また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2132318 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 富士・御坂

冬富士〜死の滑り台完成しました〜

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年12月03日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ⛅️
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
気象条件により日々変化が激しいので、しっかり調べて現地の状況を判断して挑むべし。
その他周辺情報紅富士の湯がオススメです。
過去天気図(気象庁) 2019年12月の天気図 [pdf]

写真

日帰りで冬富士登山だというのに、駐車場で紅富士眺めています。

登頂できる確信が持てなかったので、撤退して何もせずに帰るのが嫌で嫌で、雲が沸いて帰りに富士見すらできなかったら最悪なので、朝の富士山が綺麗に見えるうちに富士見しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日帰りで冬富士登山だというのに、駐車場で紅富士眺めています。

登頂できる確信が持てなかったので、撤退して何もせずに帰るのが嫌で嫌で、雲が沸いて帰りに富士見すらできなかったら最悪なので、朝の富士山が綺麗に見えるうちに富士見しました。
9
うっすら焼けてから早々朝焼けが終わったと思いきや、雲のイタズラで二度焼けしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすら焼けてから早々朝焼けが終わったと思いきや、雲のイタズラで二度焼けしました。
9
雪がべったり付いています。
パット見硬そうで死の滑り台っぽいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がべったり付いています。
パット見硬そうで死の滑り台っぽいです。
9
冬型の気圧配置だったので、御殿場からに。
今回は絶対に登頂したいので、可能性の高いルートにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬型の気圧配置だったので、御殿場からに。
今回は絶対に登頂したいので、可能性の高いルートにしました。
2
果たして、このバットをもう一度見ることができるのか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
果たして、このバットをもう一度見ることができるのか?
2
御殿場もべったり厚着しています。
硬そうな斜面に見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿場もべったり厚着しています。
硬そうな斜面に見えます。
2
ナニコレ珍百景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナニコレ珍百景。
25
隙間なく山肌が白くなった富士山🗻
美しいけど不安がよぎります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隙間なく山肌が白くなった富士山🗻
美しいけど不安がよぎります。
6
まだ朝早いというのに、いきなり雲が沸く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ朝早いというのに、いきなり雲が沸く。
1
ちくしょ〜、たまごサンドとのコラボ写真を撮りたかったのに。
本当は富士山と何かを一緒に撮りたかっただけで、何でも良かったんです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちくしょ〜、たまごサンドとのコラボ写真を撮りたかったのに。
本当は富士山と何かを一緒に撮りたかっただけで、何でも良かったんです。
3
この後しばらくガスの中歩きました。
お陰様で、写真も撮らずに七合目までスイスイ進めました。
晴れていたら撮影会で、もっと遅くなりました。
2019年12月03日 10:35撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後しばらくガスの中歩きました。
お陰様で、写真も撮らずに七合目までスイスイ進めました。
晴れていたら撮影会で、もっと遅くなりました。
3
標高3000m辺りでようやく雲が取れてきました。
2019年12月03日 11:22撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高3000m辺りでようやく雲が取れてきました。
9
山中湖が登場。
2019年12月03日 11:23撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山中湖が登場。
11
クッキリ見えました。
2019年12月03日 11:25撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クッキリ見えました。
5
宝永山も登場。
足元はテカテカの氷!!
2019年12月03日 11:26撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山も登場。
足元はテカテカの氷!!
15
登山道歩いたり直登したり。
御殿場口から何度か冬富士に登っていますが、こんな景色は初めてで美しいです。

冬富士って言っても、気象条件で雪の積もり方や氷雪の状況が日々全く違って、いつも違う景色が待っているので、何度登っても飽きないです。
2019年12月03日 11:39撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道歩いたり直登したり。
御殿場口から何度か冬富士に登っていますが、こんな景色は初めてで美しいです。

冬富士って言っても、気象条件で雪の積もり方や氷雪の状況が日々全く違って、いつも違う景色が待っているので、何度登っても飽きないです。
16
岩の回りは氷に覆われています。
2019年12月03日 11:39撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の回りは氷に覆われています。
5
山頂直下が近づく。
足元はカチカチになってきました。
2019年12月03日 11:43撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下が近づく。
足元はカチカチになってきました。
6
あの小屋で休憩しよう。
2019年12月03日 11:46撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの小屋で休憩しよう。
3
小屋のトタンがひらひら羽ばたいていて癒されました。
2019年12月03日 11:58撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋のトタンがひらひら羽ばたいていて癒されました。
6
つらら。
2019年12月03日 11:58撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つらら。
10
氷の世界です。
2019年12月03日 11:58撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷の世界です。
4
絶景だけど、無事帰れるか不安になってきました。
2019年12月03日 11:59撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景だけど、無事帰れるか不安になってきました。
4
セブンにみしまコロッケバーガーありました。
山頂はマイナス17度なので、早めに食べておきます。
2019年12月03日 12:07撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セブンにみしまコロッケバーガーありました。
山頂はマイナス17度なので、早めに食べておきます。
8
なんとか八合目まで。
七合目辺りまでは踏み跡がありましたが、山頂までは続いておらず。テン泊したみたいですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか八合目まで。
七合目辺りまでは踏み跡がありましたが、山頂までは続いておらず。テン泊したみたいですね。
4
なんてこった、山頂が見えない!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんてこった、山頂が見えない!!
4
ちょっと粘って撮りました。
長田尾根と大弛沢と石碑のコラボは必ず撮りたい1枚です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと粘って撮りました。
長田尾根と大弛沢と石碑のコラボは必ず撮りたい1枚です。
4
大弛沢と長田尾根でちょっと迷いましたが、大道の大弛沢から。
もう昼過ぎですが、足跡は皆無。
まさかの貸し切りに驚きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大弛沢と長田尾根でちょっと迷いましたが、大道の大弛沢から。
もう昼過ぎですが、足跡は皆無。
まさかの貸し切りに驚きました。
3
シュカブラ天国。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラ天国。
12
雪が分厚いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が分厚いです。
8
山頂までうっすらガスが上がってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までうっすらガスが上がってきました。
8
御殿場口は真っ白。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿場口は真っ白。
11
剣ヶ峰方面もこの白さ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰方面もこの白さ。
17
富士宮の岩淵鳥居は、何やら分厚い物がくっついているような。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士宮の岩淵鳥居は、何やら分厚い物がくっついているような。
7
分厚く育っております。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分厚く育っております。
16
富士宮口も全く足跡なし。
まさかの全ルート登頂者なし?
流石に吉田からはどうだったのか分からず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士宮口も全く足跡なし。
まさかの全ルート登頂者なし?
流石に吉田からはどうだったのか分からず。
5
白と青のコントラストに感動。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白と青のコントラストに感動。
19
山頂にもシュカブラが!!
雪で隠れていたので、コノシロ池の存在をすっかり忘れておりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にもシュカブラが!!
雪で隠れていたので、コノシロ池の存在をすっかり忘れておりました。
8
雪煙が凄まじいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪煙が凄まじいです。
8
馬ノ背は積雪が急上昇。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬ノ背は積雪が急上昇。
11
積雪のせいか、いつもより急登に感じる馬ノ背。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪のせいか、いつもより急登に感じる馬ノ背。
12
頂上手前に雪の丘出現!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上手前に雪の丘出現!!
16
神秘的な剣ヶ峰頂上。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神秘的な剣ヶ峰頂上。
7
日本最高峰の石柱は真っ白に!!
かなり予想外でしたが、誰も登ってきていなくてビックリ。
まさか1日貸し切りとは。
実にラッキーでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本最高峰の石柱は真っ白に!!
かなり予想外でしたが、誰も登ってきていなくてビックリ。
まさか1日貸し切りとは。
実にラッキーでした。
27
昼過ぎの剣ヶ峰。
朝とは全然違う色合いで癒されました。
この時間帯の富士山も嫌いじゃないです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼過ぎの剣ヶ峰。
朝とは全然違う色合いで癒されました。
この時間帯の富士山も嫌いじゃないです。
17
ザックと記念撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックと記念撮影。
18
冬らしい火口。
壁も真っ白な火口の雪景色を期待したので、ちょい残念でしたが、大満足の景色です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬らしい火口。
壁も真っ白な火口の雪景色を期待したので、ちょい残念でしたが、大満足の景色です。
13
白山岳、真っ白。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山岳、真っ白。
6
すでに14時半。
大沢左岸の端にいく余裕もなく、ちょこっと覗いて帰りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すでに14時半。
大沢左岸の端にいく余裕もなく、ちょこっと覗いて帰りました。
6
左岸の石碑前にて。
ちくしょ〜、やっぱり大沢崩れ位は覗いてくれば良かったぜ〜〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸の石碑前にて。
ちくしょ〜、やっぱり大沢崩れ位は覗いてくれば良かったぜ〜〜。
3
剣ヶ峰に戻り、足を入れての記念撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰に戻り、足を入れての記念撮影。
8
帰り道にブロッケン頻発。
これはもう5度目位で、流石に飽きていました。
太陽を背にして正面に薄くガスがかかれば出てくるという、あまり珍しくもない現象。

でも山頂で見られると、とてつもない感動があります。

今回は御来迎ではありませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道にブロッケン頻発。
これはもう5度目位で、流石に飽きていました。
太陽を背にして正面に薄くガスがかかれば出てくるという、あまり珍しくもない現象。

でも山頂で見られると、とてつもない感動があります。

今回は御来迎ではありませんでした。
20
帰りは暗くなってしまいましたが、無事下山。

まさか翌日にfujisakuyaさんが登っていたとは👀
しかも行動時間帯がほぼ一緒。
ニアミス残念ですが、また楽しみができました。
今年はまた誰かにお会いできるだろうか?

もう年末まで行かなくて良い感じですが、下旬にイベントが控えておりました(笑)
無かったことにしようか検討中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは暗くなってしまいましたが、無事下山。

まさか翌日にfujisakuyaさんが登っていたとは👀
しかも行動時間帯がほぼ一緒。
ニアミス残念ですが、また楽しみができました。
今年はまた誰かにお会いできるだろうか?

もう年末まで行かなくて良い感じですが、下旬にイベントが控えておりました(笑)
無かったことにしようか検討中。
22
撮影機材:

感想/記録
by fgt46

3週間振りの富士山登頂。
実は先月下旬にも山頂御来光で登頂の予定でしたが、雨に振り回されて死にそうで撤退。
富士山では体を濡らすのが一番寒くて辛いです。自分には厳冬期より秋の雨の富士山の方が難易度高かったりします。

11月中旬から全く投稿されておらず、誰か登ったのだろうかと?めちゃくちゃ気になっておりました。
先月の厚化粧して翌日に山頂がプラスの気温になった、あの日に登頂した人がいるのか気になってしょうがないです。

富士山はもう白い魔境になりました。
私の投稿なんか全くあてになりません。
半日で状況は変化して、足元の状況は変化が目まぐるしいです。
冬富士は気象条件などにより1から10まで難易度が変わります。
今回は中くらいの難易度の印象でした。
今も硬い氷雪に覆われていて十分危険ですが、一番酷いとアイゼンが殆んど刺さらないスケートリンクみたいな斜面になります。

しっかり天気などを見て、今の富士山がどんな状況なのか、しっかり見極めてから登ることをオススメします。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:12355人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/28
投稿数: 222
2019/12/4 21:00
 あああ
あああ またもニアミスミスw 
おらは今日 リハビリがてら行ってきたんですよー 
あのたった一つのアイゼントレースはfgtさんのでしたか!
ビー玉イソギンチャクも育ってましたよー

お疲れ様でしたー
登録日: 2017/3/3
投稿数: 131
2019/12/5 5:16
 Re: あああ
あああ〜〜!!
なんというニアミス(笑)
行動時間もほぼ一緒でしたね。

4日も山頂まではfujisakuyaさんのみの登頂でしたか?
4日は3日よりも風が強いようで、そんな日に登るなんて凄いですよ!!
御殿場口を知り尽くしたfujisakuyaさんは、やっぱり格が違います。

お会いできなくて残念でしたが、また会える楽しみができました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ