また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2069527 全員に公開 雪山ハイキング十勝連峰

十勝岳

日程 2019年10月21日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
十勝岳温泉〜望岳台のルートは今週から冬季通行止めかも

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間49分
休憩
50分
合計
8時間39分
S望岳台00:4701:36吹上温泉分岐01:56雲ノ平分岐01:5702:13十勝岳避難小屋02:1603:07昭和火口03:0805:43十勝岳06:2307:40昭和火口07:4308:30十勝岳避難小屋08:3208:43雲ノ平分岐09:01吹上温泉分岐09:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ついに十勝岳に体が慣れたかもしれない。
今日は辛くなかった!でももうシーズンオフやで
コース状況/
危険箇所等
山頂直下アイゼン必要(登るだけならいらない)
その他周辺情報カミホロ荘は朝から日帰り入浴可能

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン 行動食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス ストック カメラ

写真

月光に照らされて稜線がはっきり見える。視界良好!
2019年10月21日 02:10撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月光に照らされて稜線がはっきり見える。視界良好!
1
月光に浮かぶ十勝岳と美瑛岳に囲まれた感動。限りなく広い宇宙に抱かれている気分になる。この直後、ココア飲んでたらガスに巻かれた。
2019年10月21日 03:37撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月光に浮かぶ十勝岳と美瑛岳に囲まれた感動。限りなく広い宇宙に抱かれている気分になる。この直後、ココア飲んでたらガスに巻かれた。
13
十勝岳山頂は強風。薄明のタイミングでうまく到着。
2019年10月21日 04:57撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳山頂は強風。薄明のタイミングでうまく到着。
7
さっきまでガスで何も見えなかったのに、肩の看板のところで抜けた。
2019年10月21日 05:01撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきまでガスで何も見えなかったのに、肩の看板のところで抜けた。
4
噴煙は富良野岳方面に行っているみたいだから、美瑛岳のモクモクは普通のモクモクだな。
2019年10月21日 05:04撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴煙は富良野岳方面に行っているみたいだから、美瑛岳のモクモクは普通のモクモクだな。
1
あっちはまだ雪がない。下ホロ方面。
2019年10月21日 05:06撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちはまだ雪がない。下ホロ方面。
5
富良野岳は盛大にガスガス。
2019年10月21日 05:09撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富良野岳は盛大にガスガス。
1
もうすぐ日が出る。十勝岳らしさ全開の山肌。
2019年10月21日 05:10撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ日が出る。十勝岳らしさ全開の山肌。
5
美瑛岳は険しい表情。
2019年10月21日 05:14撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美瑛岳は険しい表情。
1
凍てつく岩の向こうに美瑛岳、旭岳(左)、トムラウシ(右)
2019年10月21日 05:21撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍てつく岩の向こうに美瑛岳、旭岳(左)、トムラウシ(右)
10
まるでドライアイスでも焚いているんじゃないかと。
2019年10月21日 05:23撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるでドライアイスでも焚いているんじゃないかと。
6
なんという演出。どんどんガスが流れていく。
2019年10月21日 05:24撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんという演出。どんどんガスが流れていく。
3
富良野岳もそろそろヤル気出す。
2019年10月21日 05:25撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富良野岳もそろそろヤル気出す。
2
日の出前十勝岳。
2019年10月21日 05:25撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出前十勝岳。
10
凍りついた十勝岳。
2019年10月21日 05:26撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍りついた十勝岳。
7
なんか雲上の別世界にいるみたい
2019年10月21日 05:27撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか雲上の別世界にいるみたい
6
素晴らしい色。雪がとけてしまってちょっとガッカリしていたんだけど
2019年10月21日 05:30撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい色。雪がとけてしまってちょっとガッカリしていたんだけど
3
富良野岳何枚も撮っちゃう。
2019年10月21日 05:34撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富良野岳何枚も撮っちゃう。
2
日が出た。ついに日の出を迎える。
2019年10月21日 05:39撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が出た。ついに日の出を迎える。
3
静けさを感じる光景だが超風強い。
2019年10月21日 05:40撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静けさを感じる光景だが超風強い。
1
十勝岳日の出バージョン。
2019年10月21日 05:46撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳日の出バージョン。
7
流れるガスを鮮やかに染める。
2019年10月21日 05:41撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流れるガスを鮮やかに染める。
1
さらに鮮やかに。
2019年10月21日 05:47撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに鮮やかに。
5
まだその上があるのか!
2019年10月21日 05:50撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだその上があるのか!
7
トムラウシ憧憬
2019年10月21日 05:53撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシ憧憬
2
カミホロの小屋には誰かいるのかな
2019年10月21日 05:56撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カミホロの小屋には誰かいるのかな
1
きまぐれなガスがみせるオレンジロード
2019年10月21日 05:54撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きまぐれなガスがみせるオレンジロード
2
さらに黄金道路
2019年10月21日 05:57撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに黄金道路
1
そろそろ下山するよ。上りはツボ足だけど下りは無理。
2019年10月21日 06:18撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ下山するよ。上りはツボ足だけど下りは無理。
牙を剥くモンスター。
2019年10月21日 06:21撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牙を剥くモンスター。
4
夜歩くと、細かい氷がサラサラと音を立てて舞っていく。初めて聞く音だった。
2019年10月21日 06:21撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜歩くと、細かい氷がサラサラと音を立てて舞っていく。初めて聞く音だった。
5
雪と氷の祭典
2019年10月21日 06:25撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪と氷の祭典
2
ここまで降りればとりあえず大丈夫・・・だと思う
2019年10月21日 06:37撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで降りればとりあえず大丈夫・・・だと思う
1
距離半分は本当なんだろうか。気分的にはここから上が本番。
2019年10月21日 08:14撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
距離半分は本当なんだろうか。気分的にはここから上が本番。
霜が降りてキレイ。
2019年10月21日 08:23撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜が降りてキレイ。
2
避難小屋朝バージョン
2019年10月21日 08:28撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋朝バージョン
1
富良野から三笠に向かう道は黄葉まっさかりだった
2019年10月21日 11:20撮影 by ILCE-7RM3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富良野から三笠に向かう道は黄葉まっさかりだった
4

感想/記録
by Mt-136

ヘッドライトに照らされた岩も砂も、凍りついてキラキラしているのが好き。
寒いナイトハイクだけど、月光と十勝岳に抱かれた火口縁の景色が最高に神秘的で幸せの時間だった。

その直後、ちょっと一休みでココアを飲んで、ふと目を上げたら視界がなかった。さっきまで見えていた山はどこ。えぇ・・・

その後、山頂直下まで視界10m以下の困ったちゃん。ルートを示すペンキも見えないしトレースもないしどうしましょ!とりあえず山頂までは雪と氷の祭典。積雪は少ないけどとにかく凍っていた。ツボ足で山頂まで行ったけど、アイゼンなかったら絶対こんなとこ降りたくない。

山頂からは素敵な朝陽が見られた。凍てつく地面が白くなって、2週間前とは全然違った景色。風が強くて寒かったけど、今回はダウンを買い換えたのから大丈夫なのだ。実は今シーズンは登山靴とハードシェルとダウンを買い換えたのだ。財布の方が寒いわ。
訪問者数:258人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/14
投稿数: 470
2019/10/21 20:03
 素敵な写真ですね
Mt-136さん初めまして。
いつもナイトハイクをしながら星空や薄明時の写真を撮られている様子を楽しみに拝見しております。現在は時間がとれずに朝活ばかりですが私も星空を撮るのが好きです。一眼レフを手放してしまったので天の川を撮ることはできなくなりましたがいずれ復活させたいと思っております。寒さの厳しい季節になってきますが今後の活躍を期待しております。また素敵な写真を見せて下さい。
登録日: 2015/8/4
投稿数: 13
2019/10/21 20:40
 Re: 素敵な写真ですね
はじめまして。

いつもはナキウサギとか動物を追いかけているのですが、今年はストップして違うことをしてみています。本当はもっと早くに出たいのですが、日曜仕事だし結果的にナイトハイクな感じです。正直怖い。

冬山は無理なので、残念ながらそろそろシーズンオフです。あと1回くらいい行けるかな?

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ