また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1899595 全員に公開 ハイキング東北

御神楽岳 ぐるっとまわって本名から

日程 2019年06月20日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 上のほうはガスりがち
アクセス
利用交通機関
車・バイク
R49、R400、R252経由。林道コンディションはおおむね良好。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間1分
休憩
2時間7分
合計
7時間8分
Sスタート地点09:2009:41八乙女滝09:5510:12八丁洗板10:1411:08杉山ヶ崎11:47御神楽岳避難小屋12:02本名御神楽12:4313:18御神楽岳13:5914:27本名御神楽14:2814:36御神楽岳避難小屋14:5115:14杉山ヶ崎15:1615:52八丁洗板15:5516:07八乙女滝16:1516:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鎖場、足場の悪いへつり、などあるがだからこその景観が待っている。
その他周辺情報1)中川温泉「ゆうゆう館」300円 ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩温泉
 老人福祉施設。道の駅、JRの駅からも徒歩圏内。熱めのお湯だが鹿瀬の赤湯ほどではない。17:40入館。しかし終始貸し切り状態。このエリア、温泉好きには聖地のような所。
2)玉梨とうふ茶屋
 店内でおからドーナツ160円を食す。ここへ来る時はクーラーボックスを忘れずに。今後通って、店主と親交を深めたいと思わせる、そんな店。おすすめ。

装備

個人装備 白長靴 扇子 水2L お湯0.5L 弁当 ツエルト 紙地図 コンパス GPS

Myアイテム  

quin_hed 重量:-kg

写真

沢、長靴なんで こんなアングルも可。
2019年06月20日 09:36撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢、長靴なんで こんなアングルも可。
4
八乙女滝
2019年06月20日 09:45撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八乙女滝
4
渓谷美アーリーサマーエディション
2019年06月20日 09:54撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渓谷美アーリーサマーエディション
3
冷蔵庫ン中 在庫一掃弁当
2019年06月20日 13:28撮影 by ASUS_Z01BDA, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷蔵庫ン中 在庫一掃弁当
5
小屋内部
2019年06月20日 14:36撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋内部
丸木橋は使わず ジャブジャブと中を歩いた
2019年06月20日 15:50撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸木橋は使わず ジャブジャブと中を歩いた
帰路、飯豊のスカイライン これ見ると行がんぱねなァ って思わせる。
2019年06月20日 18:56撮影 by ASUS_Z01BDA, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路、飯豊のスカイライン これ見ると行がんぱねなァ って思わせる。
5

感想/記録

御神楽岳は多面性を持っている。そして美しく麗しく、壮絶な大岸壁をもめぐらしている。蒲原平野からも会津盆地からも指呼できない立地でありながら、一歩踏み込んで対峙すると圧倒的存在感を放つ。

フツーのハイカー諸氏なら下山後に周辺スポットを訪ね歩くものだが、ポンツクなので登る前にあちこちまわる。しかし、只見川沿線は実にフォトジェニックだ。

登路は沢沿いに詰めるだけ詰め、以降は尾根を辿る。
前半、だれもいないと思ってoriginalsongを口ずさんでいたら、地元のトレランソロが背後に居て、しょーしかった。
本名御神楽岳の先で東尾根への軌跡は本峰へ向かっているつもりで歩いている。それを人はルートミスと呼ぶ。
小屋の水場探索もしたが、たどり着いた沢状地形のポイントでは流れはなかった。

 




       

訪問者数:512人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/5/18
投稿数: 2
2019/6/30 12:30
 ようやくここも歩けるようになりましたか!
mikagemoriです。お疲れさまでした。大好きな本名神楽岳、林道の復旧工事完了して、山開きされたんですね。紅葉時期に、私も、歩かなくては(笑)。
登録日: 2012/3/9
投稿数: 155
2019/6/30 19:02
 Re: ようやくここも歩けるようになりましたか!
どうもです。
帰りに、林道で室谷へぬけようか と、進んだんですが欠落箇所に重機が置いてあり、通行不可。R252側から登山口は問題ないので、機が熟しましたらどうぞ。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鎖場 水場 へつり 渓谷
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ