また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1863420 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

皇海山(銀山平〜庚申山〜六林班峠周回)

日程 2019年05月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間40分
休憩
2時間0分
合計
11時間40分
Sかじか荘奥の駐車場04:1205:01一の鳥居05:1005:52猿田彦神社跡05:58庚申山荘06:1807:05庚申山07:1507:17庚申山展望台07:1907:40駒掛山08:04薬師岳08:1308:47鋸山08:5509:15不動沢のコル09:46皇海山09:5210:16不動沢のコル10:2210:53鋸山11:0811:56六林班峠12:0712:59休憩地点13:0813:55休憩地点14:0514:08天下の見晴分岐14:13天下の見晴14:1414:18天下の見晴分岐14:26庚申山荘14:31猿田彦神社跡15:02一の鳥居15:0615:52かじか荘奥の駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・斜面には残雪はないため、軽アイゼンは不要です。皇海山周辺に所々残っていますが、わずか数歩で通過できます。
・庚申山から鋸岳までは点線で、鎖場や梯子を使った上り下りがあります。ルートはほぼ明瞭で、北アルプスの実線ルートにある多くの鎖場と比較すると、あえて破線にする必要はないのかなと思いました。どちらかというと、長丁場のルートに安易に足を踏み入れないようにという配慮のように感じます。
・鋸山〜不動沢のコルは、浮石が多く、落石を起こさないように注意が必要です。
・鋸山〜六林班峠は、後半に笹薮が待っています。大人の背丈に近い笹薮を進むことになりますが、笹に折り癖が付いているので、かき分けるというよりは、踏みしめながら進むことになります。笹に隠れた倒木にスネをぶつけないように気を付けましょう。倒木本体に気を取られ、その枝にスネを強打してしまいました。
・六林班峠〜庚申山荘は、山と高原地図のコースタイムが極端に短くなっていますが、3時間半程度が妥当だと思います。むしろ、こちらの方が点線にした方が良いと思います。足元の笹が雨で濡れていると極端にグリップが悪くなるため、雨や降雨直後に歩くことは避けた方が無難です。また、トレースが平たんではなく斜めとなっているため、ストックに頼って歩くことは非常に困難です。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ゴアテックス雨具上下 防寒着(薄手フリース) グローブ ズボン タイツ 手拭い 厚手靴下 登山靴(Goro S-8) ザック ザックカバー 非常食 飲料(ポカリ2.5L) 山と高原地図 1万分の1地形図 コンパス ヘッドライト サングラス 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯(GPS) デジカメ 軽アイゼン ヘルメット ツェルト 熊鈴 ラジオ 粉ポカリ2袋 ファーストエイドキット(絆創膏・包帯・テーピング・湿布・カイロ・痛み止め・抗ヒスタミン剤)

写真

かじか荘までの間に、鹿と出くわすこと4度。車が向かう方向に突き進んでくる場合があるので、要注意です。危なかった。
2019年05月25日 04:13撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かじか荘までの間に、鹿と出くわすこと4度。車が向かう方向に突き進んでくる場合があるので、要注意です。危なかった。
1時間弱、こんな林道を歩きます。山側からの落石に要注意です。
2019年05月25日 04:34撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間弱、こんな林道を歩きます。山側からの落石に要注意です。
一の鳥居に到着して、朝食のおにぎりをほおばります。すぐ横に水場がありました。
2019年05月25日 05:01撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の鳥居に到着して、朝食のおにぎりをほおばります。すぐ横に水場がありました。
庚申山荘で朝ご飯とトイレを済ませ、いざ、庚申山へ。
2019年05月25日 05:58撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
庚申山荘で朝ご飯とトイレを済ませ、いざ、庚申山へ。
六林班峠の先まで水場がないので、ここまで飲んだ分を給水します。暑くなる予報なので、2.5リットルを持ち歩きます。
2019年05月25日 06:21撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六林班峠の先まで水場がないので、ここまで飲んだ分を給水します。暑くなる予報なので、2.5リットルを持ち歩きます。
下がえぐられていて、スリリングです。
2019年05月25日 06:45撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下がえぐられていて、スリリングです。
庚申山に到着。
2019年05月25日 07:06撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
庚申山に到着。
庚申山のすぐ西側に展望スポットがありました。山頂ではなく、ここで休憩すれば良かったかな。
2019年05月25日 07:17撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
庚申山のすぐ西側に展望スポットがありました。山頂ではなく、ここで休憩すれば良かったかな。
目指す皇海山が見えました。まだまだ先は長い。
2019年05月25日 07:18撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す皇海山が見えました。まだまだ先は長い。
日光白根山かな。
2019年05月25日 07:18撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光白根山かな。
うっすらとコースが見えています。複数ルートに分かれるところもありますが、尾根通しか若干巻き気味かの違いだけで、後で合流します。
2019年05月25日 07:31撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすらとコースが見えています。複数ルートに分かれるところもありますが、尾根通しか若干巻き気味かの違いだけで、後で合流します。
これが鋸山の岩場か。左にトラバースして梯子で登る感じ。
2019年05月25日 08:24撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが鋸山の岩場か。左にトラバースして梯子で登る感じ。
岩場を苦手そうにされている先行者の方、無事に下山できただろうか。
2019年05月25日 08:25撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を苦手そうにされている先行者の方、無事に下山できただろうか。
無理に切れ落ちた先を降りる必要はなく、鎖を持ち上げて、左側の尾根状の部分を降りれば良いです。
2019年05月25日 08:25撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無理に切れ落ちた先を降りる必要はなく、鎖を持ち上げて、左側の尾根状の部分を降りれば良いです。
少し不安定な脚立と、少し固定が不安な虎ロープ。あまり信用しないようにして先に進みます。
2019年05月25日 08:31撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し不安定な脚立と、少し固定が不安な虎ロープ。あまり信用しないようにして先に進みます。
林道からほぼご一緒させていただいた方。後ろ姿が凛々しいですね。
2019年05月25日 08:37撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道からほぼご一緒させていただいた方。後ろ姿が凛々しいですね。
1
登って降ります。
2019年05月25日 08:38撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って降ります。
鋸山。ここからの景色は最高です。
2019年05月25日 08:48撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸山。ここからの景色は最高です。
鋸山を振り返って。綺麗な鋭鋒ですね。
2019年05月25日 09:08撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸山を振り返って。綺麗な鋭鋒ですね。
ごめんなさい。ごめんなさい。
2019年05月25日 09:16撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごめんなさい。ごめんなさい。
残雪が少しだけありますが、数歩で通過できます。
2019年05月25日 09:21撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪が少しだけありますが、数歩で通過できます。
皇海山到着です。
2019年05月25日 09:47撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皇海山到着です。
鋸山を登り返します。登っている途中、不動沢の方から大きな落石。それも、人が巻き込まれたら即死級の凄まじい音がしました。人の叫び声などはなかったので、ルートから外れた沢筋だったようですが、恐ろしい音でした。
2019年05月25日 10:24撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸山を登り返します。登っている途中、不動沢の方から大きな落石。それも、人が巻き込まれたら即死級の凄まじい音がしました。人の叫び声などはなかったので、ルートから外れた沢筋だったようですが、恐ろしい音でした。
鋸山で再び休憩します。ここからの展望はとにかく素晴らしいです。
2019年05月25日 10:53撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸山で再び休憩します。ここからの展望はとにかく素晴らしいです。
六林班峠は左奥の低くなっているところです。地図を見るとずっと尾根通しなので、特に不安もなく降りていきます。
2019年05月25日 11:08撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六林班峠は左奥の低くなっているところです。地図を見るとずっと尾根通しなので、特に不安もなく降りていきます。
序盤は笹の背丈も低く、快適に下ることができます。
2019年05月25日 11:09撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤は笹の背丈も低く、快適に下ることができます。
少し、笹の背丈が高くなってきましたが、まだまだ平気です。
2019年05月25日 11:20撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し、笹の背丈が高くなってきましたが、まだまだ平気です。
藪が更に濃くなってきました。折り癖が付いているのでうっすらとルートが分かります。足元の倒木に気を付けながら進みます。
2019年05月25日 11:27撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪が更に濃くなってきました。折り癖が付いているのでうっすらとルートが分かります。足元の倒木に気を付けながら進みます。
笹の下に倒木が隠れているのが厄介です。倒木は丸太ではないんです。倒木の枝に脛をぶつけました。痛い・・・。
2019年05月25日 11:31撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹の下に倒木が隠れているのが厄介です。倒木は丸太ではないんです。倒木の枝に脛をぶつけました。痛い・・・。
巨大な倒木をよじ登って先に進みます。
2019年05月25日 11:33撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大な倒木をよじ登って先に進みます。
六林班峠に到着。自分としては、ここからが本日のメインイベント。歩きにくいという巻道、2時間半と予測しましたが、いったい、どれぐらいかかるだろう。
2019年05月25日 11:57撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六林班峠に到着。自分としては、ここからが本日のメインイベント。歩きにくいという巻道、2時間半と予測しましたが、いったい、どれぐらいかかるだろう。
同じような沢を何度も何度も横断します。水に困らないのは安心です。
2019年05月25日 12:27撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じような沢を何度も何度も横断します。水に困らないのは安心です。
何個目の沢だろう。同じような風景が続きます。水の補給には苦労しませんが、さすがに飽きてきた。
2019年05月25日 13:00撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何個目の沢だろう。同じような風景が続きます。水の補給には苦労しませんが、さすがに飽きてきた。
傾斜していて歩きにくい。掴める背丈の笹が、逆に欲しいと思った瞬間でした。
2019年05月25日 13:50撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜していて歩きにくい。掴める背丈の笹が、逆に欲しいと思った瞬間でした。
地図にあるカラマツ林に到着。ここまで来たら天下の見晴への分岐はもうすぐなはず。
2019年05月25日 14:05撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図にあるカラマツ林に到着。ここまで来たら天下の見晴への分岐はもうすぐなはず。
見晴しが良いとなれば行ってみよう。
2019年05月25日 14:07撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴しが良いとなれば行ってみよう。
天下の見晴から振り返ると、カラマツ林が特異な感じに見えます。
2019年05月25日 14:13撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天下の見晴から振り返ると、カラマツ林が特異な感じに見えます。
庚申山荘。宿泊の方がおられるようで、話し声が聞こえていました。
2019年05月25日 14:26撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
庚申山荘。宿泊の方がおられるようで、話し声が聞こえていました。
朝よりも、緑が濃くなった気がします。
2019年05月25日 14:36撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝よりも、緑が濃くなった気がします。
一の鳥居。戻ってきた。といってもあと1時間弱、苦手な林道歩きが待っています。
2019年05月25日 15:05撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の鳥居。戻ってきた。といってもあと1時間弱、苦手な林道歩きが待っています。
長かった・・・。
2019年05月25日 15:52撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長かった・・・。
かじか荘のお風呂にお世話になりました。
2019年05月25日 17:55撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かじか荘のお風呂にお世話になりました。
鉄分を少し補給。
2019年05月25日 18:24撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄分を少し補給。
訪問者数:310人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ