また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2017232 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

横岳(桜平から硫黄岳経由で三叉峰まで往復)

日程 2019年09月14日(土) [日帰り]
メンバー
 fuji3d(記録)
天候はれ
https://tenki.jp/past/2019/09/14/satellite/japan-near/
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道を諏訪南ICで降りて、ズームラインを東へ。「深山」交差点を左折してエコーラインを北上、「尖石考古館西」交差点を右折して、三井の森別荘地を制限時速50kmを順守して走行します。やがて現れる唐沢鉱泉との分岐を右へ。車を宥めつつ(「ご免ね、もうここは最後にするからね」)凸凹道約4kmのろのろ走ると、「桜平中」駐車場、さらに進んで、夏沢鉱泉への分岐(=登山口)を右に見て、左に登ると、「桜平上」駐車場があります。:http://www.o-ren.net/news/entries/2017/000271.php
am630、「桜平中」に駆け込みラスト3台でありがたく駐車

登山口から少し登った左の建機置き場に、きれいな簡易wcがあります。紙もあります。
夏沢鉱泉に登山届用紙、筆記具、ポストあります。蛇口から出てる水を無料でいただけます(ありがたや!)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間9分
休憩
34分
合計
6時間43分
S桜平駐車場(中)06:4306:51桜平07:13夏沢鉱泉07:1707:55オーレン小屋08:16夏沢峠08:19山びこ荘08:2009:06硫黄岳09:26硫黄岳山荘09:2709:50台座ノ頭09:5110:06横岳10:1510:18横岳(無名峰)10:2110:27三叉峰(横岳)10:2910:34横岳(無名峰)10:3710:41横岳10:4610:57台座ノ頭11:0111:19硫黄岳山荘11:41硫黄岳12:28赤岩の頭と峰の松目分岐12:36オーレン小屋12:3713:02夏沢鉱泉13:16桜平駐車場(上)13:25桜平駐車場(中)13:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
私の山行記録のなかでは、昨年8月18日の浅間山第一外輪山と双璧をなす、パノラマ展望コースです^^

●桜平中〜夏沢峠〜硫黄岳(往路)
オーレン小屋までは8月17日の往路と同じなので、8月17日山行記録を参照。
オーレン小屋の分岐を「←夏沢峠」に進みます。よく整備された大変歩きやすい路面です(ありがたや!)夏沢峠から、しばらくは樹林帯を登ります。樹林を抜けると、両側這松の岩屑の登山道を九十九で登ります。東北西の開けた、超絶展望が楽しめます。
ケルンに導かれて登ると、ひろーい硫黄岳山頂です。それまで全く見えなかった南側の展望が正面に、どーん。横赤阿弥陀が迎えてくれます。よくがんばったね、みんな待ってたよー、って感じ。頂上手前の赤岩の頭で見えちゃう赤岩経由コースより、ええよ^^

●硫黄岳〜奥の院〜無名峰〜三叉峰(往復)
ケルンに導かれて、河原のような大石を踏んで下ります。鞍部にあたる硫黄岳山荘辺りは、火山によくあるザレた滑る路面です。台座ノ頭まで登ると、それまで山影だった富士山が、いきなり、どーん、と現れます。思わず、「よっ、日本一」と叫んだわたくし^^周囲の暖かい笑いを誘いました。。でも、帰路、通りかかったら、やっぱり、叫んでる人いましたよ、偶々かもしれんがw
奥の院の基部から鎖場が始まります。目に入る梯子はすべて使います(横鎖は、一箇所、冬季用の横鎖で、使わない(ってか、使うと、宙ぶらりんになります)ものがあります。山と高原地図では「カニの横ばい」と称してますが、ぼろぼろ崩れたり割れたりする岩場でないし、鎖もしっかりしてるし、距離も短いです。
奥の院から少し歩くと、正面に岩がありますが、そこは、巻かずに岩を乗り越えます。無名峰まで、感覚的には水平移動です。そこから岩屑の道を少し下って、登り返すと、杣添尾根が接着する三叉峰です。

●硫黄岳〜赤岩の頭〜桜平中(復路)
8月17日山行記録を参照。その後の風雨で少し荒れたようですが、早速、倒木処理の手が入ってました(ホント、ありがたいです)
その他周辺情報たてしな自由農園原村店(530pmまで):https://www.tateshinafree.co.jp/haramura/
米、白桃、大蒜、トマト、バジル、ルッコラを買って、かみさんへのみやげにしました^^隣で、パンも買いました

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 ザック ザックカバー 行動食 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 日焼け止め 保険証 携帯 タオル ストック ナイフ カメラ

写真

おはようございまーす、夏沢峠から硫黄岳に元気よく登りました。快晴です^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございまーす、夏沢峠から硫黄岳に元気よく登りました。快晴です^^
37
これから、横岳に向かいます。赤岳を添えて、パチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから、横岳に向かいます。赤岳を添えて、パチリ
12
麓の野辺山高原の奥には、金峰山、小川山、三宝山といった奥秩父の主役が勢揃い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓の野辺山高原の奥には、金峰山、小川山、三宝山といった奥秩父の主役が勢揃い
17
硫黄岳山荘まで下って、右奥の岩峰、奥の院に登ります。ほな、行こか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳山荘まで下って、右奥の岩峰、奥の院に登ります。ほな、行こか
11
展望を楽しみながら、台座の頭へと登ってます。右手前、大同心の背中がすぐそこに。表側には登攀者がいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望を楽しみながら、台座の頭へと登ってます。右手前、大同心の背中がすぐそこに。表側には登攀者がいました
12
浅間連峰に背中を押されて、標高2,800m圏へ一歩一歩進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間連峰に背中を押されて、標高2,800m圏へ一歩一歩進みます
6
台座の頭を右に巻いて稜線に立つと、奥の院、無名峰、三叉峰が揃い踏み。そして、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台座の頭を右に巻いて稜線に立つと、奥の院、無名峰、三叉峰が揃い踏み。そして、
11
奥には富士山が、どーん。「よっ、日本一」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥には富士山が、どーん。「よっ、日本一」
38
そうそう、槍穂、常念その他飛騨山脈の高峰も、夏沢峠からの登りで樹林帯抜けてから、ずうっと応援してくれてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうそう、槍穂、常念その他飛騨山脈の高峰も、夏沢峠からの登りで樹林帯抜けてから、ずうっと応援してくれてます
13
奥の院の基部にとうちゃこ、いよいよです♪
広島の若者と話してるうちに鎖場を通過して、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院の基部にとうちゃこ、いよいよです♪
広島の若者と話してるうちに鎖場を通過して、
5
すんなり奥の院にとうちゃこ。日本一と三叉峰の並びがええな、杣添尾根分岐道標も見えてるし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すんなり奥の院にとうちゃこ。日本一と三叉峰の並びがええな、杣添尾根分岐道標も見えてるし
23
ええ眺めやなあ、こちらを「代表写真」にします。画面左端、三叉峰に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ええ眺めやなあ、こちらを「代表写真」にします。画面左端、三叉峰に向かいます。
21
北、駒、仙丈の手前に、双耳峰の権現岳と愛くるしい編笠山が覗いてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北、駒、仙丈の手前に、双耳峰の権現岳と愛くるしい編笠山が覗いてます
11
阿弥陀もいれて、一家団欒風に、パチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀もいれて、一家団欒風に、パチリ
34
と言ってるうちに、三叉峰にとうちゃこ、すごぉく嬉しい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と言ってるうちに、三叉峰にとうちゃこ、すごぉく嬉しい!
8
赤、阿弥陀に向かうという若者と別れて、硫黄岳にゆるゆる戻ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤、阿弥陀に向かうという若者と別れて、硫黄岳にゆるゆる戻ります
17
一応、「カニの横這い」にいます。鎖を下りたテラスで荷解きして食パンにバタ塗ってるおじさんがいたりして、緊張感に欠けますw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応、「カニの横這い」にいます。鎖を下りたテラスで荷解きして食パンにバタ塗ってるおじさんがいたりして、緊張感に欠けますw
13
画面左端の赤ゾレが赤岩の頭、そこで霧晴れ待ちして硫黄岳を仰いだのが、8月17日山行記録の「代表写真」でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
画面左端の赤ゾレが赤岩の頭、そこで霧晴れ待ちして硫黄岳を仰いだのが、8月17日山行記録の「代表写真」でした
12
白馬その他後立の展望を楽しみながら、岩屑の道をゆるゆる歩きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬その他後立の展望を楽しみながら、岩屑の道をゆるゆる歩きます
10
宿願叶って、楽しくゲザーン。横岳、ありがとねっ^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿願叶って、楽しくゲザーン。横岳、ありがとねっ^^
19

感想/記録
by fuji3d

さて、私が通った中学では、毎年クラス替え。で、5月中旬に、「学級作り」を名目に、泊りがけで校外学習に出かけます。行き先は学年ごとに決まってたんですが、何をするかの決定は、担任団が相当の裁量を持ってたらしい。偶々山好きが揃ったわが担任団、隙あらば、行動予定に登山を盛り込みましたw
中二の行く先は野辺山という慣行でしたが、わが担任団、飯盛山引率くらいでは満足しません、何を血迷ったか、杣添尾根登って横岳三叉峰を目指します(「いいか、お前ら、去年より体大きくなってんだから、いけるぞー」)
ったって、5月中旬だよ、残雪のなか奮闘したものの、正午を前に、大勢は決します、「よーし、よく頑張ったが、ここまでだ、飯食って、帰るぞー」って運びで、1km近く伸びた隊列は、下半身雪に浸かったまま弁当立ち食いして、下山することにw

で、この失敗山行ですが、級友にも私にも、トラウマといった悪影響を残すことなくきれいに忘れられ、思い出すとしても、今の我々よりもたぶん若かった当時の担任団の愛すべき蛮勇(迷惑だけどねw)とか牧歌的昭和を語る懐かしい思い出となってます。なので、「リベンジ」といったことではないのですが、こうして週末に日帰りハイクをするようになってみると、行ってみたいのですよね、横岳、それも、三叉峰に(笑)
とはいえ、美濃戸に朝入って三座周って日帰りなんて、軟式ハイカーの私にはとても無理。現実無理だけど、あきらめきれんうち、いつの間にか、日帰りハイクをするうえで、(赤岳でなくてw)三叉峰到達が悲願となってました

さて、今年、8月17日の好天予報に誘われて、硫黄岳〜東天狗を歩くつもり(「プランA」)で桜平に向かいます。が、山頂で霧に巻かれて撤退、下山途中、赤岩の頭で霧晴れ待ちしてるうち、横岳奥の院が束の間姿を現します。あれっ、何だか、近いじゃん、美濃戸から周回しようとするからだめなんで、硫黄岳の延長としてなら登れるんでは?と気付きます(もっと早く気付けよw)

で、本日、二サイクル眠って、am3にはすっきり目が覚め、なんと、am4前に家を出ます。中央道韮崎辺りで、甲斐駒、鳳凰のモルゲンロートを仰ぎ、エコーラインの道中では槍穂の連嶺に目を奪われ、幸運にも桜平中の駐車に間に合います。
気力充実で、さくっと夏沢峠に到着し、高揚感(「今日はおれの日だ」w)のなか、大休止なしに硫黄岳、さらに横岳目指して進みます。好展望に恵まれ、台座ノ頭から三叉峰の往路では、広島から前日美濃戸入りした若者と話しながら(「でもさ、鎖場ったって、これだけ岩がしっかりしてれば、あまりこわくないよね」「そうっすね、俺、ときどき鳥取の大山に行って、北側から剣ヶ峰に登るんですけど、あそこは(以下、敢えて記さず。若者よ、命を大事にせないかんよw)」)、岩場をすんなり通過して、宿願の三叉峰杣添尾根分岐に到達することができました。何だかすごく嬉しかったです(〇岡教官、遂に登ったよー)

というわけで、暫く山はいいや、という心境です^^

fuji3d
訪問者数:483人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ