また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1847457 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走剱・立山

雷鳥に遭遇した残雪の立山縦走

日程 2019年05月11日(土) 〜 2019年05月12日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
立山黒部アルペンルート 扇沢〜室堂 往復 9,050円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間0分
休憩
1分
合計
4時間1分
Sスタート地点09:2209:32みくりが池09:36みくりが池温泉09:3709:55雷鳥荘10:06雷鳥沢キャンプ場10:12浄土橋13:23剱御前小舎
2日目
山行
5時間20分
休憩
29分
合計
5時間49分
剱御前小舎06:4407:30別山南峰07:4408:35真砂岳08:5011:57立山室堂山荘12:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSがバッテリー切れになってしまったので、カメラによると室堂までの時間は
雄山 10:50
一ノ越山荘 11:51
コース状況/
危険箇所等
室堂〜別山乗越 つぼ足、ポール使用
※雷鳥沢左の斜面を登り、稜線に出る手前に右へ踏み跡があり注意が必要。稜線まで出て剱御前小舎に向かうルートをたどるが、左側は切れ落ちておりハイマツに足を取られないように注意が必要。
剱御前小舎から別山へは、小舎の裏手を登っていく。最初はつぼ足で歩き始めるが、別山直下は朝方雪が凍結している箇所がありアイゼンを装着した(中〜上級者であれば不要)。山頂からの下山では夏道が出ているため外す。これ以降、室堂まではノーアイゼンだったが、富士ノ折立〜雄山までは雪があるので心配ならばアイゼンを付けることを勧める。雄山〜一ノ越山荘までは雪はない。一ノ越山荘〜室堂までは全面雪。
その他周辺情報湯けむり屋敷薬師の湯(信濃大町) 700円→500円(特別優待キャンペーン 2019/5/7〜6/30)
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ハードシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ゲイター 毛帽子 ザック アイゼン ピッケル ビーコン 昼ご飯 行動食 非常食 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス ツェルト ナイフ カメラ ポール ヘルメット

写真

扇沢駐車場はとても空いていた。
2019年05月11日 05:22撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢駐車場はとても空いていた。
黒部湖駅でケーブルカーに乗る。
2019年05月11日 07:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部湖駅でケーブルカーに乗る。
ケーブルカー
2019年05月11日 08:20撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケーブルカー
やった室堂に到着。長かった。
2019年05月11日 09:20撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やった室堂に到着。長かった。
みくりが池温泉
2019年05月11日 09:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みくりが池温泉
雷鳥沢キャンプ場
2019年05月11日 10:07撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢キャンプ場
今回初めての雷鳥に遭遇
2019年05月11日 10:30撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回初めての雷鳥に遭遇
剱御前小舎
2019年05月11日 13:23撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱御前小舎
別山に向かう
2019年05月12日 06:52撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山に向かう
大汝休憩所
2019年05月12日 10:00撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝休憩所
一の越への下り
2019年05月12日 11:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の越への下り
一ノ越山荘
2019年05月12日 11:51撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ越山荘
立山雪の大谷
2019年05月12日 12:43撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山雪の大谷

感想/記録
by Zeus

GW10連休も終わったので残雪期の立山を縦走してきました。扇沢の無料駐車場に着いたのは5:30頃、4割ほどしか埋まっていなかったので余裕で車を停められました。
電気バスの始発は7:30で、多くの人が切符売り場に並んできましたが、15分ほどで買うことができました。トロリーバスから電気バスになって初めての立山黒部アルペンルート。電気バス、ケーブルカー、ロープウェー、トロリーバスを乗り継いで室堂に到着したのが9時30分頃でした。観光客は中国人など外国人がとても多いですが、日本人はスノーボーダーと山スキーヤーがほとんどで登山客はそれほど多くないという感じでした。室堂からは雪道で、つぼ足とダブルストックで歩きました。雷鳥沢キャンプ場はとても空いていたので、次回は雪上キャンプでゆっくりと過ごしてみたい。雷鳥沢からは急登で、雪崩を避けるため、左側の斜面を登り、稜線に出たら、小屋に至る尾根をたどります。
剱御前小舎まで来ると、迫力ある剱岳が眼前に迫ってきます。宿泊者は10人ほどととても空いていたので、私の部屋は貸し切り状態でした。景色を楽しみながらボイルしたチョリソーをつまみにビールを飲みました。消灯は8時で少し早い気がするけど、疲れていたのですぐに眠りにつきました。翌朝は6時に朝食を食べ、別山に向けて出発。つぼ足とWストックでした。所々凍結している箇所があり、頂上直下の登りは、ほかの登山者がアイゼンを装着していたので私も休憩がてらつけました。頂上は雪で覆われていましたが、下りは夏道が出ていたので、アイゼンを外し、これ以降、室堂まではアイゼンはつけませんでした。。心配な場合はつけた方がいいでしょう。雄山の登りで韓国人の団体20人ほどが下りてきたので待っていましたが、韓国人は譲るという文化がないのでしょうか?登山のマナーも身につけて日本に来てほしいと思った。雄山から一ノ越山荘までは夏道でしたが、山荘から室堂までは全面雪でした。せっかくこの時期に来たので雪の大谷を見てから帰路についた。



訪問者数:218人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ