また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2121914 全員に公開 ハイキング 大峰山脈

五番関〜一本松茶屋〜山上ヶ岳〜五番関

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年11月24日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
五番関トンネル西口に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間45分
休憩
1時間12分
合計
5時間57分
Sスタート地点06:4407:11一本松茶屋07:1907:54お助け水08:20洞辻茶屋08:2608:38陀羅尼助茶屋08:41松清店08:53鐘掛岩09:02西の覗岩09:0409:14日本岩09:1509:21山上ヶ岳10:1110:23西の覗岩10:33鐘掛岩10:44松清店10:4510:55洞辻茶屋10:5811:46今宿跡11:4712:28五番関12:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

五番関トンネル西口より高原洞川林道を下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五番関トンネル西口より高原洞川林道を下ります
林道横の登山口です、テープ有ります。大岩が目印です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道横の登山口です、テープ有ります。大岩が目印です
植林の中の九十九折れ道、一本松茶屋まで急登が続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林の中の九十九折れ道、一本松茶屋まで急登が続きます
一本松茶屋に出ました。清浄大橋からの本道に合流
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本松茶屋に出ました。清浄大橋からの本道に合流
お助け水です。ここから湧水しているのでありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お助け水です。ここから湧水しているのでありません
お助け水の水源地で、ここから登山道に沿ってお助け水まで導水管が通されています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お助け水の水源地で、ここから登山道に沿ってお助け水まで導水管が通されています
奥駈道の洞辻茶屋に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥駈道の洞辻茶屋に到着
だんだんと奥駈らしい道になります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだんと奥駈らしい道になります
川上村方向です。眼下は雲海に覆われていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川上村方向です。眼下は雲海に覆われていました
鐘掛岩です、木道は濡れていて滑りやすいので慎重に歩きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鐘掛岩です、木道は濡れていて滑りやすいので慎重に歩きます
西の覗に到着、ここも眼下は雲海に覆われていて遠望が開けず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の覗に到着、ここも眼下は雲海に覆われていて遠望が開けず
日本岩より、右より大日、稲村、弥山、八経、仏生、孔雀、釈迦、奥駈の主峰が一望できました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本岩より、右より大日、稲村、弥山、八経、仏生、孔雀、釈迦、奥駈の主峰が一望できました
日本岩より、洞川温泉は雲海の下です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本岩より、洞川温泉は雲海の下です
山上ヶ岳のお花畑に到着、今日は日差しが強いので木陰で休憩する事にします、正面は弥山、八経、仏生、孔雀、釈迦の山並みです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山上ヶ岳のお花畑に到着、今日は日差しが強いので木陰で休憩する事にします、正面は弥山、八経、仏生、孔雀、釈迦の山並みです
お花畑より、ここからは金剛、葛城、二上、生駒山が見えるのですが今日は雲海に覆われて何も見えません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑より、ここからは金剛、葛城、二上、生駒山が見えるのですが今日は雲海に覆われて何も見えません
大峯山寺は現在戸閉中です。静寂に包まれています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峯山寺は現在戸閉中です。静寂に包まれています
復路は左の新道で下ります、滑りやすい木道が続いていますので慎重に歩きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
復路は左の新道で下ります、滑りやすい木道が続いていますので慎重に歩きます
洞辻茶屋に到着、復路は直進し奥駈を歩きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞辻茶屋に到着、復路は直進し奥駈を歩きます
鎖場、本日は濡れていて滑りやすいので慎重に下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場、本日は濡れていて滑りやすいので慎重に下ります
今宿跡まではブナ林が続いています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今宿跡まではブナ林が続いています
巻き道では数箇所で山抜けしている箇所あります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道では数箇所で山抜けしている箇所あります
本日最初で最後の女人結界門を潜って五番関に到着です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日最初で最後の女人結界門を潜って五番関に到着です
五番関トンネル西口向けてに急坂を下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五番関トンネル西口向けてに急坂を下ります
五番関トンネル西口に到着です、この辺りは路肩が広いので数台駐車可です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五番関トンネル西口に到着です、この辺りは路肩が広いので数台駐車可です

感想/記録

山上ヶ岳に登ってみると普段、見える山並みが雲海で覆われて見えず、
水平線の彼方まで雲海が続き不思議な風景に驚いています。
1500mm以下の山々は雲海の下に埋もれ見えず不思議な光景でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:178人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ