また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 190187 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

先週に続き、浅間尾根の無名峰へ(松生山、入沢山、浅間嶺、小岩浅間、ムケシノ頭、石宮の頭、一本松、五台山)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2012年05月12日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ、一時に小雨と雹、晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

10:40小岩BS-12:10入沢山-12:26松生山-13:30天領山14:05-14:13入沢山-14:30-14:44浅間嶺15:07-15:15小岩浅間15:51-16:07ムケシノ頭16:30-16:58石宮ノ頭17:11-17:39一本松-18:0ピーク902m-18:33五台山18:52-19:18西川橋BS
コース状況/
危険箇所等
石宮ノ頭は西側のコルから東に向かって登った。
一本松から五台山は正規の登山道が無い。従って案内標識はない。登山道は落ち葉が積もりあまり人が入って来ないと思われる。道に踏み跡はあるが、丸い尾根になると踏み跡がわからなくなる。1/25000の地図や高度計は必要である。
このコース以外で不明瞭なところはない。
過去天気図(気象庁) 2012年05月の天気図 [pdf]

写真

浅間尾根の山(拡大できます)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間尾根の山(拡大できます)
2
小岩バス停-浅間嶺の間から見た大岳山(標高600m付近)拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す小岩バス停-浅間嶺の間から見た大岳山(標高600m付近)
小岩バス停-浅間嶺の間から見た御前山(標高600m付近)拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す小岩バス停-浅間嶺の間から見た御前山(標高600m付近)
松生山の頂上。背景は大岳山。(ここから西へ戻る)拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す松生山の頂上。背景は大岳山。(ここから西へ戻る)
1
13:50頃、気温が急に下がり雨がぱらついたと思ったら、雹となった。直径3〜4mm。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す13:50頃、気温が急に下がり雨がぱらついたと思ったら、雹となった。直径3〜4mm。
1
浅間嶺の西にある東屋拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す浅間嶺の西にある東屋
1
浅間山西の東屋から見た御前山拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す浅間山西の東屋から見た御前山
2
小岩浅間の山頂903m拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す小岩浅間の山頂903m
1
ムケシノ頭の山頂883m拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探すムケシノ頭の山頂883m
2
人里峠の西を歩いているとき(石宮ノ頭の巻き道)、北側斜面に水溜りを見つけた。よく見ると近くにもう一つある。湧き水による池かもしれない。人が降りた踏み跡もある。
詳細をご存知の方は教えてください。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人里峠の西を歩いているとき(石宮ノ頭の巻き道)、北側斜面に水溜りを見つけた。よく見ると近くにもう一つある。湧き水による池かもしれない。人が降りた踏み跡もある。
詳細をご存知の方は教えてください。
1
石宮ノ頭の山頂911m拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す石宮ノ頭の山頂911m
2
浅間石宮にある祠拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す浅間石宮にある祠
1
一本松の山頂930.2m。三等三角点がある。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す一本松の山頂930.2m。三等三角点がある。
1
一本松から南西の踏み跡を頼りに五台山へ向かう。正式な登山道はなく、1/25000で確認しながら進む。一本松とその南のピーク902mのコルにあった祠拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す一本松から南西の踏み跡を頼りに五台山へ向かう。正式な登山道はなく、1/25000で確認しながら進む。一本松とその南のピーク902mのコルにあった祠
1
五台山の北のコル(標高760m)にある祠
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五台山の北のコル(標高760m)にある祠
2

感想/記録

【地図には載っていない山へ】
奥多摩の浅間尾根には多くのピークがある。地図上に山名のある山もあるが、載っていないものもある。前回から浅間尾根のピークを丹念に登っている。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-188103.html

タイトルに掲げた山の名前の中で、松生山、浅間嶺、一本松は地図に山名があるが、残りの入沢山、小岩浅間、ムケシノ頭、石宮の頭、五台山は山名が載っておらず、知っている方も少ないことと思う。これらのあまり知られていない山中心に登ることにした。
巻き道ができて歩くには楽だが、昔からあるピークが忘れ去られてしまうのは残念である。ムケシノ頭と石宮ノ頭には巻き道があるので、意識して登らないと見過ごしてしまう。
特に五台山は一般の登山道が無いので、登るには注意が必要である。

【雹】
午前中は晴れで天気が良かったが、14時前後に気温が急激に下がり(14℃くらい)、雨がパラつき、しまいには雹となった。すぐに上がり、晴れに戻ったのはありがたかった。

【地図に無い道】
一本松から五台山は正式な道が無い。
高度計、1/25000地図を用意して歩いた。一本松から五台山方面入り口は標識が無く、わずかな踏み跡があるだけである。
ヤセ尾根は一本道で何とかなるが、丸い尾根になると道が不明になる。人があまり歩いていないためか、落ち葉で覆われた道もあり、これもわかりずらい。このため、1/25000地図は離せない。このような標識のない山を歩くの緊張感があって面白い。

【奥多摩三山】
浅間尾根からは奥多摩三山の尾根が良く見えるところがある。特に大岳山と御前山がよく見えた。長い裾野を張った雄大な姿が印象的であった。

記:tokenzakai
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1468人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/5/29
投稿数: 2309
2012/5/13 21:01
 今週もお疲れ様でした!
こんばんは!

天気が悪い中、お疲れ様でした

例の水溜りはなんなんでしょうかね!?
結構濁っていたので、動物のキジ打ち場(肥溜め場)かと勝手に思っておりました

も〜浅間尾根の事はtokenzakaiさん達に聞けばなんでも教えて頂けそうで助かりますし、またこの尾根を使う事も有るかもしれませんので勉強になります
登録日: 2010/10/31
投稿数: 185
2012/5/14 12:49
 Re:池の件
続きを見ていただきありがとうございます。

二週続けての山登りになりました。
例の池はやはり気になりましたか?
バスの時間が心配だったので、池の近くに寄って観察はしなかったのですが、水の透明度、温度で大体のことは予想できたのではないかと考えられますので、やや悔いが残っています。
上から見て、池の奥側の土の色から濡れているように観察され、水が流出しているように感じました。このことより湧き出しているのかな、と予想したわけです。
他に、ご指摘のようにキジ打ち場、ヌタ場(泥浴び)といった可能性もありますね。

話し変わりますが、今回、一本松から五大山まで人があまり歩いていないコースを通りました。途中の2箇所のコルはともに祠があって、昔は重要な道だったのだと感じました。
歩いてみると面白いものですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ