂回するために一度左岸へ渡ります。
地獄谷出合
2019年05月04日 12:54撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄谷出合
今日も御在所山頂は大賑わいでした
2019年05月04日 13:50撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も御在所山頂は大賑わいでした
この角度の鎌が岳は・・・
2019年05月04日 14:02撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この角度の鎌が岳は・・・
群界尾根は御在所大権現の裏側へ回り込みます
2019年05月04日 14:02撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群界尾根は御在所大権現の裏側へ回り込みます
尾根分岐を右へ。黄緑色のテープが目印です。
2019年05月04日 14:12撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根分岐を右へ。黄緑色のテープが目印です。
二重稜線は左側を下ります。
2019年05月04日 14:22撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二重稜線は左側を下ります。
尾根芯から左下の山腹を下ります。
ここでも黄緑色のテープが目印になりました。
2019年05月04日 14:32撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根芯から左下の山腹を下ります。
ここでも黄緑色のテープが目印になりました。
沢谷峠へ戻ってきました。道間違えしないようにね。
2019年05月04日 14:38撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢谷峠へ戻ってきました。道間違えしないようにね。
沢谷峠から御在所方面を見るとこんな感じ。
2019年05月04日 14:39撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢谷峠から御在所方面を見るとこんな感じ。
撮影機材:

感想/記録

武平峠から群界尾根で雨乞へ向かいました。登山口には多くの人が居ましたが、沢谷峠から群界尾根へ入ると、誰にも会わない静かな登山を楽しめます。
と、山ガール二人組が前を歩いていたので、『ここはバリルートですが、どこへ向かわれますか?』と尋ねてみると、「鈴鹿十座最後の雨乞へ行くのですが、ここは一般ルートではないのですか?」との回答。どうやら沢谷峠で間違えた模様で、「引き返します」とのこと。しばらくすると、前からテント泊装備の若い男性が。彼は鈴鹿セブンマウンテン縦走中とのことだったが、東雨乞山頂で下山方向を間違えて群界尾根へ入ってしまったようだ。
結局、道間違えした人としか会わずに三人山へ。
ここから少し下って東雨乞へ向かうのだが、この登りは何度来てもキツイ。
膝下位の笹薮の中にできた踏み跡をジワジワと登っていくと、視界が一気に広がる。振り返ると御在所や鎌が岳が一望できた。『うーん。この角度の鎌が岳は格好いい!』
東雨乞を踏んで、雨乞岳へ向かう。この辺りは、笹が方の高さまで伸びている。
雨乞では令和を祝う人の姿もありました。
雨乞から杉峠へ向かう道は笹が背丈を越える高さまで伸びており、傾斜も急なので滑らないように、慎重に・・・
杉峠からは快適な登山道を進みます。コクイ谷出合でお昼休憩を取り、上水晶谷出合から上水晶谷を遡上。先日訪れた国見峠を経て御在所山頂へ。やっぱり今日も大賑わいです。
大権現で登山の無事を祈願して、裏側から延びる群界尾根を下ります。
こちらもバリルートですが、踏み跡はしっかりしていました。途中の分岐も黄緑色のテープがよく目立ち、道迷いすることなく沢谷峠へ到着。
武平峠の手前で、今朝の山ガールに再開。無事に雨乞岳へ行けたようです(^^)
訪問者数:74人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ