また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1868837 全員に公開 ハイキング石鎚山

土小屋登山口から,石鎚山へ

日程 2019年05月27日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候朝から曇った石鎚。ときどき薄日は差すも風は強い。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
岡山より瀬戸大橋を越えて,松山道を西条で下りる。寒風山トンネルを抜けてUFOラインを経由して土小屋着。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間16分
休憩
1時間25分
合計
4時間41分
S土小屋04:5405:50東稜分岐06:13二の鎖下06:2906:32二ノ森・面河渓方面分岐06:3806:40三ノ鎖(下)06:4106:52石鎚山・弥山07:0107:11石鎚山07:2107:26石鎚山・弥山07:5507:56三ノ鎖(下)08:0008:00二ノ森・面河渓方面分岐08:0608:09二の鎖下08:1008:38東稜分岐08:3909:33土小屋09:3509:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
土小屋からの登山道は,二ノ鎖下の休憩所まで比較的平行移動なので,西之川より上がるルートよりは楽か。こっちのコースは,試しと一の鎖はありません。
コース状況/
危険箇所等
よく整備された登山道。雨が降ってたら滑りそう。
その他周辺情報土小屋には宿舎がある。駐車場には立派なトイレに東屋もある。楽しい夜を過ごせます!
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

昨日の夜は,土小屋の東屋を貸し切りで友達と小宴会。すっかりできあがってしまった。朝起きたら,ものすごい朝焼け。明日は間違いなく雨だ。
2019年05月27日 04:49撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日の夜は,土小屋の東屋を貸し切りで友達と小宴会。すっかりできあがってしまった。朝起きたら,ものすごい朝焼け。明日は間違いなく雨だ。
5
土小屋登山口,石鎚神社土小屋遙拝殿にお参り。今日の安全祈願。
2019年05月27日 04:55撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土小屋登山口,石鎚神社土小屋遙拝殿にお参り。今日の安全祈願。
1
今日はこちらから登る。平行移動基調なんで,西之川よりは楽だろう。
2019年05月27日 04:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はこちらから登る。平行移動基調なんで,西之川よりは楽だろう。
崖上の道には立派な木道。よく手入れされた道が続く。ブナ林の新緑が鮮やかな自然豊かな道。
2019年05月27日 05:17撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崖上の道には立派な木道。よく手入れされた道が続く。ブナ林の新緑が鮮やかな自然豊かな道。
帰路に撮影した花。ワチガイソウかな?群生してた。石鎚は花はちょっぴり少なめ。
2019年05月27日 08:15撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路に撮影した花。ワチガイソウかな?群生してた。石鎚は花はちょっぴり少なめ。
2
1677mピーク手前の休憩地付近から。ウラジロモミの間に,石鎚山のご神体が出現。ごつごつしてる。
2019年05月27日 05:26撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1677mピーク手前の休憩地付近から。ウラジロモミの間に,石鎚山のご神体が出現。ごつごつしてる。
1
土小屋方面を振り返る。岩黒山のとんがりピークが見える。地味だけど,大山よりも高い。
2019年05月27日 05:31撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土小屋方面を振り返る。岩黒山のとんがりピークが見える。地味だけど,大山よりも高い。
二ノ鎖元小屋に到着。石段を上がると立派な休憩所やトイレ。平日で,早いスタートでもあり,どこもかしこも貸し切り状態。
2019年05月27日 06:15撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ鎖元小屋に到着。石段を上がると立派な休憩所やトイレ。平日で,早いスタートでもあり,どこもかしこも貸し切り状態。
夜明け峠,前社森の向こうに成就社の建物。あっちの方がアップダウンがあってキツかった。
2019年05月27日 06:16撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け峠,前社森の向こうに成就社の建物。あっちの方がアップダウンがあってキツかった。
瓶が森に薄日が差す。ピーカンもよいが,空の色が幻想的なこっちもなかなか。
2019年05月27日 06:19撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瓶が森に薄日が差す。ピーカンもよいが,空の色が幻想的なこっちもなかなか。
2
バイオトイレ。お借りしました。
2019年05月27日 06:22撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイオトイレ。お借りしました。
1
ということで,二ノ鎖からチャレンジ。当然,つかんで登るような運動をふだんやってないのでしんどい。友達はスルスル登っていく。
2019年05月27日 06:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ということで,二ノ鎖からチャレンジ。当然,つかんで登るような運動をふだんやってないのでしんどい。友達はスルスル登っていく。
3
この辺りからアケボノツツジが姿を現す。ちらちら咲いてるのもまたいい。しかし,鎖を上りきるまで余裕はなし。
2019年05月27日 06:33撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからアケボノツツジが姿を現す。ちらちら咲いてるのもまたいい。しかし,鎖を上りきるまで余裕はなし。
3
二ノ鎖を上りきる。真横には山頂が迫ってきている。今日は風が強いので,天狗に行けるか?
2019年05月27日 06:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ鎖を上りきる。真横には山頂が迫ってきている。今日は風が強いので,天狗に行けるか?
3
土小屋が小さくなった。だいぶ上がってきた。
2019年05月27日 06:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土小屋が小さくなった。だいぶ上がってきた。
三ノ鎖にチャレンジ。途中でちょっと休憩できるところがあるので,下を振り返ると...。下からは鎖の長さが分からず,どこまで続いているのか見当がつかなかった。鎖が岩から浮き上がっている場所は,足の置き場に困ったが,弥山はもうすぐ。
2019年05月27日 06:52撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ鎖にチャレンジ。途中でちょっと休憩できるところがあるので,下を振り返ると...。下からは鎖の長さが分からず,どこまで続いているのか見当がつかなかった。鎖が岩から浮き上がっている場所は,足の置き場に困ったが,弥山はもうすぐ。
4
弥山の社殿の裏によじ登った。石鎚の鎖場でエネルギーを使い果たす...。
2019年05月27日 06:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山の社殿の裏によじ登った。石鎚の鎖場でエネルギーを使い果たす...。
2
風はちょっと強いが,吹き飛ばされるほどではない。予定通り天狗岳へ。高度感すげー。今日は天狗に向かう人はゼロ。貸し切り状態のピークでゆったり。
2019年05月27日 06:56撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風はちょっと強いが,吹き飛ばされるほどではない。予定通り天狗岳へ。高度感すげー。今日は天狗に向かう人はゼロ。貸し切り状態のピークでゆったり。
4
岩の間にマイズルソウが群生。途中は花は少なかったが,天狗岳への稜線にはイワカガミも咲いていた。
2019年05月27日 06:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の間にマイズルソウが群生。途中は花は少なかったが,天狗岳への稜線にはイワカガミも咲いていた。
2
そして,アケボノツツジ。これが見たかった。山のてっぺんの花は,まだ保存されてた。
2019年05月27日 07:04撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして,アケボノツツジ。これが見たかった。山のてっぺんの花は,まだ保存されてた。
3
ナイフリッジも木が生えていると怖くない。安心して歩ける。
2019年05月27日 07:04撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジも木が生えていると怖くない。安心して歩ける。
2
てんぐ〜。
2019年05月27日 07:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
てんぐ〜。
4
アケノボツツジをアップで。花はそろそろ終わりかけだった。何とか間に合った。
2019年05月27日 07:16撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アケノボツツジをアップで。花はそろそろ終わりかけだった。何とか間に合った。
1
ピークを踏んだので,弥山に戻る。なぜ,こんな上の方にマークが?そのまま行くと...。
2019年05月27日 07:17撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークを踏んだので,弥山に戻る。なぜ,こんな上の方にマークが?そのまま行くと...。
1
切れ落ちエリア。ぞわぞわする。
2019年05月27日 07:18撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切れ落ちエリア。ぞわぞわする。
1
弥山より二ノ森方面。駐車場で会った方が,「もう年だから,二ノ森に行くのは最後にしようと思ってる」と話していた。それでも,土小屋からあそこまで歩くとは,十分健脚だ。
2019年05月27日 07:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山より二ノ森方面。駐車場で会った方が,「もう年だから,二ノ森に行くのは最後にしようと思ってる」と話していた。それでも,土小屋からあそこまで歩くとは,十分健脚だ。
1
弥山より。天狗の下に土小屋が見える。今日のルートもおもしろかった。
2019年05月27日 07:31撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山より。天狗の下に土小屋が見える。今日のルートもおもしろかった。
弥山山頂の山座同定盤を見ると,四国の高い山々が東に連なっているのが分かる。赤石山系の山に遙か遠くに,剣山や三嶺のシルエットが見える。大山や久住の山々も見えるらしい。
2019年05月27日 07:49撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山山頂の山座同定盤を見ると,四国の高い山々が東に連なっているのが分かる。赤石山系の山に遙か遠くに,剣山や三嶺のシルエットが見える。大山や久住の山々も見えるらしい。
1
名残はつきないが,山頂を後にする。巻き道の鉄製階段を下る。なんで下りの谷側は,手すりがついていないのか?
2019年05月27日 08:06撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残はつきないが,山頂を後にする。巻き道の鉄製階段を下る。なんで下りの谷側は,手すりがついていないのか?
1
二ノ鎖元休憩所から,土小屋方面へ。ここから見てもごつごつの石鎚山。
2019年05月27日 08:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ鎖元休憩所から,土小屋方面へ。ここから見てもごつごつの石鎚山。
行きに見つけたヤマシャクヤク。帰りはちょっと近づいて撮影成功。これがあるので楽しい。
2019年05月27日 08:30撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きに見つけたヤマシャクヤク。帰りはちょっと近づいて撮影成功。これがあるので楽しい。
6
平日だが,さすが人気の山。通常時間になると,登山者が増えてくる。「上は風が強いのでお気を付けて!」
2019年05月27日 08:45撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平日だが,さすが人気の山。通常時間になると,登山者が増えてくる。「上は風が強いのでお気を付けて!」
帰りは国民宿舎上の展望広場に立ち寄った。超展望とはいかないが,あたりの山を見渡せた。
2019年05月27日 09:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは国民宿舎上の展望広場に立ち寄った。超展望とはいかないが,あたりの山を見渡せた。
帰りも,石鎚神社土小屋遙拝殿に立ち寄って,旅の無事を報告し感謝する。遙拝殿の横から石鎚山。
2019年05月27日 09:33撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りも,石鎚神社土小屋遙拝殿に立ち寄って,旅の無事を報告し感謝する。遙拝殿の横から石鎚山。
UFOラインを寒風山方面に戻る。瓶が森の展望所から石鎚山を振り返る。こちらもよいコースでした。
2019年05月27日 10:38撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
UFOラインを寒風山方面に戻る。瓶が森の展望所から石鎚山を振り返る。こちらもよいコースでした。
2
寒風山登山口から,国道179号の旧道を下る。車もあまり通っていないワイルドな道だった。笹ヶ峰麓の道路脇水場で,水を汲んで帰路に着く。
2019年05月27日 11:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒風山登山口から,国道179号の旧道を下る。車もあまり通っていないワイルドな道だった。笹ヶ峰麓の道路脇水場で,水を汲んで帰路に着く。
1

感想/記録

去年は西之川の麓から,ロープウェイを使わずに正しく?登って疲れ果てました。試しの鎖だけやって,「これ以上やったら落ちる」と思い,二,三ノ鎖は巻きました。今日は,リベンジを果たすことができました。
訪問者数:287人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/27
投稿数: 1494
2019/5/28 20:51
 平日登山いいですね!
こんにちは!
混雑の石鎚山も話のネタにはいいですが、お弁当食べる場所にも困るので鎖場の行列も渋滞も無くストレスが溜まらず平日がいいですね!(笑)
西ノ川登山口からは攻略済との事なので次は第三ベンチから通行禁止を乗り越えて東稜ルートですね(^^♪
ついでに子持ち権現の鎖もいいですよ!
登録日: 2015/9/18
投稿数: 14
2019/5/28 23:45
 Re: 平日登山いいですね!
平日早朝は,百名山といえども貸し切り状態で,とても贅沢なひとときでした。休みでピーカンだと間違いなく大渋滞。月曜休みというのがなかなかないシチュエーションだったので,速攻で出かけました。第3ベンチからの東陵ルート,知ってる人は「行けるよ」と気軽に言われますが...。へたれな私にはハードルが高いです。子持ち権現なんて!見ただけでおなかいっぱいです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ