また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2039158 全員に公開 ハイキング 白馬・鹿島槍・五竜

祖母谷温泉〜唐松岳〜白馬八方

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年09月27日(金) 〜 2019年09月28日(土)
メンバー
天候■9/27 晴れ
■9/28 山頂付近霧雨、その他は曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
■往路9/26
上野(1130)=はくたか561=黒部宇奈月温泉(1344)〜徒歩数分〜新黒部(1413)=富山地鉄特急くろべ25=宇奈月温泉(1432)〜徒歩5分〜宇奈月(1456)=黒部峡谷鉄道=欅平(1618)〜徒歩50分〜祖母谷温泉(1700)
■帰路9/28
黒菱平(745)=アルペンクワッドリフト、ゴンドラアダム=八方駅(800)〜徒歩15分〜白馬八方BT(915)=高速バス=バスタ新宿(1430)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間2分
休憩
31分
合計
8時間33分
S祖母谷温泉04:0806:03南越峠06:0406:38餓鬼ノ田圃06:3907:22餓鬼山避難小屋07:4307:45ニゴリ沢ノ頭08:25餓鬼山08:3309:26大黒銅山跡12:41唐松岳頂上山荘
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
大黒鉱山跡過ぎでGPSログ漏れあり。なお、山頂から八方はログ省略。
コース状況/
危険箇所等
祖母谷は、docomoの携帯繋がらないので、ネットでの情報入手は欅平で済ませる。auは繋がる?との情報有り。
祖母谷〜唐松について。全般的に、地形的に道迷いしそうな箇所には、全て進入禁止のロープ張られている感じで道迷いのいリスクは少ないと思われる。餓鬼山前後は特に痩せ尾根で猿猴沢側はほぼ全部急斜面、転落注意。また、歩行時間、距離が長いのと、避難小屋の位置が地図と異なるのに注意(下記に記述)。
■祖母谷温泉〜南越峠
沢沿い左岸につけられた道で、滑落注意。右岸に渡渉するような箇所ない。合流する枝沢はあるが問題なし。自分は祖母谷4時出発でヘッドランプつけての登山なので、慎重に進んだ。沢上部の枝沢で水補給可。一番上部の正式な水場(登山道上に標識ある所)は水量少ない。下で汲んだ方が賢明かも。
■南越峠〜餓鬼の田圃〜餓鬼山避難小屋
登山道に問題ないが、餓鬼山避難小屋の位置が、2008年版山と高原地図、ヤマレコDL地図、国土地理院地図(1/25000)全て位置が異なる。過去に移設したのでしょうか。地図位置の場所には避難小屋まで0.4km標識有り。正しくは餓鬼山側に進んだ、標高1900m付近です。ヤマレコ避難小屋情報は正しい。Geographicaのアプリ併用しているが、正しい位置にも表記有り。
■餓鬼山避難小屋〜餓鬼山
痩せ尾根で猿猴沢側はほぼ全部急斜面、転落注意。但し、梯子、ロープ等の補助有り通過自体に問題はない。千葉在住だが、丹沢山塊の痩せ尾根に似てると思った。
■餓鬼山〜大黒鉱山跡
大黒鉱山跡付近は、緊急時のビバーク適地。水場への道も登山道並みにわかりやすい。水量多い普通の沢で湧水でないが、本当にそのまま飲んで大丈夫なのかな。自分は煮沸しました。
■大黒鉱山跡〜唐松頂上山荘
かなりきつい登りで、バテました。早くから五竜山荘が見えるのだが、唐松頂上山荘が見え始めてからトラバース気味に通過、鎖もあり慎重に歩けば問題ない。
その他周辺情報■祖母谷温泉 テント600円、入浴料600円(テント泊含め宿泊者は24h入浴可。シャンプー、石鹸有り)
■唐松頂上山荘 テント1200円、水は天水で有料(1.5lの場合、230円)。たらみのどっさりみかん(ゼリー)300円、山で食べるとめっちゃ美味い。缶コーラ400円。
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

写真

南越沢沿の水場標識
2019年09月27日 06:04撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南越沢沿の水場標識
南越沢沿の標識のある水場。
2019年09月27日 06:05撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南越沢沿の標識のある水場。
南越峠付近。登山道が平で広くなった箇所有り。、緊急時ビバーク可。
2019年09月27日 06:11撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南越峠付近。登山道が平で広くなった箇所有り。、緊急時ビバーク可。
劔岳が見えた。docomo電波入ったので、天気予報等チェック。
2019年09月27日 07:10撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔岳が見えた。docomo電波入ったので、天気予報等チェック。
2
餓鬼山避難小屋
2019年09月27日 07:24撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼山避難小屋
1
餓鬼山避難小屋。ここでサングラス装着。
2019年09月27日 07:24撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼山避難小屋。ここでサングラス装着。
1
避難小屋以降は、痩せ尾根。特に北側の崩壊が著しい。
2019年09月27日 07:55撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋以降は、痩せ尾根。特に北側の崩壊が著しい。
梯子、ロープ多数。テント装備重く大変。
2019年09月27日 08:06撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子、ロープ多数。テント装備重く大変。
餓鬼山山頂の標識。山頂は僅かに登山道からそれる。
2019年09月27日 08:24撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼山山頂の標識。山頂は僅かに登山道からそれる。
1
餓鬼山山頂より、天狗の大下り、不帰の剣。晴れてよかった。
2019年09月27日 08:25撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼山山頂より、天狗の大下り、不帰の剣。晴れてよかった。
4
餓鬼山山頂標識の所から、重々しく威厳ある五竜岳を見ながら大黒鉱山跡方面へ下る。
2019年09月27日 08:34撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼山山頂標識の所から、重々しく威厳ある五竜岳を見ながら大黒鉱山跡方面へ下る。
稜線左下のコル部分に五竜山荘の屋根が太陽の光に反射されて位置がよくわかる。
2019年09月27日 08:35撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線左下のコル部分に五竜山荘の屋根が太陽の光に反射されて位置がよくわかる。
ロープ張られているが、慎重に。
2019年09月27日 08:51撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ張られているが、慎重に。
痩せ尾根崩壊箇所多数。
2019年09月27日 08:54撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根崩壊箇所多数。
1
大黒鉱山跡の標識
2019年09月27日 09:27撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大黒鉱山跡の標識
北側に池があるのは、現地で初めて知った。
2019年09月27日 09:27撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側に池があるのは、現地で初めて知った。
1
大黒鉱山跡の変色した砂礫。
2019年09月27日 09:27撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大黒鉱山跡の変色した砂礫。
大黒鉱山跡から少し進んだ所に水場標識。行き7分、帰り8分とのこと。
2019年09月27日 09:34撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大黒鉱山跡から少し進んだ所に水場標識。行き7分、帰り8分とのこと。
水場への道。写真だと藪っぽいですが、道は明瞭。
2019年09月27日 09:35撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場への道。写真だと藪っぽいですが、道は明瞭。
水場の沢が見えてきた。
2019年09月27日 09:38撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場の沢が見えてきた。
水場の沢。湧水でないから自分は煮沸。
2019年09月27日 09:39撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場の沢。湧水でないから自分は煮沸。
ここから唐松まで急登が始まる。振り返れば、餓鬼山。
2019年09月27日 11:16撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから唐松まで急登が始まる。振り返れば、餓鬼山。
2
中央に劔岳。
2019年09月27日 11:17撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央に劔岳。
2
近づいた五竜岳。
2019年09月27日 11:17撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近づいた五竜岳。
3
唐松頂上山荘が見えたら、トラバース気味に進む。鎖場多し。
2019年09月27日 11:39撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松頂上山荘が見えたら、トラバース気味に進む。鎖場多し。
1
唐松頂上山荘は3回目で、ようやく晴れて唐松岳を拝めました。
2019年09月27日 12:43撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松頂上山荘は3回目で、ようやく晴れて唐松岳を拝めました。
5
今回は久々にエアライズ。10年以上前はアライテントだらけだったのに、最近めっきり減ってサビシイ。
2019年09月27日 17:02撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は久々にエアライズ。10年以上前はアライテントだらけだったのに、最近めっきり減ってサビシイ。
オレンジのフライシートは視認性高いのがよく分かる。一番右にオレンジ色が3張り、一番上が自分のです。下に行くほどトイレが遠くなる。早めに到着して、上部に張りましょう。
2019年09月27日 17:24撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オレンジのフライシートは視認性高いのがよく分かる。一番右にオレンジ色が3張り、一番上が自分のです。下に行くほどトイレが遠くなる。早めに到着して、上部に張りましょう。
1
サンセットの唐松岳山頂。左背後に剣。
2019年09月27日 17:34撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンセットの唐松岳山頂。左背後に剣。
3
ひこーき雲
2019年09月27日 17:36撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひこーき雲
2
おつかれ様でした
2019年09月27日 17:53撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おつかれ様でした
2
おやすみなさい
2019年09月27日 18:02撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おやすみなさい
2
撮影機材:
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:575人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ