また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2048112 全員に公開 アルパインクライミング アジア

マナスル8163m

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年09月03日(火) ~ 2019年09月30日(月)
メンバー , その他メンバー12人
天候2019年秋のマナスルの天候は悪かった
アクセス
利用交通機関
飛行機
カトマンズからサマゴンまで往復ヘリコプター移動

マナスル登山手配先
http://kland.jp/himaraya/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間44分
休憩
0分
合計
1時間44分
S9月7日 サマゴン08:4610:30サマゴンの丘10:30サマゴン
2日目
山行
6時間5分
休憩
0分
合計
6時間5分
9月8日 サマゴン08:3312:38サマゴンの丘14:38サマゴン
3日目
山行
7時間9分
休憩
0分
合計
7時間9分
9月9日 サマゴン08:4415:53マナスルベースキャンプ
4日目
山行
7時間12分
休憩
3分
合計
7時間15分
9月12日 マナスルベースキャンプ08:4513:57キャンプ114:0016:00マナスルベースキャンプ
5日目
山行
4時間55分
休憩
0分
合計
4時間55分
9月14日マナスルベースキャンプ11:0516:00キャンプ1
6日目
山行
6時間22分
休憩
0分
合計
6時間22分
9月15日キャンプ108:2612:00標高600014:48ベースキャンプ
7日目
山行
2時間9分
休憩
0分
合計
2時間9分
9月19日 ベースキャンプ 13:1515:24サマゴン
8日目
山行
6時間5分
休憩
0分
合計
6時間5分
9月23日 サマゴン10:1616:21ベースキャンプ
9日目
山行
5時間2分
休憩
0分
合計
5時間2分
9月24日 ベースキャンプ10:5615:58キャンプ1
10日目
山行
6時間37分
休憩
0分
合計
6時間37分
9月24日 キャンプ107:3014:07キャンプ2
11日目
山行
4時間14分
休憩
5時間0分
合計
9時間14分
9月25日 キャンプ208:4613:00キャンプ318:0001:00キャンプ3
12日目
山行
19時間19分
休憩
12分
合計
19時間31分
9月26日 キャンプ301:3009:02マナスル09:1421:01ベースキャンプ
13日目
山行
4時間0分
休憩
0分
合計
4時間0分
9月27日 ベースキャンプ18:0022:00サマゴン
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今秋はマナスル山域の天候が悪かった
エベレストベースキャンプは9月半ばには天候回復の見込みなしと早々に閉鎖決定
このような悪条件のなか我々もマナスルベースキャンプから3回高度順応登山をして体調を整える予定だったが、天候不良のため2回の高度順応でアタックしなければならなくなった。
各種の天気予報を調査して殆どの登山隊が9月28日登頂を目指して登山計画を立てた
9月29日以降は大荒予報が続き、今期は登頂できる可能性が無い

僕は9月28日午後から荒れる予報をサマゴンの街で目にしていた
登頂開始まえにDendiシェルパに「ホントに大丈夫か?」と確認したが「いろんな天気予報が28日登頂が最善と言ってる」とのコト
多くの隊が28日登頂目指して行動していた
それでも僕は心配だった

キャンプ1からキャンプ2へ登攀中 野口健氏にその話をしたところ
「キャンプ4を飛ばすのもアリかもですね」
と云われ、Dendiシェルパにその旨を進言し採用された

体力的にはキツイがキャンプ2からキャンプ3到着後に数時間仮眠、19時に出発しキャンプ4飛ばしを行い他の隊より一日早くネパール時間9月27日9時00分マナスル山頂に登頂

9月28日は天気予報がハズレ、稜線は朝から大荒れ、
多くの隊は登頂を諦め下山
今期のマナスル登山期は幕を閉じた

ホンの一日のスキをついて登れた我々はラッキーだった
コース状況/
危険箇所等
ベースキャンプからキャンプ1
ロープ場一ヶ所あるがさほど難易度は高くない

キャンプ1からキャンプ2
アイスフォール 垂壁登攀等が数か所あるマナスル登山核心部分

キャンプ2からキャンプ3
さほどの難所は無い

キャンプ3からキャンプ4
一ヶ所ホンの短い距離だが垂壁登攀があり、下山時には渋滞ポイントとなる

キャンプ4から頂上
頂上付近以外はFIXロープもなく危険個所はない
頂上は狭隘で危険
混雑時は少し下の小さなスペースを頂上とみなし折り返す
その他周辺情報サマゴンは電線は通っているが電気は来ていない
天気が良ければソーラーパネルWifiが入る

ベースキャンプは有料Wifiが有るが、サマゴン(ソーラーパネル電源)から電波を飛ばすため晴れの少ない今年は殆ど繋がらない
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ 長袖インナー ソフトシェル ハードシェル ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 日よけ帽子 毛帽子 着替え ザック ザックカバー アイゼン 昼ご飯 飲料 水筒(保温性) ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ テントマット シェラフ クライミングシューズ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ スリング ロープスリング アッセンダー

Myアイテム  

keijikeiji 重量:-kg

写真

9月3日
関西空港からキャセイパシフィックで出発
2019年09月03日 08:35撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月3日
関西空港からキャセイパシフィックで出発
香港空港で乗り継ぎ
香港からカトマンズまで毎日就航ではないが、キャセイパシフィックが最短で(ネパール航空を除く)カトマンズ入りできる
2019年09月03日 18:17撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
香港空港で乗り継ぎ
香港からカトマンズまで毎日就航ではないが、キャセイパシフィックが最短で(ネパール航空を除く)カトマンズ入りできる
カトマンズ空港到着

キャセイパシフィック(キャセイドラゴン)航空にて深夜カトマンズ空港到着
ホテルへ
2019年09月03日 21:26撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カトマンズ空港到着

キャセイパシフィック(キャセイドラゴン)航空にて深夜カトマンズ空港到着
ホテルへ
Dendiシェルパと合流
Dendiがエクスペディションリーダー

今回は我がKland隊とAG隊がDendiをリーダーとして合同で行動
2019年09月04日 13:34撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Dendiシェルパと合流
Dendiがエクスペディションリーダー

今回は我がKland隊とAG隊がDendiをリーダーとして合同で行動
9月4日
タメルの街
二日目は色々と買い出し
カトマンズ・タメル地区で高所登山に必要なものは総て調達できる
日本で購入するより殆どのブランド物は安い
2019年09月04日 18:44撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月4日
タメルの街
二日目は色々と買い出し
カトマンズ・タメル地区で高所登山に必要なものは総て調達できる
日本で購入するより殆どのブランド物は安い
9月5日
プジャ(祈祷)
安全登山語を祈願してもらう
2019年09月05日 08:22撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月5日
プジャ(祈祷)
安全登山語を祈願してもらう
聖水をいただき首にお守りのペンダントを付けてもらう
登山中はこのペンダントを外してはいけない
2019年09月05日 08:32撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖水をいただき首にお守りのペンダントを付けてもらう
登山中はこのペンダントを外してはいけない
ボダナート
高さ約36mのネパール最大のチベット仏教の巨大仏塔(ストゥーパ)
皆で参拝
2019年09月05日 09:04撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボダナート
高さ約36mのネパール最大のチベット仏教の巨大仏塔(ストゥーパ)
皆で参拝
パーミッション(登山許可書)を取得
2019年09月05日 11:37撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パーミッション(登山許可書)を取得
9月6日
カトマンズ空港からヘリコプターでサマゴンへ移動
2019年09月06日 11:38撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月6日
カトマンズ空港からヘリコプターでサマゴンへ移動
サマゴン3500m到着

クルマを利用したルートだと4日かかるところを40分で到着
2019年09月06日 13:13撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サマゴン3500m到着

クルマを利用したルートだと4日かかるところを40分で到着
ヘリコプター到着後サマゴンの街を散歩

いきなり3500mで休憩すると高山病になるので、先ずは街を散策
2019年09月06日 15:50撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘリコプター到着後サマゴンの街を散歩

いきなり3500mで休憩すると高山病になるので、先ずは街を散策
9月7日
サマゴンの宿

電気は来ておらず太陽光発電で夜間の電気やWifiの電源を賄う
裏山を標高3900mまで散歩登山
2019年09月07日 07:03撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月7日
サマゴンの宿

電気は来ておらず太陽光発電で夜間の電気やWifiの電源を賄う
裏山を標高3900mまで散歩登山
マナスル登山ウェルカムパーティー

コックさん手作りケーキ
2019年09月07日 18:58撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マナスル登山ウェルカムパーティー

コックさん手作りケーキ
マナスル登山の全スタッフ
シェルパ6名 コック2名 キッチンボーイ1名 ポーター1名
2019年09月07日 19:02撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マナスル登山の全スタッフ
シェルパ6名 コック2名 キッチンボーイ1名 ポーター1名
9月8日
朝イチから共同装備重量計測
これらをロバでベースキャンプへ荷揚げを行い、先にベースキャンプ作りを始める
2019年09月08日 07:04撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月8日
朝イチから共同装備重量計測
これらをロバでベースキャンプへ荷揚げを行い、先にベースキャンプ作りを始める
サマゴンから高所順応散歩
4000m程度まで登る
2019年09月08日 10:29撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サマゴンから高所順応散歩
4000m程度まで登る
1
サマゴンの丘4000m
2019年09月08日 12:21撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サマゴンの丘4000m
サマゴンの丘の途中に寺院がある
街から毎日、信心深い人が参拝に来るそうだ
2019年09月08日 13:06撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サマゴンの丘の途中に寺院がある
街から毎日、信心深い人が参拝に来るそうだ
1
ベースキャンプまで川を何回も渡る
このように立派な?橋もあるが渡渉も数か所る
2019年09月08日 14:13撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベースキャンプまで川を何回も渡る
このように立派な?橋もあるが渡渉も数か所る
1
9月9日
ベースキャンプ4800mへ出発
サマゴン3500mから1300m登ってベースキャンプへ
因みにこの段階で陸路で運ばれた僕の荷物は手許に届いていない
結果的にカトマンズから6日間かけて後日ベースキャンプへ直送された
2019年09月09日 08:45撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月9日
ベースキャンプ4800mへ出発
サマゴン3500mから1300m登ってベースキャンプへ
因みにこの段階で陸路で運ばれた僕の荷物は手許に届いていない
結果的にカトマンズから6日間かけて後日ベースキャンプへ直送された
ロバ
我々の荷物を運び上げる
標高5000mまではロバが活躍
この付近の登山道はロバの糞でドロドロ
2019年09月09日 10:55撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロバ
我々の荷物を運び上げる
標高5000mまではロバが活躍
この付近の登山道はロバの糞でドロドロ
渡渉

後日
独りで雨の中、ベースキャンプへ登り返すとき、増水しており、この場所での渡渉に苦労した
2019年09月09日 13:25撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉

後日
独りで雨の中、ベースキャンプへ登り返すとき、増水しており、この場所での渡渉に苦労した
目の前で氷河が次々と轟音をたてて崩落していく

後日、この場所の氷河は後退して無くなっていた
2019年09月09日 14:02撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前で氷河が次々と轟音をたてて崩落していく

後日、この場所の氷河は後退して無くなっていた
ベースキャンプ(4800m)到着
2019年09月09日 15:55撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベースキャンプ(4800m)到着
9月10日 休息日
数少ないベースキャンプの晴れの光景
昼からは雨天

べースキャンプ滞在中の殆どは曇っており眺望が効かなかった
2019年09月10日 07:20撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月10日 休息日
数少ないベースキャンプの晴れの光景
昼からは雨天

べースキャンプ滞在中の殆どは曇っており眺望が効かなかった
2
ベースキャンプドームテント

後日の大雪でこのドームテントは破壊される
2019年09月11日 07:01撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベースキャンプドームテント

後日の大雪でこのドームテントは破壊される
9月11日 休息日
数少ない晴れのベースキャンプ(4800m)

他の日は日光が差し込まないのでソーラーパネル発電も殆どできず、多くのキャラバンが電気不足で悩まされる
2019年09月11日 09:32撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月11日 休息日
数少ない晴れのベースキャンプ(4800m)

他の日は日光が差し込まないのでソーラーパネル発電も殆どできず、多くのキャラバンが電気不足で悩まされる
1
プジャ(祈祷)
ベースキャンプでもプジャをしてもらう
このプジャ、4時間もかかり、祈祷してもらう我々も疲れた
2019年09月11日 09:57撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プジャ(祈祷)
ベースキャンプでもプジャをしてもらう
このプジャ、4時間もかかり、祈祷してもらう我々も疲れた
1
祈祷中
最初はこのように全員で祈祷してもらっていたが15分もすれば集中力が切れてバラバラになった…
2019年09月11日 10:02撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祈祷中
最初はこのように全員で祈祷してもらっていたが15分もすれば集中力が切れてバラバラになった…
聖水と首輪をはめてもらう
2019年09月11日 12:29撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖水と首輪をはめてもらう
プジャ記念撮影
2019年09月11日 12:35撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プジャ記念撮影
9月12日
キャンプ1(5600m)へ高度順応登山
日帰りでキャンプ1へ登山

ガスガスの登山で眺望はなかった
キャンプ1にて暫しの休憩 ホンの一瞬の晴れ間の撮影
夕方ベースキャンプへ下山
2019年09月12日 14:50撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月12日
キャンプ1(5600m)へ高度順応登山
日帰りでキャンプ1へ登山

ガスガスの登山で眺望はなかった
キャンプ1にて暫しの休憩 ホンの一瞬の晴れ間の撮影
夕方ベースキャンプへ下山
クランポンポイント

ベースキャンプからここまではクランポンを利用しないので、下山時はここに残置された青コンテナにクランポンを収納する
2019年09月12日 16:14撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クランポンポイント

ベースキャンプからここまではクランポンを利用しないので、下山時はここに残置された青コンテナにクランポンを収納する
9月13日 休息日

酸素ボンベ
一本5キロ
超軽量化の為隔壁が薄く、日本の保安基準に満たない
2019年09月13日 12:47撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月13日 休息日

酸素ボンベ
一本5キロ
超軽量化の為隔壁が薄く、日本の保安基準に満たない
9月14日
再度 キャンプ1(5600m)へ一泊二日の高所順応登山
当初の予定では二日目にキャンプ2まで行く予定だった
2019年09月14日 09:07撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月14日
再度 キャンプ1(5600m)へ一泊二日の高所順応登山
当初の予定では二日目にキャンプ2まで行く予定だった
ロープ場
ベースキャンプの直上に一か所ロープ場がある
この先はキャンプ1上部までこのようような場所はない
2019年09月14日 12:25撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ場
ベースキャンプの直上に一か所ロープ場がある
この先はキャンプ1上部までこのようような場所はない
ロープ場から広大なベースキャンプを振り返る
我々のテントサイトは見えない
2019年09月14日 12:30撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ場から広大なベースキャンプを振り返る
我々のテントサイトは見えない
キャンプ1(5600m)到着

曇天で全く展望はない
2019年09月14日 16:02撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ1(5600m)到着

曇天で全く展望はない
9月15日
キャンプ1からキャンプ2を目指す

前夜 テント内で気管支炎になった
呼吸する際、気管支がヒリヒリと痛くなる
気管支炎のため咳も出始めた
咳止めを飲むと、副作用で吐き気がする
仕方ないので咳止めを止めてひたすら一晩耐える

寝起きの心拍数が140近くなり少し歩くだけで心臓バクバク
2019年09月15日 09:02撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月15日
キャンプ1からキャンプ2を目指す

前夜 テント内で気管支炎になった
呼吸する際、気管支がヒリヒリと痛くなる
気管支炎のため咳も出始めた
咳止めを飲むと、副作用で吐き気がする
仕方ないので咳止めを止めてひたすら一晩耐える

寝起きの心拍数が140近くなり少し歩くだけで心臓バクバク
2
キャンプ2を目指すが皆に付いて行くコトが出来ない
心臓がバクバクと動き苦しくて仕方がない
独りで頑張って12時まで登る
12時、標高6000m地点まで登り下山開始

降りは単独で快調に歩く
2019年09月15日 11:57撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ2を目指すが皆に付いて行くコトが出来ない
心臓がバクバクと動き苦しくて仕方がない
独りで頑張って12時まで登る
12時、標高6000m地点まで登り下山開始

降りは単独で快調に歩く
1
山を独り駆け下りてベースキャンプへ
ベースキャンプ到着後キッチンテントに入り日本のインスタントラーメンを作ってもらう
日本の味が一番落ち着く

その後シャワーを浴びて気分サッパリ
2019年09月15日 15:08撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山を独り駆け下りてベースキャンプへ
ベースキャンプ到着後キッチンテントに入り日本のインスタントラーメンを作ってもらう
日本の味が一番落ち着く

その後シャワーを浴びて気分サッパリ
9月16日 休息日
ベースキャンプ滞在中 Dendi隊に居るお客様のドクターAを呼ぶ声が聞こえた

僕がテントから顔を出すと急病人がダイニングテントへ運び込まれたとのコト
話を聞くと肺水腫のようだ

ダイニングへ行くと大柄の白人が酸素マスクを口にあて座っている
酸素を吸っているからだろう酸素飽和度は90台だが心拍数速く微熱、咳があり具合が悪そうだ
ドクターAが駆けつけ、検診、打診、ラ音の確認等を行う 僕は助手をする
患者いわく、キャンプ1(5600m)から調子が悪かったモノの皆には隠してキャンプ2(6300m)まで行って全く動けなくなったそうだ

彼に
「何か欲しい(飲食物)は無いか?」
と聞くと
「ホットレモンともう一度チャンスを…」
と言って大泣きし始めた
ホットレモンを飲みながら大男が全身を震わせ泣いている
彼の気持ちが痛い程判る
俺も一月のアコンカグアで同じように救出され飲食物を貰ってから嗚咽した。
俺も半泣きになりながら彼の肌をただただ擦り、慰めるしかなかった

ドクターAは直ぐにカトマンズへ降ろすように指示
ヘリコプターは悪天候で飛んで来れない。仕方がないので、彼はふらふらではあるが、歩いてサマゴン(3500m)へ下山していった
明日ヘリコプターでサマゴンからカトマンズへ運ばれる



夜 Dendiの機嫌がすこぶる良い
「明日、カトマンズから新鮮な野菜がいっぱい来るネ♥️」
「野菜いっぱい手配したね♥️」
「彼(急患)を迎えに来るヘリコプターにいっぱい荷物運んで来るネ♥️」
さすがDendi抜け目が無い(笑)



更に後日談
Da Dendi Sherpaが怒ってる
「野菜が盗まれた!」
「誰が盗んだ判ってる●●●●●●●だ!ロバが野菜をいっぱい持って上がって来た!」
「だけど仕方(証拠)が無い」

そりゃそうだ 野菜に名前は書いて無い…
2019年09月17日 18:33撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月16日 休息日
ベースキャンプ滞在中 Dendi隊に居るお客様のドクターAを呼ぶ声が聞こえた

僕がテントから顔を出すと急病人がダイニングテントへ運び込まれたとのコト
話を聞くと肺水腫のようだ

ダイニングへ行くと大柄の白人が酸素マスクを口にあて座っている
酸素を吸っているからだろう酸素飽和度は90台だが心拍数速く微熱、咳があり具合が悪そうだ
ドクターAが駆けつけ、検診、打診、ラ音の確認等を行う 僕は助手をする
患者いわく、キャンプ1(5600m)から調子が悪かったモノの皆には隠してキャンプ2(6300m)まで行って全く動けなくなったそうだ

彼に
「何か欲しい(飲食物)は無いか?」
と聞くと
「ホットレモンともう一度チャンスを…」
と言って大泣きし始めた
ホットレモンを飲みながら大男が全身を震わせ泣いている
彼の気持ちが痛い程判る
俺も一月のアコンカグアで同じように救出され飲食物を貰ってから嗚咽した。
俺も半泣きになりながら彼の肌をただただ擦り、慰めるしかなかった

ドクターAは直ぐにカトマンズへ降ろすように指示
ヘリコプターは悪天候で飛んで来れない。仕方がないので、彼はふらふらではあるが、歩いてサマゴン(3500m)へ下山していった
明日ヘリコプターでサマゴンからカトマンズへ運ばれる



夜 Dendiの機嫌がすこぶる良い
「明日、カトマンズから新鮮な野菜がいっぱい来るネ♥️」
「野菜いっぱい手配したね♥️」
「彼(急患)を迎えに来るヘリコプターにいっぱい荷物運んで来るネ♥️」
さすがDendi抜け目が無い(笑)



更に後日談
Da Dendi Sherpaが怒ってる
「野菜が盗まれた!」
「誰が盗んだ判ってる●●●●●●●だ!ロバが野菜をいっぱい持って上がって来た!」
「だけど仕方(証拠)が無い」

そりゃそうだ 野菜に名前は書いて無い…
2
9月18日
雪が降った
今日か明日あたり、キャンプ3まで順応登山へ出かけようと予定されていたが,雪が降った直後は雪崩の危険があるため3日間は行動停止
他の隊も含めみなベースキャンプで足止めを喰らう
2019年09月18日 06:35撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月18日
雪が降った
今日か明日あたり、キャンプ3まで順応登山へ出かけようと予定されていたが,雪が降った直後は雪崩の危険があるため3日間は行動停止
他の隊も含めみなベースキャンプで足止めを喰らう
9月19日
深夜大雪が降った
朝イチからシェルパ達総出で雪かき

シャベルが無いのでシェルパ達はお盆で雪かき
2019年09月19日 07:51撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月19日
深夜大雪が降った
朝イチからシェルパ達総出で雪かき

シャベルが無いのでシェルパ達はお盆で雪かき
雪が積もれば自然と雪合戦がアチコチで始まる
2019年09月19日 07:53撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が積もれば自然と雪合戦がアチコチで始まる
シェルパの雪かき

仕事なのか遊びなのか?みんな、シェルパ達はとても楽しそう
2019年09月19日 08:00撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シェルパの雪かき

仕事なのか遊びなのか?みんな、シェルパ達はとても楽しそう
野口隊と記念撮影
昨日9月18日、野口健氏がベースキャンプへ登ってきたと聞いたので挨拶へ
彼らは当初10月5日登頂予定だった
2019年09月19日 10:27撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野口隊と記念撮影
昨日9月18日、野口健氏がベースキャンプへ登ってきたと聞いたので挨拶へ
彼らは当初10月5日登頂予定だった
2
ポータと一緒に下山
大雪が降ったので3日間は行動停止
濃い空気を吸って高所順応の超回復のため一人サマゴンの街へ下山

朝イチ40キロの歩荷して登ってきたポータが生ゴミを持って下山
生ゴミの汁が滴る大きな荷物を背負いスイスイと歩く
2019年09月19日 13:26撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポータと一緒に下山
大雪が降ったので3日間は行動停止
濃い空気を吸って高所順応の超回復のため一人サマゴンの街へ下山

朝イチ40キロの歩荷して登ってきたポータが生ゴミを持って下山
生ゴミの汁が滴る大きな荷物を背負いスイスイと歩く
2
雪の急下降
僕は軽アイゼンを付けていた
ポータはツボ足で滑りまくる
僕のストック2本をポーターへ貸して歩いてもらう

ポーターの雪で靴はグチャグチャ
ペラペラの運動靴にビニール袋を靴下にして歩く
2019年09月19日 13:28撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の急下降
僕は軽アイゼンを付けていた
ポータはツボ足で滑りまくる
僕のストック2本をポーターへ貸して歩いてもらう

ポーターの雪で靴はグチャグチャ
ペラペラの運動靴にビニール袋を靴下にして歩く
1
ポーターはペラペラの運動靴に大きな荷物を背負っている
渡渉もドボン、ロバの糞も関係なくグチャ!
彼は走るように4800mから3500mまで山を2時間で一気に駆けおりる
2019年09月19日 14:01撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポーターはペラペラの運動靴に大きな荷物を背負っている
渡渉もドボン、ロバの糞も関係なくグチャ!
彼は走るように4800mから3500mまで山を2時間で一気に駆けおりる
ポーターのブッダ21歳

歩荷代は一キロあたり120円程度
平均月収2,000円程度のこの街では超高給とりである
2019年09月19日 14:32撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポーターのブッダ21歳

歩荷代は一キロあたり120円程度
平均月収2,000円程度のこの街では超高給とりである
ニワトリ購入
宿では食料として生きたままのニワトリを購入
後日 食卓にならぶ
2019年09月19日 16:14撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニワトリ購入
宿では食料として生きたままのニワトリを購入
後日 食卓にならぶ
9月20日
ベースキャンプ方面の眺め

雪の稜線が左の稜線に差し掛かる左端がベースキャンプ
この宿の太陽光発電の調子が悪く、Wifiが繋がらないため宿を変える
2019年09月20日 07:53撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月20日
ベースキャンプ方面の眺め

雪の稜線が左の稜線に差し掛かる左端がベースキャンプ
この宿の太陽光発電の調子が悪く、Wifiが繋がらないため宿を変える
1
ロバの行列
サマゴンの街の物流の要
クルマの入る街から標高5100mの峠を越え3日間かけて荷物を運んでくる
2019年09月20日 13:29撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロバの行列
サマゴンの街の物流の要
クルマの入る街から標高5100mの峠を越え3日間かけて荷物を運んでくる
「ツナスパゲティー」を頼んだら「ツナ焼きそば」が出てきた
とてもウマい
2019年09月20日 13:44撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ツナスパゲティー」を頼んだら「ツナ焼きそば」が出てきた
とてもウマい
サマゴンの街の子供
野口健氏の小学校が有ることもあり、街に笑顔の子供が溢れている
2019年09月20日 14:39撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サマゴンの街の子供
野口健氏の小学校が有ることもあり、街に笑顔の子供が溢れている
9月21日
さぁ ベースキャンプへ向けて宿を出発
2泊して体調も回復‼
そぅそぅ念のためベースキャンプのDenndiシェルパへ連絡
「まだ出発しないから、ベースキャンプへ今日は戻ら無くて良いよ〜」
チェックアウトしたが、大慌てでもう一度宿へ戻る
2019年09月21日 10:45撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月21日
さぁ ベースキャンプへ向けて宿を出発
2泊して体調も回復‼
そぅそぅ念のためベースキャンプのDenndiシェルパへ連絡
「まだ出発しないから、ベースキャンプへ今日は戻ら無くて良いよ〜」
チェックアウトしたが、大慌てでもう一度宿へ戻る
9月22日
ベースキャンプでさらに大雪が降り、大型ドームテントが潰れたとの連絡が入る
降雪直後の明日も雪崩事故防止のためベースキャンプ行動不能
そのためさらにもう一泊でサマゴン宿泊決定

昼過ぎ
9月24日ベースキャンプからマナスル頂上へキャンプ2から酸素を吸ってダイレクトアタック決定の連絡がある
2019年09月22日 11:42撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月22日
ベースキャンプでさらに大雪が降り、大型ドームテントが潰れたとの連絡が入る
降雪直後の明日も雪崩事故防止のためベースキャンプ行動不能
そのためさらにもう一泊でサマゴン宿泊決定

昼過ぎ
9月24日ベースキャンプからマナスル頂上へキャンプ2から酸素を吸ってダイレクトアタック決定の連絡がある
サマゴンの街散策
「タイヤ」のある乗り物は皆無
荷物を運ぶのは「人」「ロバ」そして「ヘリコプター」
2019年09月22日 11:12撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サマゴンの街散策
「タイヤ」のある乗り物は皆無
荷物を運ぶのは「人」「ロバ」そして「ヘリコプター」
女性や子供も大きな荷物を背負って街を行き来する
児童労働が問題になりそうだが、子供たちも喜々として働いているのが印象的

青白い顔色をして塾に通う子供より幸せそう…
2019年09月23日 10:25撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女性や子供も大きな荷物を背負って街を行き来する
児童労働が問題になりそうだが、子供たちも喜々として働いているのが印象的

青白い顔色をして塾に通う子供より幸せそう…
9月23日
ベースキャンプ4800mへ独り戻る

サマゴン3500m出発時は天気が良かったが途中から大雨に…
雨の中、4800mまで標高を上げるのは一般的にはハイリスク
ベースキャンプ到着時身体は冷え切っていた
2019年09月23日 12:10撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月23日
ベースキャンプ4800mへ独り戻る

サマゴン3500m出発時は天気が良かったが途中から大雨に…
雨の中、4800mまで標高を上げるのは一般的にはハイリスク
ベースキャンプ到着時身体は冷え切っていた
ホテルテント(4200m)で休憩
ブラックティー150ルピーを飲んで身体を温める

休憩中、お腹が痛くなりホテルテント傍で野糞
ホテルテントにはトイレットペーパーは売って無く、仕方がないので葉っぱでお尻を拭く
草むらが有って良かった…
2019年09月23日 13:00撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホテルテント(4200m)で休憩
ブラックティー150ルピーを飲んで身体を温める

休憩中、お腹が痛くなりホテルテント傍で野糞
ホテルテントにはトイレットペーパーは売って無く、仕方がないので葉っぱでお尻を拭く
草むらが有って良かった…
9月24日
快晴のベースキャンプ
ベースキャンプで一泊した次の朝は快晴
この日からマナスル頂上へアタック!
2019年09月24日 06:43撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月24日
快晴のベースキャンプ
ベースキャンプで一泊した次の朝は快晴
この日からマナスル頂上へアタック!
2
さぁマナスル頂上へ向けて出発!
当初 キャンプ1・2・3・4と一泊ずつして歩を進める予定だった
2019年09月24日 11:00撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁマナスル頂上へ向けて出発!
当初 キャンプ1・2・3・4と一泊ずつして歩を進める予定だった
1
キャンプ1(5600m)
ここで一泊
2019年09月24日 17:19撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ1(5600m)
ここで一泊
1
キャンプ1

三度目のキャンプ1で初めて晴れた
2019年09月24日 19:07撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ1

三度目のキャンプ1で初めて晴れた
キャンプ1(5600m)
ラルキャラが目の前に聳え立つ
2019年09月24日 19:07撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ1(5600m)
ラルキャラが目の前に聳え立つ
2
この景色を見ただけで
「もぅ帰っても良いかな?」
と思ったりもした
2019年09月24日 17:19撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この景色を見ただけで
「もぅ帰っても良いかな?」
と思ったりもした
3
9月25日
アイスフォール
2連ラダー 下は数百メートルの割れ目
登山時は単身で通過
渡るのには度胸が要る
キャンプ1〜キャンプ2区間にはこれ以外に垂壁登攀もある

キャンプ1→2がマナスル登山の核心部
2019年09月25日 10:14撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月25日
アイスフォール
2連ラダー 下は数百メートルの割れ目
登山時は単身で通過
渡るのには度胸が要る
キャンプ1〜キャンプ2区間にはこれ以外に垂壁登攀もある

キャンプ1→2がマナスル登山の核心部
2
野口隊
野口健氏とカメラマンの平賀氏
この先二日間は野口隊と行動を共にする

野口氏の何気ない一言で我々はキャンプ4飛ばしを決定する
野口氏はキャンプ4ステイ
これがマナスル登山の明暗を分けるコトになる
2019年09月25日 11:11撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野口隊
野口健氏とカメラマンの平賀氏
この先二日間は野口隊と行動を共にする

野口氏の何気ない一言で我々はキャンプ4飛ばしを決定する
野口氏はキャンプ4ステイ
これがマナスル登山の明暗を分けるコトになる
垂壁を登る

写真手前のアイスフォール通過後、数十メートル歩いた後、垂壁を登る
先頭の野口隊に続いて僕が登る

因みに下山時、このアイスフォールに滑落した
2019年09月25日 13:52撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
垂壁を登る

写真手前のアイスフォール通過後、数十メートル歩いた後、垂壁を登る
先頭の野口隊に続いて僕が登る

因みに下山時、このアイスフォールに滑落した
1
キャンプ2(6300m)

僕は到着後すぐに酸素を吸って心拍数を強制的に下げる
2019年09月25日 15:03撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ2(6300m)

僕は到着後すぐに酸素を吸って心拍数を強制的に下げる
9月26日
キャンプ2からさぁ出発!
長〜い一日の始まり
この後、キャンプ3到着後19時まで仮眠、そして出発
キャンプ4を飛ばしてマナスル頂上へアタックする
2019年09月26日 08:51撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月26日
キャンプ2からさぁ出発!
長〜い一日の始まり
この後、キャンプ3到着後19時まで仮眠、そして出発
キャンプ4を飛ばしてマナスル頂上へアタックする
高度順応登山を悪天候の為一回飛ばしたため、キャンプ2から酸素を吸っての登攀
2019年09月26日 11:03撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度順応登山を悪天候の為一回飛ばしたため、キャンプ2から酸素を吸っての登攀
1
キャンプ3手前 お湯を飲んで小休憩
太陽がサンサンと輝きとても暑くてたまらない
僕は軽度の熱中症になった

この後、キャンプ3で休憩の後、20時ごろキャンプ3を出発
キャンプ4を飛ばして頂上へアタック
2019年09月26日 13:05撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ3手前 お湯を飲んで小休憩
太陽がサンサンと輝きとても暑くてたまらない
僕は軽度の熱中症になった

この後、キャンプ3で休憩の後、20時ごろキャンプ3を出発
キャンプ4を飛ばして頂上へアタック
9月27日 未明
マナスル頂上手前で夜明けを迎える

キャンプ3を19時出発
キャンプ4にて休憩したのちそのまま頂上を目指す
2019年09月27日 05:22撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月27日 未明
マナスル頂上手前で夜明けを迎える

キャンプ3を19時出発
キャンプ4にて休憩したのちそのまま頂上を目指す
1
夜明け直後のマナスル頂上方面
2019年09月27日 05:48撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け直後のマナスル頂上方面
2
夜明け直後のマナスル
2019年09月27日 05:48撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け直後のマナスル
独りで先行したため、頂上手前で1時間以上の大休憩

遠くには8000m級の高嶺が遠望できる
2019年09月27日 06:15撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独りで先行したため、頂上手前で1時間以上の大休憩

遠くには8000m級の高嶺が遠望できる
3
マナスル8163m登頂
ネパール時間9月27日9時00分マナスル登頂成功しました

幸いにして頂上にあまり人がおらず、混雑でなかなか滞在出来ない本当の頂上へ行き写真撮影することも出来ました
2019年09月27日 09:17撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マナスル8163m登頂
ネパール時間9月27日9時00分マナスル登頂成功しました

幸いにして頂上にあまり人がおらず、混雑でなかなか滞在出来ない本当の頂上へ行き写真撮影することも出来ました
7
マナスル山頂
正面奥のピナクルピークがマナスル山頂
写真に写る仲間たちの居る所が山頂の総て
山頂はとても狭い
2019年09月27日 09:41撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マナスル山頂
正面奥のピナクルピークがマナスル山頂
写真に写る仲間たちの居る所が山頂の総て
山頂はとても狭い
2
マナスル山頂から下山開始
2019年09月27日 10:19撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マナスル山頂から下山開始
ベースキャンプ目指して一気に下山します

Dendiシェルパと私ともう一人の3名だけ一気にベースキャンプまで下山します

本隊9名はキャンプ3にて一泊休息の後に下山
2019年09月27日 11:21撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベースキャンプ目指して一気に下山します

Dendiシェルパと私ともう一人の3名だけ一気にベースキャンプまで下山します

本隊9名はキャンプ3にて一泊休息の後に下山
キャンプ2下部の一つ目のアイスフォール

通過時はこのようにシェルパがロープを張ってくれるが…
2019年09月27日 17:26撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ2下部の一つ目のアイスフォール

通過時はこのようにシェルパがロープを張ってくれるが…
アイスフォール転落…

頂上からベースキャンプへの下山時
キャンプ1上部に数十メートル懸垂下降があり、着陸後そのまま一気にさらにエイト環にて急斜面を徒歩下降、最終部分にアイスフォールを渡るラダー(ハシゴ橋)がある
この区間はFIXロープが登り降り用と二つある
アイスフォールのラダーは一つで登攀・下降兼用となっている

下降用ルートはまだ他の数グループが取りついている
我々は、もぅ日暮れ近くになり、誰も使っていない登攀用ロープを使って下降

僕は先に一人で一気にとっとと下降、Da Dendi Sherpaがもう一人の方をフォローしながら二人で100mぐらい後ろから降りてくる

僕がアイスフォールのラダー前でDa Dendi Sherpaを待っていると、他グループのシェルパが僕へ
「先に行って」
と云う、
このシェルパのお客様が疲弊しアイスフォールを怖がっており、シェルパがかなり苦労している

ラダーを通過するには「下降」用ロープを使った方が支点がラダーに近く安全に見えたが、彼らが居るので下降用ロープ使えない
「俺、この(登攀用)ロープで降りるのか?」
とシェルパに聞くと
「そうだ、そのロープとエイト環で先に行ってくれ」
という

仕方がないので、この登攀用ロープを利用して速やかにラダーに取り掛かる

このロープ太さ1.4mmくらいあり堅くて懸垂下降中もよく詰まった
この詰まりがラダー通過中にも起こり、ロープを緩めようと操作中…
ロープがホンの少し左右に揺れ始めた…
支点は50mくらい上部にある。揺れの周波数は少ないが揺れ幅は大きい。
大きく揺れ始めても普通なら脚で支えられるがここはラダーの上
左右に何も支えるものは無い…
その揺れに合わせて真横に倒れ、僕の身体はそのままアイスフォール吸い込まれた…

エイト環をしているのでそのまま落ちるコトは無いが片足はアイス、片足はラダーに引っかかったまま

件のシェルパが直ぐにラダーを渡り、下降側のロープを手繰り寄せ僕を助けてくれた

助け出された僕は腰が抜けて動けない

さて次に問題なのはこのシェルパのお客さん
最初からラダーを渡るのが怖くて躊躇している最中
目の前で僕が転落…
もぅ 怖くてラダーが渡れない

僕が落ちたコトを知ら無いDendiたちが数分後降りてきて、ラダー待ち

このお客さんは暫くしてラダーを這いつくばるように渡っていた・・・・

Dendiも続いて渡ってくる
僕が「落ちた」と云ってもDendiは最初はナンのコトか理解していない
そぅ僕が「落ちる」というコトをDendiは最初から想定していないので、理解できなかったのだ。

問題はこの10分先…
さらに大きなアイスフォールがある
つまり長いラダーを渡らねばならない

もう日も暮れて、殆ど回りは見えない
僕は恐怖心におののき脚が一歩も出ない…

我々のメンバー二人に先に行ってもらい、心を落ち着けるが渡れない
Dendiがロープをピーンと張って
「小林さん頑張るね。怖くないね‼」
と叫ぶが、怖いのは俺の問題…
このラダーを渡らねばベースキャンプへ帰られない
だけど脚が勝手にブルブル震えて怖い
自分がアイスフォールに落ちる姿ばかり想像してしまう

10分ほど僕が躊躇していたら、先ほどのシェルパとお客さんもやってきた
このシェルパさんがラダーFIXロープの後ろを引っ張ってさらにロープを張ってくれる

えぇ〜い!

思い切ってラダーを渡る

ラダーの下は数100mとも云われる断崖絶壁
落ちてもチョイがけのカラビナが付いてる…
でもどうやって助けるのだろう?
そんなコトばかり考えながら、ラダーを渡る

ナントか渡り切りDendiに抱き付きながら腰が抜けてそのまま座り込んでしまった
きっとホンの数十秒だが何分間にも感じた

次は、もぅ一人のシェルパのお客さん…
彼も僕並みにビビッており、脚が進まない…

二人とも渡り終えたら、廻りは完全に真っ暗になっており、この先はヘッドライト下山になった

あぁ怖かった…
2019年09月27日 18:10撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスフォール転落…

頂上からベースキャンプへの下山時
キャンプ1上部に数十メートル懸垂下降があり、着陸後そのまま一気にさらにエイト環にて急斜面を徒歩下降、最終部分にアイスフォールを渡るラダー(ハシゴ橋)がある
この区間はFIXロープが登り降り用と二つある
アイスフォールのラダーは一つで登攀・下降兼用となっている

下降用ルートはまだ他の数グループが取りついている
我々は、もぅ日暮れ近くになり、誰も使っていない登攀用ロープを使って下降

僕は先に一人で一気にとっとと下降、Da Dendi Sherpaがもう一人の方をフォローしながら二人で100mぐらい後ろから降りてくる

僕がアイスフォールのラダー前でDa Dendi Sherpaを待っていると、他グループのシェルパが僕へ
「先に行って」
と云う、
このシェルパのお客様が疲弊しアイスフォールを怖がっており、シェルパがかなり苦労している

ラダーを通過するには「下降」用ロープを使った方が支点がラダーに近く安全に見えたが、彼らが居るので下降用ロープ使えない
「俺、この(登攀用)ロープで降りるのか?」
とシェルパに聞くと
「そうだ、そのロープとエイト環で先に行ってくれ」
という

仕方がないので、この登攀用ロープを利用して速やかにラダーに取り掛かる

このロープ太さ1.4mmくらいあり堅くて懸垂下降中もよく詰まった
この詰まりがラダー通過中にも起こり、ロープを緩めようと操作中…
ロープがホンの少し左右に揺れ始めた…
支点は50mくらい上部にある。揺れの周波数は少ないが揺れ幅は大きい。
大きく揺れ始めても普通なら脚で支えられるがここはラダーの上
左右に何も支えるものは無い…
その揺れに合わせて真横に倒れ、僕の身体はそのままアイスフォール吸い込まれた…

エイト環をしているのでそのまま落ちるコトは無いが片足はアイス、片足はラダーに引っかかったまま

件のシェルパが直ぐにラダーを渡り、下降側のロープを手繰り寄せ僕を助けてくれた

助け出された僕は腰が抜けて動けない

さて次に問題なのはこのシェルパのお客さん
最初からラダーを渡るのが怖くて躊躇している最中
目の前で僕が転落…
もぅ 怖くてラダーが渡れない

僕が落ちたコトを知ら無いDendiたちが数分後降りてきて、ラダー待ち

このお客さんは暫くしてラダーを這いつくばるように渡っていた・・・・

Dendiも続いて渡ってくる
僕が「落ちた」と云ってもDendiは最初はナンのコトか理解していない
そぅ僕が「落ちる」というコトをDendiは最初から想定していないので、理解できなかったのだ。

問題はこの10分先…
さらに大きなアイスフォールがある
つまり長いラダーを渡らねばならない

もう日も暮れて、殆ど回りは見えない
僕は恐怖心におののき脚が一歩も出ない…

我々のメンバー二人に先に行ってもらい、心を落ち着けるが渡れない
Dendiがロープをピーンと張って
「小林さん頑張るね。怖くないね‼」
と叫ぶが、怖いのは俺の問題…
このラダーを渡らねばベースキャンプへ帰られない
だけど脚が勝手にブルブル震えて怖い
自分がアイスフォールに落ちる姿ばかり想像してしまう

10分ほど僕が躊躇していたら、先ほどのシェルパとお客さんもやってきた
このシェルパさんがラダーFIXロープの後ろを引っ張ってさらにロープを張ってくれる

えぇ〜い!

思い切ってラダーを渡る

ラダーの下は数100mとも云われる断崖絶壁
落ちてもチョイがけのカラビナが付いてる…
でもどうやって助けるのだろう?
そんなコトばかり考えながら、ラダーを渡る

ナントか渡り切りDendiに抱き付きながら腰が抜けてそのまま座り込んでしまった
きっとホンの数十秒だが何分間にも感じた

次は、もぅ一人のシェルパのお客さん…
彼も僕並みにビビッており、脚が進まない…

二人とも渡り終えたら、廻りは完全に真っ暗になっており、この先はヘッドライト下山になった

あぁ怖かった…
4
9月28日
マナスル登頂翌日のベースキャンプ
朝からみぞれ交じりの雪
ハイキャンプの雪崩が心配

午前中 本隊9名がキャンプ3を出発した旨連絡が入る

昼前 キャンプ4にて韓国人女性が高山病のため亡くなったと連絡が入る 少し気が滅入る

後日談だがポーランド人も亡くなったそうだ
2019年09月28日 07:57撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月28日
マナスル登頂翌日のベースキャンプ
朝からみぞれ交じりの雪
ハイキャンプの雪崩が心配

午前中 本隊9名がキャンプ3を出発した旨連絡が入る

昼前 キャンプ4にて韓国人女性が高山病のため亡くなったと連絡が入る 少し気が滅入る

後日談だがポーランド人も亡くなったそうだ
足のにおい対策

長期間履きっぱなしの登山靴
足の臭いは想像を絶するものに
特にシェルパの足の臭さは世界的にも有名でした
その特効薬がコレ!!
100均で売っている「重曹」
重曹の粉を靴下の中に一振りすると、あら不思議 臭いが消えます
身体の汗臭さも消臭可能
私も数年間やってますが効果絶大
是非ともお試しあれ

खुट्टा गन्ध गर्न उपायहरू

चढ्ने जुत्ताहरू जुन लामो समयदेखि लगाउँदछ
तपाईको खुट्टाको गन्ध अकल्पनीय छ

विशेष गरी शेर्पाको खुट्टाको गन्ध सम्पूर्ण विश्वमा प्रसिद्ध थियो

जादुई बुलेट यो हो! !
"बेकिंग सोडा" १०० स्तरमा बिक्री भयो

तपाईंको मोजामा बेकिंग सोडा पाउडर छर्क्नुहोस्, र यो अचम्मको कुरा हो।
गन्ध हराउँछ
शरीरको पसीने गन्धलाई दुर्गन्धित पार्नुहोस्

Kobayashi धेरै वर्ष देखि यो गरिरहेको छ, तर प्रभाव महान छ
कृपया यसलाई सबै तरिकाले प्रयास गर्नुहोस्
2019年09月28日 15:45撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足のにおい対策

長期間履きっぱなしの登山靴
足の臭いは想像を絶するものに
特にシェルパの足の臭さは世界的にも有名でした
その特効薬がコレ!!
100均で売っている「重曹」
重曹の粉を靴下の中に一振りすると、あら不思議 臭いが消えます
身体の汗臭さも消臭可能
私も数年間やってますが効果絶大
是非ともお試しあれ

खुट्टा गन्ध गर्न उपायहरू

चढ्ने जुत्ताहरू जुन लामो समयदेखि लगाउँदछ
तपाईको खुट्टाको गन्ध अकल्पनीय छ

विशेष गरी शेर्पाको खुट्टाको गन्ध सम्पूर्ण विश्वमा प्रसिद्ध थियो

जादुई बुलेट यो हो! !
"बेकिंग सोडा" १०० स्तरमा बिक्री भयो

तपाईंको मोजामा बेकिंग सोडा पाउडर छर्क्नुहोस्, र यो अचम्मको कुरा हो।
गन्ध हराउँछ
शरीरको पसीने गन्धलाई दुर्गन्धित पार्नुहोस्

Kobayashi धेरै वर्ष देखि यो गरिरहेको छ, तर प्रभाव महान छ
कृपया यसलाई सबै तरिकाले प्रयास गर्नुहोस्
3
僕の下着は総てファイントラック
エベレストの時もそうでしたが、ファイントラック快適です
2019年09月28日 16:42撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
僕の下着は総てファイントラック
エベレストの時もそうでしたが、ファイントラック快適です
プロトレック
時計はプロトレック
2019年09月28日 16:43撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プロトレック
時計はプロトレック
登頂祝いケーキ
夕方、本隊9名全員がベースキャンプへ下山した後コックさん手作りケーキで小さなパーティー
我がDendiシェルパ隊(Kland/AG合同隊)登頂記念ケーキ
美味しかった‼
2019年09月28日 17:23撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂祝いケーキ
夕方、本隊9名全員がベースキャンプへ下山した後コックさん手作りケーキで小さなパーティー
我がDendiシェルパ隊(Kland/AG合同隊)登頂記念ケーキ
美味しかった‼
2
ベースキャンプからは僕独りと付き添いのDendiの2人で下山

最初からヘッドランプを点灯して夜の山を降りる
途中のホテルテント(4200m)で休憩
ロバの糞まみれのドロドロ道を3時間かけてゆっくり下山

サマゴン街到着後
僕の姿を見たホテルの女将さんは、あまりの短期間でのマナスル登頂に驚いていた
そう僕がサマゴンの街を単身出発したのはたったの5日前だった
2019年09月28日 19:19撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベースキャンプからは僕独りと付き添いのDendiの2人で下山

最初からヘッドランプを点灯して夜の山を降りる
途中のホテルテント(4200m)で休憩
ロバの糞まみれのドロドロ道を3時間かけてゆっくり下山

サマゴン街到着後
僕の姿を見たホテルの女将さんは、あまりの短期間でのマナスル登頂に驚いていた
そう僕がサマゴンの街を単身出発したのはたったの5日前だった
9月29日
快晴のサマゴン
朝イチヘリコプターのエンジン音で目が覚めた
マナスル頂上も朝イチは見えた
頂上付近も風が無いようだった
良い方向へ天気予報がハズレた
2019年09月29日 06:39撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月29日
快晴のサマゴン
朝イチヘリコプターのエンジン音で目が覚めた
マナスル頂上も朝イチは見えた
頂上付近も風が無いようだった
良い方向へ天気予報がハズレた
ロバの糞まみれの靴を洗う
天気がよくあっという間に乾いた
2019年09月29日 07:03撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロバの糞まみれの靴を洗う
天気がよくあっという間に乾いた
日本での仕事があるので追加料金を払って単身ヘリコプターで先にカトマンズへ

昨日は荒天でヘリコプターが飛ばず、街はヘリコプター待ちの人で溢れている
昼前になって急にヘリコプター搭乗の順番が回ってきた
スペイン人3人組のオウンユースチャーターに僕一人割り込ませてもらった

僕が乗った便以降は天候不良のため飛べなかったそうだ
ラッキーだった
2019年09月29日 10:43撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本での仕事があるので追加料金を払って単身ヘリコプターで先にカトマンズへ

昨日は荒天でヘリコプターが飛ばず、街はヘリコプター待ちの人で溢れている
昼前になって急にヘリコプター搭乗の順番が回ってきた
スペイン人3人組のオウンユースチャーターに僕一人割り込ませてもらった

僕が乗った便以降は天候不良のため飛べなかったそうだ
ラッキーだった
ヘリで渓を下る
下流の方が渓谷が深く険しい

両側の山を見上げながらヘリは飛ぶ
2019年09月29日 10:55撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘリで渓を下る
下流の方が渓谷が深く険しい

両側の山を見上げながらヘリは飛ぶ
40分でカトマンズへ
2019年09月29日 11:31撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
40分でカトマンズへ
カトマンズ空港到着

昼過ぎのTGで帰国を考えたがギリギリ間に合わず
2019年09月29日 11:38撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カトマンズ空港到着

昼過ぎのTGで帰国を考えたがギリギリ間に合わず
9月29日深夜
ヘリにてカトマンズ到着後、即帰りの航空券を購入
帰国もキャセイパシフック(香港ドラゴン)航空となった

2019年09月29日 22:19撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月29日深夜
ヘリにてカトマンズ到着後、即帰りの航空券を購入
帰国もキャセイパシフック(香港ドラゴン)航空となった

9月30日 早朝 香港空港出発

香港にはネパール時間AM3時すぎ到着
寝不足気味でチト辛い

デモのためいつも混んでいる香港空港もガラガラ
この日は香港発関空行早朝便が飛んでおり12時には関西空港へ到着
2019年09月30日 07:21撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月30日 早朝 香港空港出発

香港にはネパール時間AM3時すぎ到着
寝不足気味でチト辛い

デモのためいつも混んでいる香港空港もガラガラ
この日は香港発関空行早朝便が飛んでおり12時には関西空港へ到着
9月30日 12時
神戸上空
マナスル山頂から僅か三日間72時間で帰国

13時ごろ関西空港からMKタクシーで神戸へ帰る車中
本隊がマナスルベースキャンプから下山を開始
シェルパ達がキャンプ2へ荷物の回収登山を開始した
と現地から電話連絡が入った

僕以外の全員はまだまだマナスル山域に滞在中だった
2019年09月30日 12:13撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9月30日 12時
神戸上空
マナスル山頂から僅か三日間72時間で帰国

13時ごろ関西空港からMKタクシーで神戸へ帰る車中
本隊がマナスルベースキャンプから下山を開始
シェルパ達がキャンプ2へ荷物の回収登山を開始した
と現地から電話連絡が入った

僕以外の全員はまだまだマナスル山域に滞在中だった
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1157人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ