また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1882467 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

西沢渓谷〜旧森林軌道〜黒金山の周回、石楠花は上の方はまだ咲いています

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年06月04日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西沢渓谷駐車場を利用。トイレは無いので、少し先のねとりインフォメーションを利用。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
10:42
距離
30.8 km
登り
2,153 m
下り
2,147 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<森林軌道〜無人雨量観測所>
廃線の森林軌道は二ヶ所の危険な所に橋がかかり、渡渉点への下りも道標が出来て2015年に初めて歩いた時より安全になっていますが、一般人は立ち入り禁止は変わっていません。渡渉点は浅いですが濡れるので靴を脱いで渡りましたが、今回は今までで一番水が冷たく、わずかな距離なのに凍えました。渡渉後、沢沿いに行く踏み跡は直ぐに薄くなって危険になります。沢から離れて登ると直ぐに太い踏み跡があり、直ぐに無人雨量観測所に着きます。渡渉点から5,6分くらいでしょうか。

<無人雨量観測所〜天狗尾根登山口〜白檜平>
軌道のレールに沿って行くと道が無くなります。ここも沢沿いから離れてもっと登ると太い林道に出ます。後は林道沿いに歩くだけです。林道は蛇行するので天狗尾根登山口までの行程では時々ショートカットして登りました。

<白檜平〜黒金山〜西沢渓谷遊歩道終点>
黒金山までの破線ルートは、写真の様に倒木や熊笹に被われ、道に迷いやすいです。GPSを持っている方が無難でしょう。ただ2015年に初めて歩いた時より、倒木を切断してくれた箇所が何ヶ所かあり、少し踏み跡も明瞭になっていました。前は破線ルートというよりバリルートでしたが、破線ルートっぽくなりました。

<注意>
このルートなら黒金山登山口からは逆周りが考えられます。黒金山登山口〜黒金山〜白檜平〜天狗尾根登山口〜無人雨量観測所〜森林軌道〜黒金山登山口です。そうすれば長い林道区間が緩やかな下りになるので、小走りして短時間で抜けられます。一周なのでどちら周りでもCTは同じになると思いますが、多少とも走れる人はこの周り方の方が30分は短くなると思います。ただハイカーのいる時間帯に森林軌道の通行止めの棒を越える際、ハイカーに見られない様に注意して下さい。整備されてきてはいますが、一般のハイカーには通ってもらいたく無い道ですから。そういった意味では、今回の周り方の方がハイカーがいない時間に通過できるので良いです。
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ 地図 GPS ペットボトル 雨具 熊鈴 タオル 着替え

写真

鶏冠山に朝日が当たっています。この時間はまだ晴れていたのですが。。。(F)
2019年06月04日 06:09撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏冠山に朝日が当たっています。この時間はまだ晴れていたのですが。。。(F)
こちらは川下 (F)
2019年06月04日 06:09撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは川下 (F)
五段の滝七ツ釜の一番下です (F)
2019年06月04日 06:49撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五段の滝七ツ釜の一番下です (F)
森林軌道の最初のトンネル。トトリさんが前にたつと大きさが分かります。トロッコ用なのでそんなに大きくありません (F)
2019年06月04日 07:19撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林軌道の最初のトンネル。トトリさんが前にたつと大きさが分かります。トロッコ用なのでそんなに大きくありません (F)
二番目のトンネルの入り口 (F)
2019年06月04日 07:28撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二番目のトンネルの入り口 (F)
石楠花の代わりに紅いつつじ系のお花が咲いていました (F)
2019年06月04日 08:46撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石楠花の代わりに紅いつつじ系のお花が咲いていました (F)
大ダワの途中の道。かなり倒木が多くて歩き難いです (F)
2019年06月04日 12:15撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダワの途中の道。かなり倒木が多くて歩き難いです (F)
大ダワへの下りです (F)
2019年06月04日 12:30撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダワへの下りです (F)
大ダワです。晴れると良い場所ですが、曇っていてもなかなかです (F)
2019年06月04日 12:31撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダワです。晴れると良い場所ですが、曇っていてもなかなかです (F)
2
徳和方面です。破線の登山道で乾徳山登山口に下れます (F)
2019年06月04日 12:32撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳和方面です。破線の登山道で乾徳山登山口に下れます (F)
ととりさん、ここは気に入ってもらえたかな? (F)
2019年06月04日 12:33撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ととりさん、ここは気に入ってもらえたかな? (F)
1
黒金山の山頂です。トトリさんが立っている所から、晴れれば大展望が望めます (F)
2019年06月04日 13:18撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒金山の山頂です。トトリさんが立っている所から、晴れれば大展望が望めます (F)
そこからの展望。晴れてないのが残念ですが、所々で日が差している様でした。
2019年06月04日 13:18撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこからの展望。晴れてないのが残念ですが、所々で日が差している様でした。
黒金山からの下りでやっと石楠花の花が咲いていました (F)
2019年06月04日 14:15撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒金山からの下りでやっと石楠花の花が咲いていました (F)
3
蕾もまだ有ります (F)
2019年06月04日 14:16撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕾もまだ有ります (F)
1
満開とはいきませんね (F)
2019年06月04日 14:16撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開とはいきませんね (F)
1
西沢渓谷に戻ってきました。画面の中央に見えている吊り橋、壊れかけていますが通行止めでしょうね。渡ってみたいけど。。。 (F)
2019年06月04日 15:58撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢渓谷に戻ってきました。画面の中央に見えている吊り橋、壊れかけていますが通行止めでしょうね。渡ってみたいけど。。。 (F)

感想/記録
by Futaro

トトリさんと3月に梅を見るバリルートを歩く計画が有ったのですが、彼女が何だか忙しそうだったので無理をせずに止める事にしました。今回は廃道の森林軌道と石楠花の花を見る予定でしたが、トトリさんは前週に250キロを歩き、8日間をおいて3日も八ヶ岳を歩くというので、よっぽどまた止めようかと思ったのですが、取りあえずルートを短くしてやることになりました。
最初の計画では森林軌道〜天狗尾根〜国師ヶ岳〜黒金山の周回で、5時半出発で17時45分着でした。これを白檜平から黒金山に登らずに森林軌道に戻る事で遅くても16時45分着になる様に変えたのです。しかし会ってみると疲れが取れ切っていないようで、国師ヶ岳にも登らずに天狗尾根の途中の天狗岩で引き返す事にしました。15時位には帰り着く計算です。

しかし森林軌道で一ヶ所渡渉点が有るのですが、そこの沢水がとんでもなく冷たく、帰りにまたここを渡渉するのは嫌だという事で、急きょ天狗尾根を止めて林道で白檜平に行き、そこから黒金山経由で戻る事にしました。僕の記憶では最初の計画では白檜平着が14時22分、天狗尾根〜国師ヶ岳をパスする事で11時14分に着いたので15時頃には着けると思ったのです。計画はトトリさんの疲れを想定し、登りはCTの0.7、下りは0.65で計算しました。トトリさんは登りが僕より随分速いので、疲れた状態で僕ぐらいだろうという予測でした。ここで僕は大きな失敗をしました。自分の記憶に頼り、地図でCTからちゃんと計算しなかったのです。後で確認したら最初の計画では白檜平着が13時03分だったのです。しかも白檜平では休憩せずに黒金山だけでした。
白檜平出発時間で考えると1時間30分しか早くなっていません。これだと黒金山経由だと到着時間は16時15分になります。

しかもトトリさんの靴が足に合わず、出だしの天狗尾根登山口までの林道でかなり痛くなったのです。それで天狗尾根登山口の到着は予定よりかなり遅れました。この事を考慮すれば、登りはCTの0.7、下りは0.65が難しい事は容易に想像できたはずです。そうすれば白檜平からピストンで引き返す以外の選択肢は無かったはずでした。

しかし天狗尾根登山口から白檜平までの林道を登りにも関わらず軽く走ったりして早く着いたのは流石トトリさんでした。それから大ダワまでは足の痛さを感じさせない速さ。黒金山までも順調でしたが、実際はかなり我慢していた事が後で分かりました。荷物を持とうかと聞いてもこの位なら、休みながら歩けば大丈夫との事で最後まで自力で下りました。それどころが黒金山登山口から先の林道は、小走りで下ってCTの0.48だったのです。足はかなりむくんでいて相当痛かったはずですが、よっぽどの事が無い限りグループで来ていても登山は自分の事は自分でやるという信念が有るのです。

前に上高地から〜屏風の頭〜北穂高東稜〜大キレット〜北穂池〜横尾左㑨の周回をしたさい、帰りの道で明神の直ぐ手前で出会ったグループの事を思いだしました。6時に出発して涸沢をピストンしたのですが、女性1人が遅れて最終のタクシーに間に合わないと焦っていたので僕がその女性の荷物を持ってやって、他の人にはタクシーを確保しに先に行ってもらいました。それまで他の人は彼女の荷物を持とうともせず、初めて会った僕が持つというとあっさりザックを差し出したのに比べ、トトリさんの最後まで自分の事は自分でというのとなんという大きな違いでしょうか。

感想/記録
by totori

甲府泊2日目。
前日のツクモグサ山行に続き、西沢森林軌道と石楠花目当てに、futaroさんオススメのルートを案内していただきました。
先日高知の室戸岬から足摺岬まで遠足してきたので、連日の山行を悩んだのですが、思いのほか足へのダメージもなく、なかなかお休みがないうえに、石楠花の時期も短いとのことで、行くことに決めました。

でもゆるゆるハイキングだと甘くみていたのと、残雪と雨予報を考慮して、ゴアの硬いシューズを履いてしまったのが間違いで、私の外反母趾が悪化して、futaroさんには足が痛い痛いと泣き言を何度も言ってしまいご迷惑をおかけしました💦
途中荷物持とうか?おぶりましょうか?などと言われたのですが、そんな大げさなものではなく、荷物も軽いものだったし、シューズを時々脱げば大丈夫だったので、なんだかせっかくの山行を台無しにしてしまうようで申し訳なかったです。
最後の尾根が長くてつらかったけど、石楠花が咲いてて癒されました(^^)

最後は温泉に入り、大好きなほうとう屋さんに寄って元気になりました。

追記 : 西沢渓谷も初めて行ったし、森林軌道はレールの上を歩けて楽しかったですよ〜(^^)
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:1136人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ