また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1851757 全員に公開 ハイキング大峰山脈

大峰山 行者還トンネルから 弥山・八経ヶ岳・明星ヶ岳

日程 2019年05月17日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇り 時々 霧雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ヤマレコのレポートを参考に、行者還トンネル西口の500mくらい手前の道が広くなっている場所に駐車しました(無料)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間5分
休憩
13分
合計
5時間18分
Sスタート地点05:0605:15行者還トンネル西口05:57奥駈道出合06:14弁天ノ森07:44大峰山07:57明星ヶ岳08:0008:13大峰山08:2008:36弥山小屋09:05聖宝ノ宿跡09:22弁天ノ森09:2309:38奥駈道出合09:3910:18行者還トンネル西口10:1910:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特にありません。

写真

前日の夜車中泊。
この時期は、3シーズンシュラフをかけただけで寒いことはありませんでした。
2019年05月16日 22:53撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日の夜車中泊。
この時期は、3シーズンシュラフをかけただけで寒いことはありませんでした。
駐車場手前の道が広くなっている場所。特に駐車場という訳ではないようです。
2019年05月17日 05:07撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場手前の道が広くなっている場所。特に駐車場という訳ではないようです。
500mほど車道を歩くと登山口が。
2019年05月17日 05:16撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
500mほど車道を歩くと登山口が。
しばらく歩くと、こんな橋が。
なかなか趣があります。
2019年05月17日 05:19撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと、こんな橋が。
なかなか趣があります。
流れはとても澄んでいてキレイ
2019年05月17日 05:20撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流れはとても澄んでいてキレイ
1
東日本の山とは植生が違って山の雰囲気も違います。
2019年05月17日 05:31撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東日本の山とは植生が違って山の雰囲気も違います。
こちらが山上ヶ岳のようです。大峯奥駆道はかなりのロングトレイルですね。
2019年05月17日 05:40撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが山上ヶ岳のようです。大峯奥駆道はかなりのロングトレイルですね。
2
さすが古からの道ですね。歴史を感じさせます。
2019年05月17日 05:45撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすが古からの道ですね。歴史を感じさせます。
1
歩き始めからかなりの急登が続き、分岐に到着。
ココから急になだらかなお散歩道になりました。
2019年05月17日 05:57撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めからかなりの急登が続き、分岐に到着。
ココから急になだらかなお散歩道になりました。
弁天の森
雰囲気ありますね。
2019年05月17日 06:12撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弁天の森
雰囲気ありますね。
まさに古道といった感じ。
2019年05月17日 06:13撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさに古道といった感じ。
このあたりが一番雰囲気が味わえる場所です。
2019年05月17日 06:14撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりが一番雰囲気が味わえる場所です。
晴れてきましたよ。
2019年05月17日 06:32撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてきましたよ。
ここからが胸突き八丁の始まりだそうです。
2019年05月17日 06:36撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが胸突き八丁の始まりだそうです。
あれが弥山の山頂でしょうか。
2019年05月17日 06:58撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが弥山の山頂でしょうか。
小屋が見えました。
弥山小屋到着です。
2019年05月17日 07:13撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋が見えました。
弥山小屋到着です。
弥山の看板。
実は山頂はこの奥にありました。
2019年05月17日 07:14撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山の看板。
実は山頂はこの奥にありました。
1
奥の院です。
こちらが弥山の山頂です。
山の天気は分かりませんね。
さっきまで晴れていたのにガスに巻かれちゃいました。
2019年05月17日 07:16撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院です。
こちらが弥山の山頂です。
山の天気は分かりませんね。
さっきまで晴れていたのにガスに巻かれちゃいました。
1
弥山から一旦下って登り返すと八経ヶ岳山頂です。
2019年05月17日 07:41撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山から一旦下って登り返すと八経ヶ岳山頂です。
自撮りで記念撮影。
霧まじりの風が強く吹いていました。
霧が木々に当るって水滴になり頭上から降ってきます。
2019年05月17日 07:44撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自撮りで記念撮影。
霧まじりの風が強く吹いていました。
霧が木々に当るって水滴になり頭上から降ってきます。
2
ちょっと先まで足を延ばして、明星ヶ岳まで。
山頂への分岐は分かりずらいので注意が必要です。
2019年05月17日 08:00撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと先まで足を延ばして、明星ヶ岳まで。
山頂への分岐は分かりずらいので注意が必要です。
稜線からの分岐
2019年05月17日 09:39撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線からの分岐
汚れた靴を沢で洗いました。
今回もトレランシューズで登りましたが、テントを担がないなら登山靴より快適ですね。
2019年05月17日 10:16撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
汚れた靴を沢で洗いました。
今回もトレランシューズで登りましたが、テントを担がないなら登山靴より快適ですね。
もうすぐゴール
2019年05月17日 10:16撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐゴール
1
国道309号はこんな渓流沿いを走っています。
2019年05月17日 10:23撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道309号はこんな渓流沿いを走っています。
1
平日でしたが、路肩は3台ほど増えていました。
知らなかったので道路と平行に駐車しましたが、道路に向けて駐車するのがローカルルールだったのかもしれません。
2019年05月17日 10:24撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平日でしたが、路肩は3台ほど増えていました。
知らなかったので道路と平行に駐車しましたが、道路に向けて駐車するのがローカルルールだったのかもしれません。
下山すると青空が・・・
いつものパターンですね。
2019年05月17日 10:49撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山すると青空が・・・
いつものパターンですね。
他の方のヤマレコレポに酷道309号と書いてあって、最初は変換間違いかなと思いましたが、走って実感しました。
これは本当に酷い道です。特に夜中は緊張しました。
2019年05月17日 11:13撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
他の方のヤマレコレポに酷道309号と書いてあって、最初は変換間違いかなと思いましたが、走って実感しました。
これは本当に酷い道です。特に夜中は緊張しました。
2

感想/記録

出張のついでに百名山をやろうと決めて4回目です。今回は大阪出張のついでに、大峰山を歩いてきました。前夜、大阪駅でレンタカーを借りてそのまま登山口まで走って車中泊です。この時期、シュラフをかけただけで寒いことも無く朝まで眠れました。
残念なことにお天気は曇り。そして、部分的に湿り気のあるガスが吹き付けていて、体が濡れるほどでした。後で聞いたら、このあたりは割りとこんな感じの日が多いみたいです。
さすがに古からの道なのでよく整備されていて歩き易かったので、コースタイムよりだいぶ短い時間で降りてくることが出来ました。景色が見れればもっとゆっくりと歩いたんですが。
訪問者数:299人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ