また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1864536 全員に公開 山滑走富士・御坂

富士山(須走口からお鉢巡り・お釜途中まで)

日程 2019年05月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■駐車場:須走口駐車場に駐車(かなりの台数が停めれそうです)
■アクセス:富士あざみラインは夜間も通行できます。5合目のトイレはまだ使用できないのですが、お店のトイレは有料で使用できるようです(夜間の使用可否は不明)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間46分
休憩
47分
合計
9時間33分
S須走口 五合目05:3205:36古御嶽神社06:03須走口下山道 砂払五合目06:0408:02須走口登山道 七合目08:0909:06須走口登山道 本七合目09:0911:00須走口・吉田口登山道 九合目11:0311:35久須志岳11:4511:50金明水11:5112:05西安河原12:25富士山12:4412:54三島岳13:00御殿場口頂上13:05朝日岳13:10伊豆岳13:1313:16成就岳13:22久須志岳15:05須走口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■須走口〜富士国有林標識(この時期はない?):樹林を歩きますが、階段等あり歩き易いです。雪はありません。
■富士国有林標識〜砂払い五合目:少しずつ砂礫の登山道となりますが、まだ歩きやすいほうです。少しずつひらけてくるので、暑くなってきます。雪はありません。
■砂払い五合目〜七合目・太陽館:少しずつ雪が出てくるのですが、つながっていないため夏道の砂礫の登山道を歩きます。かなり足を取られるので結構キツかったです。ここはまだトレランシューズでがんばりましたが、軽登山靴の方が歩きやすいかもしれません。
■七合目・太陽館〜久須志岳:雪はつながっています。斜度もそこまできつくないので、雪の状態によってはシール登高も可能だと思います。私はスノーボード引っ張り+アイゼンで登りました。雪はかなり緩んでおり足を取られました。
■久須志岳〜小内院:ほとんど雪は融けており、大部分は夏道ですが、小内院は雪が残っています。今回は行きませんでしたが、白山岳も雪は融けていました。
■小内院〜剣ヶ峰:完全に雪道です。今回は、雪も緩んでいたので、剣ヶ峰の登りのみアイゼンを使いました。ただ、剣ヶ峰の登りもステップ等十分あったので特に危険な感じもしませんでした。
■剣ヶ峰〜お釜滑走:雪は十分緩んでおり、ルートを熟知していればどこからでもドロップ可能そうでした。今回は体力的にも完全に底まで滑るのは難しそうだったので、少し滑るのに留めました…
■剣ヶ峰〜銀明館(御殿場頂上):雪の上を歩きます。特に危険な箇所もありません。
■銀明館(御殿場頂上)〜久須志岳:大部分が夏道でした。雪もかなり融けており、成就岳手前に少し残っていましたが、ステップも十分あり、ツボで問題ありませんでした。
■久須志岳〜雪渓末端(2760m):上部は比較的滑りやすかったものの、下部は大雨の影響かかなり凹凸があり、厳しい状況でした。
■雪渓末端(2760m)〜ブル道:特に道はありませんが、GPS等で確認し、下りました。砂礫の足場も、下りなら特に問題はありませんでした。
■ブル道下山:長靴推奨だと思います(出来ればスパイク付き?)除雪されたばかりのところはぐちゃぐちゃで靴が砂だらけになりました…下部は比較的歩きやすかったものの出、正直この時期は普通に夏道尾根を戻っても良いのかもしれません。
その他周辺情報■温泉:御胎内温泉健康センター 大人:700円 比較的空いており、まあまあ良かったです。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック(ウィペット) ナイフ カメラ アイゼン

写真

須走口からスタートです。まずは夏道へ向かいます。
2019年05月25日 05:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
須走口からスタートです。まずは夏道へ向かいます。
夏道入り口の通行止めゲート。
2019年05月25日 05:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道入り口の通行止めゲート。
古御岳神社を通ります。
2019年05月25日 05:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古御岳神社を通ります。
すぐに分岐があり、左に折れます。どうもこれは通常の下りルートのようです。
2019年05月25日 05:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに分岐があり、左に折れます。どうもこれは通常の下りルートのようです。
少しひらけてくると富士山が姿を現しました。
2019年05月25日 05:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しひらけてくると富士山が姿を現しました。
少し登ると山中湖が見えてきます。
2019年05月25日 05:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登ると山中湖が見えてきます。
砂払い五合目に到着。まだまだ先は長そうです。
2019年05月25日 06:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂払い五合目に到着。まだまだ先は長そうです。
標高2400mあたりから雪が出てきますが、なんとかトレランシューズでクリアしていきます。
2019年05月25日 06:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2400mあたりから雪が出てきますが、なんとかトレランシューズでクリアしていきます。
少しずつ砂礫に足を取られ登りにくくなってきました。
2019年05月25日 06:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しずつ砂礫に足を取られ登りにくくなってきました。
新六合目が見えて来ました。
2019年05月25日 06:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新六合目が見えて来ました。
標高2600mあたりから雪は出てくるのですが、つながってはなさそうです。早く雪の上に上がりたいのですが…
2019年05月25日 06:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2600mあたりから雪は出てくるのですが、つながってはなさそうです。早く雪の上に上がりたいのですが…
七合目・太陽館に到着。
2019年05月25日 08:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目・太陽館に到着。
標高3000m手前の七合目・太陽館のすぐ上で雪がつながったのでここからスノーボードブーツ+アイゼンに切り替えます。
2019年05月25日 08:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高3000m手前の七合目・太陽館のすぐ上で雪がつながったのでここからスノーボードブーツ+アイゼンに切り替えます。
1
本七合目の横を通ります。
2019年05月25日 08:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本七合目の横を通ります。
所々岩が出ていますが、避けながら標高を上げます。
2019年05月25日 09:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々岩が出ていますが、避けながら標高を上げます。
1
引っ張りモードで標高をあげます。随時、下の東富士演習場の音が凄い…
2019年05月25日 09:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引っ張りモードで標高をあげます。随時、下の東富士演習場の音が凄い…
2
本八合目の富士山ホテルが見えて来ました。
2019年05月25日 09:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本八合目の富士山ホテルが見えて来ました。
1
河口湖が見えて来ました。標高が上がるにつれ少しずつ傾斜が出てきたような気がします。
2019年05月25日 09:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河口湖が見えて来ました。標高が上がるにつれ少しずつ傾斜が出てきたような気がします。
1
雪渓を直登しますが、雪がグズってきており、足を取られキツかったです。
2019年05月25日 10:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓を直登しますが、雪がグズってきており、足を取られキツかったです。
1
九合目の鳥居が見えて来ました。
2019年05月25日 10:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目の鳥居が見えて来ました。
1
九合目付近からの久須志岳。あと少しなのですが、なかなか辿り着けない…
やはり空気が薄いことが影響しているのかもしれません。
2019年05月25日 11:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目付近からの久須志岳。あと少しなのですが、なかなか辿り着けない…
やはり空気が薄いことが影響しているのかもしれません。
1
久須志神社手前の登り。所々雪が融けています。
2019年05月25日 11:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久須志神社手前の登り。所々雪が融けています。
何とか久須志岳に到着。既に、虫の息ですが、呼吸を整えお鉢巡りへ。
2019年05月25日 11:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか久須志岳に到着。既に、虫の息ですが、呼吸を整えお鉢巡りへ。
1
お鉢巡り中、小内院のあたりからの剣ヶ峰。
2019年05月25日 11:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お鉢巡り中、小内院のあたりからの剣ヶ峰。
1
剣ヶ峰へは、手前の雪がつながっているところを登りました。その先はは岩場ですが、しっかりしており歩きやすかったです。ただ、ルートがどうなっているのかはよく分からず、観測所の中を通るような感じで剣ヶ峰へ行ったので、夏は違うルートなのかもしれません。
2019年05月25日 12:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰へは、手前の雪がつながっているところを登りました。その先はは岩場ですが、しっかりしており歩きやすかったです。ただ、ルートがどうなっているのかはよく分からず、観測所の中を通るような感じで剣ヶ峰へ行ったので、夏は違うルートなのかもしれません。
剣ヶ峰に到着。結構賑わっていたので、写真はこれだけです。
2019年05月25日 12:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰に到着。結構賑わっていたので、写真はこれだけです。
4
剣ヶ峰からお鉢へ向かって少し滑走。先が見えなかったので、安全コースで右にトラバースして行けそうなところから落としました。
2019年05月25日 12:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰からお鉢へ向かって少し滑走。先が見えなかったので、安全コースで右にトラバースして行けそうなところから落としました。
1
ボードを担いだままのお鉢巡りは結構キツかったものの、何とか再び須走頂上に戻って来ました。
2019年05月25日 13:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボードを担いだままのお鉢巡りは結構キツかったものの、何とか再び須走頂上に戻って来ました。
須走コースへの戻りは、本当は成就岳手前の沢から滑りたかったのですが、砂礫の下りが嫌らしく、ご安全コースで登山道側からトラバースする形でエントリーしました。2760m辺りまで雪はつながっていましたが、下部は凹凸が激しく、少々滑りにくかったです。
2019年05月25日 13:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
須走コースへの戻りは、本当は成就岳手前の沢から滑りたかったのですが、砂礫の下りが嫌らしく、ご安全コースで登山道側からトラバースする形でエントリーしました。2760m辺りまで雪はつながっていましたが、下部は凹凸が激しく、少々滑りにくかったです。
2
ブル道の下りは結構修行でした…
特に雪が残っている中間付近はトレランシューズじゃ濡れたりしてキツかったです。
2019年05月25日 14:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブル道の下りは結構修行でした…
特に雪が残っている中間付近はトレランシューズじゃ濡れたりしてキツかったです。
無事、駐車場に戻って来ました。結構観光の方が多くびっくりしました。
2019年05月25日 15:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、駐車場に戻って来ました。結構観光の方が多くびっくりしました。
訪問者数:292人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン GPS 雪渓 直登 クリ トラバース
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ