また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1867874 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

牛奥ノ雁ヶ腹摺山〜大菩薩嶺:久々に友人と

日程 2019年05月26日(日) [日帰り]
メンバー
 apfelsine(CL)
, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間18分
休憩
57分
合計
7時間15分
Sすずらん昆虫館前08:4510:12牛奥ノ雁ヶ腹摺山10:1510:44小金沢山10:4911:41石丸峠11:4612:00熊沢山12:15大菩薩峠12:4613:31大菩薩嶺13:3414:30丸川峠14:4016:00雲峰寺駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

牛奥ノ雁ヶ腹摺山まであとちょっと
2019年05月26日 10:03撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛奥ノ雁ヶ腹摺山まであとちょっと
3
午前中は富士山がクッキリ見えました
2019年05月26日 10:04撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中は富士山がクッキリ見えました
3
雪がだいぶ減ったなぁ
2019年05月26日 10:04撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がだいぶ減ったなぁ
3
ちょっと面白い景色
2019年05月26日 10:06撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと面白い景色
2
牛奥ノ雁ヶ腹摺山に到着
2019年05月26日 10:12撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛奥ノ雁ヶ腹摺山に到着
続いて小金沢山
2019年05月26日 10:44撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて小金沢山
この景色が大好きなのです
2019年05月26日 11:20撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この景色が大好きなのです
3
いつ来てもいいところ
2019年05月26日 11:25撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつ来てもいいところ
1
この主脈,たまらない!
2019年05月26日 11:56撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この主脈,たまらない!
3
大菩薩峠に到着(ちょっと斜めった)
2019年05月26日 12:15撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩峠に到着(ちょっと斜めった)
3
午後になってだいぶ霞んでしまった
2019年05月26日 13:11撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後になってだいぶ霞んでしまった
1
大菩薩嶺(4度目)
2019年05月26日 13:31撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺(4度目)
3
丸川峠へ下ります.苔の森も良い
2019年05月26日 13:41撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸川峠へ下ります.苔の森も良い
アカヤシオがまだちょっとあった!
2019年05月26日 14:43撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオがまだちょっとあった!
2
ヤマツツジも(こっちの方が多かった)
2019年05月26日 15:20撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジも(こっちの方が多かった)
2

感想/記録

いつもは大体1人で山歩きしますが,今日は久々に友人と予定があったので2人で大菩薩嶺へ.友人からは「大菩薩嶺に行きたい」というリクエストだけもらって,私がコース決め.裂石から周回が定番だと思うのですが,「それだとつまんないなぁ.小金沢山連峰主脈の素晴らしさを伝えたいなぁ」と思いこのコースを選定.山歩きはほぼ2年ぶりという友人にはちょっときつかったようです...(コース作り,張り切りすぎた!!)

〇すずらん昆虫館〜牛奥ノ雁ヶ腹摺山
バスを降りたら,すぐ目の前の登山口から早速出発.「うわー久々だ」と友人,歩き始めから予想以上にペースが上がらない.2年前に何名かで立山に行ったときは,テンション上がって超ハイペースだった友人なので,そのイメージで今日のコースを選定したが大丈夫だったかしら?と序盤から心配になる.でも帰りのバスまでにはかなり余裕がある予定で組んだから全然大丈夫(とこの時は思っていた).
久々だという友人を急かしてもしょうがないので,私はいつも以上に周りの景色を楽しみながら登ることにした.知っている限りの知識を解説しながら歩いてたら,「ガイドみたい」と言われた(笑)
すずらん昆虫館からのコースは初めて.やっぱり主脈稜線は素晴らしい!牛奥ノ雁ヶ腹摺山手前の立ち枯れた木々が不思議な景色を醸し出していた.富士山はくっきり(これだけでも今日このコースに行った甲斐があった).

〇牛奥ノ雁ヶ腹摺山〜熊沢山〜大菩薩峠
小金沢山までの稜線の景色や石丸峠の辺りの景色には,友人も「これはいい!」と気に入ってくれたようだったけど,徐々に疲労がたまってきた印象.「熊沢山を越えれば,気持ち的にはほぼヤマ場は超えた感じ」と励まして大菩薩峠を目指す.

〇大菩薩峠〜大菩薩嶺
大菩薩峠でちょっとゆったりお昼休憩.遅めのお昼だったからか,大菩薩峠は思っていたほどには混んでいなかった.やはりこの時期は空気の水分含有量が多いようで,午後には富士山が霞んであまり見えなくなっていた.
予め「大菩薩嶺は眺望ない」と伝えておいたけど,やっぱりちょっと拍子抜けした様子の友人.証拠写真を撮ったらあとはひたすら(約1000m分)下るだけ.実は石丸峠と大菩薩峠で「エスケープする?」と聞いてたのですが,大菩薩嶺に行ったことがない友人は是非百名山に行きたいと思っていたようだし,まだその時は体力があったので「エスケープしない!」と言っていたんですが... 丸川峠に下る途中からさらにペースダウン.かなり疲労がたまっていたようです.
丸川峠でちょっと休憩して再出発.バスの時間までギリギリ.頑張って下る友人に「1本後のバスにしよう」と言うべきか,そんなこと言ったら頑張っているのに水を差してしまうかも?とも思い,様子を見ながら可能な限りペースを上げて下山.かなりギリギリの疲労度だった様子.道路に出た瞬間かなりホッとした様子でした.何とかバスに間に合った.

〇まとめ(反省)
事前に「このコースでどう?」と総距離・累積標高(登り&下り)を伝えていたけど,2年ぶりの山歩きだった友人にはそれがどれぐらいのしんどさかイメージがつかなかったんだろう(と後で分かった).結果的には「リハビリハイク」ではなく,スパルタコースを押し付けてしまったようで申し訳なかったと反省.次からは友人をガイド(?)するときには,もっともっと余裕を(これでもか!というぐらいに)持たせて計画しよう(帰り道に「疲れたけど満喫した」と言ってもらえたのがせめてもの救い).
訪問者数:261人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テン 累積標高 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ