また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2059198 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 十勝連峰

十勝岳、美瑛岳、美瑛富士

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年10月12日(土) [日帰り]
メンバー
天候くもり、風なし
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白銀荘に前泊
前日、11:20千歳空港着
12:00レンタカー借用
千歳市内で昼食、食料調達
14:10夕張、幸せの黄色いハンカチ広場
15:40夕張発
18:20白銀荘着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間1分
休憩
1時間15分
合計
9時間16分
S吹上温泉白銀荘06:1006:48吹上温泉分岐06:4907:04雲ノ平分岐07:0507:14十勝岳避難小屋07:1507:50昭和火口07:5108:52十勝岳09:0509:18平ヶ岳09:25鋸岳09:46美瑛谷3稜の頭09:4709:51美瑛谷2稜の頭09:5309:57美瑛谷1稜の頭10:29美瑛岳分岐10:3710:57美瑛岳10:5811:09美瑛岳分岐11:1011:35美瑛富士分岐11:3611:56美瑛富士12:3812:51美瑛富士分岐13:25美瑛岳分岐13:2614:41雲ノ平分岐14:4214:54吹上温泉分岐15:24吹上温泉白銀荘15:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
活火山らしく終始がれ場ですが、ガスが切れて見通しがよかったのと、ペンキで案内がされていて迷うことはありませんでした。
ただ、美瑛富士からの下りでガスが出た途端、ざれ場を変なとこから下ってしまい、危なく迷うところでした。
その他周辺情報白銀荘;前泊したので350円。露天風呂から打たせ湯まで充実してます。特に水風呂は、今までで一番冷たかった、さすが北海道。
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 水500mm スパークリングウォーター500mm バームクーヘン キャップ 耳あて 長袖シャツ(秋用) 防寒着 ウィンドブレーカー 長パンツ ゲイター チェーンスパイク 靴下 ザック(Zule35L) グローブ タオル サポーター 熊鈴 時計 iPhone モバイルバッテリー ヘッドランプ 予備眼鏡

写真

くもりですが、見通しよく、風もありません。
2019年10月12日 06:24撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くもりですが、見通しよく、風もありません。
3
トムラウシ山が見えました。
2019年10月12日 06:45撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシ山が見えました。
2
十勝岳避難小屋。中はほぼ土間でまさに避難小屋でした。
2019年10月12日 07:12撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳避難小屋。中はほぼ土間でまさに避難小屋でした。
1
富良野岳。結構ごつごつしてるなぁ
2019年10月12日 07:12撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富良野岳。結構ごつごつしてるなぁ
昭和火口まで登ってきました。美瑛岳がかっこいい。
2019年10月12日 08:03撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昭和火口まで登ってきました。美瑛岳がかっこいい。
5
十勝岳。うっすらと雪が残ってますな。
2019年10月12日 08:03撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳。うっすらと雪が残ってますな。
6
昭和火口とトムラウシ山。
2019年10月12日 08:10撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昭和火口とトムラウシ山。
1
十勝岳に向かいます。
2019年10月12日 08:12撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳に向かいます。
1
山頂到着。相変わらず無風。
2019年10月12日 09:01撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着。相変わらず無風。
4
雲に浮かぶ美瑛岳。
2019年10月12日 08:52撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲に浮かぶ美瑛岳。
7
これから向かう稜線。
2019年10月12日 08:52撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう稜線。
1
富良野岳はガスがかってる。
2019年10月12日 08:53撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富良野岳はガスがかってる。
2
振り返り十勝岳。
2019年10月12日 09:15撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返り十勝岳。
2
美瑛岳を下って、次は美瑛富士へ。途中対面の美瑛岳がよく見えました。
2019年10月12日 11:40撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美瑛岳を下って、次は美瑛富士へ。途中対面の美瑛岳がよく見えました。
2
到着。ガスがかってる。
2019年10月12日 11:57撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着。ガスがかってる。
2
ボンビ沢を超えて、稜線を巻く途中にはこんなとこもありました。いったん梯子で下って、ロープで登る。
2019年10月12日 14:02撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボンビ沢を超えて、稜線を巻く途中にはこんなとこもありました。いったん梯子で下って、ロープで登る。
1
美瑛富士と美瑛岳。
2019年10月12日 14:20撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美瑛富士と美瑛岳。
1
雲の平に戻ってきました。避難小屋はどこにあるかな?
2019年10月12日 14:36撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の平に戻ってきました。避難小屋はどこにあるかな?
1
撮影機材:

感想/記録




10月の連休、大型の台風が来ていましたが、北海道へ
ちょうど台風前に飛んで、過ぎた後帰ってきました。
初日は、大好きな映画”幸せの黄色いハンカチ”の舞台、夕張へ
クライマックスのシーン、そのままに残されたセットを見て、感激したりして、すっかり観光気分です。
夕張から富良野を抜けて、白銀荘へ
自炊前提の宿泊所でしたが、設備もしっかり整っており、申し分ありませんでした。
翌朝、早速十勝岳に登り始めます。
空はくもりですが、雲が高く、意外と見晴らしはいい感じ。富良野岳から遠くトムラウシ山まで見えます。スケールの大きさに圧倒されながら、どんどん進みます。
道中は終始、ざれ場。正に活火山、
途中の避難小屋を覗くと、土間で壁にはヘルメットが並んでいて、山小屋と言う感じではありませんでした。
尾根に出ると展望が開け、右には十勝岳、左には美瑛岳が現れます。
にしても、紅葉シーズンが終わったとはいえ、まったく人がいない。
昭和火口から十勝岳への登りは若干雪が残っていましたが、踏み跡どおりにそのまま登って、山頂へ。
風もなく誰もいなくて、本当に静か。
続いての美瑛岳方面は踏み跡もありません。
台風でみんな警戒してるのかなぁと少し不安になりながら、迷わないように慎重に進みます。
平ヶ岳を抜けて,鋸山を巻くように抜けて,美瑛岳へ
西側は崩壊の跡が生々しいスラブですが,東側はざれざれ,おまけに雪も残っていてなかなか歩きにくい。
美瑛岳山頂到着。対面には美瑛富士が控えていますが,稜線はわずかに見えるものの,山頂が見えません。登るかやめてそのまま下るか悩みましたが,時間もあるので,少しでもガスが切れることを期待し,登ることに。
分岐まで一旦300mくらい下って,登り返し。
美瑛富士山頂到着。対面の美瑛岳はよく見えますが,西側のトムラウシ山の方がガスがかっていてよく見えません。実際,下る時にそのガスが大きくかかり,しばしルートを見失ってしまいました。一旦山頂に戻って,下り直し。危なかった…
分岐に戻って,あとはひたすら下り。
今まで歩いてきた稜線沿いを巻くように下ります。
雲ノ平まで戻ってきて,ようやく1組の二人に会いました。
初めての北海道登山。とにかくスケールの大きさを感じました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:287人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ