また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1980521 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

鍬崎山(松井山荘より瀬戸蔵山コース往復)

日程 2019年08月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ☀️
アクセス
利用交通機関
電車
松井山荘に前泊(¥7000) 0764821735
※ 立山駅まで送迎してもらえました。
※ 下山後にシャワーを使わせてもらえました。

(帰り)
富山地方鉄道 12:45 立山 → 13:50 電鉄富山
北陸新幹線かがやき532号 14:06 富山 → 16:20 東京
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間20分
休憩
9分
合計
9時間29分
S松井山荘02:3903:09龍神の滝04:22瀬戸蔵山04:2505:04大品山05:0505:07あわすの分岐05:0807:42鍬崎山07:4510:07あわすの分岐10:13大品山10:1410:46瀬戸蔵山11:44龍神の滝12:08松井山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■松井山荘〜大品山
松井山荘前の道をたどり、スキーリフトの終点から登山道に入る。階段が続き、橋を渡って沢沿いの道に入る。登山道は階段を交えつつ、龍神の滝の標識に出る。杉の大木の脇を通ると緩急はあるものの瀬戸蔵山山頂までひたすら階段が続く。瀬戸蔵山から鞍部に下り、湿気た道を進み、ブナ林の中再び階段を登り返すと大品山に達する。

■大品山〜鍬崎山
大品山から一旦80mほど下って登り返す。1600m付近までは急坂が続く。一旦緩むが独標に向けて再び急登する。独標から鍬崎山が見える。独標からは段階的に登りを繰り返しながら山頂に近づく。山頂部の急登をこなすと山頂に達する。
過去天気図(気象庁) 2019年08月の天気図 [pdf]

写真

リフト奥から登山道が始まります。まずは龍神の滝を目指します。
2019年08月18日 02:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト奥から登山道が始まります。まずは龍神の滝を目指します。
2
すぐに階段が出てきますが、今回のコースはこの階段がキーです。
2019年08月18日 02:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに階段が出てきますが、今回のコースはこの階段がキーです。
1
百粒蠅砲魯肇ぅ譴ありました。
2019年08月18日 02:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百粒蠅砲魯肇ぅ譴ありました。
1
橋を渡ります。
2019年08月18日 02:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡ります。
2
百粒蠅ら龍神の滝までは0.5km
2019年08月18日 02:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百粒蠅ら龍神の滝までは0.5km
1
水場がありました。
2019年08月18日 03:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場がありました。
1
松尾山の湧水とか
2019年08月18日 03:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松尾山の湧水とか
1
龍神の滝の標識。暗くて滝がどこにあるのかわかりません。
2019年08月18日 03:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍神の滝の標識。暗くて滝がどこにあるのかわかりません。
1
瀬戸蔵山までは1.2km
2019年08月18日 03:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瀬戸蔵山までは1.2km
1
すぐに階段が現れます。
2019年08月18日 03:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに階段が現れます。
1
巨木コースを通ります。
2019年08月18日 03:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨木コースを通ります。
1
別の木が貫通しているらしい
2019年08月18日 03:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別の木が貫通しているらしい
1
松尾の大杉?
2019年08月18日 03:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松尾の大杉?
2
龍神の御神木?
2019年08月18日 03:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍神の御神木?
1
立派な杉の木です。
2019年08月18日 03:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な杉の木です。
1
この後はひたすら階段が続きます。階段地獄と言っていいでしょう。
2019年08月18日 03:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後はひたすら階段が続きます。階段地獄と言っていいでしょう。
1
ロープや
2019年08月18日 03:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープや
1
梯子も出てきました。
2019年08月18日 03:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子も出てきました。
1
瀬戸蔵山まで0.3kmとありますが、そんなもんではありませんでした。ひたすら階段が続きました。
2019年08月18日 03:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瀬戸蔵山まで0.3kmとありますが、そんなもんではありませんでした。ひたすら階段が続きました。
1
何とか瀬戸蔵山
2019年08月18日 04:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか瀬戸蔵山
1
瀬戸蔵山の標識は別のところにありました。
2019年08月18日 04:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瀬戸蔵山の標識は別のところにありました。
1
大品山に向かいます。
2019年08月18日 04:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大品山に向かいます。
1
立派な杉の木
2019年08月18日 04:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な杉の木
1
大品山への登り、ブナの林に変わります。
2019年08月18日 04:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大品山への登り、ブナの林に変わります。
1
階段を登り詰めると
2019年08月18日 05:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段を登り詰めると
1
大品山山頂です。
2019年08月18日 05:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大品山山頂です。
2
こちらにも大品山の標識
2019年08月18日 05:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらにも大品山の標識
1
鍬崎山までは3kmで3時間のコースタイムです。気合を入れて足を踏み入れます。
2019年08月18日 05:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍬崎山までは3kmで3時間のコースタイムです。気合を入れて足を踏み入れます。
1
ヤマアジサイ
2019年08月18日 05:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマアジサイ
1
粟巣野への分岐を通過します。
2019年08月18日 05:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粟巣野への分岐を通過します。
1
ノシラン?
2019年08月18日 05:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノシラン?
1
一旦下って登り返します。
2019年08月18日 05:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦下って登り返します。
1
オオカメノキの実かな?
2019年08月18日 05:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオカメノキの実かな?
1
再び立派な杉の木。この後も急坂が続きます。
2019年08月18日 05:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び立派な杉の木。この後も急坂が続きます。
1
ご来光がありました。
2019年08月18日 05:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光がありました。
1
カニコウモリ、群生していました。
2019年08月18日 05:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カニコウモリ、群生していました。
2
岩に木が生えている。たくましい生命力。
2019年08月18日 06:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩に木が生えている。たくましい生命力。
1
鎖が出てきました。
2019年08月18日 06:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖が出てきました。
1
独標からはようやく鍬崎山が見えました。
2019年08月18日 06:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標からはようやく鍬崎山が見えました。
4
そして登りは続きます。
2019年08月18日 06:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして登りは続きます。
1
山頂部はなかなか近くなりません。
2019年08月18日 06:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部はなかなか近くなりません。
1
息も絶え絶えに登っていきますが
2019年08月18日 06:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息も絶え絶えに登っていきますが
1
まだ遠い〜
2019年08月18日 07:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ遠い〜
2
ここが辛抱、と思いながら登ります。
2019年08月18日 07:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが辛抱、と思いながら登ります。
1
2000m付近になると高山植物が出てきます。ミヤマアキノキリンソウ。
2019年08月18日 07:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2000m付近になると高山植物が出てきます。ミヤマアキノキリンソウ。
1
ヤマハハコ
2019年08月18日 07:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ
1
あともう少し。
2019年08月18日 07:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あともう少し。
1
オヤマリンドウ
2019年08月18日 07:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウ
1
でもここが厳しかった。
2019年08月18日 07:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもここが厳しかった。
1
あの上が山頂かな?
2019年08月18日 07:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの上が山頂かな?
1
鍬崎山山頂に到着です。5時間半かかりました。
2019年08月18日 07:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍬崎山山頂に到着です。5時間半かかりました。
8
三角点は少し離れてありました。
2019年08月18日 07:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は少し離れてありました。
3
一番目を引いたのは剣岳。左に大日連山、右に立山連峰を従えている感じです。
2019年08月18日 07:44撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番目を引いたのは剣岳。左に大日連山、右に立山連峰を従えている感じです。
7
目の前には薬師岳。迫力あります。
2019年08月18日 07:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前には薬師岳。迫力あります。
5
こちらは黒部五郎岳と北俣岳。奥には乗鞍岳や御嶽山も顔を出しています。
2019年08月18日 07:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは黒部五郎岳と北俣岳。奥には乗鞍岳や御嶽山も顔を出しています。
4
これは有峰湖かな?
2019年08月18日 07:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは有峰湖かな?
3
松井山荘でつくってもらった弁当を食べて山頂を後にします。
2019年08月18日 07:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松井山荘でつくってもらった弁当を食べて山頂を後にします。
3
毛勝三山
2019年08月18日 08:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛勝三山
3
剱岳をもう一度
2019年08月18日 08:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳をもう一度
3
これからの下山コース
2019年08月18日 08:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これからの下山コース
1
美女平が見えます。
2019年08月18日 08:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美女平が見えます。
1
剱岳の見納めです。
2019年08月18日 08:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳の見納めです。
2
ホツツジ?
2019年08月18日 08:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホツツジ?
1
これから進む道
2019年08月18日 08:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む道
1
独標が見えます。
2019年08月18日 08:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標が見えます。
1
独標から鍬崎山を振り返って
2019年08月18日 08:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標から鍬崎山を振り返って
4
剱岳も頭だけのぞかせています。
2019年08月18日 08:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳も頭だけのぞかせています。
独標下の鎖場
2019年08月18日 08:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標下の鎖場
1
これは?
2019年08月18日 09:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは?
立派な杉の木
2019年08月18日 09:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な杉の木
1
大品山に登り返しがあります。
2019年08月18日 09:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大品山に登り返しがあります。
1
ブナの林を通り抜け
2019年08月18日 10:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの林を通り抜け
1
大品山山頂まで戻ってきました。
2019年08月18日 10:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大品山山頂まで戻ってきました。
1
大品山からの下りもブナの林
2019年08月18日 10:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大品山からの下りもブナの林
1
ヘロヘロになりながら瀬戸蔵山
2019年08月18日 10:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘロヘロになりながら瀬戸蔵山
1
龍神の滝に向けて下ります。
2019年08月18日 10:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍神の滝に向けて下ります。
1
そして下りは階段地獄
2019年08月18日 10:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして下りは階段地獄
1
龍神の大杉
2019年08月18日 11:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍神の大杉
1
松尾山の大杉
2019年08月18日 11:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松尾山の大杉
2
別の木が貫通
2019年08月18日 11:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別の木が貫通
2
龍神の滝の標識まで戻ってきました。
2019年08月18日 11:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍神の滝の標識まで戻ってきました。
1
木々の隙間から微かに龍神の滝
2019年08月18日 11:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の隙間から微かに龍神の滝
1
百粒蠅龍兇泙婆瓩辰討ました。
2019年08月18日 11:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百粒蠅龍兇泙婆瓩辰討ました。
1
龍神の滝と百粒蠅硫鮴
2019年08月18日 11:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍神の滝と百粒蠅硫鮴
1
スキー場の上に出ました。
2019年08月18日 11:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場の上に出ました。
2
登山道入り口を通過
2019年08月18日 12:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道入り口を通過
1
スキーリフトまで戻ってきました。
2019年08月18日 12:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーリフトまで戻ってきました。
1
松井山荘お世話になりました。ゴールデンのてんちゃんがお見送りです。
2019年08月18日 12:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松井山荘お世話になりました。ゴールデンのてんちゃんがお見送りです。
5

感想/記録

奥大日岳から下山後、立山まで降り、翌日に鍬崎山に登ることにしました。ゴンドラリフトが使えなくなったので、下から登らなくてはならず、猛暑の予報と鈍足を考慮し、登山口の近くの宿舎(松井山荘)に泊まり、夜のうち(午前3時目処)に出発し、水をたっぷり用意(6L、うち2Lはポカリ)することとしました。

予定より早く2:30過ぎに出発しましたが、登山道は龍神の滝へのハイキング道を兼ねているので、極めて明瞭で、迷うところはありませんでした。明瞭なのは良いのですが、瀬戸蔵山までの登山道の大半が階段で、まさに2時間の階段地獄でした。大品山へはアップダウンを繰り返しながら、30分ほどで到着しました。

大品山から先が鍬崎山登山の本領。コースタイムで登り3時間。覚悟を決めて突撃です。大品山から一旦100m近く下るので、山頂までの標高差が800m近くになり、萎えました。登るほどに足は上がらなくなり、息は弾むばかり。朝早い樹林帯なので登りで暑さに悩まされる事がなかったのは幸いでした。

急登を終えて独標に立つと鍬崎山がようやく姿を現しました。姿が見えてからが、なかなか近づかない。2000mの山なのに3000mの山を登る足どり。山頂部の急登を息も絶え絶えにようやく終えると、誰もいない山頂には360度の展望が待っていました。左から、剱岳を中心に左に前日に登った大日岳、右に立山、山頂標の後ろには薬師岳がドーンと鎮座。その右には黒部五郎岳や北俣岳。その右には乗鞍岳や御嶽山も顔を出していました。

下り時には太陽がじりじりと照らすようになり、登りの疲れ、大品山への登り返し、瀬戸蔵山からの階段地獄が容赦なく身体にダメージを与え、松井山荘到着時にはふらふらでしたが、何とか10時間以内に帰ってくることができました。燃料は4L消費しました。

松井山荘には大変お世話になりました。立山駅との間の送迎、朝ごはんの代わりのお弁当、下山後のシャワーと、親切にしていただきました。看板犬のゴールデンレトリバーも到着時と出発時だけでなく、登山に出発するときも挨拶に来てくれました。
訪問者数:506人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ