また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2021433 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走比良山系

朽木栃生から釣瓶岳と武奈ヶ岳

日程 2019年09月15日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
湖西バイパス真野ICから坊村へ。明王院の川向かいの駐車場に自転車をデポした後、鯖街道を北上し朽木栃生のバス停裏に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間57分
休憩
42分
合計
5時間39分
S釣瓶岳登山口(国道出合)06:0406:08地蔵峠・釣瓶岳登山口06:1007:12コメカイ道出合07:25笹峠道出合07:2908:03イクワタ峠08:0708:38釣瓶岳08:4609:04細川越09:33細川尾根分岐09:36武奈ヶ岳09:5210:12西南稜1120m地点10:1410:21ワサビ峠10:2210:26御殿山10:36RP御殿山410:3710:45RP御殿山310:4610:56846m地点10:5711:16RP御殿山111:1711:40坊村11:4111:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

朽木栃生のバス停裏に駐車させていただきました。
2019年09月15日 06:02撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朽木栃生のバス停裏に駐車させていただきました。
1
バス停から少し南に戻って道路を渡り、
2019年09月15日 06:02撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停から少し南に戻って道路を渡り、
ここから林道に入り道路をしばらくジグザグに登ります。
2019年09月15日 06:03撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから林道に入り道路をしばらくジグザグに登ります。
ここから登山道に入ります。最初は杣道なのか登山道か判然としませんが、すぐに明瞭な登山道になります。
2019年09月15日 06:08撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山道に入ります。最初は杣道なのか登山道か判然としませんが、すぐに明瞭な登山道になります。
植林帯を抜けて自然林に突入。
2019年09月15日 06:31撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯を抜けて自然林に突入。
登山道真ん中にキノコ。
2019年09月15日 06:37撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道真ん中にキノコ。
1
釣瓶岳へ向かいます。
2019年09月15日 06:39撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釣瓶岳へ向かいます。
プチ尾根を東へ。
2019年09月15日 06:39撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プチ尾根を東へ。
横倒しになりながらも葉が生えています。
2019年09月15日 06:48撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横倒しになりながらも葉が生えています。
1
要所に標識が出てきます。
2019年09月15日 06:48撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
要所に標識が出てきます。
コメカイ道出合。
2019年09月15日 07:00撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コメカイ道出合。
1
途中、倒木により通行不能で迂回路がありました。
2019年09月15日 07:06撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、倒木により通行不能で迂回路がありました。
1
稜線が見えてきました。
2019年09月15日 07:09撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線が見えてきました。
1
う回路終了。
2019年09月15日 07:11撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う回路終了。
1
標高が上がり東側の太陽が見えてきた。
2019年09月15日 07:15撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が上がり東側の太陽が見えてきた。
かなり眩しい。今日も暑くなりそう。
2019年09月15日 07:16撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり眩しい。今日も暑くなりそう。
比良山系特有のレスキューポイント標識。
2019年09月15日 07:22撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比良山系特有のレスキューポイント標識。
ここから急登になります。
2019年09月15日 07:28撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから急登になります。
1
尾根直登ルート。
2019年09月15日 07:30撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根直登ルート。
おっ、樹林が切れる予感。
2019年09月15日 07:41撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ、樹林が切れる予感。
広場に飛び出しました。
2019年09月15日 07:45撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場に飛び出しました。
まだ主稜線ではありませんが、一気に開けました。
2019年09月15日 07:45撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ主稜線ではありませんが、一気に開けました。
奥に見えているのは蛇谷ヶ峰です。反射板も健在。
2019年09月15日 07:53撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に見えているのは蛇谷ヶ峰です。反射板も健在。
蛇谷ヶ峰を眺めながらしばし休憩。
2019年09月15日 08:02撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇谷ヶ峰を眺めながらしばし休憩。
1
釣瓶岳方面へ向かいます。
2019年09月15日 08:02撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釣瓶岳方面へ向かいます。
1
蓬莱山を左手に見ながら稜線を進みます。
2019年09月15日 08:03撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬莱山を左手に見ながら稜線を進みます。
また、その奥には鈴鹿山脈が見えています。
2019年09月15日 08:03撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また、その奥には鈴鹿山脈が見えています。
1
東側には若干雲が出ていますが、快晴!。気持ちいい。
2019年09月15日 08:04撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側には若干雲が出ていますが、快晴!。気持ちいい。
イクワタ峠に到着。
2019年09月15日 08:04撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イクワタ峠に到着。
更に標高が上がり鈴鹿が良く見える。
2019年09月15日 08:18撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に標高が上がり鈴鹿が良く見える。
1
ピークに向かって登ります。
2019年09月15日 08:18撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークに向かって登ります。
1
釣瓶岳山頂です。残念ながら展望はあまりよくありません。
2019年09月15日 08:35撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釣瓶岳山頂です。残念ながら展望はあまりよくありません。
標識左手から登ってきました。
2019年09月15日 08:39撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識左手から登ってきました。
1
正面に武奈ヶ岳を捉えました。
2019年09月15日 08:56撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に武奈ヶ岳を捉えました。
釣瓶岳からしばし下って細川越です。標識が地面においてありますが、方角は合っています。
2019年09月15日 09:03撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釣瓶岳からしばし下って細川越です。標識が地面においてありますが、方角は合っています。
振り返ると釣瓶岳のピークです。
2019年09月15日 09:23撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると釣瓶岳のピークです。
さて後は武奈ヶ岳。細川越からの登りはルートは明瞭なのですが、藪の中を進む感じで暑い。
2019年09月15日 09:25撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて後は武奈ヶ岳。細川越からの登りはルートは明瞭なのですが、藪の中を進む感じで暑い。
もう少しかな。
2019年09月15日 09:32撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しかな。
山頂見えた。
2019年09月15日 09:34撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂見えた。
2
歩いてきた稜線を眺めながら昼食休憩。
2019年09月15日 09:37撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線を眺めながら昼食休憩。
御殿山方面。
2019年09月15日 09:37撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿山方面。
蓬莱山のスキー場がよく見える。
2019年09月15日 09:56撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬莱山のスキー場がよく見える。
展望を楽しんだので下山します。
2019年09月15日 10:01撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望を楽しんだので下山します。
遠くの雲が秋っぽいですね。
2019年09月15日 10:02撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くの雲が秋っぽいですね。
振り返ると武奈のピークにガスが
2019年09月15日 10:12撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると武奈のピークにガスが
中峠まで降りてきました。
2019年09月15日 10:20撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中峠まで降りてきました。
ミドリがきれい。
2019年09月15日 10:44撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミドリがきれい。
夏冬ルートの分岐まで下りました。
2019年09月15日 10:53撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏冬ルートの分岐まで下りました。
明王院に到着。
2019年09月15日 11:37撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明王院に到着。
12時前に下山できました。しかし天気が良くふもとの気温は29℃でした。
2019年09月15日 11:42撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時前に下山できました。しかし天気が良くふもとの気温は29℃でした。
デポっておいた自転車で、車の回収に向かいます。5劼曚匹離汽ぅリングです。
2019年09月15日 11:43撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デポっておいた自転車で、車の回収に向かいます。5劼曚匹離汽ぅリングです。
1
最後は朽木てんくう温泉で汗を流しました。
2019年09月15日 13:06撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は朽木てんくう温泉で汗を流しました。

感想/記録

当初計画は土日のテント泊で蛇谷ヶ峰から武奈ヶ岳まで歩く予定でしたが、土曜日に痛恨の寝過ごし!。気が付くと既に9時を回っており、あえなく計画倒れとなりました。
しかも天気は快晴ときており明日も良好の様子。出遅れた土曜日は仕方なく家の用事にいそしみ、翌日に距離も縮めて栃生から釣瓶岳経由の武奈ヶ岳の日帰り計画とし、自転車を繰り出してのプチ縦走としました。

翌日4時半に家を出て、坊村で一旦自転車をデポし、そこから国道を北上し栃生のバス停裏に駐車、向かいの林道から取り付きます。
林道からの取り付き直後に、最初杣道か登山道か若干?となりましたが、すぐに明瞭ルートとなり標識とテープに従い展望のない釣瓶岳に到着。細川越から武奈ヶ岳までのヤブが少々うるさいですが、3時間半ほどでブナのピークに到着。

登り途中は日差しも相まって結構汗だくでしたが、ピークでは涼しい風が吹き抜け一気にクールダウン、晴天と風が丁度良い心地で赤とんぼも乱舞しすっかり初秋の風情。丁度、夏から秋への移り変わりの時期の様子。
坊村への下り途中でもかなりの登山者とすれ違い相変わらず人気の山です。

坊村に下山後は駐車場で靴を履き替え、自転車でのんびり安曇川沿いのキャンプやBBQ客を眺めながら北上、栃生バス停で車を回収後てんくう温泉で汗を流して帰路に着きました。
高山はそろそろ色づきだしているようですが、近辺の山々はこれから。紅葉が待ち遠しくなってきました。

おわり


訪問者数:115人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ