また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1883091 全員に公開 ハイキング 丹沢

丹沢山(塩水橋〜盆沢相尾根〜雨山橋〜寄)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年06月06日(木) [日帰り]
メンバー
天候◆2019年6月6日(木)  晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
《 往 路 》
自宅 → 東名高速 → 県道70号線 → 塩水橋  所要約1時間30分
 ※登山口ナビ(塩水橋)
  https://tozanguchinavi.com/trailhead/trailhead-316
《 復 路 》
bus 寄(やどりき) → 新松田 = 富士急湘南バス  \520(大人片道)
 富士急湘南バス = http://www.fujikyu.co.jp/syonan/rosenbus.html

経路を調べる(Google Transit)
GPS
08:43
距離
27.6 km
登り
2,520 m
下り
2,633 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

 2019年6月6日(木)  丹沢山(塩水橋〜盆沢相尾根〜雨山橋〜寄)
塩水橋-(160)-丹沢山-(55)-棚沢ノ頭-(105)-熊木沢出合-(40)-雨山橋-(145)-寄
※地点間における休憩を含まない5分刻みの所要時間
コース状況/
危険箇所等
◆盆沢相尾根(棚沢ノ頭→熊木沢出合)
『山と高原地図』では一般道ですが、道標はなく特に下りは要注意です。
上部はかなり踏み跡がしっかりついています。ごく一部消えますが弁当沢ノ頭を目指しておけばまたすぐに踏み跡が現れます。一時、弁当沢ノ頭を左手に見ながら右手から回り込む箇所もありますが落ち着いて前進すれば大丈夫です。
弁当沢ノ頭に降りてくる前に二ヶ所のトゲトゲがあります。私の場合は、ですが、一ヶ所めは左からから回り込むように、そして右手の崖側に進みました。二ヶ所めは中央突破をした後、右手に、道なりにといった感じで。衣服などお気を付けください。

弁当沢ノ頭頂上エリアは平らになっていて踏み跡も不鮮明だったりします。右手の崖や斜面から離れすぎないようにし、尚且つ一番高いところを歩くことが大事です。
山頂エリアの平らなところから急降下していきます。そのとき、真左にピンクテープを目にすることができますがこのテープは熊木沢出合に降りるためのテープではありません。頂上エリアから先、踏み跡も薄っすらあったりなかったりしています。晴れていれば愛鷹山と玄倉川を一直線に結ぶイメージで降ります。尾根が左右に枝分かれしており、その都度、踏み跡を確認して間違えないように降りてください。

ガーッと急降下して左右どちらに行くか迷うポイントがあります。右に行くと急降下の尾根→×。左に行くと最初は比較的なだらかな斜面→○。左に行くとすぐ右手に熊木ダムが見えます。晴れていると玄倉川と愛鷹山が一直線に見え、基本的にそのラインに合わせて降りていけば良いのですが、ここだけはそのラインを右手に見るように降りることが大事です。
最後、左右両方に河原が見えてくると進行方向右手に大きく右折し九十九折れで下っていきます。以前は青テープがあって分かりやすかったのですが今はないのでそろそろかと思ったら必要以上に右手を注意しながら下ってください。下りきって河原に出て左折するとすぐ落っこち橋、熊木沢出合です。

以上、navecat個人の感想です。お取り扱い、ご注意願います。

◆登山届  神奈川県警のオンライン
https://www.police.pref.kanagawa.jp/inq/form/fmtozan.htm

過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

塩水橋からまず丹沢山を
目指します。
 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩水橋からまず丹沢山を
目指します。
 
6
雨量計までは舗装林道です。
塩水橋から約50分でした。
ここから登山道になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨量計までは舗装林道です。
塩水橋から約50分でした。
ここから登山道になります。
4
このあたりが堂平です。
一種独特な新緑が魅力的
です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりが堂平です。
一種独特な新緑が魅力的
です。
15
美しい新緑の森を登って
いきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい新緑の森を登って
いきます。
19
天王寺尾根との合流点
ここからしばらくは穏やかな
道になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天王寺尾根との合流点
ここからしばらくは穏やかな
道になります。
1
丹沢三峰が見えてくると、、

 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢三峰が見えてくると、、

 
14
視界が広がり、
鎖場が現れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界が広がり、
鎖場が現れます。
5
鎖場が終わると、今年も
ここにトウゴクミツバツツジ
が咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場が終わると、今年も
ここにトウゴクミツバツツジ
が咲いていました。
32
眩しい新緑の中の階段を登り
きると丹沢三峰からの道と
合流し山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眩しい新緑の中の階段を登り
きると丹沢三峰からの道と
合流し山頂です。
18
ツルシロカネソウ

 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルシロカネソウ

 
36
丹沢山
主稜線を棚沢ノ頭を
目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山
主稜線を棚沢ノ頭を
目指します。
5
素晴らしい丹沢主稜
左)丹沢第二の不動ノ峰
右)丹沢の盟主・蛭ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい丹沢主稜
左)丹沢第二の不動ノ峰
右)丹沢の盟主・蛭ヶ岳
30
不動ノ峰

ここを抜けると・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動ノ峰

ここを抜けると・・・
4
左)同角ノ頭 右)檜洞丸の先
に富士山が見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左)同角ノ頭 右)檜洞丸の先
に富士山が見えています。
16
その右手、主稜線の先に
見えているのは蛭ヶ岳です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その右手、主稜線の先に
見えているのは蛭ヶ岳です。
11
棚沢ノ頭から下る盆沢相尾根
と丹沢のテーブルマウンテン
弁当沢ノ頭も見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棚沢ノ頭から下る盆沢相尾根
と丹沢のテーブルマウンテン
弁当沢ノ頭も見えています。
9
主稜線を棚沢ノ頭に向かって
いると、、、
見事すぎる花付きでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線を棚沢ノ頭に向かって
いると、、、
見事すぎる花付きでした。
31
棚沢ノ頭

主稜線を離れ盆沢相尾根へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棚沢ノ頭

主稜線を離れ盆沢相尾根へ
1
1400m付近までチラホラ
とシロヤシオが咲いていま
した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1400m付近までチラホラ
とシロヤシオが咲いていま
した。
45
盆沢相尾根
ここは紅葉シーズンも素晴ら
しい尾根です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
盆沢相尾根
ここは紅葉シーズンも素晴ら
しい尾根です。
13
弁当沢ノ頭

指導標などはありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弁当沢ノ頭

指導標などはありません。
6
熊木沢出合
無事に降りてきました。
そして丹沢の盟主・蛭ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊木沢出合
無事に降りてきました。
そして丹沢の盟主・蛭ヶ岳
17
熊木沢出合から林道を雨山橋
へ。そして雨山沢を経て寄沢
に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊木沢出合から林道を雨山橋
へ。そして雨山沢を経て寄沢
に入ります。
3
雨山沢の綺麗な流れ

 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨山沢の綺麗な流れ

 
21
雨山沢を登り雨山峠に至り、
寄沢の源頭部に入っていき
ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨山沢を登り雨山峠に至り、
寄沢の源頭部に入っていき
ます。
9
寄沢を約1時間、宇津茂林道
終点に着きました。ここから
バス停まで約45分です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄沢を約1時間、宇津茂林道
終点に着きました。ここから
バス停まで約45分です。
3
寄バス停

無事に下山完了です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄バス停

無事に下山完了です。
7
好天に恵まれた好い山行に
なりました。
 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
好天に恵まれた好い山行に
なりました。
 
26
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:974人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ