また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2136977 全員に公開 アルパインクライミング日光・那須・筑波

日光白根山 東稜 岩と雪の稜線が美しい手軽なアルパインルート

日程 2019年12月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴ですが山頂は北西風強し。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
菅沼登山口駐車場に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間31分
休憩
19分
合計
6時間50分
S菅沼登山口06:0708:00弥陀ヶ池08:20五色沼08:2111:01奥白根山11:1911:49弥陀ヶ池12:57菅沼登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<一般ルート>
登山口から積雪ありです。深いところではヒザ程度の積雪が有りましたが、トレースがありラッセル不要でした。どうせ着けるのだからと最初からアイゼン装着しました。

弥陀ヶ池から山頂までの北面ルートは、風により雪が飛ばされて積雪の薄い所が多かった印象です。地面の凍結が甘い部分が多く、雪に隠れた浮石を踏むとバランスを崩しやすいので注意です。


<バリエーション>
一般道を外れ、東稜の取り付きまではヒザ程度のラッセルでした。東稜もコンクリートが甘く、ヘタに荷重すると岩が剥がれることが有りました。

ちょっとしたラッセルにドラツー、薮だまし等この時期のバリエーションの色んな要素が楽しめます。

グレード的には下部と上部の核心部で卦蘢度のクライミングになり、メンバーに寄っては確保が必要になりますが整備された支点は一切ありません。下部は2ピッチ位?上部は1ピッチ。それ以外は尾根歩きのルートです。
その他周辺情報下山後、白根温泉 大露天風呂薬師之湯で入浴しました。(大人800円)
ちゃんと熱々の露天風呂、しかも広い!中途半端な時期で客が少ないのに手抜き無しの営業で好印象でした。

写真

夜明け前に菅沼登山口をスタートして弥陀ヶ池に到着。白根本峰は北風がガンガン当たって寒そうです。
2019年12月08日 07:45撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け前に菅沼登山口をスタートして弥陀ヶ池に到着。白根本峰は北風がガンガン当たって寒そうです。
2
東稜へ向かいます。五色沼は氷結していてショートカット出来ますが、たまに変な音がしてビクッってなります。
2019年12月08日 08:21撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東稜へ向かいます。五色沼は氷結していてショートカット出来ますが、たまに変な音がしてビクッってなります。
山頂部分は相変わらず風が強く地吹雪が吹き上がる様子が伺えます。
2019年12月08日 08:28撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部分は相変わらず風が強く地吹雪が吹き上がる様子が伺えます。
見上げる空と雪化粧の木々たち。
2019年12月08日 09:00撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げる空と雪化粧の木々たち。
2
東稜の取り付きに到着。ここでメットやハーネス、ダブルアックスを準備します。
2019年12月08日 09:11撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東稜の取り付きに到着。ここでメットやハーネス、ダブルアックスを準備します。
2
取り付き部分は下部の核心となっていて、草付の雪壁を登る卦蘢度のクライミングが楽しめます。登って見下ろした所。
2019年12月08日 10:01撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付き部分は下部の核心となっていて、草付の雪壁を登る卦蘢度のクライミングが楽しめます。登って見下ろした所。
2
東稜に乗りました。良い感じに雪が付いています。
2019年12月08日 10:01撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東稜に乗りました。良い感じに雪が付いています。
1
東稜のランドマーク、トンガリ岩が近づいてきました。
2019年12月08日 10:16撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東稜のランドマーク、トンガリ岩が近づいてきました。
1
トンガリ岩を越えた先の景色。
2019年12月08日 10:22撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンガリ岩を越えた先の景色。
3
トンガリ岩を振り向いたところ。
2019年12月08日 10:25撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンガリ岩を振り向いたところ。
2
大迫力の雪壁。楽しく登ります。
2019年12月08日 10:26撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大迫力の雪壁。楽しく登ります。
4
五色沼を見下ろします。
2019年12月08日 10:29撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色沼を見下ろします。
2
その先も良い感じの雪稜になっています。
2019年12月08日 10:31撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先も良い感じの雪稜になっています。
2
雪稜を越えたところで、東稜を見下ろします。
2019年12月08日 10:34撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪稜を越えたところで、東稜を見下ろします。
1
ナイフリッジと呼ばれる所も、良い感じの雪稜になってます。
2019年12月08日 10:33撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジと呼ばれる所も、良い感じの雪稜になってます。
2
影のオレ自撮り〜。
2019年12月08日 10:36撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
影のオレ自撮り〜。
2
雪稜を渡ってきました。
2019年12月08日 10:40撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪稜を渡ってきました。
3
上部の核心、大岩です。
2019年12月08日 10:40撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部の核心、大岩です。
1
大岩は通常左の凹角部分を登ります。卦蘢度ですがドラツーになるので下部の核心とは違った楽しさが有ります。
2019年12月08日 10:44撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩は通常左の凹角部分を登ります。卦蘢度ですがドラツーになるので下部の核心とは違った楽しさが有ります。
3
大岩登って見下ろしです。
2019年12月08日 10:51撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩登って見下ろしです。
2
大岩を越えた先は教蘢度の岩尾根を登って行きます。
2019年12月08日 10:52撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩を越えた先は教蘢度の岩尾根を登って行きます。
1
東稜登りきって見下ろしです。
2019年12月08日 11:03撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東稜登りきって見下ろしです。
1
お疲れ様でした!白根山登頂〜。北面の一般ルートから下山でした。
2019年12月08日 11:11撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした!白根山登頂〜。北面の一般ルートから下山でした。
4
撮影機材:

感想/記録

12月になると金精峠の閉鎖となるので、その前になんとなく年中行事化している雪の日光白根山東稜を出来たら良いなと思っていました。

嫁さんとの休みをすり合わせたら、12月後半は殆ど泊まりアイスクライミングに使えそうな按配となったので、急遽行けるなら今しかないと言う事でソロで突撃してきました。

冬山の深い青空に雪化粧の岩尾根の景色はまさに「岩と雪」の世界。アルパインクライミングはやはり冬期、森林限界を越えた風雪の岩を攀じてこそ真の登攀者と言える。

なんて気分に浸る事が出来るステキなルートです(笑)

卦蘢度で手軽なことと景色の良さ、好天時限定ですが日当たりが良いので冬期でも比較的暖かく登れること等、お勧め要素の多いルートです。また、金精峠冬期通行止め期間中は湯元から登ると、なかなかの体力ルートになるのも魅力的です。
訪問者数:682人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2018/10/19
投稿数: 10
2019/12/8 19:32
 快晴ですって?!
最高のコンディションじゃないですか!
やっぱ行っとくべきだったなぁ…
登録日: 2012/9/2
投稿数: 89
2019/12/8 21:11
 Re: 快晴ですって?!
お疲れ様です!そうなんですよ〜思ったよりも好天でした。

ヤマテンや高層天気図、15時間雨雲レーダーとか検討し回復傾向を期待して入山しました。結果、尾瀬や谷川、隣の上州武尊までは雪雲に覆われましたが、白根までは雪雲は届かず、快晴登山となりました。

でも山頂の風は強く、マッタリは出来ませんでしたが…。でも陽光が有るだけ有り難いですよね。

macoyanさん、計画によっては本日東稜だったんですね。とはいえ靴ズレの東稜は辛そうなので、しっかり直さないとですね。今回惜しかったけど、どこかでお会いできたらと楽しみにしていますよ〜。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ