また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2174154 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 白山

大笠山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年11月01日(金) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
桂湖オートキャンプ場付近、通行止めゲート前の駐車スペースに停めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間1分
休憩
1時間11分
合計
11時間12分
S桂湖オートキャンプ場04:2904:44大畠谷橋04:5108:02前笈ヶ岳08:1308:45アカモノの頂09:28大笠山避難小屋10:20新大笠山避難小屋10:2210:26大笠山10:3610:41新大笠山避難小屋11:0011:41大笠山避難小屋12:25アカモノの頂12:3913:01前笈ヶ岳13:0815:26大畠谷橋15:40桂湖オートキャンプ場15:4115:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報くろば温泉
富山県南砺市上平細島1098
電話:0763-67-3741
営業時間:10:00〜21:00
定休日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
大人:600円
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

桂湖オートキャンプ場傍の一般車両通行止めゲートから入山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂湖オートキャンプ場傍の一般車両通行止めゲートから入山。
桂橋の手前で車道から登山道になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂橋の手前で車道から登山道になります。
大畠谷橋(吊り橋)を渡り、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大畠谷橋(吊り橋)を渡り、
鉄ハシゴを登っていきます。このようなハシゴは5基ありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄ハシゴを登っていきます。このようなハシゴは5基ありました。
1
鎖場もあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場もあります。
標高1160m付近にヒノキの大木がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1160m付近にヒノキの大木がありました。
三方岩岳(中央)方向。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三方岩岳(中央)方向。
1
倒木が最近処理されたようです。
ありがとうございます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木が最近処理されたようです。
ありがとうございます。
前笈ヶ岳(1522.0m)へ立ち寄ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前笈ヶ岳(1522.0m)へ立ち寄ります。
前笈ヶ岳。
三等三角点:前笈 にタッチ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前笈ヶ岳。
三等三角点:前笈 にタッチ。
1
前方がアカモノの頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方がアカモノの頂です。
1
アカモノの頂(1552m)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノの頂(1552m)。
アカモノの頂から大門山方向。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノの頂から大門山方向。
アカモノの頂から笈ヶ岳方向、生憎、雲に覆われていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノの頂から笈ヶ岳方向、生憎、雲に覆われていました。
アカモノの頂から大笠山も雲に覆われていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノの頂から大笠山も雲に覆われていました。
1
大笠山避難小屋跡の手前付近から大笠山頂上方向、中央に登って行かなければならない急なポコが見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大笠山避難小屋跡の手前付近から大笠山頂上方向、中央に登って行かなければならない急なポコが見えています。
大笠山避難小屋跡。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大笠山避難小屋跡。
水も出ていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水も出ていました。
稜線が近くなると笹の中の急な登りでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線が近くなると笹の中の急な登りでした。
新大笠山避難小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新大笠山避難小屋。
大笠山頂上、曇っていましたが山頂を踏めたことが大きく、自分たちの心は晴れでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大笠山頂上、曇っていましたが山頂を踏めたことが大きく、自分たちの心は晴れでした。
5
山頂看板いろいろ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂看板いろいろ。
1
一等三角点:大笠山 にタッチ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一等三角点:大笠山 にタッチ。
先日、三方岩岳からこの辺りの山々を見ていたので、それぞれの山々を思い出していました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先日、三方岩岳からこの辺りの山々を見ていたので、それぞれの山々を思い出していました。
寒いので長居せずに新大笠山避難小屋へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒いので長居せずに新大笠山避難小屋へ。
避難小屋でランチ休憩をしました。
寝袋、マット、食糧(箱の中は見ていません)などがありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋でランチ休憩をしました。
寝袋、マット、食糧(箱の中は見ていません)などがありました。
下山を始めると頂上の雲がとれた。しかし頂上に戻る気が起きませんでした、ヘタレになったものだと自分を叱責しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山を始めると頂上の雲がとれた。しかし頂上に戻る気が起きませんでした、ヘタレになったものだと自分を叱責しました。
笈ヶ岳の雲がとれた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笈ヶ岳の雲がとれた。
急なポコの下り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急なポコの下り。
北方向、左から見越山、大門山、猿ヶ山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方向、左から見越山、大門山、猿ヶ山。
1
大笠山避難小屋跡。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大笠山避難小屋跡。
1
大笠山避難小屋跡から笈ヶ岳。
深田久弥さん、百名山に選んでも良かったのでは?と云える山容ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大笠山避難小屋跡から笈ヶ岳。
深田久弥さん、百名山に選んでも良かったのでは?と云える山容ですね。
1
避難小屋跡から少し登り返して大笠山山頂方向。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋跡から少し登り返して大笠山山頂方向。
左から奈良岳、見越山、大門山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から奈良岳、見越山、大門山。
1
下山方向、中央にアカモノの頂が見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山方向、中央にアカモノの頂が見えています。
振り返ると大笠山山頂が顔を出していた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると大笠山山頂が顔を出していた。
1
ズームアップ。
再訪は出来ないと思うので、見れて感激していました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズームアップ。
再訪は出来ないと思うので、見れて感激していました。
アカモノの頂から笈ヶ岳、登りたい山なのですぐに眼が行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノの頂から笈ヶ岳、登りたい山なのですぐに眼が行く。
1
アカモノの頂から下山方向。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノの頂から下山方向。
アカモノの頂からの下り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノの頂からの下り。
前笈ヶ岳、帰りも立ち寄りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前笈ヶ岳、帰りも立ち寄りました。
小さな池塘?水たまりかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな池塘?水たまりかな?
人形山も気になる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人形山も気になる。
1
足元に小さな秋、きれいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元に小さな秋、きれいでした。
1
登るときは気付きませんでしたが、鏡岩と書かれた札が下がっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登るときは気付きませんでしたが、鏡岩と書かれた札が下がっていました。
黄葉も鮮やかでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄葉も鮮やかでした。
歩いたフカバラの尾根、ガイドブックには<白山山系屈指の急坂の連続、登りも下りもきつい>と書かれていましたが、その通りでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いたフカバラの尾根、ガイドブックには<白山山系屈指の急坂の連続、登りも下りもきつい>と書かれていましたが、その通りでした。
桂湖も近くなった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂湖も近くなった。
見下ろせば大畠谷橋(吊り橋)がすぐ傍となりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見下ろせば大畠谷橋(吊り橋)がすぐ傍となりました。
1
今日はスパイク長靴が良い仕事をしてくれ、スリップする事無く歩くことが出来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はスパイク長靴が良い仕事をしてくれ、スリップする事無く歩くことが出来ました。
1
大畠谷橋(吊り橋)、ホッとして渡っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大畠谷橋(吊り橋)、ホッとして渡っています。
1
帰着。
ごくろうさまでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰着。
ごくろうさまでした。

感想/記録

メンバー:山キチのッマさん、yamakichiことプチ山キチ。

ヤマプラで休憩なしの往復コースタイムが7時間30分。
私の持っているガイドブックでは9時間40分です。
コースタイムに+αしなければならない自分達には、体調を整え、心して取り組まなければなら無い山でした。
早朝、4時半に暗いうちから歩るき出した事もあって、時間を一杯使って、余裕を持って行動することが出来ました。
自分達には登れるだろうか?とさえ思った山も登り終えてみれば、あの急坂やアップダウンも充実感を得るためのスパイスでした。
名山ランクは日本三百名山と低いですが、日本百名山にランクされても納得できる山でした。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:170人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ