また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2113425 全員に公開 ハイキング石鎚山

愛媛県 石鎚山(いしづちさん)

日程 2019年11月17日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
自転車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間5分
休憩
1時間29分
合計
7時間34分
S西之川06:4607:45岩原08:10刀掛08:1309:07天柱石09:1410:06夜明峠10:0810:22一ノ鎖(下)10:29二の鎖下10:4010:51三ノ鎖(下)10:5611:02石鎚山・弥山11:0811:19石鎚山11:4211:55石鎚山・弥山12:10三ノ鎖(下)12:12二ノ森・面河渓方面分岐12:2012:27二の鎖下12:41一ノ鎖(下)12:4212:45夜明峠12:4613:03前社が森13:2113:48八丁のコル13:57八丁坂14:05成就社14:0914:20山頂成就駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

西之川より足で登ります。この時間、ロープウェイはまだ動いていません。
2019年11月17日 06:46撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西之川より足で登ります。この時間、ロープウェイはまだ動いていません。
1
登山口直後の周辺は石垣と廃屋の間を進みます。石鎚信仰が盛んだった頃の修験道の宿だそうです。
2019年11月17日 06:49撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口直後の周辺は石垣と廃屋の間を進みます。石鎚信仰が盛んだった頃の修験道の宿だそうです。
マーキングが随所にあり、迷うことはありません。しかし全体的に道は細く険しく、かつ荒れています。
2019年11月17日 07:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マーキングが随所にあり、迷うことはありません。しかし全体的に道は細く険しく、かつ荒れています。
1
大岩の下につっかえ棒。意味がないような気がします。
2019年11月17日 07:46撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩の下につっかえ棒。意味がないような気がします。
刀掛、土小屋の分岐「岩原」に来ました。右の刀掛に進みます。
2019年11月17日 07:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刀掛、土小屋の分岐「岩原」に来ました。右の刀掛に進みます。
細い細いトラバースが多いです。
2019年11月17日 08:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細い細いトラバースが多いです。
「八丁」まで来ました。
2019年11月17日 08:13撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「八丁」まで来ました。
お地蔵さんに本日の登山の安全を祈願しました。
2019年11月17日 08:13撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵さんに本日の登山の安全を祈願しました。
紅葉や滝、きれいな個所が多いです。
2019年11月17日 08:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉や滝、きれいな個所が多いです。
1
スリルを味わえる橋もたくさんあります。
2019年11月17日 08:26撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スリルを味わえる橋もたくさんあります。
紅葉の向こうに「天柱石」が見えました。
2019年11月17日 09:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の向こうに「天柱石」が見えました。
1
ようやく山頂部が見えてきました。
2019年11月17日 09:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく山頂部が見えてきました。
苔生した岩場が日を受けてきれいです。
2019年11月17日 10:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔生した岩場が日を受けてきれいです。
「夜明峠」に到着しました。
2019年11月17日 10:10撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「夜明峠」に到着しました。
登り始めて、ここまで3時間半。ようやく主要ルートに合流です。
2019年11月17日 10:10撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めて、ここまで3時間半。ようやく主要ルートに合流です。
さすが百名山、道は綺麗に整備されています。今までの狭く荒れた道とは異なります。
2019年11月17日 10:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすが百名山、道は綺麗に整備されています。今までの狭く荒れた道とは異なります。
「一の鎖」にやってきました。
2019年11月17日 10:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「一の鎖」にやってきました。
鎖の一番下はこのようになっています。
2019年11月17日 10:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖の一番下はこのようになっています。
ほぼ垂直です。
2019年11月17日 10:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ垂直です。
鎖を終え、少し進むと土小屋コースからの合流地点となります。
2019年11月17日 10:30撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖を終え、少し進むと土小屋コースからの合流地点となります。
「二の鎖」にやってきました。
2019年11月17日 10:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「二の鎖」にやってきました。
ここもほぼ垂直、そして鎖が長いです。
2019年11月17日 10:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもほぼ垂直、そして鎖が長いです。
1
最後の「三の鎖」。距離は長いですが、傾斜がやや緩やかで登り易かったです。
2019年11月17日 10:53撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の「三の鎖」。距離は長いですが、傾斜がやや緩やかで登り易かったです。
登り切って振り返ると絶景です。
2019年11月17日 11:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切って振り返ると絶景です。
1
山頂神社で参拝しました。
2019年11月17日 11:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂神社で参拝しました。
遠く瀬戸内海まで見渡せます。
2019年11月17日 11:07撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く瀬戸内海まで見渡せます。
1
最後の目標地点、天狗岳です。左右が切れ落ちているので慎重に進みます。
2019年11月17日 11:09撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の目標地点、天狗岳です。左右が切れ落ちているので慎重に進みます。
2
やりました、ついに山頂です!
2019年11月17日 11:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やりました、ついに山頂です!
2
周囲の山々より、確実に高い位置にいることがわかります。
2019年11月17日 11:31撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周囲の山々より、確実に高い位置にいることがわかります。
1
振り返って見る弥山です。下山するため再度弥山までの狭い道を辿ります。
2019年11月17日 11:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って見る弥山です。下山するため再度弥山までの狭い道を辿ります。
弥山に戻ってきました。
2019年11月17日 11:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山に戻ってきました。
下山は鎖場は使わず、迂回道を進みます。ところが道を間違えたのか、突如鎖場が現れました。
2019年11月17日 13:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は鎖場は使わず、迂回道を進みます。ところが道を間違えたのか、突如鎖場が現れました。
短そうでしたのでとりあえず登ってみました。
2019年11月17日 13:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短そうでしたのでとりあえず登ってみました。
すると登り切った先には長い下りの鎖場が。先が見えないくらいに切れ落ちています。あぁ、そうだった、これは「試しの鎖」だ。迂回路を行き過ぎてしまったんだ。。
2019年11月17日 13:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると登り切った先には長い下りの鎖場が。先が見えないくらいに切れ落ちています。あぁ、そうだった、これは「試しの鎖」だ。迂回路を行き過ぎてしまったんだ。。
恐々下ります。それにしても最後の最後にまた「試される」とは。石鎚の神様から余程信頼されていないということでしょうか。
2019年11月17日 13:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恐々下ります。それにしても最後の最後にまた「試される」とは。石鎚の神様から余程信頼されていないということでしょうか。
「成就社」に到着しました。
2019年11月17日 14:12撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「成就社」に到着しました。
無事、下山できたのでお礼参りです。
2019年11月17日 14:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、下山できたのでお礼参りです。
ここのご神体は石鎚山そのものだそうです。正面に山が見ます。
2019年11月17日 14:10撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのご神体は石鎚山そのものだそうです。正面に山が見ます。
1
石鎚登山ロープウェイで下ります。正面の二ノ岳の紅葉がきれいです。
2019年11月17日 14:28撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石鎚登山ロープウェイで下ります。正面の二ノ岳の紅葉がきれいです。
西之川からの往路は大変な苦労でしたが、復路は一瞬でした。
2019年11月17日 14:32撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西之川からの往路は大変な苦労でしたが、復路は一瞬でした。
大変充実した内容の登山でした。また来よう。ただし鎖場はパスしよう。
2019年11月17日 14:38撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大変充実した内容の登山でした。また来よう。ただし鎖場はパスしよう。

感想/記録

「石鎚山は四国のみならず西日本最高の山である」は日本百名山の一節ですが、さらにつけ加えるなら「西日本一危険な山でもある」となるでしょう。
表参道を進むと、ほぼ垂直の崖に「試しの鎖」(48m)、「一の鎖」(33m)、「二の鎖」(65m)、「三の鎖」(68m)があります。
鎖の途中で下を見下ろすと、高度感半端じゃないです。足がすくみます。と同時に修験者でもないのになんでこんなバカなことをしているのだろうか、と自分に呆れたりもします。
弥山から天狗岳への道も狭く険しく大変危険です。天狗の形を見れば一目瞭然です。なぜあのような尖がった場所へ行くのでしょうか。
しかしそこに立つとそれまでの苦労は一瞬で消え去ります。
静寂の中にどこまでも広がる青空と山々。
見渡すといつの間にか雲よりも高い位置にいます。
この圧倒的な展望は石鎚の神が微笑んで下さったご褒美なのでしょう。
訪問者数:153人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ